メーデーが祝日になればいい

ちょっと映画を見てる間にコメがたくさん!
本当にありがとうございます^^
暦どおりなので明日明後日は仕事、
週末はちょっとだけ出かけるかもですが、
できる限りレスは早めにいたしますね~

一言投票所

機動戦士ガンダムUC
◆アニメ化が発表された『UC』には期待しております。『ZZ』や『逆シャア』に直結するネタが満載の上に、「シャアそっくりさん」がカッコよすぎる。主人公は歴代シリーズでいうと『F91』のシーブックに近いのかな(ワタル)
へ~、そうなんですか?
まだ媒体が何になるのかわかりませんけど、
それなら期待してもいいんでしょうかね。
30年ということでガンダムもお祭りなんですね。

なおUCは独立項目を作ってありますので
コメントを移動させていただきました。

その他「原作VSアニメ」
◆私も原作に忠実ばかりが良いとは思いません、かなり変えても面白くしてくれたら全然OKなんですよね。でも、原作の良さが生かせてないわ、そのくせ物語理解の大事なところは原作参照してねでは、アニメ単体で評価して原作と比べるなよ、なんて原作厨と呼ばれてもケッですね。アニメ単体がダメだから怒るんだっつうの
確かにそうですね~
アレンジはいいと思いますよ。「言葉として聞くセリフ」
「いつもある色」「BGM」そしてなんといっても「動き」は
紙ベースの原作にはないものですもんね。

原作を読み込んで理解し、その上で無駄を省いたり
演出という名のアレンジを加えたり、役者の演技や
作画やエフェクトで原作とは違った魅力を引き出して
欲しいと思いますもんね。多くの人はきっとそれが
魅力的なら原作とは大胆に違ったっていいんですよ。

◆マンガや小説のアニメ化の際、原作に忠実じゃないと拒絶したりする人もいますけど、自分は原作と違うオリジナル展開も面白ければそれでよし。マンガや小説、アニメでは表現するものが違うんですかね。面白く、愉しめればいい認めます。鋼の錬金術師なんかがそうです。逆はラインバレルですかね
アレンジされてさらに原作以上になる事も
アレンジが逆にダメという場合もあるので
一概にどっちがダメとも言えないですよね。

オリジナルでは不評の井上大先生ですが、
デスノの大胆アレンジは物語が簡略明快に
なってよかったと思うし、ハガレンもアニメの
かなり大胆なアレンジは好きです。原作も
すばらしいプラネテスの谷口流アレンジも
かなりエンタメしててよかったと思います。

逆にアイシールドなんかはダメでしたねー、
好きな作品だったのに(笑)

絶対絶対原作に忠実に!というなら
「蟲師」レベルまでいってくれないとね。

鋼の錬金術師(4月開始) *前作 ヘの コメント
◆未だに新キャストに違和感が。ホムンクルスというかもう前々番組の特派かと。エンビィーやロゼが消えたけどヤサコやバーローがはいってきたよ…おっと、再放送中の電脳コイルと間違えたようで
まぁ前作が強烈だった分、違和感はあるかもですね。
私は今のところさほど違和感は感じてないです。
キンブリーはうえだゆうじがよかったなと思ったくらい。

でも今でこそ「大佐はやっぱり大川透さん!」なんて
言われてますけど、私覚えてますよ、当時「あんな
オッサン声はいやだ!」とあちこちでブーイングが
起きてたこと!ホント、調子いいなぁと思います。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
◆C.C. の色気に惹かれたと書いた者です。20歳のころ、25歳ぐらいの色気たっぷりの女性に「フフ……いろいろと教えてあげるわよ」ということになったんですよ。最初は躊躇しましたが、関を切ったら、ええ、もう遠慮しませんでしたよ。またああいう機会ってないかなぁ……。あ、ギアスと全く関係ないや。失礼しました。。。
C.C. の色気に惹かれたと書いた者です。もう少しだけ続けます。ああいう、半目が開いた状態で「フフ・・・」と微笑している妖艶な感のする人って自分のツボなのかもしれない。優しい目で接してくれるセシルさんもいいなぁと思ってしまいました。ああっ、人様のサイトで何を書いているんだろう。。。
ギアスを見始めたきっかけは C.C. の色気に惹かれたからでした。僕は20代後半で普段アニメは全く見なかったのですが、ふとテレビで C.C. を見たとき、まさかアニメキャラに本当にドキドキするなんて思いもしませんでした。になにな様はこういう体験が大人になってもおありでしょうか?

セシルさんは優しそうなのでわかりますけど、
C.C.はなー…私の好みではないので(笑)

なんですかその男なら誰もがうらやむような
「据え膳食わねば男の恥」状態は!
ミハエル?君はミハエルじゃないか!?

ってかねー、ツレどもとくだらないシモネタ話に花を
咲かせてると、大概どいつもこいつも「美女から誘われて
やっちゃった♥」という「武勇伝」を語り始めやがりますが、
これってホントに信じていいんですか男性諸君?(笑)

その他「メカもの最終決戦」
◆ファーストガンダムとダンバインの最終決戦ですごいと思ったのは流れ弾で手足が破壊されるところです。最近の作品にもこういう描写がもっと見たいですね
戦争なんて容赦のない阿鼻叫喚の殺し合いだ
というトミノの信念のようなものを感じますね。
ゲームみたいにマルチロックオンして撃ち殺し、
自分は弾もビームもかすりもしないなんておかしい。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
◆展開とは関係ありませんが、勝手にセラヴィーの背中のガンダムヘッドは0ライザーみたいな支援機と合体してサイコガンダムみたいなのになるのかと…。結局ナドレと同じでガッカリでした。
ナドレはちょっと驚かされましたが、結局二番機を
搭載しているというだけで意外性はなかったですね。

つかティエリアは二期で人間的に飛躍的に成長した
キャラだと思うのに、全く生かされませんでしたね。
生かされないどころかせっかく人間味溢れるキャラに
なったのに、最後はヴェーダと融合して人外化って…
なんだそれは!キャラクターに整合性がなさ過ぎる!

◆CBは人類共通の敵として宇宙に散り、マリナ姫は非武装を貫いた結果こども達を失い…などとひたすら悲劇を想像していたので「よくわからないけどハッピーなED」にハァ?ってなってしまいました
わはははは、「ハァ?」はわかりますわかります!
悲惨さの欠片もない変な最終回でしたね~

小熊もルイスも個人的感情で他者を屠りながら
別に悩むでもなくスッキリした顔してて違和感。
マリナ姫は一般人に戻って子供たちを育てるのかと
思ったらいきなり国家元首に返り咲いてて「ハァ!?」
あれだけ自分の無力さを痛感して戻れる心臓がすげぇ。

◆ガンダムシリーズ、初完走しました。 物語も登場人物もMSも、全てがインフレを起こして、結果的に何も回収されなかったなぁ・・・という感じですかね。 ここまでカタルシスを感じさせてくれないロボット物も珍しい気がします。 座敷あざらし
ガンダム初完走お疲れ様です。

ただし何もこの作品でなくても…と歯がゆいです。
ファースト、Ζ、私はΖΖも面白かったのでお勧めだし、
一番好きなのは0083です(コウとニナがウザくるしいが)
Gガンも面白いんですが、ガンダムを理解した上での
許容量が必要かも…いや待てよ、むしろ最初にGガンを
どどーんと見ちゃえばフツーに受け入れられるかも?

その他{聖戦士ダンバイン」
◆去年のアメトーークのアニソン特集で宮迫がダンバインとぶがお気に入りだといっていました。アタック、アタック、アタックの所が特に燃えると。同感でしたね
ダンバインはいいですよ。MIOの歌は力強くていいですよね。
4/10に最終回を迎えたダンバイン、
26年の月日を経てようやく見ましたが
最終回はものすげー死にまくりでした。

'82 ザブングル → 死なない
'83 ダンバイン → 死にまくり
'84 エルガイム → 死なない
'85 Ζガンダム → 死にまくり
'86 ΖΖガンダム → そこそこ(Ζほどではない)

ザブングルの前のイデオンはああだし、
ΖΖのあとのVガンもああだし。
もしやトミノのデスサイクル?

その他「サブングル&ダンバイン」
◆http://www.nicovideo.jp/watch/sm1947930 ダンバインとザブングルのMADです。秋田大学のすごさに関心しました
なんスかこれは(笑)
いやはや爆笑させていただきました。
「うちは農家」って無駄に歌がうますぎます。
「大根植える」ってなぁ…あと最後のはバイファムの
挿入歌「君はステキ」ですね。懐かしすぎて泣けた。

その他「スクライド」
◆今更ながらスクライド1話を視聴したのですが...これ.....ひょっとして物凄い名作じゃね?
なんですか今さら(笑)
黒田と谷口が組んだあの作品の熱さ、
面白さ、メチャクチャさはないですね。
笑えて泣けて燃えて感動できます。

一挙見ですがレビューもしてますし、
このブログの検索機能で「スクライド」を
入れてみてください。何度も語ってます。

特撮&仮面ライダーシリーズ
◆カーレンジャーでは電気ウナギで作ったうな重でパワーUPする話や阪神ファンの怪人と戦う話が印象に残っています。後者では1号ロボと2号ロボで手足パーツを交換して戦ったりと今見ても面白いシーンがありましたよ
90年代半ばというと本当に完全にアニメ、
ましてや特撮などとは離れてまっとうな
生活をしてましたからまったくわかりません…

はっ、もしやこの作品を熱く語ってらっしゃる方は
私のように「90年代半ばにはすでにいい大人だった」
のではなく、まさにリアルタイムで毎週見ていた
チビッコだった…な~んて事はないですよね?ね?

◆芋羊羹 普通に食べると巨大化することを偶然発見し、芋長という店で普通に500円払って購入するんですよ。でもファミマで買った物を食べたら逆に縮んでしまうという…。最終決戦でも芋羊羹が逆転の鍵になりましたし、もうカーレンジャーと言えば芋羊羹という感じです
作らせるでも奪い取るでもなく
買ってるんかい!!!!!
なんていい悪の組織なんですか。
もーヴァンプ様も感動しちゃいますよ。

戦国BASARA(4月開始)
◆BASARAの前田慶次は利家達と仲がいいのが個人的に気に入っています。利家を知ったのが大河ドラマだったので、いやなおじさんとして書かれている花の慶次に不満があったので
そもそも「花の慶次」で読むまではマイナーな
前田慶次なんぞよく知りませんでしたっけ。
BASARAの人間関係は超絶いい加減なので
ま、どうでもいいですね、面白ければ(笑)

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
◆種と00の見た後だと、Gガンダムはかなりの完成度だったなと改めて思いました。種と00が主人公以外いらない子状態のまま投げっぱなしで終わったのに比べ、主人公、ヒロイン、ライバル、サブキャラにいたるまで見せ場と落とし所をキチンと用意して、きっちり終わらせたのは凄い事だと思いした。
もちろん、それが当たり前と言われたらそれまでなんですが、その当たり前が出来ていない作品が多すぎるので余計にそう感じたのかもしれません。こっち(視聴者)が見たい物を見せてから、きっちり終わらせた作品と言うと陰陽大戦記とガン×ソード、あと電王くらいしか思いつかないですね

Gガンは最後までまっすぐに突き抜けました。
師匠との別れからドモンからレインへの
熱烈な愛の告白、それが冷めやらぬまま
石破ラブラブ天驚拳ってアンタたちはー!

敵の撃破、ライバルたちとの共闘、父の救出、
物語の帰結、ヒーローとヒロインの愛の成就。
どれをとってもきっちりまとめきりましたよ。
近年のガンダムは全くできてないですね、これ。

私は自分がレビューした中では意外ときっちり系は
ありますよ。挙げてくださった3作品はもちろんで、
ハガレン、ホスト部、 攻殻、精霊、プラネテス、
スクライド、デジモンS、ガングレイヴなどなど…
知名度の低い作品では「ヒロイックエイジ」や
「ノエイン」などもよかったと思いますね。

皆やればできる子なんですよ。

仮面ライダーディケイド(1月開始)
◆会川さん、雑誌で「悲しいことがあって、ディケイドからは外れることになった」などと言ってますけど、いったい何が…。大先生が担当するのはクライマックス間近みたいなので、変に個性出したりはしないと思いますが……
制作側と何かトラブったんでしょうかね?
せっかくいい感じできてるのに、メインライターの
交代は視聴者にとってもキツいですよね~。

鉄腕バーディー DECODE&DECODE:02(3月終了)
◆最終話の作画は本当に凄かった。あのアクション、猛烈に動く高速戦闘は圧倒された。ナタルの怒りが伝わってくるほど。子供バーディの狂乱もだけど、感情の激しさまで伝わるシーンは本当に凄かった
バトルのウネウネした動きはよかったですね。
バーディーってレビュー屋さんたちからも不遇な扱いで
取り上げられてるのもあまり目にしなかったんですけど、
一期より二期の方が面白かったし、良作だったと思います。

◆ナタルが最後まで優しい良い男だったのが良かったな。境遇を知れば、親友を親を殺されれば、復讐する理由もわからなくもない。バーディとの関係も良くて、OPにもある黄色の並木道を二人で歩くシーンは綺麗だった。だからこそ最後の言葉もなく伝えるキスの愛が良い。好きとか言わずにキスだから
ナタル、すごくよかったですね。
穏やかで優しくて、本当はずっと一人ぼっちだった
バーディーの事を心から愛してくれてましたもんね。
彼もどこかでひっそりと生きていると信じたい。
ホントに今思い出してもせつないラストでした。
だがそれがいい。

Phantom~Requiem for the Phantom~(4月開始)
◆来週からアニメのオリジナルエピソードが入るみたいですが、後編を原作者自らが担当するみたいなんですが、原作知ってる身としては公式の外伝を見られるようで嬉しいです。ブラスレイターのXAT壊滅編も面白かったですしね
ああ、ブラスレイターはあのZAT壊滅が
一番の盛り上がりでしたね、後にも先にも。
なら心配ないかな?楽しみに待てそう。

***更新***

映画視聴感想 バガー・ヴァンスの伝説 UP
01:45 | 日記 | edit | page top↑

あとHDD整理も

映画やアニメを見ながら冬物の洗濯と衣更えと
掃除をしてたら1日終わってしまった…がびーん。

一言投票所

戦国BASARA(4月開始)
●BASARAはゲームの1からずっと好きだったんでになになさんが気に入ってくれて嬉しいです。ちなみに自分は最近周りに歴女歴女とあだ名を付けられて泣いております
BASARA好きは歴女と徒名されるのですか?
気に入ったというか…アホというかバカというか
バカばっかというかバカすぎてツッコミ疲れるというか…
まぁ、気に入ってるんでしょう、きっと(笑)

Phantom~Requiem for the Phantom~(4月開始)
●軽過ぎる戦闘以外は、良い感じになってきた。これから暗殺しながらの二人暮らしでお互いを掛け替えのないものにしていくのだろうし、自分を超えていく恐怖とか不安要素もありつつ、お互いに影響も与えて面白くなっていきそうだ
銃撃シーンになると恥ずかしくて目を伏せたくなるのは
マッシーモ・ガンアクションのお約束ってトコですかね。
でもアイン可愛いです。ツヴァイの鈍感さもええです。

侍戦隊シンケンジャー(2月開始)
●戦隊シリーズはここ数年レベルが高くなって来たのを感じますね。子供向けだから楽に見れるというのもあるけど、1年見ても良いと思えるギャグ、シリアス含めて好感なキャラで。みんな見せ場もあって面白い
ただゲキレンジャーは物語的にも
しょんぼりだったと思うのですが…

真マジンガー 衝撃!Z編(4月開始)
●「真」とつけたのは「真ゲッター」の監督を途中降板させられた事に対する含みなのだろうか…。リリーフの川越も「009」などを観ると原作に順ずる形の映像化はまあまあ上手いと思うけど今川のパワーはさすがに無かった
今川はとにかくかっ飛んでくれた方が
面白いのでトラブルがない事を祈りますが、
予算との絡みが一番難しそうだなぁ…

Parallel Universe(管理人になにな)
●お勧めの「バサライド」で爆笑しました。ついでに「みどりのバサラオー」で笑い死にました(笑い)紹介して下さった方とになになさんに感謝です♪
みどりのバサラオー?なんのこっちゃ?と
探したらありました。見ました。笑いました。

グイン・サーガの監督が「アニメーターに描いた事が
ない人が多い「馬」を動かすことが非常に難しい」と
言ってるそばからIGは馬出しまくりなのが笑えます。
ってかアイツら空飛べてるじゃん。馬いらんじゃん。

その他
●MBS制作で鳴り物入りで始まって尻すぼみに終わるアニメって、大抵は角川の「少年エース」「ガンダムエース」「Asuka」「ザ・スニーカー」といった雑誌に、サイドストーリーやらアナザーやらパラレルやらスピンオフやらが連載されて、そちらで活躍するキャラや活かされる設定が、(続く) (続き)本編にまで顔見せするから余計にグダグダになる印象がある。迂闊に批判すると、信者に「外伝を読め、読んでから批判しろ、読まないなら批判するな」って怒られるのも共通
うんうんうんうんうん!!!わかりますわかります!
ホント、「外伝を読んでから言え!」って、あんた
本気で言ってんのか?!とこっちが聞きたいわ!

本編で語られない事はどんなに監督や脚本や
製作スタッフが認めようとも裏設定だと言おうとも

認められねーんだよ!!!!!

そんなに大事な事なら、それは絶対に本編で
やらなきゃいけないんだって!本編でかすりも
しなかった事を「一部の人が」手にする媒体で
発表してもそれは認めるわけにはいかねー!

むしろそれを本編に組み込めなかったスタッフの
無能さ、無計画さ、無神経さをこそ笑いたい!

…と、思う次第であります。
外伝ってのが「外」だから外伝なんです。
あくまでも補完にしか過ぎないんです。
本編なくして外伝なし!
二次創作に慣れきった世代の弊害ですね。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
●死んだフリというか、戦争やってて味方に死者ゼロの大団円は緊張感下げますよ。ってか、リボンズも恐らく生きてるだろうしなぁー。個人的には、ですぅ娘をアニュー内乱時にリストラしなかったのは愚の骨頂!
ですよね~
中の人が劇場版に出ないわけがないですよね~

ですぅ娘はリストラされて当然です。
アニューやリヴァイヴが一人くらい
道連れにしてもよかったと思うので。

●後半しきりに変わる変わると言ってたけど、何で急にそうなったのかさえ理解できませんでした。「武力による戦争根絶」はやっぱり明確な答えを出せてないのにウケ狙いで採用したんだろうか。スポンサーの横槍だけじゃ、あれは説明つかないし
それでいて彼らの武力によって起こる
悲劇はほとんど描かなかったという。
主人公側もそうですが、実は敵であるアロウズ側の
主義も主張もよくわかってないという事があったり。
メメントモリを撃ったのが非協力的な国への制裁なら
もう少し政治劇を描いてくれないと我々には意味不明。

●OOは、死んだフリが多すぎでしたよね。最終回の刹那なんか、「ぜってーあいつだけ生き残ってピンピンしてるよ」としか思えませんでしたからね。一期でも死んだフリが多すぎだと感じたのに・・・
死ぬ死ぬ詐欺ばっかりですよね(笑)
かと思うとネーナが「そこ!?」で終わっちゃったし。
ルイスは何事もなかったようによくまぁケロッとしてるわ。

●予測の半分以下の展開には呆れてね。アロウズの悪行見たらエゥーゴみたいな反乱軍の結成するだろうとか、姫はアロウズの悪行を演説するだろうとか、考えたのに何もなしで、あっても盛り上がらず、姫なんて存在価値なしの憐れさ。でも悲しくないのだよな。1期からキャラも好きじゃなかったし
姫は不幸そうな顔で本当にそこにいただけでしたね。
アロウズも正規軍もソレスタもカタロンもとにかく
バラッバラ。とにかく接点すらないんですよね、
お互いの都合のいい時(戦闘時含む)以外は。

1クールは少し期待したのにダメダメでした。
私の場合、致命傷はアニューとライルかなぁ。
あれはあまりにも酷すぎる唐突ぶりでしたよ。

●そういえば、になになさまは途中で切りましたがマクロスFでもそんな話が出てきましたよね。>自分の思考が全て他人に分かってしまう ラスボスの目的に関連してるので、否定の方向に行きましたけど
う~ん、どうも最近の流行というか、エヴァの
呪縛から離れられないんですかねーやっぱり。

●第一話で掲げた矛盾(戦いを無くすために戦い続ける)を、最後まで丸投げにしているのが何とも。ニュータイプという設定を生み出した富野監督の上を行くには、スタッフは勉強不足だったということでしょうか(ワタル)
結果的にはアロウズ、イノベーターと非常に都合よく
悪役を担う人たちがいてくれたおかげでソレスタは
ひたすら戦っていればよかっただけでしたね。

ガンダムには対話を求めたり仲介するような
役割を担う人が絶対いない。マリナなんか
力及ばずともその役にふさわしかったのに…

●前半の戦闘回は良かったのに、粒子で裸から急に転落したな。クーデターも放送できずに口コミって馬鹿だと思ったし。キャラの動機も存在も不明で、なんで戦っているのか。面白くなかったな
確かにあのいきなりマッパで邂逅の回から急激に
つまらなく成り果てました。最初はイメージだけかと
思ったらブシドーともやってたし、ああ、これデフォ?と。

ホントに後半は見るのがめんどくさいほどつまらんかった。
同じ枠だったら妖奇士といい勝負でした(笑)

●アレルヤはラスト、マリーと四国八十八箇所巡りですね?分ります。ところで、彼はCBの皆が劇場版に向かってGO!になってるの、知ってるんでしょうか?・・・ドンマイ、アレルヤ!
間違いない、あいつハブられてますよ!!!

● GN粒子を用いた相互理解。これって自分の思考が全て他人に分かってしまうのと同意義ですよね。はっきり言って気持ち悪いですね。自分の思想、理想は自分だけのもの。他人と共有などしたくない。そういった意味ではOOキャラで最も共感したのは理解を否定したサーシェスですね
うんうん、相手の事がわかるって事はこっちの事も
ダダ漏れって事ですよ。エヴァでも思ったことだけど
いやだぁ、そんなの。キモいウザい冗談じゃない。

●取りあえず監督と脚本は「ヒロイン」というものを一……いや、0.5から勉強し直してきた方が良いと思うのですよ
水島監督はウィンリィの扱いも「ええ?!」だったし、
ダイ・ガードでも桃井さんじゃなくてサポートのOLさん。
(いやダイ・ガードはあれはあれでいいんですけどね!)
主人公とコツコツ関係を築くタイプより、ロゼとかノーアとか
アニューみたいにいきなりヒロインの座に上り詰めるタイプの
第三者的な女キャラが好きなんですかね?腑に落ちんわ…

●F田&M澤「M島君もK田君も漸く理解した様だね。目先の売上げや視聴率に敏感に反応し、シナリオにまで介入してくる番台の恐ろしさを」
今回の失敗の原因は何なんでしょうね?
何しろ直前に「(売り上げ的に)成功作にして
(物語的には)超失敗作」の種という作品が
あったにもかかわらず、その教訓を1つも
生かせないとは…いや、ぶっちゃければ
むしろ種のよさすらも踏襲できていないとは…

●あはは皆生き残ってヨカッタデスネー(棒読み)、な最終回でしたね。が、ティエファンからすれば、夕食食えない位肉体喪失には十分に凹みました。器を失って個を保てるのか…とか。公式サイトもとどめの「遺体」表記するし
ホントだ、「遺体」ってモロに書いてある!
好きなキャラが死ぬのは物語上必要ならともかく、
意味がわからないってのが一番つらいでしょうね。

どうせなら元々あの体は寿命が短かったとか、
義体だったとかにしてくれてればそれほどの
ダメージはなかったかもですね。カンペキな
女装も義体ならむしろ説明がつきますし。

どうぞ気を落とさずに。
劇場版では今度こそ責任とって
皆殺しかも(慰めになってない)

東のエデン(4月開始)
●本当に神業的演出の数々には驚嘆するしかないです、今回は小道具の使い方に快感だったな。貰った小銭とか鍵束とか、ここで使うのかというか快感とあの時のかという快感で。監視カメラを見る仕草とか、素晴らしいな。本当に面白い。映画ネタも好きだから面白い
実写みたいでうまいですよね、演出。
小道具の使い方は、滝沢が故意に記憶を
失っている事といい「ペイチェック」みたいだ。

特撮&仮面ライダーシリーズ
●カーレンジャーは兼業ヒーローです。普段は自動車会社勤務しながら、時々ヒーロー。「給料17万2000円で地球の平和まで守れって言うの?」とか言い出しますし。必殺武器も残業で作ってるのがたまりません
ヒーローも苦労してるんですね。

しかし自分が年を食ってくると、いい年こいて
ヒーローをやらなきゃならない事ほどきつい
拷問はないなーと思いますよ(笑)
体力がなくなってきたら説得が増えそう。
説得が効かなかったら罠とか仕掛けそう(笑)

●カーレンジャー、どうやっても倒せる気のしなかった無茶苦茶強いラスボスを倒す切り札まで「腐った芋羊羹」でしたよ(笑) 巨大化に関しても、たしか特定の店のものじゃないと駄目で、コンビニの芋羊羹だと縮んじゃうんじゃなかったかな?
ちょっと調べてみたら結構古い作品なんですね。
まだ夕方やってた頃って相当前じゃないですか。
もし今見たら、実写ドラマはアニメ以上に古さが
目立つからまた別の意味で笑えるかもですね。

ドルアーガの塔 ~the Sword & Aegis of URUK~(3月終了)
●なんというか、1期に比べると残念だって思う。最初と中盤の死者との別れ以外は内容も作画もボロボロ。上手く締めたと思うけど、1期ほど面白くなかったのだよな
ドルアーガは世間での評価が落ちたみたいですけど、
私はまぁまぁです。最後のイシターとの戦いは
「なんでやねん!」とツッコみましたけども(笑)

まぁ最高峰は死者の館のエピソードということに
間違いないですけどね。ニーバがラスボスなら
黒ギルとのラス前バトルはもっと縮小するか、
思い切って最初から出さなくてもよかったかも…

鉄腕バーディー DECODE&DECODE:02(3月終了)
●前期の中では最高レベルの作品だったと思うのに、周りは誰も見てない悔しさ。1期より凄まじく面白かったのに。アクション、シリアス、ギャグ、恋愛、テーマ性、お見事と言える作品なのに。やっとキャラが暖まって来た絶対に3期やって欲しい
私もバーディーは今期の方が断然面白かったです。
ナタルとバーディーの最後のキスは
久々にときめきましたよ。よかったッス!
ぜひまた三期目やってもらいたいですね。

声優&俳優
●>市川治 かっこいい悪役の印象が強い方で第一期ライダーシリーズでも色々、声を当ててましたね。「産地直送」という単語はこの人が考えた言葉らしいです
そうなんですか!
ってかなぜその言葉を考えたんでしょうね?使う機会が?

ジャイアントロボ
●「地球が燃え尽きる日」最新刊、絶版・・・もとい絶賛発売中!画がスクライドの漫画版の人なのねー
まさにチャンピオン系の絵柄だな~と思います。

●マスク・ザ・レッドの市川治氏は今年の初めに亡くなったんですね・・・。惜しい人を失ってしまった
亡くなられましたね~。
世代的にはプリンス・ハイネルが印象深いですが、
正直私はあまり好きな声質ではなかったです。

***更新***

映画視聴感想 第五惑星 & クローズド・ノート UP
20:42 | 日記 | edit | page top↑

寝る間も惜しんで…

まだまだレスは続きます。
ご紹介いただいた「バサライド」と「シンケンBASARA」の
MADがあまりにも素晴らし過ぎて大笑いでした。

シンケンはサイラバなのでもともとノリノリですが、
ホンマにピッタリですやんか。あとどこかで銀魂との
コラボも見たなぁ…皆侍繋がりですねホントに(笑)

「RECKLESS FIRE」は大好きな曲なのでバッチリ。
それもいいですがオマケのMAD映像がニヤリ。

「往くは破壊 来るは破壊 全て破壊」

若本(信長)の予告でしたもんねスクライド。

BASARAでの保志きゅんの過剰演技はちょっと鼻に
ついてたんですが、バサライド最後のスクライド時代の
猛った若き保志きゅんの演技はやっぱりいいですね、
実にカズマらしい。そしてセリフもまさしく黒田らしい。

「ゆえに!」「だから!」
「貴様を裁く!」「仇をとる!」
「貴様が!」「てめぇが!」

「貴様が」
           
「てめぇが」


最高ですね。このノリが全編続くバカバトル。
やっぱスクライド大好き。谷口、次はよろしく!

ヘタに技術がつくと声優さんもクセがついてしまって
気になります。逆に筆頭に合わせた劉鳳の緑川は
声質もよかったし今とさほど変わらなかったですね。
彼のスクライドでの泣き演技は泣かされました。
(意志とは全く関係なくいきなり涙が出て困った)
コメントにもあったけど「緑川=伊達」も悪くないかも。

というわけでBASARAを見ている方はぜひ。
BASARAって一体何さという方もぜひ。

【侍戦隊シンケンBASARA】


【バサライド】


一言投票所

特撮&仮面ライダーシリーズ
カーレンジャーには自分も爆笑した覚えがあります。登場人物は劇中の突っ込んじゃいけない所に自分から突っ込みを入れまくるわ、レッドに交際を申し込む敵幹部。そして、敵が巨大化する為に必要なのが芋羊羹…。それを売ってるお店の爺さんが寝込んでしまって、ヴァンプ将軍の如く親切さで助ける敵幹部とか……。
それはすごい。
変身に芋羊羹て!どこに必要なんですか芋羊羹!?

きっとフロシャイムやガイアークもビックリの
ほのぼの組織なんですね(笑)

その他「 グレンラガン」
グレンラガン、詳しいレビューも読んでませんが、中々好評みたいですね。個人的には22話?(曖昧)の皆殺し展開が陳腐過ぎて応援する気力が消えてしまったので、そこら辺が改善されてると嬉しいです。 エウレカはどうなんでしょうか?何故か付き合いで明日見に行くことになってしまいました
あ、その22話のあたりを大分いじってるみたいですよ?
それがよかったと絶賛してるサイト様が多かったと思います。

エウレカは本編とは全くの別物だとか。
映画では別に描かれるわけではない裏設定の
アネモネの末路を小耳に挟んだんですが、
ドミニクのために泣きたかったです…

東のエデン(4月開始)
OPがたまらんカッコイイです。オアシスだし。EDアニメーションも、今までにない感じというか、「みんなのうた」みたいで面白いですね
ちょっと1ランク上のセンスが感じられますね。
ノイタミナはやはり金かかってますよねー

滝沢が近藤と駅で初めて会ったときに、近藤がどこから警察手帳を取り出すか観察してるとか (間違ってEnter押してしまいました。すいません。)細かすぎて絶対分かる訳無いですって!でもそういう細やかな演出、大好きです
そうそう、神山監督の「神業的こだわり」を
見つけるのも楽しみの一つかもしれませんね。

豊洲まで行く交通機関も「え?なんでこれ?」
という感じで面白かったですね。豊洲のユナイテッド、
新宿のミラノ座前など、映画館に関係した場所も
何かこだわりがあるのかもしれませんね。

Parallel Universe(管理人になにな)
卒論うんぬんを書いた者です。さっそくのお返事ありがとうございます!卒論は見事に壊滅的な出来でしたがなんとか卒業することができました。でもになになさんを卒業する気は全くありません!!これからもよろしくお願いしますw
おお、おめでとうございます♪
そして私への留年はご愁傷様でございます…(笑)

昔のように詳細なレビューは書かなくなりましたし、
気に入った作品も気が向いた時や時間がある時しか
書かないというのに、訪れてくださる皆様に感謝です。
ホントに好き勝手言ってますからね(笑)
そんなまったり更新のHP&ブログですが、
こちらこそよろしくお願いいたします。

鋼の錬金術師(4月開始) *前作 ヘの コメント
合間合間に入るギャグキャラ演出はあんまり好きじゃないですね。シリアスならシリアス。ギャグならギャグでキッチリ分けて欲しい。今回の話まで見た限りだと自分は前期の方が好きですね。オリジナルの展開も良く、奇麗に纏まっていましたね。惜しむらくは未だに映画シャンバラを見ていない自分の不甲斐無さですね(笑
前作容認派ならあれで物語が完結しますから
ぜひ。ラストは容認派でも賛否両論かもですが。

私も今回のニーナの回は前作の方が演出としては
上だったと思いました。前作はニーナが移送中に逃げ、
街を彷徨う中でスカーに出会い、彼の手をかざされて
審判を待つように項垂れるんですよね…死に様は
さらに凄いことにはなってましたが、「消せない罪」に
乗せてニーナとアレクサンダーが遊ぶ姿が流れる
特別バージョンが本当に切なかったですねぇ…

「忠実さ」が全てにおいて正しいというわけではない
見本だと思います。演出ってこういう事を言うんですね。

Phantom~Requiem for the Phantom~(4月開始)
原作を知ってる者としては1話の全くのオリジナル展開+真下節や、3話の海軍大尉との戦いの改変がビミョーでしたが、それ以外のところは概ね面白く見ることができてます。原作がこれでもかと言うほど渋くて、泥臭い感じなんで、真下監督の独特な演出はこのまま抑え気味にしてくれると有難いです
そうですね、今のところは思ったよりずっと面白いです。
真下と黒田はマドラックスの前例があるのであまり
期待は出来ませんが、だからこそ化けたら嬉しいし。

しかしどうしてこういう高評価の作品がことごとく
エロゲなのかという疑問がいつまで経っても
ぬぐえないのは私が女性だからでしょうかね。

なんかねー、もうそれだけで穢れた作品っぽく
思えちゃうんですよね。もったいないなぁ…

phantom>監督が真下氏だと聞いて不安でしたが1話以外は結構楽しめてます。1話の変なポーズとか演出はもう勘弁… 構成担当の黒田さんは原作を、気に入った表現をネタ帳にメモりつつ何十回もやった程のファンだそうなので、真下節を抑えつつ良作にして貰いたいです
ファントムの項目がなかったので追加し、
コメをそちらに移させていただきました。
出足が遅れてすみませんでした。

いや、1話を見た時は「真下は即切りじゃ~!」と
思いましたが、今までは結構楽しんで見てます。
特に4話は面白かったです。展開が読めなかった。
なんだかんだで視聴計画に組み込まれています。
ホント、黒田にはこれで汚名返上していただきたい。

グイン・サーガ(4月開始)
今でも買ってるとはいえ、読み方は流し読みと変わらない感じです。実家に置きっぱなしにしてたら父が読み、続きを探してたので購入を再開したという(笑)
ああ、私の父も私が持ってるところまでは
読んでましたっけ。そして「この話はピンチに
何かっちゅーと奇跡ばっかり起きるなぁ」と
笑ってましたよ。うん、ごもっとも(笑)

映画
カウボーイビバップが映画化ってホントですか? スパイクがキアヌって!
らしいですよ(笑)キアヌ既に44歳ですよ(笑)

まぁハリウッド映画って種映画の如く噂だけで
ポシャるものも結構多いので、実現するかどうかは
わかりませんよね。果たしてどうなるのやら。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
うぉっ!ブログトップにルルが出てきた♪私のハードルは結構低めなので、R2も含めて十分楽しめました
トップ絵は基本公式で配布していたものを
集めたマイコレクション大放出です。

楽しめたのは何よりです。羨ましいですよ。
私もよかった探しをしようとチラチラと見てるんですけど、
ラストまでの展開を知っていると鼻につくところばかりで
純粋に楽しめない…ああ、それが何より哀しい…

真マジンガー 衝撃!Z編(4月開始)
今期の本命馬にして大穴にして台風の目を語らない訳にはいきますまい!とりあえず「只では済まない」事だけは確実でしょう。…魔神がいつ素手ゴロでボコられるかと楽しみにしていたら三話目でやっちまうとかマジパネェ。あと爺ちゃん恐すぎっすよ!何で生きてらっしゃるんですか!?色んな意味で!
あしゅら男爵のマジンガータコ殴りには確かに
「ええっ、もう!?」と爆笑でしたね。

既にマジンガーなくても十分強い連中が
チラホラ出てますからね。おじいちゃん、
ロケットパンチでそれは死にます、普通。

今川演出バリバリで振り落としまくってますが
この程度で振り落とされるほどヤワじゃないぜ!
つーわけでこの先ますます楽しみです。

仮面ライダーディケイド(1月開始)
アギト編で3大ライダーが活躍し、アンノウンがちゃんと人間の守護者をやってて感動しました。G3-Xをトルネイダーに乗せたのも、アギト本編でも好きだったシーンのオマージュになってて鳥肌です。電王はまんまでしたねwさら電を見たばっかだったんで、普通に続編のように感じられてしまいました。他の世界も楽しみです
うんうん、アギトはかなり練りこまれてた感じがしました。
やっぱり平成ライダーを印象づけたクウガ、
方向性を決定づけたアギトは別物なのかも。
詳しく話を知らなくてもすごく面白かったですよ。

鳴滝をもひるませる恐ろしいディエンドの一発を
喰らってカエルみたいに落っこってくライダーなんて
電王だけですよ許されるの。やられても笑って
見てられるってどうなの、でも電王だし、みたいな。

ようやく公式で語られた「電王2」と「ディケイド」の関係も
大満足です。やっぱりそうだったのかー的なカタルシス。
どうしても良太郎を探してしまうことだけが寂しいけど、
次回もメチャクチャみたいなので楽しみです。

いやー、ほんとに面白い。全部のライダーを見てた甲斐がありました。今のところ剣編が残念だった以外は殆ど楽しめてます。ただ、会川氏降板が残念。米村氏とゴーオンやウルトラマンの古怒田氏、そして大先生がヘルプで呼ばれるらしいです…
平成ライダーを全て見た方には破格のご褒美ですよね。
見てない私でもアギトや555は十分楽しめました。

ただ剣だけはほかの作品を見てもあまりにもレベルが
下がるのは気の毒。レストランを選んだ意味も不明だし。
あの回をやったガラ艦男米村といい大先生降臨といい
正直この先の不安はつきません…ダメかなぁ、もう。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
GN粒子などという超絶便利(?)なものが存在しない現実世界に生きる我々視聴者(人間)は相互理解不可能なので戦争根絶は無理。よって、そんな愚かな人類は「絶対に外宇宙に進出してはならない!」ということをこの作品は主張したいのですね?(失笑)
成熟する時を待って永遠に戦い続ける鉄や銀の種族を
外宇宙に導いた黄金の種族を見習いなさい!(笑)

個人的にストーリーは1期の方が好きかな。2期の恋愛脳氾濫ぷりはちょっと。沙慈ルイやアレソマは下積みがあったからまだいいけど、ライアニュとかいきなりの刹フェルとかどうしちゃったんだろう。三角関係とかならなかったからいいものの
私はそんなに恋愛どっぷりとも思いませんでしたが、
さすがにライルとアニューはいただけませんでしたね。
突然愛だのなんだの語られても…とマジでドッチラケ。

フェルトと刹那は家族みたいなもんかなと思いましたが、
劇場版でくっつく布石だったりして。フェルトは好きな
キャラなので幸せになって欲しいですが、刹那とじゃ
幸せには程遠そう…普通の男にしときなさい(笑)

思い入れのないキャラが死んでもな…。そして、思い入れのないキャラが生きてても、全然盛り上がりません。コーラはまあいっかという気がしましたが。王道の王道たるゆえんを、もうちょっと製作側には考えて頂きたかったです
盛り上がらなかったですねぇ…むしろ印象に残すために
リヒティとクリスティくらいの演出で役立たずのスメラギは
ビリーと心中し、不倫エロジジィのイアンが妻子を守るために
散るくらいやってもよかったんじゃねと鼻くそほじっちゃいます。

コーラサワーは…まぁ、アイツはいいです、生きてても(笑)
アイツが00で一番の勝ち組であり出世頭ですからね。

とりあえず武士道を捻じ曲げるのを止めていただきたい。滝修行とかハラキリとかそういう問題じゃないんだよ!武士はなー、それこそダンス踊っちゃったり、「Here we go!!」とか言っちゃったりするんだよ!!
しかも結局あの武士、最終決戦にもからめなかったし
主人公との因縁に決着もつけられませんでしたからね!
中のヒト的には三角関係も劇場で、武士道も劇場で。

あと白髪頭で糖尿の気がある武士もいます(笑)

「キャラクターも数が多過ぎて手を広げすぎて誰一人収拾がついていない」というになにな様のコメントに全く同感です。新キャラを投入するということはそれだけ深く掘り下げなければならない時間が必要だということを考えると、現キャラもまだ発展途上だというのに尺が足りなさすぎだったと思います
ですよねですよね。
1期のキャラを昇華しきれてないのに新キャラ
出しすぎですよ。1期のキャラだけで十分だったと
思うのに…これはルルーシュにも言えることでした。

最近は無駄にキャラが多くて収集がつけられない。
キャラがぶれまくり、しまいに完全に破綻して
ファンの怒りを買った種とはまた違う意味で
キャラを生かせてないと思いましたね、00は。

ミスター・ブシドーは完全に置き去りだったし、
アリーもまさかのロックオンと復讐対決?!
いやいやいやいや、そこは刹那では!?

入った当初はライルがニール以上の素質を
見せているなんて伏線もありましたよね。
ビリーはなんじゃそりゃーなヘタレっぷり。
大騒ぎしてマリーに戻ったのにまたソーマに
逆戻りの超兵も、マリナ以上にいらない子だった
ですぅも、言い出したらきりがないですよね。

案の定の叩かれっぷりw でも馬鹿にされてもいい、ガンダムシリーズの中では一番好きです。一番面白いとは言わないですけど。(続く) 00では好きなキャラの軸がそれなりにぶれなかったので…。種デスでのあの悔しさ、もう思い出したくもない
えええええ~!?
いやいや失礼、決してバカにはしませんが
そこまで言い切れるとはそれもアッパレ。

キャラの軸…軸…う~ん、そういえば軸自体が
はっきりと示されたキャラがそもそもいないのでは?
示されなければぶれようがないということでは?

自分の軸をさらけ出して裏表がなかったのは
戦争大好き殺しも大好き♪と断言したアリーと
やっぱり最後まで自らの正義と信念を貫いた
セルゲイ・スミルノフでしょうね。う~ん、彼ももう少し
使い道があるキャラだったと思うんですけどねぇ…

12話ぐらいまでは楽しめてたので、視聴止めてた友人らに勧めたりしてたんですが、申し訳無い気持ち。水島監督もさりげなく「脚本をカットし過ぎてキャラが薄っぺらくなった」とか言っちゃってるし、何があったんだか。劇場版はいいから、ガンダム以外で名誉挽回して欲しかったり(phantomの黒田氏に期待していたり
あああああ、その気持ちわかりますわかります。
私はおかげさまでソルティレイとかスピードグラファーとか
ガングレイヴなどをツレたちに広めて無事成功した例が
多いんですけど、12話まできたらこのまま面白いと
思いますよねフツー。信じたくなりますよねフツー。

水島監督は次はまたダイ・ガードみたいな
1本筋の通った優秀作品を作るがいいよ!

他サイト様より転載 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000017-rcdc-cn
荒熊!荒熊やないか!!

***更新***

映画視聴感想 イルマーレ & Sweet Pain 死神の精度 UP
00:40 | 日記 | edit | page top↑

さっそく御礼!

さてさてお祭が始まりました!
そしてさっそくたくさんの書き込み、ありがとうございます!
レスに追われて嬉しい悲鳴をあげております。

ところで最近仰天する事がありました。
ひさびさに「中の人」のアクセスを調べてみたところ、
と、と、とんでもないことになっていたのです!!!

男女比は全く変わらずの7:3。

女性、少なっ!

データ上はやはり男性が多いことに変わりないようです。

まず一番最初の年齢別訪問者です。

圧倒的に20歳前後

この頃(07年9月)は電王レビューが主流で、
レビューをやめると宣言した頃です。
設置したばかりでしたが、
20歳前後の方の多さにビックリ。

その4ヵ月後がこちら。

30代がやや増加傾向

急激にヘコんでいた30歳代が盛り返してきました。
それでも焼け石に水。大学からのアクセスは止まらない。

そして昨年8月になるとこうなってます。

おっさんおばはんパワーが台頭

一言投票所が閉鎖され、訪問者が絞られてきたせいか
30台の伸びが著しいですね。管理人の話題について
いけるのがこの年代だからってホントの事言うな(泣)

さてそして約10ヵ月後。
私は目を疑いました。えっ、ウソだろマジこれ?!

何このフタコブラクダ!?

訪問者数がさらに減ったことでえらい
極端な結果になってしまったようです。

20代減りすぎ。
そしてアラフォー増えすぎ!!

もう爆笑もんです。

一言投票所

その他「レビューサイト」
■になになさんはe-flickさんはご存知ですか?レビューサイトとして凄くお勧めです。複線の拾い方とか…正直OOやルルもここ見てるとまた感想が違ってきたかも?今なら東のエデンの考察もなさってます
いやぁ、存じ上げないです。
最近はレビューサイトもほとんど廻らないですね。
アニメへの興味そのものが全盛期の
4割落ちくらいになってますからねー、今は。

ルルーシュはつい最近もR2の13話と14話を
見ましたが、先の展開を知ってるだけに
とにかくイライライライラしてしまってダメでした。

あそこでのオレンジの寝返りが唐突過ぎる!
嚮団の虐殺とかあんま物語的に意味ないじゃん!

残念ながらどんなにいいレビューを読んでも
私の中で凝り固まった嫌悪感が壁になって
多分00もギアス(R2)もダメだと思います。

でもいつかお邪魔してみたいですね。

東のエデン(4月開始)
■本当この作品を面白くないと思う人もいるんですね。ま、人それぞれですが。毎週楽しみなのですが劇場で完結とは・・・汚いぞ~(笑)と、投票するつもりが、なぜか戦国を押してしまいました(笑)それにしてもIGha(すいません、二度も誤って送信してしまいました)それにしてもIGは良い仕事してますね
東のエデン、めちゃくちゃ面白いです。
私は実は羽海野チカさんの絵がCLAMPと同じくらい
好きではないんですが、あちらのHOLICやキャラデザの
ルルーシュ同様、物語が面白ければ気にならないのだと
しみじみ感じます。それくらい物語に引き込まれますよ。

ホントにつまらないと言う人いますからね。ビックリです。
じゃあ何が面白いのかと。説得してくれ俺を!みたいな。

ホント、最後は劇場版で締めるんだと覚悟しておかないと。
でも最終回後に「劇場版鋭意製作中!」なんて出るよりは
最初に宣言してくれてる方がマシだと思いますよ私は。

天体戦士サンレッド(3月終了)
■祝、サンレッド第二期制作決定!!!http://www.sunred.jp/
あっ、私も昨日知ってうひょー!と喜びました!
サンレッドは意外なほど面白かったです。
最終回はある意味泣けました、リアルすぎて(笑)
金卵、フロッグマン、サンレッド。やはりギャグはいい。

戦国BASARA(4月開始)
■ニコニコ動画でみつけてBASARAの動画を何点か。バサライド(BASARAxスクライド)http://www.nicovideo.jp/watch/sm6759814カズマと幸村は同じ声だったのを思い出しましたww
バサライドってネーミングがナイス(笑)
後でゆっくり見させていただこうと思います。

「ぅおヤカタさむぁ!!!」という保志きゅんの声を聞くと
衝撃のファーストブリッドを喰らわせたくなりますえ。

■ になになさんのブログを読んで見始めましたが・・面白いですね、これ♪楽しみが増えました!ありがとうございます。拳で会話、奥州爆走族(馬にハンドルだけでなくマフラーまで付けとる)・・数々の超常現象にも慣れたなと思ったら今度はロボ侍!ドキドキします
BASARAのバカっぷりは最高ですね!
今回は浅井長政が…長政が…長政…

おめぇ うるせぇなっ!!!!

とにかく何喋っても暑苦しい!
リキまずに喋れんのか!恩義だの忠義だのと
武士道を語りながらなんだそのモミアゲはーっ!切れっ!

そしてひたすら陰気で鬱々の嫁・市。
「皆、市がいけないの…」
おまえ、長政が「ま、待て!」と止めるの待っとるやろ!
その後フツーに光秀の傍に立っとったやんけ!

つか私、4話目にして知りました。

あれ光秀だったんかい!!!!!!

私も長政ばりにツッコみまくっていると気づきました。
そういえば今月のTVナビでは筆頭と小十郎の中の人が
対談していましたが、彼らも笑ったメカ侍も楽しみです。

映画
■インファナル・アフェアは私は好きです。になになさんのレビューを拝見するのが楽しみです。私も録り損ねたⅡとⅢが見れると思うとホクホクです。ご覧になったかもしれませんが潜入捜査物ならジョニー・デップとアル・パチーノのフェイクもなかなかです
私も楽しみにしてます。インファナルⅠ・Ⅱ・Ⅲの後に
ハリウッドリメイクのディパーテッドが続きますね。
「フェイク」は見てません。パチーノもデップも嫌いじゃ
ないので機会があったらぜひ見てみたいですね♪

特撮&仮面ライダーシリーズ
■やっぱり1番凄かったのは「激走戦隊カーレンジャー」だと思います。もうね…、他の追随を許しません(笑いとツッコミどころで)。車がモチーフなんで「ゴーオンジャー」とは類似点もチラホラ
へぇ~、そんなに笑えたんですか。
車系は意外とウケるのかも?

最近ではマジレンとか結構盛り上がってたイメージが
あるんですけどね。ゴーオンジャーはものすごい
盛り上がりではなかったと思うんですが、意外と
コンスタントにウケたような気がします、勘ですが。
子供にウケるだろうなってのが一番でしたから。

グイン・サーガ(4月開始)
■になになさんは16巻までなんですね。私はケイロニア篇も好きですね~グインの出世街道とマリウスとイシスの恋の行方が気になって気になって(笑)がんばって現在も買ってますよ~!
買ったのは「白虹」(はじめて○○「の」○○じゃない
タイトルと言ってました)くらいまでで、あとは全て
本屋で流し読みしてます。だから今20歳を過ぎた
リンダと30近いイシュトヴァーンが再会してるのも
知ってます。でもそのくだりですら長いんじゃっ!

それでも好きなのはノスフェラス編までですよ。
活劇的な冒険話が終わったらふわ~とトーンダウン。
沿海州の会合とかえーかげんにせーと思ったし、
アムネリスとナリスの恋愛劇とか長すぎです(笑)

ケイロニアはバカ姫が嫌いなのでイマイチです。
オクタヴィアはさほど嫌いではなかったですが…
見開きでどどーんと描かれたベッドで見詰め合う
マリウスとイシスはなかなか天野ってましたね。

もうとっくに手元に残ってない本なのに
思い出すのは読んだのが若かったから。
あー脳細胞の無駄遣いしてるなぁ、もうっ!

はじめの一歩 New Challenger(1月開始)
■放送はホーク戦までかなとは思うけど、オールスター集結の沢村戦までやって欲しいです。ファンとしてはヴォルグ復活是非見てみたいので
え~、ホーク戦までなんですかね?
原作付の中では異例のまだまだストックのある
珍しい作品なのでもっと先までいって欲しいなぁ。
まぁ宮田戦が延々続いたりするとさすがにちと
ダレるかなとは思うんですけどね。やっぱり
あんなに地味でも非イケメンでも、主人公が
力を持ってる作品なんでしょうかね(鷹村が
一番持ってるんじゃないかって言うたんなや)

Parallel Universe(管理人になにな)
■一言投票所復活ありがとうございます。今期は努力してでも毎週見たいアニメ新番組が個人的に見出せなかったのが残念です。でも他に面白い作品があったのでいいかなと。火曜深夜0:10 NHK タイムハンター 、日曜夜11:00 MX 未公開映画を見るTV の2番組です。両方ともお勧め。>ちずる
お久しぶりです、ちずるさん。
こちらこそ早速の書き込みありがとうございます。
確かに今期は私も随分絞りました。
意外と絞れた、という方が正解かな?
月曜日などGガンが終わったらノーアニメです。

ちずるさんが挙げられた番組、面白そうですね。
NHKは意外な面白さがあるし、MXも意外なほど
はっちゃけたものをやる事があるので今度見てみます。

■またまた一言の復活、すごくうれしいです!になになさんをはじめとして、いろんな方のコメントを拝見できるのを楽しみにしてました♪
ありがとうございます~♪
私も皆さんとお話したり、和気藹々と語ってくださる
皆さんのご意見が楽しくて仕方がありません。
ホント、ここはいつも雰囲気がよくて離れがたいです。
今回もぜひ、思いっきり楽しんでくださいね♪

■になになさんが卒論の話題を出したことがあったと思いますが、ちょうどその日に卒論を書きあげたので、日記を見たときにはビックリしました。になになさんには思いがけないところでいつも驚かされるのでついつい見に来てしまいます(笑)
ななんと!?そんな偶然がありましたか(笑)
シーズンとはいえビックリしちゃいますよね、
「になにな!キサマ見ているな?!」的な。

卒論を書き上げられたという事は
既にご卒業されたという事でしょうか。
おめでとうございます。新生活はいかがですか?
アニメチェックも大変かと思いますが…

あ、いやいや、人はこうして卒業していくので
オタ道から見事正道へ戻られているのなら
振り向くなとエールを送りたい(泣笑
(ちなみに社会に出てもオタ道から抜けられず
迷っているなら「毒を喰らわば皿まで」ですな!)

侍戦隊シンケンジャー(2月開始)
■(BASARAXシンケンジャー)http://www.nicovideo.jp/watch/sm6651198違和感が全然無いのが凄すぎるww
剣使い同士でMAD…とはいえ全然別物っぽいですが、
こちらも後でゆっくり見させていただきますね。

■ ドウコクさん、同脚本家で組織構成も性格イメージも似通ってるギンガマンのラスボスに比べるとやはり薄味(あっちは粗暴な言動のくせに頭も切れて恐ろしく強かった戦隊屈指の超強敵だからしょうがないけど)。十臓の存在感もあるし、何とかしないと中盤で退場だぞ?(笑)
へ~、そうなんですか。
ドウコクさんはどーも小物っぽくていまひとつ強さを
感じられませんね。ゴーオンの連中が強烈な個性を
放ってた分、今年はシリアスに行って欲しいですが。
まぁまだ謎が多いって事で期待しておきますけども。

そういえばいつだったかの大胆マップで
照英さんが最終回は中の人も自分だったと
言ってましたが、ホントにメットが曲がってて
爆笑でした。そりゃあれは見づらいですよね。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
■そーいえば、異種との対話がどうとか言ってましたが宇宙人いるんですかね?ゼントラーディ?wそれとも、すでに宇宙に進出してイノベーター化したのが木星にいるとか?ナデシコ?wどっちにしろ何かなー
西暦を舞台にして「これくらいならこれくらい」と
綿密に時代考証をしたとのことでしたけど、
宇宙人との交流も視点に入ってるんですかね(笑)

それよりは電脳化とか義体化の方がリアリティが
ありそうというのがこちらの実感なんですけども…

■人間関係はモヤっとしすぎですよね…。種死では種が好きだった分怒りは猛烈にあり傷も深いですが、OOは思い入れがないまま特に関心も無く終わったため記憶から早く消え去りそうです
あ、そうそう!まさにそう!!
なんか種は好き好き期→イヤイヤ期を経て、
最近はすっかり落ち着いて見直せるようになり、
「やっぱり種は面白いところは面白かったよ」と
お恥ずかしながら寛容になってますよ実は。

嫌い嫌いと大騒ぎしてると「それって実は好きの
裏返しじゃないの」とからかわれて烈火のごとく
怒った経験は人間誰しもあると思うんですが、
やはり「好きの反対は無関心」なんですよね。
毎度毎度骨身に沁みますなぁ。

■物語そのものについては、もうSFなのでいいんですが、展開の仕方(1stは好きですが2ndと繋げると出し惜しみしすぎ、2ndは何でも裏設定にしすぎ)とか人間関係の描き方に、とにかくモヤッと・・。視聴者を置いてけぼりにしてるんじゃ・・ないっ!
2期は1クールこそちんたら進みすぎた
1期の悪いところを払拭するように
結構スピード感溢れた展開をしてたのに、
2クールに入ったらもう毎回毎回モタモタモタモタ…
特に中盤は酷かった。イライラしましたね。

そしてキャラの唐突な行動や空気化は種並。
キャラクターも数が多過ぎて手を広げすぎて
誰一人収拾がついていないってなんなんだと。
決して種を笑えないデキだと思いますですよ…

■主人公側のファンだった方には申し訳ありませんが、私にはCBがイオリア神とヴェーダ経典を妄信する「武装カルト教団」にしか見えませんでした。しかも1期中盤(トリニティー登場)から2期最終回までCB教団同士の内ゲバ・・・。ある意味斬新?なガンダムでしたね
ああ、確かに後半はほとんどCBもアロウズも
イノベイターも内ゲバばっかりやってましたね(笑)
「何をやっているのかよくわからない」ガンダム。
私も特に入れ込んだキャラもいなかったので
(まぁまぁ気に入ってたキャラはいましたけども)
誰が何をやっても全く気にならないという(死んでも
正直どうでもよい) 変なガンダムでした。スメラギが
死んでたらもっと評価が上がってたかもしれません(笑)

■個人的に気に入らないのは、イノベイター↓失礼、ミスりました。イノベイターが人類を導くという事とGN粒子を用いた相互理解。これらは人間の力だけじゃ平和を創れないと言っているのと同じだと思っています。特に後者。GN粒子なんてよく分からないモノが無ければ理解できないのかと。初期のMSの動力源という設定だけならまだよかったんですけどね。
ですよね、あれはないですよ。
人間同士の対話とか思いやりとか、そんなものでは
相互理解なんか絶対出来ないからGN粒子なんて
ワケのわからないものを使うなんて、ヤクや電脳で
つながってハッピーみたいな感じじゃないですか。

それが人類の革新!?断る!!ぶっ壊す!
そして大津波を起こしてカイジに助けに来てもらう!

■こんにちは!00も劇場化、ガンダムUCもアニメ化……種の劇場版が本気で抹消されていく…別にいいんですがねw
こんにちは!楽しんでいってくださいね^^

種の映画はホントに抹殺されてますね。
「はぁ?今さら?」と思ったエウレカも公開されてますし、
グレンラガンも後半は改変に次ぐ改変で評判いいみたいだし。
エヴァも前評判どおりだったので次も期待させるし、その上
00が映画化、UCがアニメ化じゃ種はもはや過去ですよね。
旬を逃がしたらいくら人気作でも無理という見本ですね(笑)

■GN粒子の相互理解、純粋種のイノベーター、人類の革新、結局何だったの?と思ったんですが。GN粒子の相互理解といっても、ルイスとサジに使われたぐらいだったような。終わったらすっかり忘れちゃって(笑)もう記憶が曖昧になってるので何とも言えないんですけど
刹那のイノベーター化が意味不明でした。
生み出された種族であるイノベーターになっちゃうって、
ナチュラルがヤクに頼らず遺伝子の後天変異を起こして
コーディネイターを凌駕するみたいなムチャクチャさ。

ルイスと沙慈は正直見ていて白けるばかりでした。
ルイスがネーナを殺した後で本当にカミーユ化して
それを沙慈が一生面倒見るエルガイム風完結なら
笑えたのに。まぁ一番イミフはマリナ姫でしたけども。
あれはひどかった。前作ハガレンのウィンリィ以上の
酷い扱いでした…なぜって存在していた意味がない(笑)

■一言投票所復活ありがとうございます。トップ画像が種なのがお祭りっぽいですね。00は、水島氏も黒田氏も一体何が…二期中盤以降は、これならいっそ井上敏樹先生に!な印象でした。歯には歯、毒には毒(しかし案外相性は悪くない気がします)。作画他のスタッフが健闘しただけに、残念でした
こちらこそ早速のご参加ありがとうございます!
おお、トップ絵は種でしたか?
カッコいいですよね、エールストライクも。
種以外にも色々仕掛けてあるので楽しんでください^^
(とはいえあまりリロすると重くなるのでホドホドに…)

井上敏樹大先生は私も考えました、実は(笑)
あの破壊力を持ってすれば意外と斬新な「皆殺し
ガンダム」ができるんじゃねぇかと期待してしまう。
もうガンダムもそれくらいの破壊の神を呼ばないと
再生しないかもですよ。あ~Gガンは面白かった♥

■たしかにCB、言われてみるとカギ爪一派に似ている…その相互理解の手段といい、不幸面した独善的な所なんてまさに。ただ、あっちはカギさんの一応根拠ある理念に従ってたけど、CBはそれさえ曖昧な訳で
カギ爪が「世界を1度粒子化して分解し、自分自身を
溶け込ませて無意識に平和を望む世界を再構築する」
という狂気を信念を持って実行しようとしていた邪教の
集団だったのに対し、CBは「何をどうすればいいのか
わからんがとにかく世界を破壊するしかないと思ってたら
GN粒子が一晩でやってくれました」みたいな安易さが
あった気がします。だから腑に落ちないんでしょうね。

■復活嬉しいです!はっきり言ってラクス達よりタチが悪いと思ってしまいました……。CBというかイオリアの一派は。種以下かもしれないとになになさんは書いてた記憶があるのですが私も同意ですね……。(続く)種は好きではなかった(好きな人すいません)んですが、双方の良かった所と悪かった所を思い返すと00の方がひどかった気がします……
私はCBがそれこそ世界を統一するために
「世界全ての敵になる」という事をもっと全面的に
押し出して悲劇性を持ちながら破壊を繰り返すなら
それはそれで面白い試みだと思ってたんですよ。
(それだけでわけのわからない理論でエロ魔人を
筆頭に中央突破しまくるラクス軍団に比べたらマシ)

でもやっぱり何より致命的だったのは

全く面白くない

ということでしょう。キャラクターが使いこなせてないし、
一つ一つのエピソードに繋がりがなくて伏線回収もない。
1期同様ノッキングばかりで結局エンストしたって感じです。
劇場版はレビューや評判だけでいいですわもちろん(笑)

■お久しぶりです。貴重な時間、思う存分愉しませていただきます。OOの結末、特にGN粒子を用いた相互理解。あれ、よく考えるとガン×ソードのカギ爪の思想に似ているようにも思えました。具体的にどうとはうまく説明できないのがもどかしいですね
GN粒子は正直全くわからない…というか、私の中で
あんなご都合粒子はいつも完全に黙殺してました。
んなわきゃねーだろ的な。まだニュータイプの方が
理解できますよ。アリじゃないのかと思えますよ。

そういえば谷口は皇帝にもカギ爪と同じような事を
させようとしててちと醒めました。カギ爪は自分を
媒体にして快楽的な平和を与えるという狂気が
混じっていたので気味が悪かったんですけどねー
それに対抗したのが「何も考えてないバカ」なのが
ガン×ソードの何より楽しくて感動できたとこですね。

■復活お待ちしてました! CBは結局贖罪なんて口先だけだった訳ですが…無茶苦茶多い不満点の中でもそれが一番納得いかなかったです。でも脚本家いわく「CBは新撰組」らしいので、スタッフは後世の英雄集団という捉え方らしく…
ええええええええええええええ!?
マジですか!?それはちょっと…どうかなぁ…
投げっぱなしを「後世の判断に任す」みたいで
不満ですねー、そんな結末ならぬケツまくりは。

ありがとうございます。
早速の皆さまの書き込みが嬉しくて嬉しくて
涙がちょちょ切れます。ありがとうございます。

■種死と00両方好きなら解る。両方叩くのも解る。種死は叩くけど00はマンセーする人が解らん。ラクシズは汚いテロリストでCBは綺麗なテロリスト?ザクグフドムは劣化パクリでトリコロ0ガンダムは良いオマージュ?種死は戦闘トレースまみれって(続く) 0ガンダムとエクシアR2のラストバトルは、初代ガンダムとラルグフのトレースジャマイカw
ああ、それはなんとなくわかります。
私は種にも本当に面白かったところはあると
思ってるんですが(無印の1クールはマジで
色々あって面白かったと思いますよ)00は
そういう「ここはよかった」がさしてない。

その作品の中ではまぁまぁ面白い部分があっても、
他の優れた作品とタメ張れるくらい面白かったかと
言われると種にはあっても00はなぁ…どうかなぁ…

ラストのガチンコもなぁ…
ちょうど重なってGガン見てたからなぁ(笑)
でもやっぱり初代の機体に乗り換えるというのは
燃えましたね。昨日終わったエルガイムも最後は
マークⅡから初代に乗り換える燃え展開でした。
(つーかロボアニメでは元祖になるのかな?)
23:17 | 日記 | edit | page top↑

GWスペシャル企画

Parallel Universe 名(迷?)物

一言投票所  を、

GW期間(4/28 21:00~5/6 23:59)
のみ特別復活いたします。

00の最終回に物申す!
仮面ライダーキバはありゃひどかった!
ワンナウツ見たんですね!
シンケンジャー面白い!
ディケイドを楽しむコツはこれ!
ハガレン始まったね!
電王キター!

などなど、作品に一言言いたい、愛を叫びたい、
文句つけたいという方はぜひ、嬉しい楽しい
黄金週間を手薬煉引いてお待ちください。

私も皆さまとのコミュニケーションを
楽しみにお待ちしております。
久々のお祭、楽しくやりましょう♪

なおこの記事のみコメントを受け付けます。
ご意見・ご要望・参加表明・意気込みなどが
ありましたらご自由にどうぞ。
21:00 | 日記 | edit | page top↑

電王、参上!

「減ったらどうするんですか!」(光夏海)
「何が?」(門矢士)
「…………・・・脳細胞とか…」(光夏海)

【仮面ライダー電王ディケイド】

まんま!まんま電王!
劇場版では半年ごとに登場してるけど、
TVでは1年ちょっとぶりに電王が登場♪

とはいえちゃんとこれまでのディケイドの
雰囲気も踏襲し、世界の破壊を止めるという
物語も進んでるのでどなたもご安心召されよ。

しかも今までの世界の中では一番ヤバそうな状態になってる。
それが「悪魔」と噂される破壊者・ディケイドの仕業ではないかと
読んでるウラたちだけど、実際はきっと映画に関係してるはず。

さら電では当たり前のように実体が保てていたモモたちだけど、
どうやらイマジン体でしか存在できなくなってしまったらしい。
早速士に取り憑いてM良太郎ならぬM士のお目見えだけど、
いや~、やっぱりベテラン声優ってやっぱすげーや。

井上くんの初々しい演技はそれなりで好きなんだけど、
滑らかなセリフで見るとフツーにモモがおると思える。
むしろ気張っちゃう村井くんの方が違和感あったかも。
良太郎的なのはM士の方だったと思うな、私は。

士に簡単にいなされるなんてやんちゃで喧嘩スキーの
モモには似合わないと思ったけど、ケーキもつけるという
士にプリン!としっかり釣られる姿は相変わらずで愛しい。

「デンライナーを、くれ!」(海東大樹)

電王はファイナルフォームライドしてデンライナーになると思うから
早くなれと相変わらず傍若無人な海東に笑う。久々に出てきた
リュウタよりコイツの方がとんでもワガママ少年じゃないですか。
モモはこういうタイプ苦手そうだなぁ。そこがまたおもろいけど。

今回ディエンドが使ったのはサソードとまたまたサガだった。
キバは結構登場多いよね。やっぱモノが残ってるから?

「夏みかんは返品してもらうぞ!」(門矢士)

しかし今回は「ハナさんはいつ電王になるんですか?」と
本放映中面白おかしく話されていたまさにその夢を実現した
夏みかん三変化!色っぽいOLおネーサマ風のU夏みかん、
娘変化のようなK夏みかん、ファンキーすぎるR夏みかん。
しかも変身して戦っちゃうんだからこれまた夢の電女王!

ちなみに今回、MとUは良太郎の時とあまり変わらなかったけど、
キンちゃんはマタギ風の衣装になっててこっちの方が合ってる。
パーマにグラサンのリュウタはR良太郎の方がカッコいくて好き。

あと士と夏みかんが街を歩くシーンは見慣れてきたものの
ホントに2人とも足長いね!海東も背が高いから長いし。

電王では佐藤くんはあまり大きくないし中村くんはタッパは
あるけど痩せてるタイプじゃなかったし、キバの瀬戸くんも
武田くんもさほど大きくないし(加藤くんはヒョロ高だったが猫背が難点)
今年の2人は見た目がよくてホレボレする。夏みかんも
スタイルや顔はハナさんには負けるけど可愛いしね。
(そういや今年はシンケンも殿が抜群にスタイルいいや)

劇場版に登場するシルバラが思わせぶりに登場するなど、
本編でストーリーと映画を見事にリンクさせたあの夏のように
ニヤリとするシーンも。最後にはついにデンライナーも登場し、
コハナ・ナオミ・オーナーが現れるとホント、主役の良太郎が
いないだけでここはまさに電王の世界だと錯覚してしまうよ。

でもその電王の世界で建物が次々消えていく。
先週の予告の夏みかんのセリフは「変わっている」ではなく

「もう…この世界は終わってるんですね…」(光夏海)

という絶望感に満ちたものだった。
桜井さん…じゃなくて、よく考えたら555編以来の
鳴滝も久々に現れて世界の崩壊の様子をご見物。

士がいつも通りあまり喋らずに戦うから、相変わらずペラペラ喋る
イマジン戦隊の方が目立つ。やっぱ電王は明るくていいよねぇ。
アギトのフォームチェンジを見て「自分だけ変わるなんてズルい!」
と駄々るリュウタ、「変わろうか?」と言うウラに「スマン」と応じる
キンちゃんと相変わらず仲良しのタロスたちに頬がゆるむわ~♪

一方モモもギャーギャー騒ぎながらバトル中。
高みの見物を決め込んでるディエンドに手を焼き、しまいには
ディエンドのファイナル・アタック・ライドでビルの下へ落とされる。
キバやディケイドや平成ライダーたちのバトルを見てくると
ホント、モモってばただのめちゃくちゃな喧嘩殺法だと思うよ。

しかし今回、一体中の人は誰が誰だったんだろう…
それくらい入り乱れて大混戦だったって事なんだけど、
まさかオールスーパー高岩タイムだったわけじゃないよね?

次回はジークも登場し、世界崩壊の謎に近づく…のかな?

ハガレンはニーナの話。
特につけ加えることも差し引く事もなく原作どおり?
さすがにギャグもあまりなかったのでよかった。
バスク・グランがあっけなさ過ぎると思うのは
結構生き長らえてスカーに劇的に殺された
前作での厚遇ぶりが印象深いからだろう。
原作ではあんなもんだったね。

タッカーも前作では後々薄気味悪いキメラとして
人体練成で作ったホムンクルスのニーナを抱いて
再登場したけど、今回は迷うことなく成仏しそうだ。

三宅健太のスカーはなかなかいいんじゃないか。
うえだゆうじはキンブリーからハボックになったのね。
ハボックは苛烈な運命が待ってるの合ってるかも。

シンケンジャーは殿が封印を施せる力を持つ
超重要人物である事が判明!ま、だからこそ
殿なんだろうけどさ。命に代えても御守りします
なんていう流之介に余計な事を考えるなと喝を
入れる殿がまた…もー、この部下思いさんめ。

今回ことはから剣を借りてまさかの
炎雷合体技を使った殿にビックリ!
ことはと協力して技を出すんじゃないのが
また殿らしい。ことはの殿へのなつきっぷりが
微笑ましいのでこういうシーンはニヤニヤするよ。

しかし今回はバトルにロボの出番がなく、
物語も完全に続き物になってた。
次回は今回なかった分バトルもガンガンありそう。

あと驚きは次々倒される先代シンケンジャーたち。
私勝手に殿の父親が先代シンケンレッドと思ってたけど、
(30・40過ぎてシンケンジャーはキツイなと同情していた)
どうやらそういうわけでもないらしい?(たとえば丈瑠の父と
流之介の父もシンケンメイツなのかなとか思ってたから)

まぁそれこそ真剣に考えるほどの事でもないが。
ところで「殿は?」とじいに聞かれて「知らん知らん」と
手でナイナイする黒子ちゃんが可愛い(あの人かしら)

「マジンガーZ」はまさしく今川節全開で「着いてこられる
ヤツだけが着いて来い!」的なノリなのがすごいわー
「パンドラハーツ」が意外と面白い。今回は「ファントム」も
面白かった。「東のエデン」はますますますますますます
面白くなってきてドキワクが止まらねぇ!ニート2万人の
行方は!?滝沢朗の正体は?!残りの救世主は?!

あ~、けどこれ、物語の完結は劇場版なんだよな。
それを忘れないようにしなければ。
(これが「つまらない」とか「鼻につく」とか「お約束」と
ケナす人がベタボメしている作品はほとんど相容れん)

そうそう、「07-GHOST」はやはり切った。
視聴中にいつの間にか洗い物を始めてて、
自分が話に厭きたと悟ったからだ。
「花咲」も気づけば洗い物を始めていたが、
こっちはまだ決めきれず今日の分も見てみる。

さて一言投票所復活まであと2日と迫った。
書き込んでくれるだろうかとこちらもドキドキだ。
なお開催中はブログトップも変わるのでお楽しみに♪

***更新***

映画視聴感想 シッコ & エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? UP
02:07 | 日記 | edit | page top↑

ブログネタ

ブログを書いている人は街で何か面白い事に出会うと
「ブログのネタになる!」と思うことは多いと思う。
あまりにも不遜なヤツや無礼なヤツに憤慨して
「ブログに書いてやる!」と捨てゼリフを残す人も
いるかもしれない(自分が残されたらイヤだなぁ(^-^;)

というわけで目を凝らせば人間サーカスの街では
あちこちに「ブログネタ」が転がっているものだ。

昼休みに食事のできるフリースペースで
漫画を読んでいたら、隣に座っていた
若い母子連れときったないばーさんが
何やらごちゃごちゃやっている。

きったないばーさん曰く、母親が座っている席は
自分の指定席で、ここじゃないとアタシだめなのと
ムチャクチャな事を言っている。別の席の人が
母子連れをかばい、自分と代わろうと言っても
その席が風が当たって涼しいだのここじゃないと
薬が飲めないだのとゴネる。傍の男の人も口は
出さないものの困ったチャン行動に苦笑しきり。

横で聞いていた私もなんてババーだと呆れ、
まぁ恐らくは精神か人格系だろうと直感したが、
世間はこういうご病気の人を意外と「変わった人」
と優しく受け入れてあげるよなーといつも感心する。

母親は彼女に気持ちよく席を譲ってあげることにし、
まだ食べかけだった息子を急かして席を立ちつつ
「ごめんなさいね」なんて優しく言ってあげていて
感動する。理不尽ないちゃもんでどかされたのに
正常で立派な社会性と社交性を身につけた人だ。

やがてばーさんは椅子に空のペットボトルを置いて
どこかへ行ってしまった。大騒ぎして席を強奪して
いなくなるとはこれいかに…と思っていたら、
2人のおばちゃんが空いている席に座った。

しばらく平穏だったその場に、なんとばーさんが
帰ってきたからさぁ大変。前の母子連れの時同様、
すみませんでもごめんなさいでもなく、ここはアタシの
席だと言い張りおばちゃんを押しのけんばかりの勢いだ。

おばちゃんは面食らいつつもばーさんの剣幕に慌てて
隣の席に移ったが、どうにも腹の虫が据えかねるらしく
「そこあなたの席だったの」「どうしてもそこがいいの」
と気持ちを抑えながら話しかけている。ばーさんは
乱暴にここはアタシが座ってたんだから!ここじゃ
なきゃアタシは薬が飲めなくてダメなんだから!
と、普通なら通用しない支離滅裂の主張をする。

初めは感情を抑えて笑っていたそのおばちゃんも
「何笑ってんのよ!」「前の人が譲ってくれたのよ!」
と、あまりにも無礼極まりないばーさんの物言いに
ついにブチギレ、そう、あんたの席だということは
わかった、譲ってもやった、でもすみませんでも
ごめんなさいでもなく、いきなりアタシの席だから
どけって事はないじゃないの、そんなの世間で
通用しないよと説教をかまし始めるから大変。

ばーさんも「アタシだって初めにごめんなさいって
言ったじゃないの!」と怒鳴り返し、(いやいやいや
言ってねーよ!)と思わず私に心の中でツッコませる。

貴重な昼休みにしょーもない病気のばーさんなど
相手にしたくもないので黙っていたが、2人の喧嘩を
聞けば聞くほど、いきなり怒鳴られてどかされた母子や
おばちゃんがあまりにも気の毒である。自分ではなくて
よかったと思う分、ちょっとした助け舟を出してあげたい。
おばちゃんは悪くないよ、ここにいる誰もが不当な扱いを
受けたおばちゃんが正しいと思ってるよと伝えてあげたい。
「小心だが自分なりの正義を持つ」亢宿の血が騒ぐ。
(自分が戦う立場だったらやはり応援して欲しいと思うし)

私は席を立ちがてらおばちゃんに「前に座ってた人の事も
どかせたので相手にしない方がいいですよ」と耳打ちした。
さっきから聞いているとばーさん、まさに病気の人らしく
異常なまでの地獄耳なので私の声が聞こえないよう
用心してのこと。するとおばちゃんは「ああ、誰にでも
やってるのね!」と我が意を得たりとばかりに言った。

ばーさんは私が何を言ったかかなり気になったようだが、
さくさくとその場を後にする私の事はかまえなかった様子。
おばちゃんがばーさんに私が言った言葉を繰り返しても
私はもうその場にはいない「過去の人」なので関係ない。
そしておばちゃんも自分は何も悪くないと確信しただろう。

とにかくあまりにもばーさんの自己中ぶりが不快だったので
病気という免罪符を許したくない。そもそもその知識がなく、
いきなり理不尽な言葉で精神的苦痛を受けた気の毒な
おばちゃんや母子に私は同情し、加勢し、軍配も上げる。
そそのかしたわけではなくただ気持ちを伝えたかったのだ。

大体もしも私の父や母が出先のフリーのベンチで
休んでいる時、こんな風に変なヤツから難癖を
つけられたら許せるもんか!怒髪天を衝くわ!!

というわけでブログネタにしてやったぜ。
今後も街をウロつく変な人にはくれぐれも気をつけよう。
23:58 | 日記 | edit | page top↑

ぼちぼち漫画

ジャンプSQを読むたびに、フジリューの描く「屍鬼」は
気にはなるものの、いつも2、3ページで挫折する。
原作を読んでいるにも関らず、あの絵では誰が誰だか
判別できず、そもそもさっぱり意味がわからないのだ。
(とりあえず夏野の最期が近いことはわかるが)

クレイモアはアニメのおかげで以前よりはわかる。
(イースレイ死亡はちと感慨深かった)
紅も最近アニメと同じ紫の話が完結した。
テガミバチは昔の方が面白かった気がする。
しかし「エンバーミング」や「テニプリ」などの
2軍落ちの方々の漫画はあまり読んでいない。

実は面白いかもと思っているのが「アイレボ」である。
絵が綺麗で動きがあるし、フィギュアの勉強にもなる。

同じく新連載の「青の祓魔師」も絵は綺麗だが
まだ5ページ目までしか読んでいない。
まぁぼちぼち読もう。

***更新***

映画視聴感想 アポカリプト & トゥー・ブラザーズ UP
01:29 | 日記 | edit | page top↑

母と嵐

ゼロでキャスターを務める「櫻井翔」を見た母は、
彼を日テレの新人アナウンサーだと思っていたそうだ。

しかしアナウンサーにしては喋りがたどたどしくミスも多い。
なのに彼がミスをしてもその場の雰囲気がえらい柔らかく
和やかなままでヒジョ~に甘い事を不思議に思っていたが、

「きっとこの子は日テレが社運をかけて
             プッシュしているに違いない!!」

と勝手に解釈していたそうである。

そんな彼がある日歌って踊ってるもんだからさぁ大変。
最近「ヤッターマン」の宣伝でけったいな格好をしてる
映像もバンバン流れてたもんだからさぁ大変。

しばらくはテレビの前で混乱していたようである。
(母は二宮や松潤は知っていても嵐の存在をよく知らず、
彼のゼロの出演日も少ないので気づくのが遅れたようだ)

***更新***

映画視聴感想 プレステージ UP
00:45 | 日記 | edit | page top↑

春アニメ爛漫

「八代の笑顔がお前の夢だったんじゃないのか」(門矢士)
「…俺のため?」(小野寺ユウスケ)

仮面ライダーディケイド

今回も面白かったなぁ。
アギトの物語は詳しく知らなくても、
ディケイドでの物語がちゃんとまとまってれば
とても楽しんで見られるという典型だった。
555もその点は大満足だったし…ああ、ブレイドは
もう一回挽回のチャンスがあればいいのにねー
(ナニゲにキバと同じくらい出番あるっぽいけども)

ショウイチと八代の物語はベタ(彼女を守るために
1人で逃げた)だったけどそれゆえにわかりやすい。

クールに見える士がしっかりヒーローしてたのもよい。
今回のアギトワールドは人々を守るというよりは主に
関係者を守る物語がメインで今までのライダーとは
ちと違う雰囲気だったけど(最後にはグロンギや
アンノウンが出たら今これからはG3-Xの正当な
装着者がいると締めていたのはよかったしね)
その分、ユウスケや士のキャラクターがさらに
掘り下げられ肉付けされてよかった気がする。

「愚かだから…
   転んで怪我してみなきゃきゃわからない」
(門矢士)

な~んて泥臭いセリフ、見た目の雰囲気だけだと
言いそうもない士が言うギャップがいいのかも。
(私が士スキーだからかもしれんけどもさー)

死んだ女を今も想い続けるユウスケ、愛する女を
守るため全てを一人で被ると決めたショウイチ、
そして友のために身を張る士と、みんな愚か者。
でもそれは何よりも愛すべき愚か者の姿だ。

そもそも海東・士・ユウスケの関係がビミョーで面白い。
人間の感情の機微が全くわかってないっぽい海東は
その無神経さゆえに相変わらず無邪気で残酷だ。
ところがその無邪気さが物語をさらに面白くしてる。

彼にとって士は決して殺したいほど憎い相手ではなく
(怪我をした士に肩を貸してやる優しさも持ってる)
かといって巻き添えになったらなったで別に惜しむ
相手でもない(ごめんごめんで済んでしまう程度)

お宝に目がないゆえに、それが何かも確かめず
平気で加勢したりもしちゃう。肝心なところで姿を
消しちゃったりもする。海東はこれからもますます
面白い存在感を発揮して欲しい(曾川いなくて大丈夫かな)

ユウスケはここは自分の世界に似てはいるけど
自分の物語の終点ではないと気づき、再び旅を
続けることになる。キバーラがユウスケを連れてきて
離脱しようとしたユウスケにあれほどこだわったこと、
そしてますます士との友情が深まっている事などから
先に待つのはやはりディケイドVSクウガではないかと
不安にもなるのだが、それでも健やかなユウスケが
いてくれるのは嬉しい。しばらくクウガにはならないと
思えばそれでもいいさ。今回は一応変身しかけたし。

そして次回はやっぱり電王が来たー!

映画公開にあわせて4/26・5/3が電王だろうと
思ってたけど、全くその通りどころか映画との
タイアップになるらしく銀ライダー金ライダーまで!
(銀ライダーの中身は伊藤教人さんなんじゃろうか)

憑依された士がコロコロ変わったり、「デンライナー、くれ」
というお祭感丸出しの予告を見ただけで笑ってしまった。
夏みかんの「この世界はもう…変わっているんですね」
というやけに意味深(?)なセリフも気になる。

そして何よりモモの「俺、参上!」が熱いぜ!

鋼の錬金術師
「立って歩け!前に進め!
   あんたには…立派な足があるじゃないか…」

                      (エドワード・エルリック)


前作では2話かけてやったリオール編を1話で。
Aパートは悪くなかったけど、Bパートはちょっと
ギャグとシリアスの繋ぎが悪くて見づらかったかな。

「ロ…ゼ…ロ…ゼ…」と呟くキメラと化した鳥人間が
めっちゃ怖かった前作のような重苦しい感じはなく、
教団の追っ手との戦いもえらいギャグ風味だった。
最後にはコーネロがでっかくなったのにビックリ。

前作はアニメオリジナルの物語全体が重かったせいか
あまりギャグが差し挟まれる事はなかったけど、今作は
原作のようなギャグ顔をたくさん取り入れるつもりかな。
(正直狙いすぎたデフォルメ顔ってあんまり好きじゃない)

次回はニーナの悲劇。
前作の「合成獣(キメラ)が哭く夜」ってタイトルは秀逸だよね。
あと実は今のエドの髪の色がどうも明るすぎる気がして
気になるのは、前作の抑えた感じの色味が好きだからかな。

東のエデン」は徐々に世界観が見えてきているけど、
セレソンについてはまだまだ全くの謎。

現実のミサイル発射の件といい、笑い事じゃない
事態には笑えないんだけど、咲と朗のお互いを
探りながら近づいて逝く距離感はとてもいい。

咲が男に都合のいい「持てる好意をありったけ
振りまきながら」ズカズカと踏み込んでくれる
扱いやすくわかりやすい女でなく、朗も朗で
出会ったらソッコー口説きにかかってくれる
女にとってたやすい明快男でないところがいい。

ファンタジックなのにリアル。まさに神山だなぁ…

「パンドラハーツ」は「黒神」を切ったことだし
このまま見てみることにした。「ファントム」も結局
真下に多大な期待はせずに見てみることにした。
それより「アヴェンジャー」「マドラックス」「エリ・カザド」
と見た作品、あまりに男キャラの死亡率が高いのだが
ツヴァイは大丈夫なんだろうか。原作モノはハセオも
小狼も生きてたので大丈夫と信じていいんだろうか。

なお「07-GHOST」と「リスパラ」はもう一回分見て決める。
「花咲」は本日の放映で3回目なので明日には決めたい。
(ちなみにもし私が「07-GHOST」を見続ける場合、ツレの1人が
「アスラクライン」を見続けて情報をシェアすることになっている)


今私が見ているアニメについては コチラをどぞ。

***更新***

映画視聴感想
リバー・ランズ・スルー・イット & 華氏451度 & 奥さまは魔女
10日間で男を上手にフル方法 & 陰陽師 & 陰陽師Ⅱ UP
23:23 | 日記 | edit | page top↑