2008_10
30
(Thu)00:32

やっと秋

昼間は暑いからとついコートを着ずに出て、
朝の意外な冷やっこさに肩をすくめ、
日が落ちてからの寒さに震える。

ようやく秋らしくなって来たと思ったらもう10月もオシマイ。
今年はホントに10月が暑かった。頭にくるくらい暑かった。

ΖΖではついにプルがプルツーに殺されて死亡。
意外とアッサリした退場で、ジュドーもリィナが死んだ時ほど
大騒ぎしなかったのはコロニー落としの直後だったせいか…
(ま、次回予告にリィナがセイラさんといてたまげたけども)

いや~、ΖΖ結構面白いや。まぁいきなりのコロニー落しは
最終クールに入って急に巻きが入ったのかとビックリだが。
もうあと10話くらいで終わりなので、決着が楽しみだ。

もう1つ面白いガンダムはやはりGガン!
あのマスターとドモンの決戦の場には女がいないところ、
(私は有能で心優しいレインはとても好きなヒロインだが)
今川、やっぱおめーわかってるわ!と肩を叩きたくなるぜ。

黒塚がやはり原作をうまくいじって再構成してる分、面白い。
ラスト、そのまま丸め込まれそうだったクロウがいきなり
「違う!」と否定した時はおお!とちょっと驚いてしまった。
1,2話はビミョーだったけど、この先結構楽しみかも。

最近マジでパソがヤバい。
起動しない、起動してもある時いきなり消える。
何度も何度もスイッチを入れ直してようやく起動させるという
超荒技を使っているので、いつHDDが逝ってもおかしくない。

いつ何時何が起こるかわからんのでバックアップだけはしとこ。

***更新***

映画視聴感想 透明人間 UP
2008_10
28
(Tue)00:35

たたりじゃ~!

この間映画を見たので、「八つ墓村」を読み返した。

逃げ込んだ鍾乳洞での軍資金探しや、
典子の存在の大きさや重要性、
他にもたくさんの殺人が行われたことや、
辰弥の父の正体が意外なところで判明したりとか、
映画では描ききれていない事が盛りだくさんである。

しかし一番の衝撃は、この作品では
意外と金田一耕助が活躍していない…
(鍾乳洞で綱をつけて走り回っていたくらい)
…などということではなく、私が実は

「原作を読んだのが初めてだった」

という事だった。
読み返しだと信じていたが、読んでも読んでも
登場人物は知らないヤツばかり、しかも全然知らない
展開(映画とは若干違っているので)でビックリしたわ。

あれぇ~?確か昔読んだと思ったんだけどなぁ…

***更新***

映画視聴感想 ピンポン UP
2008_10
27
(Mon)00:44

頭いて…

「トヨタの車名はゲンを担いで「C」から始まっていた」
「高校野球は同地方が食い合わないよう初戦は東西対決だった」
「東京の小学校の給食には米飯が出なかった(中学でも月一回あればいい方)

など、みんな知ってて当たり前だろうと思う事をポロリと言うと
「そんなわけないですよ!」猛反発を喰らう事に面食らった。
そうか、もうそんなにもジェネレーションギャップが…とほほ…

今日のスーパーヒーロータイム中盤(私は特撮2本しか見てないので)
ものすご~く作品の質の違いと意図の違いがはっきりと出てたね!

ゴーオンジャーはヒラメキメデスが散った時と同様、
正々堂々タイマン勝負でヨゴシュタインにレッドが勝利。
ヨゴ様はヒラメキメデスが死んだ時に傷心から自分探しの
旅に出、帰ってきても意固地になってゴーオンジャーに敗北。

それによって「1人で戦っても勝てない」と悟ったはずなのに、
またしても1人で暴走したのが敗北の原因だったなぁ。
せっかく2人が「仲間でおじゃろう」と言ってくれたのに。

何より全体的に走輔がいないという事が物語に生きていて、
哀しみや怒りを表しながら戦いに挑んでいくのが熱かった!

その上で、サブリーダーであるブルーが取るリーダーシップに
ちゃんと皆が従ってるのも、走輔というリーダーがいないことが
結束を高めているという象徴にもなってて、お子様に見せるにも
「皆で力をあわせて頑張ろう」という、教訓臭くないのにしっかり
教訓話になってるようで面白かったね。元々いい作品だからこそ、
意図しない効果も生まれるんじゃないかな、去年の電王みたいに。

いや、ホント面白かったよ。ビックリした。
変身できないメンバーが、お玉とか麺棒で戦おうとしたり、
生身で負荷のかかる炎神に搭乗したり、色々熱かったよ!

走輔って別にワンマンでもウザいヤツでもないのに、
すごくいいリーダーなんだと妙に感心してしまった。
そう、まさしく「ゴーオンジャーの象徴」なんだな。
それを頭脳派の連が中心になって、熱血の軍平、
理知派のアニキ、その他モロモロが支えているという。

そしてもう一本の「スーパーヒーロー」は…

まぁね、前回よりは見られた。
今までばれそでばれない~♪という変な綱渡りで
イライラしてた部分が全部ばれたのでそれはいい。
つかばれた途端にいきなり敬語をやめた深央に
相変わらずの豹変脚本を見たわ。感じ悪ぅ~!

あのファンガイアなんか真夜を襲おうとして逃げられて、
山の中にいたのになんで街中で人間襲ってんだよ。

一番楽しかったのは753Tシャツを作ってた名護さん。
そしてイクサにしょーーーーーーもない戦闘アドバイスをする
名護さん。名護さん最高。お笑いを全て背負って立っている!

つかもうキバの見どころなんか名護さんしかないもん。
恵さんとか健吾とか、制作側ももてあましてんじゃないの。
音也の使い道もひでぇ。ゆりじゃないけどあれじゃ「嘘だ!」って
言いたくもなるよね。実際嘘みたいだしね、渡の存在がある限り。

先週書いたみたいに、この作品で三角関係を描きたかったのなら
渡-恵-名護さんで全然問題ないよね?つかむしろ自然だよね?
イクサを使う名護さんが途中で「実はサガ(キング)でした」でも、
あらかじめ伏線が張られてさえいればよかったんじゃないかと思うし、
ならばイクサが恵さんに渡って女性ライダーとして戦いに絡むのも
ありだったんじゃとも…まぁこんな「たられば」は意味ないけどね…

機動戦士ガンダム00
「お2人は恋人同士なのですか~?」

「違う」

「違います」

即答過ぎて吹いた。

あれあれ~、今回も結構面白かったじゃないか。
どうしちゃったの00!ホントに毎回面白くする気!?

つか、対立の様相がわかりやすいのは1期の反省からかな。
マリーとアレルヤの出会いを描くだけでなく、彼女はアレルヤの
名付け親でもあること、ハレルヤがいなくなった事でソーマの
脳量子波の影響も受けない代わりに深く感応する事もできなく
なった事までこの話でちゃんとわかるようになってたじゃないか。

そのアレルヤが彼女を救うために戦うと決意した姿を
羨むスメラギは、自分が利用していた男(ビリー)が、
自分を裏切った女(スメラギ)と戦うためにアロウズに
参戦した事を知らなかったり…これから先も楽しいなぁ♪

ライルがフェルトにキスをしたのは「比べられたくないから」。
野郎どもには「ロックオン」と言われてもヘラヘラしてたくせに、
ここではどうやらマジっぽかったのはちょっと好印象かも…
何にせよフェルトの唇を奪ったのは許せませんけどっ!
(私は女性キャラではマリナとフェルトが好きなもんでね)

仮面の男改めミスター・ブシドーの人にはまた笑わせてもらった。
フラッグ・ファイターの誇りももう宇宙の彼方に置いてきたのね。

大体もはや存在自体が生き恥だから気にするな。

マリナと刹那がちゃんと会話してくれるのがこんなにも嬉しい。
一緒に帰ろうって、刹那はアザディスタンの人じゃないんですけど…
でもその言葉にうっかり惑っちゃう刹那が可愛いじゃないか!
やべー、この2人は元々好きだったが今期はさらに好きだ。

正直、モビルスーツなしで生身で戦わせたら連邦やソレスタなんぞ
相手にならんほど最強じゃねぇかと思われるカタロンに引き取られて
残念と思ってたら、次回はアザディスタン編になるらしいので楽しみ。

あ、あとサイズが合わない服、しかもゆるいならまだしもきつい服
(=飲んだくれててデブったな!しかも胸はなくなったよね)を着て
公衆の面前に出てくるなんて、普通の常識がある女は絶対しない。

***更新***

映画視聴感想 フル・モンティ & 男たちの挽歌Ⅱ & 手紙 UP

フル・モンティは公開当時見に行きたかったけど仕事が忙しくて見られなかった作品。
でも正直、見に行かなくて良かったと思った。行ってたらきっとちょっと怒ったと思うね。
やっぱりこういう作品は映画館やDVDで借りて見るよりはTV放映で見るに限るな。
私がミニシアターで映画を見るのが嫌いなのは当たりハズレが激しすぎるからだし。

タグ:機動戦士ガンダム00 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダーキバ

2008_10
26
(Sun)00:54

ばっさり切るもの、切られざるもの

3話目にして既にかなり厳しかったラインバレルは、
4話目、親友が死んでその後の暴走モードオンで
ついに耐え切れず、録画も視聴も切る事に決定。

同じく積みまくっていた魍魎の匣も、時系列がバラけた演出は
よくあるものなのでまだしも、なんというかかんというか…
4話目を見てもやはり肌に合わず、全然面白いと思えないので
切る事に決定。これでマイナス2本になり、身が軽くなった。

同様に、3話目がつまらなかったら切ろうと思っていた黒塚は
いきなり未来編へと飛び、こちらは意外性を見せてちと先が
気になる展開に…どうやら原作とも似て非なるもののようだ。
娼婦にして諜報員の桑島法子にまたしても気づけず。すげぇや。

今回もあまりにもしょーーーーーーーもなかったのは地獄少女。

ホントにどうしちゃったんだ…
いや、まぁ1期も相当ひどい話が多かったから何とも言えんが。
(1期3話といえば野球部の話だったけど、ろくでもなかった)
今思ってもよくもまぁ全部見たと思うくらいだったもんなぁ…
1期でマトモな話は数話しかない。いや、あっただけマシ。
逆に2期はつまらない話の方が珍しかったというから驚き。

なんかもう、見るのやめよかなーと思った途端、衝撃。

いじめに気づいて、やけに画面には出るのに
なぜか顔が出ないままだった保健の先生。
その声に聞き覚えが…そういえば髪の色も…

まさか…もしかしてあなたは…!?

もし本当にその通りで、その上拓真まで出たら
ちょっとビックリだし期待してしまうじゃないか。

あとは今日の屍姫を残すのみ。
この先に期待できず、つまらなかったら容赦なく
切って、それで今期は切るものの選別は終了。
ホント、面白いアニメがぐんぐん減ってきたよねー
2008_10
25
(Sat)02:03

別に…

「ロザリアとバンパイア2期のOPが無駄にすげー」
と、ツレから一回見てみるようにという指令が入った。
なんでそんなもんを見なきゃいかんのだと思いつつ見る。
確かに気合入りまくり。ラストのキメシーンなどすごいと思う。

しかし今時の子はこういうダンス作画が好きなのか、
ハルヒにしろらき☆すたにしろ異常にはしゃぐよね。

私はあんまり好きじゃないので、音楽にあわせる
作画は本当に大変だろうからすごいとは思うが、
それ以上は別に…歌もいいわけじゃないし

映画視聴感想 となり町戦争 & 荒野の用心棒 UP
2008_10
24
(Fri)00:57

artificial selection

情報が溢れすぎる現在、そこから自分が本当に必要な
情報だけを探し出すというのは大変な事だとつくづく思う。

最近は毎日最低でも7時間は眠るようにしているのに、
朝はすっきり起きられないわ仕事中もうつらうつらするわ…

これは恐らく夜中じゅう大いびきをかいて寝ているため、
無呼吸になっているのではないかと推測している。

無呼吸症候群を調べても「太っている人がなりやすい」
ばかりで、顎が小さ過ぎる人や、機能的に舌が喉の奥に
落ち込みやすい人についての情報があまりなく腹立たしい。

私が時々起こす低血糖について調べても、健常者が起こす
低血糖の情報などほとんどなく、「低血糖になりやすいので
控えるべき食物」を調べたくてもいい情報が見つからない事に
似ている(血糖値を気にする人は血糖値を下げたい人ばかりだからだ)

だから仕方なく、DM患者には心強い味方の「血糖値を下げる
食物」は、こちらから見れば「低血糖を引き起こす危険食物」
として警戒する事にしている。なんともおかしなことだ。

そろそろゴッドガンダムへの交代が近づいてきたGガンが熱い。
雲霞の如く湧いてくるデスアーミーと戦うガンダムたち…
…はいいんだけど、なんだあのBGMは!?軍歌!?
デビルガンダム再びで、次回はなんだか作画も
すごい事になってるみたいなので楽しみだ!!

ΖΖはいよいよダブリンへ向かう事に。
その前にグレミーがプルツーを見せてハマーンが監視役に
送り込んできたオウギュスト・ギダンを篭絡するのだけど、
調子ぶっこいてアーガマを攻撃し始めたギダンを見て、
「いやいや、あんたもしかしてしっかり利用されてね?」
と思い、案の定やられたのでほらーと苦笑したね。

でもΖにもよくあったこういう問答や駆け引きって、少なくとも
種には全くなく、00ではいささかやってるっぽいけど今まで
結果的には全然見えてきてないなぁとしみじみ思ったり。

ところでまたしても100回死ねばいいビーチャのΖΖ奪取には
呆れるばかり。てめーはよー、ルーを盾にしてグレミーを落とし、
その後アーガマのためにルーを迎えに(正確にはコアファイター回収)
行くと言い出してモンドを感心させたのに、もうそれかよ!

まぁ何気にジュドーはΖΖ登場後もΖへの搭乗率・撃墜率が
高いし(Ζってそれだけ使いやすい機体なんだね、さすが)、
百式でも歴戦のMS乗りを撃破するマルチパイロットぶりを
見せるので、バトルにバリエーションがあるのは楽しい。

火曜日から木曜日にかけては録画番組が多くて視聴が
追いつかず、積録が溜まるのでついつい見やすい旧作
ガンダムを先に見てしまう…どんだけガンダム漬けだ。

***更新***

映画視聴感想 おくりびと UP
2008_10
21
(Tue)23:37

アニメ(だけ)じゃない!(でも)ドラマは見ない!

昨日の夜、急に調子が悪くなったFC2のおかげで
せっかく書いた日記が全部飛んでいた。

下書き機能が充実したので大丈夫だろうと
タカをくくっていたのだが、ほんの少ししか
保存されなかったようでガッカリである。

FC2は接続不能を詫びる一方で「下書き機能を
さらに充実しました!」と胸を張っているので、
「繋がらなかったのはその作業のせいちゃうんかい!」
と思わずメラメラと憎しみの炎を燃やしてしまう。

まぁ消えた内容ってのが、もともと便秘もしないし
下痢もしない快便体質の私が、健康診断でバリウムを
飲まされて右向け左向けゴロゴロ転がれとやらされる
胃の検査に臨み、終了後に強制的に飲まされた
下剤のおかげで20年ぶりくらいに地獄を見たという
尾篭極まりない話だったので別になくなってもいいけど。

くそ~、下剤なんか飲まなくたってよかったのに!
昔CTを撮った時は、下剤は1日目に白いウンコが
出なかったら飲むようにと渡されただけだったのに!
(尾篭だからマジでやめなさいってば)

ところで00があまりにも面白いので目を見張ってますよ。
なんなんだ、どうしたんだ、今期めっちゃおもろいやんけ!
今期の私はGガンにΖΖとただでさえガンダム漬けなのだが
さらに00が普通に面白くてホントにビックリしちゃってますよ。

展開早っ!わかりやすっ!刹那がちゃんと主人公してる!
そして刹那以上にティエリアのいい成長っぷりがすげっ!

ただでさえ作画はさすがガンダム、サンライズの総力を
挙げてかかっているせいかルルーシュ以上に崩れないし、
物語さえよければ面白そうなのにねぇと惜しがっていた
あの頃の期待にようやく応えてくれたようで実に頼もしい。

今のところ、今期は3本しか見ちゃいけないと言われたら
私は間違いなく00をそのうちの1本に選ぶであろう。

ちなみにもう1本は聖闘士星矢…
ではなくてキャシャーンSINSである。
シリ構は靖子にゃんだが、今回は大和屋、
次回は高橋ナツコとなかなかの顔ぶれだ。

ダークな世界観もキャシャーンの自虐的行動も
抑えた感情も開かれていく心もなかなかよい。
初めにキャスティングを見たとき、今さら古谷徹って
どうなのと思ったが、思った以上によかったので
驚いている。アカギやトッピーのおかげだろうか。

ことに3回目はギンコ役だった中野さんとの
掛け合いだったので非常によろしかった。

3本目はまだない。

喰霊がちょっとリードか。
過去の黄泉があまりにもいい人で、優しいお姉ちゃん過ぎて
それゆえ結果があれなのか…と思うとちょっと心が痛い。
こういう気持ちになるということは、結構あっさりと
釣られてしまった証拠のような気がする。

しかしミチコとハッチンも捨てがたい。
今後、マングローヴならではのハスッパ☆ガールの
オサレアクションが見られそうなので楽しみなのだ。
このままいけば3本目はどちらかになるであろう。

なぜ3本に絞る必要があるのかは置いといてだ。

今週はゴーオンジャーが熱かった!
バトルが全面的に押し出され、ついに来た12体合体!
しかしとどめはまさかのゴローダー!
…ちゅか、ゴローダーだけでよくね?

ヨゴシュタインも馴れ合いはせずに悪役らしい悪役してて、
ゴーオン組のパワーアップに対抗し、ホロンデルタールの
力を取り込む「らめぇぇぇ」ポジションに近づきつつあるようだ。

しかも走輔が変な像になってしまう死んでしまうという
(お子様がたにとっては)衝撃のラストで締めるとは!
走輔って熱血タイプではあるけど、あんまり俺が俺がの
リーダータイプじゃないのに、やっぱ存在感デカいんだね。

キバはお互いに正体がばれた。
でもねー、正直、くだらない三角関係ドラマはもう厭きたのよ。

これがもしも渡と名護さんと恵さんで展開するならさ、
つまらないなりに10ヶ月近く彼らを見てきたんだから
少なくとも気にはなると思うのね。でも全然気にならんの。

過去編も全然面白くなくなっちゃったしなぁ…
真夜が神秘的な魅力で音也を虜にする方がまだよかった。
今の音也はゆりが大事と口では言いながら真夜とすっぱり
切れないただの優柔不断男になってしまってるじゃないか。

最初の頃、あんなに音也やキバの事をブログに書いていた
武田くんでさえ、最近は「音也…なんとかしてこの人を
成立させなくちゃいけません」なんて書いてて仰天したわ。
演じてる役者自身、キャラの行動が腑に落ちてないんじゃ…

そして名護さんは和みの名護さんだったなぁ。
しかも加藤くんは相変わらずのほほんと、どーなるんでしょう、
名護はこのままでは終わらないはず!と1人で楽しそうだよ…

健吾と恵さんはマスターと同レベルの空気だったし…
まぁ物語に全然出てこなくなってる島さんよりはマシか。

サンレッドはもうツボに入りすぎてアカンわ。
可愛いのに実は気が強くてうぜぇウサコッツ!
そして「忘れてね?おまえら絶対忘れてね?」と
ツッコまざるを得ないほのぼの展開だったもんなぁ。

そして美肌一族のアホらしいコント劇場の後に、
父死亡・母発狂という恐るべき展開にがびーん。
やべぇ、短時間アニメっていいなぁ、見やすくて…

ラインバレルは既に瀕死状態。
見るたびに後半寝てしまうのはいかがなものかと。
魍魎は原作未読視聴者の置き去りっぷりが鼻につく。
屍姫はキャラの言動がいちいち癇に障ってウザくるしい。

「お試しかっ!」の「アニコレ」は杉浦太陽が見事(見事?)
3連覇したけど、やっぱ彼は仕草とかファッション、
何より全体的な雰囲気が抜群に可愛いかったね~

私は前々から遠藤やロンブーの亮が出たらどうかなと
思ってたんだけど、今回偶然2人とも参戦してきてた。
亮は顔の長さやあごのごつさがすごく気になるのに、
衣装と仕草で欠点をカバーして点を伸ばして感心した。
でも遠藤は素材は悪くないのにテレが入っててダメね。
あんな似合わない格好してテレてるのが丸わかりだもん。

他にも何人か、若いし、素材はいいのにテレが邪魔して
点が伸びないヤツが多かったなぁ。東大出のヤツなんか
若いし素材は決して悪くないのに、なんというやる気のなさ。

やるなら徹底的にやれよ!
ヒゲを剃ったトータルテンボスを見習え!8点だったけどな

一般的な男の多くは、女の子にはやっぱり「可愛さ」を求める
ものだと思うけど(セクシービームにフェロモンむんむんでも困るだろう)
しかしあれに出る男って不思議な事に、いざ自分たちが
女装するとなると頭で固めてるイメージが先行しちゃって
「お姉さま」「セクシー」「小悪魔」を目指すみたいなんだよね。

言っておくがそんなのれっきとした女でも難しいんだよ!
ヘタするとケバいホステスか安っぽいパンパンになるの!
女が出せない「色気」を男が簡単に出せるわけないだろ!
(出せる方々もいるけど、あれは多分長年の修行の賜物)

だから目指すなら一番無難なのは「可愛い」タイプなのだ。
太陽はそれをすげーわかってるからこそのV3なのだ。
せっかく綺麗に女装しててもちっとも笑わないヤツが多い中で、
彼の笑顔は女の子のように華やかで愛らしく、それ故恐ろしい…

でもアニコレには一つ不満がある。
何って、正体を明かす前に票を入れるべきだと思うんだ。
誰とわかってからだとそれによって票が伸び悩むってあるよね。

鉄腕ダッシュで城島と松岡が突撃したガンプラ工場、
中を初めて見たよ。ホントにあの制服着てんだ~
金型の微調整をあんな風にやっているとは…
あだやおろそかに作れませんなぁガンプラも。

つかあれだけの設備と生産ラインを見れば、

「そらバンダイも売れなきゃ困るはずだよ」

と思ったわ。視聴率を気にするのも当然だよな。

あとたまたま見たら偶然出てた佐藤くんが、ダーツが
ホントにダメだとわかったフレンドパークもおもろかった。
出るのも3回目、アトラクションも研究して自信満々だったのに、
ダーツがなぜかトホホ過ぎ…電王を無事終え、今後は俳優として
露出が多くなるのは喜ばしいことだ。たくさんいい仕事してください。

***更新***

映画視聴感想 チキン・リトル UP

タグ:炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダーキバ 機動戦士ガンダム00 キャシャーン

2008_10
19
(Sun)11:01

勘違いや逆恨みばっかり

今日は風が強い上に冷たくてよろしい。
朝からずっと昨日見た「天国と地獄」のレビューをやってたので
今日のゴーオンもキバも、録画した昨夜の屍姫もまだ見てない。

それにしても今期の地獄少女の地獄流しには理不尽が多すぎる。
まるで1期のような「それはおめーのせいだろ」「いやいや、たかが
そんなことで地獄流し?」「もっとちゃんと調査しろよ三藁!」という
憤りを感じてしまう。2期はよかったのに何で戻っちゃったんだべ?
地獄コントははまぁ今までどおりなのでかまわないけども。

それとも敢えてこういう理不尽なストレスを与えておいて、
あい復活のキーにさせるつもりなんだろうか…わからん。

風の強い中これからお出かけ。
何か書くことがあれば後で追記予定。

映画視聴感想 私がウォシャウスキー & 天国と地獄 UP
2008_10
18
(Sat)01:47

「逢いたいよ」って 今すぐにでも 叫びたいのに

今回のケータイ捜査官7はちょっとやられた。
またストーリーには関係ない息抜き話かと
侮ってたので、最初から家族全員好き勝手
やってるように見えてた網島家の絆にビックリ~

ちょっと感動しちまったぜ。
しかも「相手の気持ちになって考える」事で
セブンもサードにダンスを合わせる事が
できたというオチまで…いや、まぁなんで

ケータイがダンスを踊ってるのか

という事は見なかったことにしておくが。

そして行方不明になったはずのゼロワンは
あんたケイタんちで何やってんの!?

つかあれ、ホントにあそこにいるんだよね?
(イメージだけで実際にはいないって可能性もある?)

次回は天災…ならぬ天才プログラマ晶が再登場!
相変わらずケイタには冷たくあしらわれ続けている
御堂との恋のさや当てなんぞもあるんかしら。

しかし今回EDは変わらないのかね?
今のEDももちろん嫌いじゃないけど、前のEDがとても
好きだったので残念だったんだよね。でもきっとEDは
1クールごとに変わるんだろう、だから仕方がないと
思ってたので、このまま変わらなかったら悔しいぜ。

「愛してる」って 叫んでみたけど 君の元には 届かないよ
泣かないでくれよ 辛くなるから 胸の奥に 想いを 閉じ込めた…


それにしてもΖΖは不快なキャラしかおらんなぁ。
ジュドーはOK。リィナもOK。でも他の連中はねぇ…
一番おとなしくて真面目なイーノが比較的まともかな?

エルもまぁまぁまともな娘で、たまにはいい事も
言うんだけど、この頃の原えりこの金切り声が
これまた悪いのでキャンキャンうるさいんだよね。
(きまオレとかイッパツマンとかキャラ的にもいまひとつ。
バイファムのシャロンもあんまり好きじゃなかったなぁ…)

ビーチャとモンドはその時その時でコロコロ性格や
主張が変わるので、たま~~~にいいこと言う時も
あるけど、大概は「死ねばいいのに…」と思うような
アホな行動ばっかするのでついていけねーよ。

そして一番ダメなのがルー。
最後にはジュドーとくっつくヒロインポジションだからと
敢えて好意的に見ようと思ってるのに、全くいいところが
見えない。優しさの欠片もない、ただキツいだけの糞女。
むしろグレミーと口ではイヤと言いながらロミジュリっぽく
なっちゃった方が(その結末も同じように)ずっと魅力的な
キャラになれたんじゃないかと思うほどダメだわぁ…

エマさんの当たりがキツいのは軍人としてのキャリアが
あったからと納得できたし(そして優しいレコアさんの方が
ずっと女狐ポジションだったというオチもあったわけだし)、
ライラやマウアーなどΖの強い女たちも軍人としての誇りと
実力があったからこそなのに、ルーは完全に口だけだもん。

いや、まぁまだ3クール目に入ったばかりなので判断は
早いかもだが…ジュドーが悪くないだけに(私はむしろ
ジュドーの方がカミーユよりずっと感情移入しやすい)
周りのキャラのダメっぷりがホントに目に余るよ。

皆が大好きなプルも天然空気嫁。
物語は悪くないだけに色々惜しいなΖΖは。

タグ:ケータイ捜査官7

2008_10
16
(Thu)23:58

電王レビュー、完成!

レビュー、長っ(笑)
いくらなんでも語りすぎ。でもそれだけ楽しかったと。

1回しか見てないので、いいセリフが随所にあったのに
いくらなんでもさすがに全部覚えきれないのが悔しい。
おっさんタロスたちの動きも全部は追えないしなぁ。

劇場版の視聴リピーターさんにはきっと間違いやアラが
目立って苛立つと思うんだけど、そこはご容赦のほどを…

でもその分、何の前情報もなく見たその初見の感動と
フィーリングを少しでも感じ取ってもらえれば御の字ッス。

ホント、面白かったよ!

私のように、電王は好きだけどさすがに3作目ともなると
見に行くかどうかちょっと迷うなぁ…と思ってるのなら、

間 違 い な く 見 る べ し !

電王が好きなら絶対後悔はしない。約束する。
(こういう言い切り方をしてくれるレビューサイトも
ブログもなかったので結局自分でやるしかない)

なお、桜田通くんとNEW電王が映画宣伝のために
出演した9/30の「やぐちひとり」はオマケレビュー。
イベントは一切行かないくせに、金も時間もかけず
地味なとこを抑えるのがParallel Universeらしいっしょ。

ちなみに私、「叩いてかぶってジャンケンポン」を
「叩いて殴ってジャンケンポン」だと思ってた…
勝っても負けても叩いて殴りっぱなしのゲームなんかイヤだ。

ちなみに入場者プレゼントのマグネットはウラだった!

【ミチコとハッチン】
初っ端から色々すげぇ!
アクションとかおっぱいとかいじめとか。
いやぁ、今時あんな古典的いじめアニメ久々に見た…
真木よう子のやさぐれ@アバズレ演技もまぁまぁかと。

これで今期見ようと思った作品は全部出揃った。
視聴数が少ないはずなのになんで毎日結構視聴に
追われてるのかと思ったら、視聴本数としては
1日1本が加算されてるΖΖのせいなんだよね。

けどΖΖ、結構面白いわ。
いや、ホント、マサイのゲルググ戦なんかはかなり
面白かったよ。地の利を生かした戦いでMSVの
本領発揮って感じだったね。Ζでは廃品扱いしか
されてなかったゲルググが動いてたのもビックリだが。

そして今はダカールでリィナと再会中。
リィナを撃ったハマーンへのジュドーの怒りの
思念が、あのハマーンをひどく怯えさせる…

ただガンダムチームを全部出払わせるなんて
アーガマの守りは絶対手薄過ぎると思うんだが。
ジュドー以外はコスチュームまで大幅変更して、
この間は子供たちだけの物語が描きたかった…
という意図はわかるんだけど(この時代のロボ
アニメには結構よくあったよね)、ムチャ過ぎる。

すでにOPもEDも変更。ED聞くと欧陽菲菲の
「ラヴ・イズ・オーヴァー」を思い出すのは
昔も今も変わらないんだよなぁ…

***更新***

映画視聴感想
モモタロスよ永遠に -イマジン終着駅-
劇場版さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン UP
やぐちひとり ゲスト桜田通&NEW電王 UP

タグ:仮面ライダー電王