FC2ブログ
2008/11/19 (Wed)  00:20

疾風のように時は過ぎて

なんだかんだでザブングルを見ている。
あまりにも懐かしすぎてなんだか笑ってしまう。

ドマンジュウは顔も声も性格もあまり好きではなかったが、
今見るとどうということはない。フツーの熱血主人公である。

ザブングルは土曜日の17:30からテレ朝で放映されていた、
ガンダムなどと同じように名古屋テレビ制作の作品である。

我が家は夕食時にテレビを見ることは禁止だったのだが、
土曜日だけは特別に居間で食べる事を許されていた。
しかも母がから揚げとか麻婆豆腐とかカレー、とろろ飯、
ちらし寿司など、皆でわいわい食べる土曜日らしい献立を
用意してくれたので、授業も半ドンで終わり、午後を目一杯
満喫できる土曜日は毎週幸せ一杯であった(土曜日は休みで
当たり前のゆとらーも、逆に塾三昧の頭でっかちもどっか行け)

平日は夕食が6時なのだが、土曜日だけは少し繰り上がるのも
楽しくて、5時過ぎから子供たちはテーブルを拭いたり料理を
運んだりと手伝いを始め、そしてザブングルが始まると同時に
食事も始まるのだった。そんなながら見であるし、私はさほど
アニメの物語に入れ込むタチではなかったので、物語をあまり
理解していたとは言い難い。ただ明るいドタバタが楽しかったし、
ガンダムのリアルさが普通になった頃にハンドル操作のメカ、
そして何より仰天させられたのが途中でタイトルのザブングルが
二番機に下がり、主役が緑のずんぐりむっくりとしたウォーカー・
ギャリアになった事だ。それではタイトルに偽りあり過ぎだと思った。
(見た目はザブングルの方がいいと思っていたので不満だったし)

ザブングルを見た後は大体食事の片付けに入る時間なのだが、
うっかりチャンネルを放置しておくと「ゴーグルⅤ」が始まってしまう。
しかし我が家では前番組の「サンバルカン」で特撮は卒業したため、
6時からはNHKにチャンネルを合わせて「大草原の小さな家」を見た。
「大草原」が1977年には火曜日の8:00に放映されていたおかげで、
その直前、19:30からの「未来少年コナン」も見逃さずに見られたのだ。

大草原が18:45に終わるとそれで大体流れ解散になるのだが、
父は野球を見に祖母の家に行き、残った誰かがチャンネルを変え
今度は「逆転イッパツマン」を見ていた。片づけを手伝って戻ると、
19:00からはもちろん「まんが日本昔ばなし」であった。しかし
その後の時間はいつもあまりいい番組がなく、クイズダービーも
たまに見ては「はらたいらと竹下恵子はすげぇ」と感心していた。
(「俺はあばれはっちゃく」は好きだったが、「男!あばれはっちゃく」
は長太郎がデブ過ぎて嫌いだったため途中で見るのをやめてしまった)

20:00になると「全員集合」、気が向くと「ひょうきん族」とザッピング。
そんな風に、土曜日はテレビを見ていてもあまり厳しく言われる事なく
楽しく過ごせるので大好きであった。ちなみに土曜日はそのまま
夜更かしをしてしまうので翌朝の日曜は昼過ぎまで起きられず、
やっと起きると14:00からのマクロスが必ず終わっていた寝すぎです

しかし土曜日の楽しい夕食はこの年で終わりになった。
私が見事なまでの反抗期に入り、この後しばらく家族で
食事を楽しむ事がお休みになったためだ。だからこの後に
続くダンバイン、エルガイム、Ζガンダムは「土曜日の晩餐」の
恩恵に預かっていない。ザブングルは作品の内容そのものより、
子供時代の「楽しい思い出」と結びついた感慨深い作品なのだ。

なお、1983年にはビデオ(SONYのベータだった)が我が家に来て
テレビを見る時間が皆バラバラになったことも要因かもしれない。

それにしてもほとんど調べる事もなくこれだけスラスラ出るって…
ホントに脳味噌のメモリの使い方を間違えていると思うな私は。

***更新***

映画視聴感想 アンジェラ UP  トップに英仏映画を並べてみた(笑)
スポンサーサイト