FC2ブログ

マイ・セオリー

チベット問題、聖火リレー騒動、そしてスピード社の水着云々と
何かと世間を騒がせている北京五輪が近づいてきている。

早く泳げる水着、早く走れるシューズ、早く動けるウェア…

どんな大会でも毎度毎度そういったものが話題になるものだが、
基本的にアマチュアが戦う大会なのだから、選手のウェアも
シューズも水着も全て同条件にすればいいのにと思う。

貧しくて選手1人、役員1人しか送り込めない国があったり、
練習は裸足でやっているなんて聞くとつくづく思う。
平等だの公平だのと口先で言うより、まずは同じ土俵に
あがらせてやってそれこそ正々堂々戦わせたらどうかと。

そもそも個人競技であればあるほど、もし全ての選手が全く同じ
環境や条件で走ったとしたら、泳いだとしたら、競ったとしたら…
一体本当に早い人は、強い人は誰なんだろうと単純に興味がある。

条件を揃えるのはかなり難しいにしても、全員が同じウェア、
シューズ、水着を着ていれば少なくともそれによる優劣はない。
それならほぼ選手の実力だけの勝負が見られる事になる。

これ、国会議員の選挙区抽選制や
クラス分割&選択授業制と同じく私の持論の1つ。

一言投票所

いや~、ここもあと一週間ですね!

Parallel Universe(管理人になにな)
◆アカギとになにな様は同じ事言ってるのにな。今までここを見てて、言葉の意味を理解できない人が現実に沢山いるという事実を知りました。同じ土俵に上がる為の教養ってそんなに高レベルじゃないと思うのに
ありがとうございます。わかっていただけだだけで十分です。
もちろんこちらの言葉足らずもありますが、読むことはできても
「読解」となると難しく、1度思い込むと修正も難しいものですね。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
◆昔「ドラゴンボールZ」で相手と人格を入れ替える能力をもつギニュー隊長(CV:堀内氏)が登場した時に期待してスタッフに裏切られた事がある。福山は偉いな…
ギニューってあれでしたっけ、最後カエルになっちゃったヤツ。
何を期待して裏切られたんでしょう?声優さんのこと?

その他「機動武闘伝Gガンダム」
◆Gガン、めちゃくちゃ面白いよ。今回でドモンの目的が掘り下げられて。それに事件の真相を知ってるから、お母さんがキョウジを庇って撃たれるのなんか上手い。幻覚と言ってるのが本当に上手い。師匠の名前も登場して、最後の面、面、面も本当に面白い
Gガンは毎回物語の盛り上げポイントがうまいですよね。
これは物語にはとても大切な事だと思うんだけどなー

声優&俳優「実写→アニメ化」
◆最近アニメ・漫画の実写がブームですが、逆に原作が実写のドラマ・映画のアニメ化という事例は滅多に見られませんね
世間的には実写でやったのにわざわざアニメ化する
意味がないとみなされるからですかね?
どうしたって評価は「実写>アニメ」ですから、
そこはオタ基準で語らない方がいいかも…

PERSONA - trinity soul -
◆最終目的、慎の役割は示された。くじらとアヤネを切り離す。諒も洵の力で、ペルソナを静めようとしている。だが、難しい。最終前だけど、どうなるか想像つかない。心配はしてないけれど
次男が切り離す、三男が鎮めるなら、長男の諒にも
何か役割があるのかもなぁ…かまいたちみたいに。
それほど期待していなかっただけにこの化けっぷりは本当に
嬉しいですね。今週末、どんな結末になるのか楽しみです。

Parallel Universe(管理人になにな)「アカギ」
◆謙遜じゃなくて、本気で努力をしたことがないんですか?それだったら、容易に「努力が報われる社会になれば良い」は言わない方が良い。空調の効いた部屋で観戦する人間は、競技場にいる選手や応援するファンを永久に理解できないということです。社会批判は出来ても対策は講じないコメンテイターみたいなものかと
そうですね。

◆成功を目指すなと言ってるんじゃない…その成否に囚われ…思い煩い…止まってしまうこと…熱を失ってしまうこと…これがまずい…こっちの方が問題だ…いいじゃないか!三流で!熱い三流なら上等よ!まるで構わない…だから恐れるなっ…繰り返す失敗を恐れるなっ…! 赤木しげるの名言を送ります
◆若いアカギも良いけど、胸を打つのは老いた赤木だったり。親とか教師ではなく、自分の人生を変える一言が漫画だったとも!だからオタクなんだろうなぁ

理解してもらえないようなのでもうそれでいいですよ。

その他「鉄人28号」
◆今川版鉄人って、静かで重くてシリアスって前に、GガンやGロボ以上に女っ気が無いやね
高見沢さんはスルーですかい(笑)
京都の綾子さんとか今回の管理人さんみたいに
しっぽりと女の人がからんだ話もあったんですけどね。
つか23話のクロロホルムにしがみつく正太郎がヤバ過ぎる。

機動戦士ガンダム00
◆ロックオンやアレルヤの過去は必ず明かされると思ってますが、刹那の゙詳しい゙少年兵時代は描写されるのだろうか…。必ず必要ではないかもしれないけど、何とか本編中でやって欲しいなぁ。 どのようにしてアリーを信用して、1話冒頭のような勝ち目の無い戦場にほうり出されたのか、気になる。大体は想像出来るんですが…
そうですね、主人公の掘り下げくらい1話かけてやっても
視聴者は怒らないと思うんですけどね…

映画「夕凪の街桜の国」
◆6/2のブログ記事で紹介のあった「夕凪の街桜の国」について、少し説明をば。(←紹介された方と私は別人です) 原爆の放射能被害を受け、後遺症に苦しめられた人たちについて描いた小シネマ公開の作品です。私自身は他人のレビューを一度見ただけなのですが、非常にその映画評が印象に残っています
紹介があってすぐに公式を見に行ったので、過去と現在が
クロスオーバーしながら原爆後遺症の悲劇を描いていく映画
らしいという事はわかりましたが、映画が作られていた事さえ
知りませんでしたね…ミニシアター上映なら無理もないか。

Parallel Universe(管理人になにな)「いじめ」
◆レスありがとうございます。私は独身者の理想的意見に反発してるわけではなく、先生方の対応があまりにも受け身だったので経験者じゃないと対応できないのか?と思ってしまっただけなんです(笑)いじめに対して真剣に向き合って考えるのは、いじめられた人間だけなのではないかと単純に思ってしまうんですね。続く
◆続き>以前になにな様が他の方へのレスでおっしゃっていたように、周囲の人達への気遣いが出来る方は不快なコメントを残さないように、自分の行動を客観的に見ることができる人はいじめの加害者にはならないので、そういう人が増えるといいのになぁ、という・・・むしろ私の方が意見ではなく願望ですね(笑)続く
◆続き>あと、オタだから攻撃性はない、という意味ではなくオタの2割ははた迷惑な人だと思っているので、4人ぐらいなら迷惑な人に出会う確率低いけど10人いたら出会ってしまうなぁというだけの話なのです。単純?

一般論です。個人的な事を申したわけではありません。
その無能先生はもうまさしくリーマン先生なんでしょうね。
私のどーしよーもない後輩(職場の男と不倫ばっかりしてた)の
座右の銘でもある「自分がイヤな気持ちにならなければいい」
というのを地でやってる感じ(笑)まぁそれもわかるんですけど。

オタははた迷惑言われてますよー(笑)
ま、ここに来ている皆さんは私も含めて大なり小なりオタですから
「人に迷惑をかけず」(臭いとか見苦しいとか不潔も入ります!)
「空気を読み」(公共の場で周りが引くほどディープなオタ話をしない!)
「相手を尊重し」(顔が見えたら言えない事は顔が見えなくても言わない!)
「日々、更正を目指す」(勉強に励む!仕事に励む!社会に貢献する!)
ようにお互い頑張りましょう(残り日数が減ってくると段々別れの挨拶みたいになってきますな)

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆しかしラクスの「プラントを見てくる」が嘘だった事をキラが全く気にしないのは、フリーダムさえくれれば彼女が何を考えているかさして興味がないという事なんでしょうね・・・
いくらなんでもそれに触れる会話すらないとは、脚本家も
監督も完全に設定忘れてるとしか思えないですよね。
まさにストフリを出すためだけの舌三寸とはこの事だ。

◆キラさんに一穴主義を説いたところで、キラさんが「最強の戦士」ポジを失ったとたんにピンクにポイ捨てされるのは火を見るより明らか。フリーダム撃墜の報に触れた時は、絶対シンの身辺調査を命じているよねピンク
「キラきゅん撃墜 → 新しいオモチャを与える」というウルトラCは
見事としか言いようがなかったですな(笑)どこが「デュランダルの
本音=プラントを見てくる」だ!兵器作りに行っただけじゃん!
(しかも当初はザフトに複隊してたアスランのジャスティスまで)

◆そういえばラクスとアスランは個々のキャラとしては嫌いなんですが種カプとしては3本の指にはいるかな?アスランの株が下がったのでいたぶってくれる女帝の株が上がる・・・
私はどっちも嫌いじゃないですよ!むしろ好きですよ。
うん、種は嫌いなキャラはいないな、キラ以外(笑)

その他「機動戦士Ζガンダム」
◆Zの映画のハッピーエンドに宇宙世紀の終わりを見た。あれはカミーユが発狂しなかっただけじゃなくて、この後の世界が平和になるということだと思う。シャアは死んだし、ハマーンは和平に応じるだろうし。本当にハッピーエンドだった
でも何の毒も皮肉もなくなったやけにアッサリした後味だった…

白河の 清き流れに棲みかねて 元の濁りの ハゲ王恋しき
スポンサーサイト



Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク