FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

ぶつくさ

不況が深刻になると、それまではなるべく眼を伏せて
通ってきた景気や経済について語る人が多くなる。
ことに今は誰もが「あるに決まってんじゃん」と思いながら
何一つ対策を打つことなく、その日を過ごせればいいという
刹那的思考から乗り切ってきたものが転覆する派遣切りの
問題が顕著になってきたせいか、急に経済を語り始めている。

しかし長く生きてくると、経済というのは長いスパンで
見ないとダメだとつくづく思う。オイルショックに始まる
経済のつまづきで失速した日本の高度経済成長は、
その後のゆるやかな不況と決定的だった円高不況、
そしていきなり天国へと上り詰めたバブル景気と
その後再び転落する経済氷河期とめまぐるしい。

バブル崩壊後は、今思えば21世紀の現在よりは
20世紀末の方がマシだったし、21世紀になってからは
ひたすら落ちるばかりで、政府がいくら「景気は上向き」
「ゆっくりと回復傾向」と発表しても庶民に実感はない。
そんなうそ臭い操作に乗るヤツは単なるバカ野郎だ。

実際、ここ20年で景気がよくなりそうだった気配は
ほとんどない。一回だけあるとしたら96年前後である。
前年の95年に阪神大震災やサリン事件が起きたりして
日本列島は激動に見舞われたが、そういった事件が
まるでカンフル剤にでもなったかのように、96年は
こと経済に関しては庶民の私が「あれ?ちょっと
よくなったんじゃない?」と感じたのだ。

しかしその小さな傾向はすぐに殺されてしまった。
景気が上向いた事で気をよくしたのか、橋本内閣が
実行した消費税増税が日本経済に打撃を与えたのだ。
せっかくほんの少し上向いた消費は眼に見えて減り、
景気は再び悪くなったなぁと感じた。庶民はまるで
季節ごとの温度のように景気の悪さを感じるものである。

消費税が値上げしてからのここ10年はずっと下り坂である。
ただし、21世紀に入って間もなくの2001年から2002年頃は、
景気も悪く給料も下がりっぱなしだったのに、商品の価格も
下がりっぱなしという「デフレ・スパイラル」が起きていたため、
実は消費者にとっては今よりは少しラクだったはずである。

食べ物も日用品も店側が安値合戦を繰り広げてくれたおかげで、
給料はとほほだったが買い物に行くのはさほど苦ではなかった。
同じく給料がとほほの今、物価があの頃より2~5割増しなので
かなり苦しく感じる。消費が落ち、景気の閉塞感が強いのだ。

こうした流れの中、どこかの政党さんがリードして行った
バラまき商品券にはほとほと呆れ、バカじゃねぇのかと
思ったし、何よりそれがどれほどの経済効果を挙げるのか、
実態を調査してデータを出したマスコミが皆無だったのが
嘆かわしいというか情けないというか絶望的というか…

今回もまたそんなどう考えても無駄でしかないバラまきを
やらかそうとしているアソタロス(恐らく「花さかじじぃ」の
イマジンに違いない!)を何とか止めたいのだが…

ちゅーかそんな無駄で無意味で馬鹿げた使い方をするより、
経済の抜本的テコ入れの一部にでも使ってくれよ~
この不況の中でまた消費税を上げるなんて
ほざくより、まずはそっちを何とかしようよ。

さて、ついに「喰霊」がフィニッシュ!
殺生石が人間の憎しみや怒りという感情を喰うものなら、
同じく楽や喜という正の感情をも喰らわねばおかしいと
思っていたので、この着地点は大満足だったよ!!!

よく「感情を押し殺してクールなヤツ」というふれこみの
キャラがいて、ホントは優しいけど普段は冷たいなんて
設定あるじゃん。けど、クールなら逆に怒りや憎しみに
対してもクールでなきゃおかしいと思うんだ。なのに
大体少年漫画ってそっちを無視して怒る時は熱い。
「ちげーだろ!」といつもツッコんじゃうんだよねぇ。

とにかく非常に楽しませてもらった。
黄泉が本当にいいお姉さんで優しくて強くて美しかったので、
神楽との戦いが痛々しかった。黄泉にとどめをさした神楽が
カテゴリDを斬りまくったのも成長ととれたし、ケンちゃんなる
原作主人公が、黄泉を失って大切なものを造る事に拒否感を
感じるはずの神楽にとってきっと大切な人になるんだろうと
思わせたし。室長たちが生きていたのはちとガッカリしたけど、
キリちゃんの幼児退行はたまげたわ…いやぁ、面白かった。

スタッフ、キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした!

キバは、でも今回はそんなにバーカ、バーカというほどじゃ
なかったかな。いや、だからって普通のレベルというわけでも
ないんだけど…過去キンさんは真夜が音也と会ったら太牙を
殺すと脅してたのだそうだ。もうどうでもいいからいいや、これ。

次回は音也死亡らしいけど、渡は存在しない事になるのか?
それとも真夜が「あなたは音也の魂を受け継がなければならない」
とか言ってたので何かどっきり企画が仕掛けてあるのかしら。
ああ、どっきりじゃねぇや、多分ガッカリ企画だな。

音也とは別れなければならず、その音也の子どもである
渡の事を励ますゆりが一番かわいそうだと思ったけど、
もっと可哀想なのは渡のアホ妄想で出てこられた深央より
扱いが悪く、キャストからも名前が外れた恵さんだろう…

あとビショップのあの口の軽さはあまりにもヒド過ぎる。
あんなバカなことをやるキャラなんかイマドキいねーよ!
最後になって大慌てでバタバタしてるのがミエミエ。やだやだ。
こうなったら渡曰く「今と全然変わってない…」不老マスターが
実は初代のキバ(キングでも可)でしたって設定でもいいよ。

ガンダム00だってあったのに、腹が立つアホらしいと
言いながらついついキバのことを書いてしまう。
思えば牙もそうだった。恐るべし井上マジック!

***更新***

映画視聴感想 フィールド・オブ・ドリームス UP
スポンサーサイト