FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

デジタルライフに突入

ケーブル加入によりいよいよ私もデジタル対応。
いいのかと聞かれると色々な番組が選べるので
いいんだろうが、録画して保存するには不向き。
何しろ私は全く画質にこだわらない。
「DVDに残すなら収納の関係上なるべく巻数を少なく」
という考えなので、全て最低のレートで録画している。
(それだと25分作品が10本詰め込めるので2クールものも
3巻で済む。でも正直言うとホントは2巻で収めたいところ)
今後買う事になるであろうブルーレイでも、画質より一杯
録画して枚数を少なく出来るとほくそえむ事は間違いない。

しかも困った事に私のHDDレコは既に4年前の旧式なので
ダビング10対応作品でも未だ「コピーワンス」しかできない。
入れたはいいけど、データの取得は遅いしダラダラと
つまらない番組も多いしこんなもん何がいいのかわからん。

でもそうは思いつつも映画を見たりアニマックスでアニメを見たり
アナログを見ながら子画面で地デジ放映を映しては画面を比べて
「おお、こんなに切れているのか」と感心したりして楽しんでるけども。

真弓先生は最初から出ていて赤星やバカ中(濱中)が出ないまま
すいすい進んでったので最後「おらんやん!」だった「ROOKIES」は
秋にすぺさる、そしてその後映画化とか。どーりで最終回前にしては
やたら特番打ってくるなぁと思ってたんだよTBS。さして視聴率が
よかったわけでもないのに(少なくとも「ごくせん」にはボロ負け)、
(ちょっとトウのたった)イケメン軍団人気で取れると踏んだんだろうか。
とりあえず一区切りということで、スタッフ・キャストの皆さんお疲れ様でした!

電王繋がりで佐藤くん目当てで見ていたと公言してる
女子のブログも多くてイラついたけど、ROOKIES自体が
結構面白いと思ったコも多かったみたいでそれは救いかな。
まーとりあえず秋のすぺさるで出てくるで「あろう」映画でいきなりより
ドラマで慣れとけ路線だろう
赤星が出ると原作では岡田出番減るからなー

今日のギアスはメチャクチャ面白かった!
久々にむっちゃ面白いと思ってCMに入って我に返った!

やっぱりねー、私はダメなんだよな、恋愛話系統は。
C.C.の怯える姿には何一つ感じるところはないけれど、
スザクに怒りをぶつけるカレンのダブルアッパーには
「おっしゃー!」と思うもの。あれは怒って当然だよ。
それでもスザクの態度にイラつき、気にし、複雑な表情を
見せるカレンは最高に面白いキャラだと思うんだがなぁ。

ラウンズが続々集まってきて、ゼロがついに合衆国を立てる
策略のあたりなんか、もっとじっくり時間かけて見たかった。

とりあえずギアス殲滅とかギアスの秘密(でも相変わらず何も
わからないままだったけど)より、ルルーシュ、おまえの目的は
なんだったよ!?思い出せよ!!と画面に思わずツッコミを
入れたくてウズウズしてたので「待ってました!」だったなぁ。

つかねぇ、先週のC.C.の過去話なんか正直ラス3話くらいで
見せてくれれば十分なんだよね、もちろん谷口の事だから
ここで入れたことには緻密な計算があるんだろうけどさ。
怯え幼女のC.C.なんぞ見たくねぇんだよ。ミエミエだよ。

扇の秘密を知ったせいかやけにゴキゲンなディートハルトとか
(しかし扇、あの怪我であんな風にピンピンしてるものだろうか…
まさかあれも咲世子の変化術とかじゃないだろうな)電話をもらい
思わず「オレンジ君」と言ってしまった(最高!)ギルフォード卿とか、
イヤミっぽいブラッドリーとよほど高貴な家柄らしいジノの確執や
14年前の記憶がなく、それ以外も記憶の混同を起こしているらしい
アーニャとか、最終兵器を有無を言わさずスザクに託すニーナとか、
ここ3~4話ほど「違う、私の見たいギアスと違う」とフラストレーションが
溜まっていたのだけどすっかり吹き飛ばしてくれた。そうそう、これこれ!

しかしいつも肝心なところは女にアドバイスを求めるルルーシュって…

今、信じられるのは敵であるスザクだけ。
今、妹を託すことができるのはスザクだけ。
変わっていく自分を修正しようと必死になり、葛藤するスザクにとっても
ルルーシュとの再会は大きな意味を持つことになるだろう。敵同士なら
こうした邂逅は必ず必要であり、言葉を交わす大切さを描けるはずだ。
(それを主人公たちは全くやらずに脇役がやっとったのが種だけどね)
とりあえず残り10話を切った今、ラストに向けて更なる加速が楽しみ。

ヒラメキメデスが退場してしまったゴーオンジャーはベッタベタに
お子ちゃま向けなのに相変わらず健全で、ヒラメキメデスが
ヨゴシュタインに恩義を感じている事とか、ラストはロボ戦ではなく
生身のヒーローバトルで決着が着いたりとか、「言い過ぎたかな」と
反省したり、ヨゴシュタインを怒らせたことを謝ったりと相変わらず
3大臣が仲が良くて見ていてほのぼのする。やっぱり子供番組は
たとえ敵であっても仲が悪いよりはいい方がいいと思うんだよ。
でもアニはあの店で買うような服を着ているのを見た事がないが…

キバはなんかもうグッダグダになってきたね。
井上脚本の「やっちまった」感は同名作品の「牙」で
慣れてるつもりだったけど、いや~、これはひどい。

指輪が見つかったのは別によい、どうでも。
愛がどうのこうのもよい、どうでも。

でも 記憶喪失の意味は?

あれじゃ「ああ、これで音矢はゆりを忘れて真夜と…」と思ってた
視聴者にとっては「え?」とキョトンモードにしかなれない展開。
相変わらず全く前後の繋がりのない行き当たりばったりだよなー

何しろ妊娠初期の女性に猛特訓を受けさせることを屁とも思わない
井上大先生ゆえ、海に飛び込んで音矢を助けたらしいゆりの腹にも
もう今恵が宿っててもおかしくないからね。やるからね井上大先生は。
「はい、ありました!」はそーいう意味ともかけてるんじゃないかと思うしね。

とどめをさせない名護さんイクサやオーバーヒートばっかの音矢イクサより
糸矢イクサの方が強いんじゃね?と思うようなイクサフィーバーだったけど、
糸矢退場はちょっと残念。1話から引っ張ってるからこのまま最終話まで
行っちゃってもよかったと思うのにねぇ。恵さんの猫なで声は面白かったし
回し蹴りコンポアクションもカッコよかった。タイプじゃないの、と言った後
名護さんが映ったけど、やっぱりこの2人がくっつく展開になるのかね。

つか、謝る名護さんは正しい行動といえばそうなんだがつまらんなー
しかもそれをまだ「成長」と見せるならともかく、ニヤリとされてもなー
「俺は悪くない。悪いのは麻生くんです」
と言い張ってた名護さんが最高だったのに。それでこそ名護さんだ!

え?渡くん?
ああ、ちゃんと出てたよ。
寝てる人の耳元で「早く起きて帰れ!」と言わんばかりに
ヴァイオリンを弾きまくる姿にはツッコまずにおれようか。
彼女の前では変身出来ないとか言った時は倒れそうになり、
その後どこかで変身して名護さんの取りこぼしを片付け、
でも結局ガルルフィーバーでは倒せず女王がとどめと…

なんじゃこりゃ。

呆気に取られてると電王が始まるんだからホント、どうしてくれよう。
「作品の毛色が似てるゴーオンジャーと絡んだらいいのに」なんて
書いたら、キバじゃなくてゴーオンの映画宣伝になってて吹いた。
いや~、しかし相変わらず電王組コントは面白いわ。最高だね。
「いやこれデンライナーじゃないから」とスーパーヒーロータイムを
見てるお子様のツボを突くツッコミぶりなどやはりさすがは電王。

そして深夜ライダー・ブラスレイターがまたしても面白い。
こっちも主人公は寝てるだけなんだけど、伊藤静も「松風雅也が
悔しがってました!」と言ってたようにもともとジョセフは1話でも
セリフないからね。今さらそんな回があってもむしろブラスらしいよ。

マクロスFはいよいよおもんなくなってきて(つーかワケがわからん)
視聴意欲が風前の灯だ…落ち目のシェリル頑張れシェリル!

バーディーはまたしても原作大改編だったけど面白かったー
会話が面白い物語というのはやっぱり面白いと思うんだよね。
若本先生との愛の組手もよく動いてて楽しかった。

しかしトイレの便器を古ハブラシとメラミンでゴシゴシ磨き上げ、
床にはワックスをかけ、布団干しも洗濯もバッチリ済んでから、
テレビをガチャガチャいじってはさんまの27時間だのアニメだの
映画だののたくら見ながらのんびりまったりの休日で最高だった。

イニD 4thシーズンのACT3,4、名探偵ホームズの劇場版(TV版は
初めだけ見たけど広川ボイスがイマイチかつ面白くなくて途中挫折)
「ハリーポッター 不死鳥の騎士団」などを見たのでレビューするかも。
スポンサーサイト