FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

パトカーが呼んだから、パッと帰る

やっぱゴーオンジャーは面白いな。
もちろん去年の電王ほどではないのだけれど、
子供にはもちろんわかりやすく、それに加えて
大人も楽しみながら見ることが出来る作品になってるよ。

先週のハントと汚染ばあさんの話も(子供向けにしては)
意外な展開が待ってて、結果的に人と人は関わりあったり
わかりあえれば変われるんだという優しい話になっていたし、
今回もグンペーの相棒(シュパッと消臭の殿。新撰組の慶喜)も
礼儀正しくて優しくて、グンペーが本当にやりたい事を応援してくれていた。

何より心の旅に出ているヨゴシュタインがいないと
寂しいと腐ってるキタネイダスとそれを慰めるケガレシアさま。
悪の3人組の絆がさりげなく泣かせるじゃないか。

ってかマンホールのフタが丸いのはそんな理由だったのか。
恥ずかしながら知らんかった。
あと告白すると今回初めてOPのキャラクターのところに出てる
英語を読んだ。ヴァガボンドとかサイクロペディアとかフィロソファーとか、
言葉で各キャラを表現してたんだね。いや~、半年見てるのに知らんかったわ…
そしてまさかのバルカ2連勝も吹いた。ガンパーじゃないのかよ!

先週からTVでも流れ始め(今週はなかったけど)、
公式にも大々的に色々な情報が解禁になってきた電王も、
どうやら今回は去年の映画並みの気合で作られており、
電王らしい笑いとシリアスを取り混ぜた作品になりそうで
楽しみが膨らむ。

私は佐藤くんや中村くん(ブランチでの「大好きです!」メールは
爆笑したわ~)はもう電王を卒業して新たな舞台へ飛び出して
行かせてあげたいと思うのだけど(若い俳優は過去にしがみついたり
過去を振り返ってばかりではいけないよ)、本人たちが心から喜んで
戻ってくるならもちろんかまわないとも思う。

そんなCMを見ても、久々に更新された公式ブログを見ても、
電王はやっぱりパワーのある作品だとつくづく思うね。

イケメン俳優や人気声優だけの人気のように言われるけど、
私のように昔特撮にどっぷりはまり、卒業してからは一切
興味をなくした人間をも惹きつける魅力あるキャラクターや
物語を作り上げたからこそだと思う。

公開の10月がとても楽しみだ。本当に楽しみだ。あ~楽しみだ~♪

…で、キバの事はもういいよね書かなくても(笑)

次狼と音也のばーちゃんと医者コントとか、ゆりに正体がばれた
リキが「音也ごめん」ってすっかり主従関係みたいになってるのが
楽しかった。あと静香ちゃんが元に戻ってくれて本当によかった。
つか何の意味があったのか…前回のあれ全然意味ねーじゃん…

あと名護さん色白いな!渡も色白いと思ってたけど名護さん、白っ!
見どころはそれくらい。キバの正体がばれたとか健吾がまた絶交とか
同じ事を繰り返して「3歩進んで2歩下がる」のは井上大先生ならではだネ。

でもさぁ、私、今実はキバにすっげー好きな人がいるんだよね。
それはビショップ。あの人のつかみどころのない声がめっちゃ好きだ。

ところで昨夜、キバとゴーオンの映画宣伝番組の再放送をやっていた。
去年は電王からは佐藤くんと秋山莉奈ちゃん、ゲキレンからはズッキーが
来て森三中と共演してたけど、今年は映画を見に行く予定もなかったから
すっかり忘れてたので「あ、やるんだ。じゃー録るか」と軽い気持ちで録画。

いや~、ガッツのスーパーフリーダムトークに大爆笑。

食うな!飲むな!それ関係ない!違う!そうじゃない!空気を読め!!

ずっとフォローに廻っていたもののついに音を上げた下平アナが

「石井さん、今日はいてくださって本当にありがとうございました」

とやるせなすの石井に礼を言った時はアイスコーヒー吹いたわ。
いや~、FNS27時間テレビでのジミーといいガッツといい、
やっぱ天然モノは違うね。手に負えるもんじゃない。

ところでタラタラ見ていたこの番組に、まさか電王の映画の
番宣まで入るとは思わなかったのでひっくり返りそうになった。
公式で流れているPVなので見なかった!と焦る必要はないけど、
ちゃんと番組内で放映してくれるなんて嬉しいじゃないか。

ところでキバの感想を書いてるブログをチラチラと廻ってみたら、
たまりさんはじめ皆さん大体私も感じている事をちょろちょろと
感じていらっしゃるようで(むしろ私よりずっとガッカリしてるかな)
うんうん、わかるわかる、私も今もレビューしてたらキバは書くのが
か~な~りしんどいと思うよ多分ルルーシュ並にねと頷いてみたり。

そして井上大先生だってたま~にいい作品も書くのにねと思い、
ついつい見返してしまったのがこれ(もちろんメインは靖子にゃんですがね)

Ryuki44-3.jpg王蛇にやられ、割れてしまうインペラーのデッキ

やっぱこの回のあまりにも救われないダークさは、
佐野の必死演技もあって無言になってしまうさ。

Ryuki44-1.jpg元の世界に佇む百合を必死に呼ぶのがなぁ

せっかく龍騎に助けてもらったのに…
でも王蛇だってルールに従ってるだけだからなぁ…
そこが龍騎のテーマなので本当に息苦しくて困ってしまう。

Ryuki44-2.jpg佐野の願いは「ただ、幸せになりたかっただけ」

だがそれがいい。龍騎もやっぱり好きだな。

ちなみにルルーシュについての一言感想は

「カギ爪を論破できなかったバカに代わりルルーシュが見事皇帝を論破」

ですな。
どっちが好き?といわれたら…そりゃー私は谷口と答えますさ!(笑)

***更新***

映画視聴感想 エミリー・ローズ UP
スポンサーサイト