FC2ブログ
2008/06/18 (Wed)  00:45

天の邪鬼

針・きゅう・マッサージ師の資格を持っている大学時代のツレがいる。
しかしあまりツレとは呼びたくないほど気が合わないヤツで、
私が一番仲がよいツレなど彼女の事が嫌いで会う事を嫌がる。
私は彼女と同い年のせいもあり(彼女を嫌うツレは私たちより
1つ下なので彼女が先輩面するのも許せないようだ)さすがに
そこまでは嫌いではないが、彼女と話をしているとどうにも
違和感があって不愉快になることがしばしば。

たとえば、マッサージ師という資格保持者の彼女に
「肩こりがひどいんだけど」と言えば、どんな痛み?と話を
聞いてくれたり、どれ?と簡単に触れて診てくれたら嬉しい。

もちろんプロにタダで揉ませる事はしないまでも、友人のよしみで
「もしこういう症状が出たなら、こういう風にするといいよ」とか、
「こういう痛みはない?あるなら整形の先生に相談するといい」など、
プロの眼から見た簡単なアドバイスでもくれたらういいな~と思うのだ。

ところが彼女は違う。
「肩こってんならマッサージ行けば?」
…いや、あのね…

マッサージにはほとんど行った事がないし、一回行ったら弱めにと
頼んだのに案の定揉み返しがひどくて散々な目に合ったと言うと、
「ああ、ヘタなとこ行ったんだ?ダメだよそれじゃ」とせせら笑うのである。

弱くしてって言えば?とそっけないので、言ったけどやってるうちに力が
こもってきて、いちいち「強い」「痛い」というのがめんどくさくなってしまい
我慢してしまったのだと説明する。力を入れるということは簡単だが、
セーブするというのは実は結構難しい事なのだとその時思ったものだ。

元々筋肉が薄いので本当は最初から力の弱い女性を頼みたいのだが、
初めてでそういう目にあってしまうと次に行く気がなくなってしまって…
だから施術者に「こういう揉み方をしてください」と頼むとやってくれる、
なんて事はあるのかと聞こうものなら「ないよ」と一刀両断されてしまう。

会話のキャッチボールが全くできない。
そのくせ「あたしは誰かに体を触らせて揉ませるなんてやだね」と言う。
ならなんでおまえわざわざマッサージ師になったんだよ…

ツレがコイツを嫌う理由がよくわかるなぁと思いつつ、それでもまだ
彼女も同い年である私には年下のツレよりは敬意を払うので我慢も
出来るが、なぜこの人はこっちが期待する反応をことごとく裏切って
くれるのかとつくづく不思議だった。大体、自分の得意分野について
聞かれ、ましてや助言を求める人、しかもそれは長年の友人なのに、
あまりにも素っ気無く、むしろ迷惑そうなそぶりさえ見せるものだから
それ以上何も言えなくなってしまう。あんまりじゃないかその態度…

例えば腰が痛いと言ったら知り合いのPTは背骨の動きを見てくれたり、
こういう医師に診てもらったらと、少なくとも親身にはなってくれるのに、
彼女はそういった友人たちにぽんぽん見事に一本背負いを決める。

意地悪というわけでもないし、この疎通の悪さは一体どうしてなのか
よくわからん…そう思って母に、「こういうヤツがいて、Mが嫌がってる」
と言ってみたら、「ふーん、ひねくれてる人だね」という答えが返ってきた。

眼からうろこ、「ひねくれてる」というあまりに的を射た形容詞に、
「そうか、これだ!」と思い、早速ツレに報告してお互い大爆笑。
ひねくれてるなら仕方がない。今後もそこそこつきあってみるかな。

一言投票所

名作劇場
●95年頃に「フラン犬」~「セーラ」までのEDだけを集めたCDが発売された。「ポリアンナ」からアイドルソング化するのでそれは良いが何故EDだけなのか。さらに不明なのがジャケットでアンネットがラスカルをあやしているという組み合わせだった
OPは一般人が選ぶ懐かし番組でイヤというほど流れるから
ホントの名劇スキーならEDも知っとけ!という反抗かも(笑)

「ケダモノのくせに生意気に主役張ってんじゃないわよ」と
見えないところでラスカルの毛をむしっているに違いない…

PERSONA - trinity soul -
●慎の記憶の謎が解った回。4兄弟(妹)の過去から現在までをここまで丁寧に描けたことに感動。最期に結祈がいった「またお馬さんしてね」が忘れられない。DVD買います
こんがらがって見えていたのに、実はダンゴには
なっていなかった物語の糸が見事にほどけましたね。
諒の背負った重さと苦しみ、それを知った慎の涙、
そこにいるのにいないような違和感を感じていた洵、
どこにもいないのに本当はずっとそこにいた結祈。
いや~、ホントにうまいッスよ。

●初めは、本当に不思議なよくわからない作品だったのに、いまは、良くぞ、ここまで素晴らしい作品になったと。ゲームからの派生なれど関係なしに、むしろゲームのテーマである死に対して挑むも掘り下げられた感じもあるし。スタッフはテーマを理解してるよ
不思議でわけがわからないのに、わからないなりにも
クロスした別軸の物語がちゃんと進んでいて、キャラも
掘り下げられて立っていくからストレスがなかったんですね。

生と死、心と肉体など相対するものの描き方もうまいですよね。
あと2回。どんな完結を見せてくれるのかすごく楽しみです。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
●自分はこれを見てから「アニメの感想サイト」なるものをよく見るようになりました。種は本編よりファンの書くツッコミの方が面白いこと!感謝感謝(ここにはサヴァイヴで辿り着きましたが。)
ああ、私も種のレビューが読みたくて探しまくり、当時は信者であれ
アンチであれ人気を繁栄して山ほどあった種レビューの面白さに爆笑し、
自分もやってみたい!と思ったのがサイト開設のキッカケですからね。

最近は種に関わらずアニメレビューもほとんど読みに行かなくなりました。
4年前に比べると面白いサイトさんも減ってしまったし…寂しいですね。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
●んー今回サヨコさん(漢字どんなのでしたっけ・・・・・)がいなかったし学園のルルーシュはサヨコさんかな?正体明かしたし。 ・・・・・・・ないか
「咲世子」ですよね、確か。
学園のルルかもしれないけど、仮面のゼロかも?

●ギアス持ちのオレンジ卿がオレンジ丸に乗ったら最強じゃないでしょうか
オレンジもギアス持ち?そういえばアイツらは複数の人間に
ギアスを同時に分け与える契約を結ぶことが出来るんだろうか…

●とあるBBSで見かけた言葉ですが「星刻はギアスかけられた天子様に殺されるんじゃなかろうか」、非常にありそうで怖い。その逆もありそうでもっと怖い
星刻が天子を殺すのは未遂とはいえダールトンがやってるので
天子が星刻を殺ろうとする方で。星刻が覚悟を決めて彼女の刃を
受けようとした時、寿命が尽きてギアスが解ける…ってのはどうでしょ?

機動戦士ガンダム00
●知らなきゃいけないような話をやられるよりは、関係無いパラレルコントの方が有り難いかなぁ。過去話などは後編でネタ切れしないように沢山食べ残して置いたんでしょうけど、消化出来るか心配。 でも、登場人物殆どが面白そうな過去を抱えてそうなんで楽しみです。…過去話だけで終わらないよな……(ぉぃぉぃ
ネタ切れどころか余計なところで間延びして、肝心の描くべきことを
全然描かなかったという印象が強いのに、大丈夫なんだろうか…
でも今度こそ過去話なんかやってるヒマはないのでは?
じっくりやられても「今さら?」だし。やっぱ1クールでしたよ、勝負は。

●無印種ではキャラの掘り下げを、ドラマCD(スーツCD)で済ませる(アスキラの幼年学校時代とか)という愚を繰り返した。それが良い訳ではないけど、00は1期キャラの掘り下げが本編でも充分ではないのに、ドラマCDも学園コントでお茶を濁すなんて、ホントに大丈夫?
ホント、それは本編でやっとけよと思いましたね。
まぁ00のはジャイロOVAボみたいなお祭って感じで
軽く考えればいいんじゃないでしょうかね。

●そうですよね。ペルソナで、失われた家族が、素晴らしいものだったからこその、覚悟やら業やらを感じて悲劇的で。メインキャラの掘り下げが、出来てないとね。全員過去はあるのに語らない、語らないのはないも同じで。こいうのこそ、過去回想の出番だったのに
しかもペルソナがすごいのは、ちょろっと見せてはいたもののずーっと
隠し続けてきて、ある程度物語の方向性が見えて決着がつきかけた今、
堀下げをやってみせて、なおかつ視聴者を納得させ、感動させてる事。

00スタッフや黒田は今からでもペルソナを見た方がいいよ!

Parallel Universe(管理人になにな)
●リンク貼られていた、三国志の英雄占いで遊んでみた。関羽だった(この時点で違和感有りまくり)そして「自尊心が強い呂布・周瑜タイプとは、相性がいいとは言えません」とのコメが。どうやらになにな様とは相性が悪いらしい(苦笑)
おお、関羽でしたか。多分関羽みたいな神様になるほどの豪放で
人望厚い武将の前ではさしもの周瑜も霞んで面白くないだろうし、
呂布も短絡的で自己顕示欲が強いタイプなので悔しいのかも?

いや、自分でも昨日の日記に「自尊心が強くて我も強いがゆえに
演義では孔明に敗れ、憤怒のあまり死んだ周瑜ってのは自分に
合ってるかも」と書きかけてやめました。周瑜ファンに怒られる(笑)

漫画&雑誌「ダレン・シャン」
●サンデーは(原作未読視点から)「ダレン・ジャン」が面白くなってきたな~。当初は吸血鬼モノなのに、あまり怖くないと思っていたが最近は初期のジョジョ並みに展開がダークだ
同感同感!ダレン・シャンめっちゃ面白いですよね。
子供向けとは思えないくらいダーク。うう、クレプスリー…

ジャイアントロボ
●塩沢存命頃のクレシンを観直す機会があり改めて思った。大作に手を上げるのは、さすが組長…。何でもCVが納谷六郎氏という事で当初は予定に無かった黄信ビンタとなったそうで。設定では花栄が動、黄信は静なんですが。
へぇ、納谷六郎だと動なんですか?組長って何です?
塩沢兼人?それとも最近動きのあった今川監督のことですか?
う~ん、ごめんなさい、意味がさっぱりわからないんですが…

特撮&仮面ライダーシリーズ「平成ライダー」
●レス有り難うございます。そういえば「FIRST」と「NEXT」、テレビじゃないという点で判断すればシリーズ外なんですかね。キャストとスタッフから、すっかり平成ライダーと同じ感覚で観ていました。(笑)
ですよね、劇場版とかOVAと、長丁場のTV」シリーズは
やっぱり温度差も入れ込みも違うんじゃないかなぁ…

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー555」
●うーむ……アギトやジェットマンを見てもらえれば「へー、こういう話も書けるんじゃん…」って見直して貰えると思うんだけどなぁ。 ただ、本人のインタとか読むと555が一番楽しかったみたいですが。4クールと劇場版、小説版も全部一人でやり、小説の後書きは「二週間で書きました(笑)」 …化け物
私は単に客観的で中立的な感想を述べてるだけで別にアンチでは
ないですよ。実際キバは穴が多過ぎてついてこられないという人の
気持ちもわかるし、でも私自身はかなりゆるゆるながらも楽しんでるし。

井上大先生の速筆は有名らしいですね。今は貴重な存在でしょう。

その他「動画」
●お薦めの動画をいくつか紹介。「必殺SchoolDays」「ひぐらし放送休止騒動まとめ」「ひぐらCM特集、勝手に出演編」「エキセントリックL5ボウイ」古いネタが多いですが、笑えます(笑)
ひぐらしが多いですなぁ。皆好きなんですねぇ…

***更新***

映画視聴感想 蝶の舌 UP
2008/06/17 (Tue)  00:31

「鋼鉄三国志」じゃないよ?

YAHOOトップにある三国志(演義)の英雄占いの結果は「周瑜」だった。

私は残念ながら周瑜ほど美男子でもないし頭もよくはないのだが、
相性が合うのが孫権やどすこい子竜趙雲みたいな「大らかタイプ」
ってのはナニゲに合ってるかもナーと思った。

一言投票所

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆この作品を視聴すると大抵の他作品の脚本の粗は気にならなくなり寛大な心を持って見れる様になりました。どうもありがとう
確かに確かに。他のアニメを見てると「うわ~、フツーに
キャラがそのキャラにふさわしい行動を取ってる!」とか、
「行き当たりばったりじゃなく、伏線が回収されてちゃんと
話の辻褄が合ってる!」とビックリしちゃいますもんね。

種のおかげで思いがけず鍛えられたと思えば…って、
なんという哀しきスーパーポジティブ(笑)

声優&俳優
◆ひぐらし声優陣を年齢順にすると、大川透(1960年生)立木文彦・茶風林(61年)関俊彦・伊藤美紀(62年)かないみか・井上喜久子(64年)雪野五月(70年)保志総一朗(72年)折笠富美子(74年)田村ゆかり・堀江由衣(76年)小野大輔(78年)中原麻衣(81年)結構中堅揃いです
皆さんももう結構な年だなとビビりました。

銀魂
◆ジャンプの今週号で、銀さんが「んだがこう貧乳ばかりじゃ興も冷めるってもんだ・女はやっぱり・爆乳でござんしょ」って言ってましたぜ(いやそれ煙玉の事だから)
すみません、ジャンプは26号までしか読んでません。

仮面ライダーキバ
◆中尾さんボイスファンガイア戦で、キャッスルドランからバッシャーが出撃する時の演出、玩具版「バトルドラゴンシリーズ」のギミックに近いものになっていましたが、やはり販促でしょうか。玩具だとカッコ悪いので売れていなさそうですしねぇ。(苦笑) パワードイクサーは玩具もカッコ良いのですが・・・
ダブルライダーキックといい、テコ入れですよね、あのあたりは。
パワードイクサと組み合わせてこういう遊び方もできるんだよと
教えてるみたいにも思えて販促丸出しっぽかったし。

仮面ライダー龍騎
◆種死見てる頃は、信司が主人公だったら面白かっただろうなぁ、と思ってました。迷い悩み、答えを最期になってようやく見つけた熱血馬鹿だからこそのキャラが種には足りない、と。今は「間違ったやり方は間違った結果しか生まない」という信念を持ったスザクをミラーワールドの戦いに放り込んでみたい。絶対に面白くなるはず
城戸くんみたいに、バカなんだけど皆にそっぽ向かれながらも
一生懸命自分の答えを探す、というキャラはいなかったですね。
つか両澤にはそんないいキャラは絶対に描けないと思います。

スザクか~、うん、確かに城戸くんとは違った意味で面白いかも…
毎回王蛇にせせら笑われて、ゾルダにだまし討ちされて、
ナイトを説得しようとして、タイガに痛い目に合わされる。
城戸くんと違うのはそれでもやっぱ「最強ライダー」ってこと?(笑)
そうなると唯一意見が合うライアがユフィですかね。

特撮&仮面ライダーシリーズ「平成ライダー」
◆ 「平成ライダー」というと普通は「クウガ」以降を指しますが、年号が平成になって以降のライダーはその前にZO、J、シンがあったんですよね。かといってこれらは「昭和ライダー」に含まれるイメージもありませんし・・・あえて命名するなら「異色三部作」!?
単純にその3作はTVシリーズじゃないからでは?
それを言うならFIRSTやNEXTはどうなんだと言われるでしょうし。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー555」
◆言葉不足でした。個人というのは、「脳天気なキャラ(シャンゼリオン
の暁とか)」です。それ以外は…お察し下さい。どうしても55を見たいなら止めはしませんが…しかし、感情描写も群像劇も描けてないと思う作家の作品を見る必要性ってあるのかなぁ?

別に「どうしても555が見たい」とは思ってませんけど…
しかし本当に好き嫌いが分かれるんですね~、555は。
でも話題にすら上らない響鬼やカブトに比べたら、皆さん何か
心に引っかかるものがある作品と言うことなんでしょうかね。

今のところ、少なくとも私が見た井上作品では感情描写も群像劇も
描けているとは思いません。でも私は井上先生のダークな世界観や
人生なんてこんなものという突き放し方は別に嫌いじゃない…と
書いたような気がしますけど。全部嫌いならキバ見てないですよ(笑)

◆メインキャラの死亡とかはネタバレですぞw 555は井上さんのアクしかない気が…信者補正があれば楽しめる。井上耐性があれば視聴可能。キャラ萌えに走れば、まだ見られる。ん、ストーリーが気になる?そんな人は見ちゃダメ
わははは、うまい<補正と耐性
私はキャラ萌えは間違いなくしないので、そうなると信者補正か
耐性が必要になりますが、まぁ間違いなく耐性はあるでしょう。
でも「物語重視」は揺るぎないのでダメかな?うむぅ、難しい(笑)

◆555>ああ、すみません。どこらへんかはわからないですけど、ネタバレにならないように、比較的に表現は押さえたつもりだったのですが・・・・まぁ、一言投票所もあと少しですし、なるべく言動に気をつけたいと思います
「メインキャラ」とか言われたらそれだけでキャラが揃った時点で
「この中の誰かが死ぬんだな…」とバレバレじゃないッスか!

ところで「一言投票所もあと少しですし」って必要だったんでしょうか(^^;

◆555のキャラ立ち具合は中々……というか、かなり強烈だったと思います。とにかく皆濃いです。名護さんが可愛く思える程、日朝に似合わないキャラも居まして……そいつの事は多分もう忘れられない(笑) あと、話以外の見所だと、やはり戦闘。必殺技の演出がやたらカッコイイです。同じ技でも使い方に工夫があったりとか
井上先生節が炸裂するということですね(笑)
私が見通したのは牙しかないので例に出して申し訳ないですが、
牙もどのキャラもアクが強くて異常なまでに立ってましたよ。
だけど何しろ考えてる事が理解できないし、行動にも共感できない。

でもそのあまりにもハジけた感じが面白い。
ダメだなぁと苦笑しつつ、そのダメっぷりを見てるのがちょっと楽しい。
キャラが死んでも全然惜しくなくて、「あーそう来ましたかのー」って感じ。
醒めながら見る分には私はグレンラガンより好きでしたね、キバ(笑)

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
◆神刻はどうなるんでしょうね?順当に考えれば、黒の騎士団と共闘しそうですが。華々しく散るか、ゆかいな下僕の仲間入りするか・・・どちらになっても面白そうです!
黒の騎士団は仙波と卜部を失って戦闘力的にはかなり厳しいので
仲間に引き入れたいところでしょう。でも星刻は断固拒否するかも。

◆最近、カレンとルルとのからみが多かった。が、10話でルルと一緒にエレベータに乗り込むC.C.を見て、やはりこの人(?)がルルの隣にいると一番しっくりくるなぁと思った。それにしても、カレンは最近やたらと持ち上げられている。後で突き落とされる悲劇的展開がなきゃいいけど
契約者であり、共犯者としてというなら納得ですが、
「ヒロインポジション」という意味なら単なる個人的
好みのような気もしますけども(笑)

私はカレンが好きですけど、物語に必要な展開なら歓迎しますぜ。

◆神虎強すぎ!でも神刻に時間は無い。天子のもとで眠るENDを希望。ルルは本気でヤバイ!これからどうするの?というか学園のルルは誰?!
おやおや、かなりコーフンしてますね(笑)
神虎は確かに強いけど星刻の命をさらに削りそうですね。

星刻VSゼロはただその対決だけを見たら非常に面白かったけど、
その後ろに星刻を消そうとしてる宦官どもがいるからややこしくて、
あんな連中に殺される前に天子をダシに早く仲間に引き入れちまえと
じりじりしました。今回はカレンが鹵獲されてしまったために戦闘がかなり
ストレスフルでしたから(四聖剣の仙波と卜部がいないのも痛いというのが
見えればなおよかった)、ブリタニアと戦うなら戦力増強は絶対不可欠。

◆元から素質はありましたけど、玉城がどんどんおバカになってきますね。このままバカ一直線でいってもらいたいものです
でも正直玉城って言葉遣いが乱暴だったり完璧自己中だったりして
イマイチ可愛げがないので、バカではあるけどウザいだけであまり
好きにはなれないんですよ…私はやっぱりオレンジみたいなヤツが好き。

◆>なぜか学園にルルーシュ君 「名も無きエキストラに前もってギアスを仕掛けておいて変装、変声させ身代わりとした」みたいな、私でも思いつくようなカラクリでないことを切に願います。(笑)
変装と変声で長く一緒にいる生徒会の仲間たちを騙せるとは
思えないんですが…一体どんなトリックを使ってるんでしょうね。

◆中華連邦でのC.C.とマオの過去話をやってくれないかなぁ…
C.C.が道を知っていたので私もマオとの過去を思い出しました。

◆ありのまま今起こった事を話すぜ。中華連邦にいるはずのゼロがいつの間にか日本に戻っていた。絶対遵守の命令とか悪魔の契約だとかそんなチャチなもんじゃ断じて・・・・・・やめよう。普通に2CHで流れてそうだし・・・
わははは、きっと2chでもさぞやあーでもないこーでもないと
大騒ぎなんでしょうね。今回仮面の中のルルーシュの顔が
常に半分消えかけてていつものように完全に入れ替わらず、
「変な演出だな」と思ってたんですけど、やっぱ仮面の方が
替え玉で全てが遠隔操作だった、ってのがオチでは。

◆エレベーターでC.C.と一緒に去っていくルルーシュを見送るカレンの表情がなんともいえず乙女!そしてある意味「正論」を主張するディートハルトに対するゼロの行動。先週の「学園に戻ろう」発言といい、彼にとってカレンは「駒として切り捨てられない」存在なんだと念押しされますね
ケツアゴは「一兵卒」と斬り捨ててましたけど、カレンの戦力はやはり
貴重でしょう。ルルーシュにとってカレンはあくまで使いやすい駒ですよ。
しかも残念ながらクイーンではない。せいぜいルークどまりなのが哀れ。

◆千葉紗子はニーナよりも千葉の方がいいなぁ(笑)
でも千葉はあんまり喋らないからなぁ…
惚れてるみたいなんで藤堂さんとラブいシーンとか
あるんだろうか。あった直後にすぐ死にそうだけど。

◆前回辺りから出てる、シュナイゼルの側近のカノン。カレンの兄のナオトじゃないのかな。写真が似てるような似てないような。あってるかどうかは、おいおい明らかになるかな
ツレが「コイツの声を保志がやればよかったのに」と言って困る。
それじゃ見た目まんまガン×ソードのミハエルじゃねーか!

◆今回色んな意味でフラストレーションが溜まり捲ったので次回発散出来る様お祈りしてます。しかし凄い濃度の全3話だったな
知略・戦闘力ともルルーシュ・スザククラスの星刻ですが、
病に冒されて時間だけはないというのも悲劇的ですね。
まだ退場には早いと思いますが、劇的な死を迎えてくれそうです。

◆戦闘後のスザクは久しぶりに天然ボケだった。エレファントマン程度の変装なC.C.をスルーするな
うわ、C.C.バレバレやん!!!!!と視聴者の方がビックリ(笑)

◆どうなっているんでしょうか、何の違和感も無くフツーにミレイさんと電話でしゃべってましたよね(笑)
通信だけならできるかもですけど、いましたからね本人(笑)
となると中華連邦で指揮をしているゼロがニセモノか?
カレンともつれ合った後に入れ替わった?

◆次回の引きが、やっぱり上手すぎる。中国でどうなると思ってるのに、学園でもだからね
あ~よかった、『スザクはアッシュフォードにルルーシュが
残ってるかどうか確かめれば一発じゃん』と思ってはいたけど
書かなかったんですよ(笑)まさかあそこにルルーシュがいるとは
思ってなかったのでドギモを抜かれましたけど。なんでいるん!?

◆>チェス ルールとしては完全にアウトですよね。あの世界では別のゲームなんだと考えるしかないかな…。元々ギアスは勢いとケレン味とハッタリ重視のエンタメ作品なので細かいアラが多いのは製作側も分かってやっているんだとは思いますが。今期は他に丁寧な作品が多いので余計に穴が目立つ部分はあるかもしれません
ですよね(笑)
でもあれはアラではなく、シュナイゼルの手の後オデュッセウスが
「ふざけすぎだよ」と言ってるので、あの手はルール違反であり、
ゲームとしては既にありえないんだとわかってやっているという
解釈もあるんじゃないですかね。つかむしろそうだと思いますよ。

機動戦士ガンダム00
◆「できれば他人は殺さない、ただし、それは特別に優先すべき事柄ではない」くらいのレベルじゃないのかなー、トレミー側としては。初期は実力差がありすぎたから、加減しないと「戦闘」が「虐殺」になりかねなかったし
ああ、確かに最初の頃は鉄の棺桶みたいなもんでしたからね。

例えばあの畑を焼いた事で起こる負の連鎖(仕事がなくなった貧民層の
生活が荒み、飢餓や犯罪が再び増えてしまう)も描いて欲しかったな。
人を殺さないからいいってものではなく、逆に殺さないからこそ
より多くの人が死ぬ事になるという矛盾もあるのだ、とか。

◆1期中にトレミー組のマイスター達の過去を、視聴者に明白に提示すれば、スローネ組やアリーとの違いも伝わって、感情移入もしやすかったのにと思う。特に刹那とアリーの過去は、もう少し具体的に描くべきではないかな
あ、もうね、それは大いに同感です。
1期は世界観を描く必要があったというのはよくわかります。
でもマイスターの過去を描く時間がなかったとは思えないんですよ。

スメラギとビリーのデートなぞ描くなら刹那とアリーの過去や因縁を
描いて欲しかったし、水着でノンビリしてる皆さんのショットより
ロックオンと家族の幸せな生活(ペルソナを見習え!)を描けば
テロで家族を失った彼の心の闇が垣間見えたと思うし、アレルヤと
ソーマの超人機関での生活も見たかったし…それに平民に落ちていた
マリナが政情不安から再び王族として復活させられた顛末も見たかった。

こういう事はいつか描かれるんだろうと思ってるうちに終わってしまった…
どうにもバランスの悪い半年間でしたよね。

◆00ガンダムの設定画見ましたが、カッコイイとは思います。けどデザインは大河原氏ではないっぽいです。個人的にはガンダムの主役機は大河原氏じゃなきゃダメだろ!と思いますので、ちょっとがっかりしてます・・・
まぁそこまでガチガチに考えない方がいいですよ。
ガンダムも進化していかなければ未来はありません。
でも00のガンダムは足が長いせいか重心が上過ぎて
陸戦ではすぐひっくり返りそうな気がしてハラハラします。

◆00ガンダムのデザイン、両肩にヤドカリ付いてるのが目立ってなんだかなー、と思ったのですが、背中に移動するギミックがあり、移動したら随分と格好良くなってびっくり。シンプルだけど威圧感のある良いデザインだと思いました。 乗るのは誰でしょう?
タイトルを冠したガンダムに主人公が乗らないというのは
前作の見捨てられた主人公以上に哀愁が漂いすぎる(笑)

◆結局、CB側の中途半端さが問題なんだよな…。同じテロリスト系だったら、Wのがまだ覚悟も説得力もある気がするし。CBは世界に不満があるなら、自分を変えろと言いたくなってしまいます…どうも発想が好きになれない。歪みの話もロックオンのお前らこんな世界で満足か?俺は嫌だねという台詞も正直何だかなーでした
あ、その「中途半端」には同感します。
重い過去を背負いながら、世界を変えるという信念のもと、
豪快かつ無双に世界をぶっ壊し、けれどそのあまりにも
重過ぎる罪をいずれ自らの命や大切なものによって償う日が
来る…という展開の方がよかったかもしれないですよね。

ただ、何もせずにブツブツ文句を言っている人と違って、
世界を変えなければと何か行動を起こす事に価値を
見出すというならよかったかなと思います。

けれどテロはあくまでも身勝手で自己中なもの。
だからこそ同じく行動を起こす者として、「武力ではない」
象徴のマリナや沙慈が立ち上がってそれを示してくれたら
いいかなぁと思います。1期が終わってしまった今はもう
手遅れかもだけど、猛烈なリカバリーにも期待したい。

◆戦闘中は緊急時以外コックピットを狙わない>1クールでモラリアや人革虐殺しといて次男(のはず)にこんなことを言わせてはダメよ。それでアリーが悪い、大使は歪み、で自分らは後半は世論を気にしたりで被害者面してたのもどうかと思う・・・
え?それ言ったのはミハエルなんスか?
あかんわ~、ホントにレビューしてないとセリフもシチュエーションも
な~んにも覚えてないライトビューアーになってしまうな私は…

◆戦闘中は緊急時以外コックピットを狙わない、とか言ってましたもんね。生かすも殺すも自分たちの状況次第ってなんじゃそりゃ?てめーら何様だよ、と思いますけど
あれ、そんな事言ってましたっけ(笑)
すいません、さっぱり覚えてませんなぁ…つかティエリアは
そんなん構ってなかったっぽいし…でもロックオンはいつだったか
イライラして手加減できないと言いながら撃ってたような気がします。
あれ、それダメじゃん(笑)

◆プ組は、極力人殺しを避けてます、とは言ってないし(単に全殺しをする必要がないだけ)、本人達は人殺しと言われる覚悟はあったと思います(だから悩むなとは言えない)。あくまで第3者が、トリニティと比べての事だと取りました。で、考え始めるとぐるぐるになってくるのが00の面白さかな、と
実際人殺しをしているという意識はちゃんとあったと思いますね。
そんなに轟轟騒ぐほど彼らに罪悪感がなかったとか奇麗事を
言ってるとか理想論だけで事を進めているとも思えませんでした…

…少なくとも初期は。なんか00って途中からぶれましたよねぇ。
2008/06/16 (Mon)  01:24

ROOKIESの「キセキ」もね

今期のOPの曲は作品自体が豊作であるせいか好きなものが多く、
二十面相の「霞」とドルアーガの「SWINGING」、RDの「Wanderland」、
それにペルソナの「WORD OF THE VOICE」がお気に入り。もちろん
ルルーシュの「O2」も好きだし、ケータイ捜査官の「WAKE YOU UP」も
ブラスのOPもよい。マクロスは「射手座」がOPだったら文句ないんだが…

EDはブラスレイターの「sad rain」、ドルアーガの「塔頂者たち」、
銀魂の「sanagi」がベスト。RDの「片膝の汚れ」やケータイ捜査官の
「Sands of time」、HOLICの「Honey Honey feat.
AYUSE KOZUE」もよい。

今期は見ている作品が15なのだが、そのうち4作品が終了。
7月期は様子見予定が4つ。様子見は脱落の可能性もあるので
どうなるやら…どちらにせよアニメの数が減ってきたのは事実?
今までの芋洗い状態が異常だったので今後は少なくてもいいから
良作を残してもらいたい…けどそれはそれで難しかったりするよね。

ニュース速報が流れた途端、東京もかなりいやな感じの横揺れが
長く続いた今回の地震。被害の及んだ地域の方は不安や心配が
尽きぬことと思いますが、1人でも多くの方が一日も早く元通りの
生活に戻れるよう願っております。ホント、他人事じゃありません。

一言投票所

サイドバーにてカウントダウンが始まりました。
00とルルーシュはコメントが多かったので
しばしレス保留です。すいません。

その他「皇室萌え♥」
♥今日のニュース「秋篠宮眞子様がネットで萌えキャラ化して人気爆発、宮内庁困惑…」とのこと、AAにいたっては眞子様はハマーン様っぽいし、妹の佳子様はプリキュア系に描かれるし、皇室に対して寛容な時代になったものですねぇ(笑)
眞子ちゃんは小さい頃からおしゃべりも顔立ちもしっかりしてて
可愛いなーと思ってましたけど、もう随分大きくなったんですね。
つか佳子ちゃんが思った以上に可愛いくなっててビックリ。

まぁ秋篠さんが美智子さんに似てハンサムだからね。
親交の深いタイなんかにナマズの研究のために行くと
「あの皇子さまは独身か」と大人気だったそうですよ。

それにしてもまさかゆとらーの「平等意識」がここまでとは。
ゆとらーは狭い世界では自信満々で怖いもの知らずだからなぁ…
その分、ない鼻をへし折られると簡単にキレやがるからタチが悪い。

PERSONA - trinity soul
♥番組開始前、三兄妹の絵を見て「まさかペルソナで安いBL展開する気じゃないだろうな…」と不安がってた自分を殴ってやりたい。今回では家族での日常も描かれていて、それが失われてしまうものだと分かっているから、一層いとおしくて。双子も慎も可愛らしく、そのぶん諒の決断・背負ったものの重さが感じられました
Fateだのひぐらしだの、それまで話題のゲームのアニメ化がとにかく
ことごとくハズれまくってましたから、正直全く期待してませんでした。
いや~、これは嬉しい誤算ですよ。こういう化学反応もあるんですね。

明かされていく謎があまりにも綺麗過ぎて、十分なキャラの掘り下げと
物語の積み重ねがあるから無理がなくて、心に深く刺さる話でした。
あと2回あるし、残るアヤネの物語を完結させて綺麗に終わって欲しい。

♥カナルの墓が出来ていたのに、涙。しかし、墓参りが多いアニメだ
丁寧ですよね。
妻と子を失った当時の伊藤さんとか、1話でアヤネがなぜ海に
沈んでいたのかとか、細かい描写もちゃんとありましたしね。
こういうのは物語が行き当たりばったりではない証拠ですね。

♥慎のペルソナの武器。あの貫かれた人形。諒が知った両親の罪。全て、綺麗に統合されて。慎が、主人公だったのだなと再確認。絵本のように一人になっていくし
あんなに優しくていい兄貴だったからこそ、1話でのそっけない
態度が慎を傷つけたんだなぁと今さらながらしみじみ思います。
あれはペルソナが発動しやすい多感な時期に戻ってきた慎たちを
心配するあまりの態度であり、守りたかったからだということがすごく
よくわかる。私たち視聴者と、一筋涙を流す慎の気持ちが見事に
シンクロする回でした。近年稀に見るストーリー性の高さですよ。

♥過去の家族の日常が、素晴らしく可愛い。あの子供たちは反則だよ。紅もだけど、子供を可愛く描けてるのは凄い。明かされた事実は、まさに衝撃、記憶がないのは、そういうことで、諒が一人で抱えたことに、またいろいろ思う
派手な最終決戦ばかりが最終回のクライマックスじゃないと
言わんばかりの静かな、そして哀しい真実が明かされていく
展開は本当に脱帽ですね。慎の記憶も驚きましたけど、私は
何より諒がこんなにもたくさんの想いを抱えていたのかと思うと
いたたまれないですよ。わずか18歳であんな決断をしなければ
ならなかった、その上でさらに凍り付いてしまった慎を救わねば
ならなかった彼の苦しみは誰がわかってあげられたというのか。

何も告げられなくても心の拠り所だった映子を自らの手で殺して
しまった時の絶叫があんなに凄まじかった意味がわかりましたよ。

映画「ロミオとジュリエット」
♥深夜にやっていたディカプリオがセクシーなロミジュリが、アニメと違って原作通りだとやっぱこれがロミジュリだよと、面白い。親友殺されて親戚殺して、追放されて、だから勘違いして死ぬ。舞台が現代になろうが、携帯を出さなきゃOKなんですよ。深夜だったからCMなくて気持ち良く見れたし
現代劇にアレンジされてセリフはオリジナルを生かしたという
ディカプリオ版ですね。録画しようと思って忘れてしまった。

確かに携帯があれば状況の把握が出来るからすれ違いは解決。
アレンジっていうのはこういうことで、昨年やってた作品みたいな
「ロミジュリである必要がない」ものではないのではないかと。
むしろラ・セーヌの星のなりそこないみたいなもんでした、みたいな(笑)

Parallel Universe(管理人になにな)「人気投票」
♥人気投票の思いで:「好きなモビルスーツアンケート」のときは、3ヶ月たらずで規定の15000票に達しているんですね。当時の盛り上がりを思い出します。ルルとオレンジのデッドヒートが凄かった「コードギアス 反逆の人気投票」も満票ですね。R2の人気投票もしてみたかったですね(笑)
懐かしいですね。
あの頃はやっぱり種デスで盛り上がってて、それはそれでとても
楽しかったんですよね。毎週ある意味斜め下に盛り下がる物語や
矛盾だらけのキャラ描写とか、結局キラかよと絶望するちょっと前で。

ルルーシュとオレンジのデッドヒートもすごかったんですが、
実はあの裏ではしっかりC.C.とカレンのヒロイン対決もあったり。
個人的にはスザクにもっと票が入って欲しかったですね。
人ですらない紅蓮に負けるライバルってどうなんだと(泣

懐かしの反逆の人気投票

レビューを続けてたらもちろんR2でもやりましたよ!
きっと毎回楽しいコメントが一杯だったでしょう。
あ、あときっと00もやったでしょうね、間違いなく。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
♥デスレビューにあるディアッカに対するになになさんの評価が★★★★★ → ☆☆☆☆★に下がってる夢を見た…ディアッカよ、になになさんに何をしたんだい?そして一体何の暗示だ…
出番もセリフもないんだもん、下がりようがないですよ(泣

♥ああコミック版ナウシカは世界=公に尽くすため淡い恋心=私を切り捨てるアニメとは別の形の自己犠牲だったのですね。これが聡明なフリしてるだけで公私の区別もつけられない馬鹿女が全てを手に入れる種とは根本的に違う所
ああ、ピンクさんにはむしろクシャナがどれほど王にと望まれても
王座につくことはなく、民を思い国を思う真の王としてトルメキアを
統治した事を学んで欲しいものですな。

トルメキアにはクシャナがいるからこそ、土鬼にはナウシカが
ついてその想いを託したというラストはよかったと思うんですが、
そういえば以前、ナウシカは宮崎駿の女性賛歌のようでイヤと
仰る方がおられましたっけね。そうか、そうとる方もいるのか…

精霊の守り人
♥2週間録り忘れていて、昨日はきちんと予約を忘れなかったのにやはり特番・・・自分が悪いとは思うんだけど、縁がないとはこういう感じかしら・・・
なんのこっちゃ?と思ったら、昨日の放送は地震のための
緊急特番を放送したんですね。録画するならHDDですね。

♥自分とは違った視点からこのアニメを楽しめるので、2倍面白いです。レビュー続けてほしいです
レビューを読む人には「自分と同じ意見を理論的に述べてくれる」
レビュー屋を探すタイプ、「物語の矛盾点や難解な部分を分析、
解説してくれる」レビュー屋を探すタイプ、「自分とは全く違う
観点から意見を述べる」タイプのレビュー屋を探すタイプなどが
おられるようです。もちろん私も含めてこの3者をミックスした
レビューを求めることが一番多いかもしれないですけども。

レビューそのものは約10ヶ月前に終了したので復活はないですが、
身に余るお言葉をいただけて大変光栄です。ありがとうございます。

ドラマ「監査法人」
♥土曜ドラマで、またNHKらしい骨太なドラマが始まりました。「監査法人」観る価値ありそうです
出かけていたので見てないんですよ。帰ってきてから気づいた。

ドラマ
♥ギャルゲーが原作の映画「CLANNAD」(監督は出崎氏)を見て思ったのですが、ラストが朝ドラ「純情きらり」とそっくりなのに驚きました。ヒロインが主人公と結ばれて妊娠するも、難産が原因で死んでしまうところとか…
そうなんですか。
というか、70年代根性ものっぽい設定ですねそれ(笑)
昔よくあったものがイマドキの子には新しく見えるってヤツでは?

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー電王」
♥電王2>少なくともスポンサーは電王のヒットに味をしめたみたいですからねぇ…。Pのインタビューでも「電王と同じことをしては電王に勝てないのに、同じことを求められて困る」みたいなことを言ってましたし。 関係ないですが、こんな物を発見http://www.nicovideo.jp/watch/sm1419291
電王は契約の切れた主役の佐藤君とは別の主人公を据えれば、
イマジンたちが自分の存在のために記憶を重ねる旅を続けるのは
可能ですからね。今度はイマジンを追った先での事件にすれば、
キバで培った「現在+過去のデュアルドラマ」も作れるわけだし。

でも私は基本的に続編が嫌いなのでいやです。
レビューした4年間のうち、オリジナルものでの続編が作られたのは
スターシステムなので微妙なれど舞-HiME、種、地獄少女ですけど
私が合格を出せたのは地獄少女だけですね。それも地獄少女は
前の2作に比べると1期がめちゃくちゃつまらなかったがゆえに
2期が面白くなったというのもありますし。

やっぱりなんでもスパッと終わるのが好きなんですね、私は。

映画
♥「いじめ」 > 少人数の小中学校(1学年6人)に行ってましたけど、しょせんガキなのでそれなりの力関係は生まれましたね。最後は殴り合いの末、親まで呼ばれて恥ずかしかった(苦笑)田舎なんて3km先までご近所さんだし
ああ、一応「大集団で育っていない」人にも気をつかった
つもりだったんだけど、少人数だろうがみんなが知り合い
だろうが人が集まればトラブルは起きるって事ですね。

でもそれ、いじめじゃなくてケンカですよね?相手と殴り合いができると
いうことは、顔を合わせ、同じ土俵に立てるという事じゃないですか。
子供同士のケンカはいいんです。むしろケンカやぶつかり合いは
成長過程に必要不可欠なものとして大いにやらなきゃダメですよ。

なのにそれをやらないで陰湿ないじめをやってるヤツがダメなんです。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー555」
♥555>久しぶりにまた話題にあがっていますね♪万人に向けてお勧めできる作品ではないとは思いますが、感性の似てると思われる人(この場合はになにな様)には見て欲しいと思ってしまう作品だと思います。キバのノリが楽しめるんだったら大丈夫だと思うんですけどね~(笑)週間で見るのとまとめ見とでは違うかもですが
キバは楽しいですよ。今日は休みで寂しいですから。
でも今までをまとめて見ろといわれたらキツいですねぇ…

まとめ見はやっぱり万人の評価が高い作品でないと厳しいです。
ネクサスなどは毎週見ていたら面白かったかもですが、まとめ見は
結論が端折られていることも相俟ってフラストレーションが溜まりました。

♥555で構成が良かったら、それこそ傑作とか言われていると思う。井上先生が好きだから言うけど、登場人物が少ないクローズドサークルこそ先生のフィールドだと思いますよ。変に風呂敷を広げると…いや、それも作風だw
井上大先生のよさの1つは、イマドキの精神力ゼロのゆとらーが
イヤがる「容赦のなさ」やダークサイドのクローズアップなどの、
現実なんてこんなものと突き放すクールなところは結構好きです。

でもそれを盾にとり、最後は演出や音楽や演技力に頼って

「あれ?もしかしてこれ、すげーよかったんじゃね?」

と思わせるのはズルいですよ井上先生!私はだまされんぞ!

特撮&仮面ライダーシリーズ
♥そういえばゴーオン劇場版に半田さん出るんでしたっけ。キバにはタロスズの中の人たちが出るみたいですが……まさか顔出し!? てらそまさんは直接出演確定らしいですが……
へ~、そうなんですか。最近はバラエティでしか見てないので
半田さんを役者として見るのは久々かも…どんな役なんでしょうね。
いや、そうは言っても多分見には行かないと思うんですけどね(笑)

♥ええっ、自分は逆に群像劇こそが555の見所だと思うんですが…。別ラインで進む話がいつ絡むのかとワクワクしながら見てて、絡んだ時は面白い事になりましたから
えっ、そうなんですか!?<2回目
ぐ、群像劇…井上先生、あれで上手なんだろうか…
それぞれの心理やドラマをきちんと上手に描けてるんなら、
そのキャラが最終的に取る行動には納得や合点がいくので
少なくとも「豹変」したなんて思わない気がするんですけども…

今のキバにしても音也は立ってるけど渡はイマイチ、恵さんもイマイチ、
名護さんは立ってるけどややガイキチ、など中途半端な感じがします。

♥555って他人に薦めるほどのものか、と言うならばNOでしょう。伏線云々よりも群像劇を描ききれてないんだから。シャンゼリオンならば薦めるに値しますが。井上先生は個人の感情を上手く描写できる分、人数増えると処理できない印象があるなぁ
「井上先生は個人の感情をうまく表現できる」
えっ、そうなんですか!?

感情表現については自分の今までの井上作品視聴の経験上
うまいと思った事が一回もないんですよね…むしろ井上大先生は
感情表現がヘタクソな方なんだろうと勝手に思ってました。

だってほとんどのキャラが何を考えてるのかわからんのだもの(汗

♥主人公の矛盾……うーん、自分は気付かなかったというか、気になった事はなかったでし。ただ、主人公以外で約1名牙のジジイを彷彿させる発言をする奴が居て、てめぇぇ!と突っ込んだ事はありましたが(出番あまりないので、そこまでインパクトはなかったけど あの最終回は賛否ありますけど、555らしくて良いと思いますよ
牙のジジィみたいな迷キャラがいるなら生かせばよかったのに(笑)

�はなぁ・・・・・伏線の未回収はさほど気にならなかったし、評価が微妙な最終回も個人的にはお気に入りなんだけど、第2クールと第3クールの主人公の言動に矛盾を感じてしまって、それ以降素直に楽しめませんでした。メインキャラの死亡シーンとかは流石井上先生と呼べるような演出なんですが・・・・
うわぁ、ちょ、ブツブツ文句を言うのはいいけど
肝心なことをネタバレしないでくださいよ~(笑)
2008/06/13 (Fri)  23:07

厨2病

世界で一番バカな年齢と笑われる「中2」
中学生という急に大人びる成長期であり、反面勉強や友達関係が
難しくなってくるのでストレスの強い中1に比べれば余裕があり、
受験やモロモロの思春期の悩みで、自己同一性の不一致に
悩まされる中3よりお気楽極楽な中2。大人と子供の間である
マージナルを眼一杯楽しめるのが中2時代ではないかと思う。

私が中学から高校にかけて一番楽しかったのは個性的な
クラスメイトが多くてひたすらはっちゃけまくった高1なのだが、
次に楽しかったのが何を隠そう中2時代であった。
毎日毎日友達とバカな喋りに明け暮れ、モノマネをしたり
テストの点数を競い合ったり、時にはケンカしたりしつつも
楽しくてしょうがなかった。いや、当時の私はまさに中2っぽい
不満も多く、反抗期真っ最中で母とは口も利かなかったのだが、
今思えばやはり毎日毎日を呑気に楽しんでいたとしか思えない。

そんな私が当時読んだ本といえば、吉川英治の「宮本武蔵」や
「太平記」であった。「宮本武蔵」は父の持っていた初版本で
立派なハードカバーだったので、寝転んで読むと腕が痛くなる。
けれど面白くて面白くて夜更かしの連続で1週間で読破した。
吉川の文章はベタベタしていなくて、そっけなさ過ぎるくらいだが
それがいい。キャラクターからも1歩引いて冷めているがゆえに、
客観的に見られて入れ込まず、物語全体を楽しめるからである。

有吉佐和子の「恍惚の人」を読んだのはほんの偶然だったけれど、
茂造が浴衣に便をつけて歩き回るというシーンがやけにリアルに
光景として浮かび、痴呆症状というのは大変だなぁ、人が老いると
いうのはなんて哀しくて恐ろしいことだろうと思いながらも、どうしても
少しひき気味で読んでいたのだが、雨の中で茂造を見つけた昭子が
ごめんね、ごめんねと謝るシーンでは泣きながらページをめくった事も
今は懐かしい。今でもここはまるで見たようにありありと眼に浮かぶ。
感受性の強い時代ゆえ、思い浮かべたイメージがものすごく強烈に
残っているのだ。後に森繁久弥の映画も見たのだけれど、映画は
どうしても老いの凄まじさが薄まってしまって、あの頃小説を読んで
作り上げた自分の印象の方がずっと強く、やや物足りなかった。

しかし自分でも「これは14歳で読むべきじゃなかったなぁ…」と
思ったのは村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」である。
これは思春期に読むには少々刺激が強すぎる小説だった。

元長野県知事・田中康夫の「なんとなくクリスタル」も同じ頃に読み、
イケイケの女子大生がセックスばっかしてるなーと思う小説だったが、
コインロッカーを読んだ時の衝撃と後味の悪さはその比ではなかった。

生まれてすぐにコインロッカーに捨てられた赤ん坊である
キクとハシの物語なのだが、とにかく全編に渡って凄まじい。
マグナムで母親の顔を吹っ飛ばしたり、パンパンのおばちゃんや
カエルの卵をトイレに流しやがってと怒ってる掃除婦とか、精神を
病んで拘束服を着せられて失禁するハシとか、少年院に入った
キクと同室になった山根は、心臓の音を聞けば暴力衝動が
抑えられると言い、アネモネはキクの舌先を噛み千切って
怒らせ、恋人とはいえ半ばレイプされる始末。

何より今でもダントツにイヤなのがガリバーの死。
あれはいかん。あれは今でもまるで見てきたように、想像した光景が
私の脳に焼きついてしまった。高速道路で事故った車から道路に
落ちてしまったガリバー。大丈夫、ガリバーはあんなに強いんだもの、
負けるわけがない…そんなありえない事を考えながら震えるアネモネ。

やがて彼女が見ている目の前で、走ってきた大型ダンプに轢き殺され、
バラバラになるガリバー。それを見てなぜか「雨が降ればいい」と思った、
という全く理解できない不条理で理不尽な心理状態なのに、なんとなく
シンクロしてしまいつつ、けれどすさまじい狂気が潜んでるような気がして
心底ぞっとした。吐き気がした。なのに読むことをやめられなかったなぁ。

細切れになって道路に散らばったワニの肉を拾い集める時、事故処理の
警官だったか掃除屋だったかからひどい悪態をつかれるシーンなどは、
大切なペットを失ったアネモネの気持ちを思い、私はひどく傷ついた…

ところがアネモネ自身の哀しみはちっとも表現されず、彼女はそんな事が
あったのにいつも通り飄々としていたのもこの小説らしい気持ち悪さだ。
ガリバーの死体を捨てられずに持ち歩いてたけど、腐ってきたから結局
川に捨てた(!)とか、今思えばあれをよく読み通したものだと思うわ…

最後にはダチュラで完全に壊れた世界で、妊婦の腹をかっさばいて
赤ん坊を取り出したハシの狂気もなんとなく受け入れてたもんなぁ。

いや、むしろ今だったら内容調べて絶対読まないに決まってるから、
やっぱり14歳という無鉄砲で怖いもの知らずのなせる技だったのかも。
恐るべし中2…けれど想い出の中に燦然と輝く我が青春の日々よ。

一言投票所

その他「コインロッカー・ベイビーズ」
■コインロッカーベイビーズは私も学生時代に読みました。「いや、俺達はコインロッカーベイビーズだ。」白い服を着たキクとアネモネ…とか今でも思い出すと何とも言えない気分になります。ガリバーが死ぬとこは私もちょっとトラウマです。追っかけてくるトラック運転してる男達も
ですよね~、あれは思い出したくもないし、早く忘れたいのに
ふとしたはずみに思い出しちゃうんですよね…それですっごく
イヤな気分になる。やっぱり感受性の強い時にあまりにも刺激の
強いものを摂取するとこういう状態になるんだろうかと思ったり。

となると、私やあなた様のように、「現実と虚構」の区別がついていれば
いいけど、その境界線があやふやで、精神が未熟で未発達な子供だと
やっぱりヤバゲな方向に向かうこともあるんでしょうかね…たとえば本当に
生き物が車に轢かれるとバラバラになるのかと試…うわああああ!!

Parallel Universe(管理人になにな)
■長い間、本当に御疲れさまでした。になにな様の親身なコメントがなによりも、励みになり貴重な意見をいただけるものだったと痛感いたしております。あと半月、頑張ってください
いえいえ、「親身なコメント」などと言っていただくと、かなり
投げやりだったりヤケクソ気味なレスもあったので冷や汗もの…
いい年こいて未熟者でお恥ずかしい限りです。

私も皆さまから貴重な情報やご意見をいただけるのは
本当に楽しかったです。寂しいと思いつつ、これもケジメ。
レビューを終えた時同様、潔くお別れいたしましょう。

■一言投票所終わってしまうのですね~毎回毎回レスお疲れ様でした!私も初めて投票するときはめちゃめちゃ緊張したのを覚えてます…そもそもあまりブログなど利用しない&アニメだってそんなに詳しくないタイプだったので勝手がわからずこんなコメントでになになさんやどなたかに嫌な思いをさせないだろうか、とか心配で(笑)続く→ →続き なのでコメントにレスがついてるのを見てすっごく嬉しかったのも忘れられません!(笑)これからもになになさんの日記楽しみにしています!! ショーン
いえいえ、こちらこそ本当にいつもありがとうございました。
書き込みというのはいつでもどこでも緊張するものですよね。
私もどんなに長いおつき合いのネッ友さんであろうと緊張します。
だからこそレスがついている時は本当に嬉しいものですよね。
私もそれを知っているから、皆さんのコメントを無視するなんて
絶対にできないし、全てレスをせずにはいられないんですよね。

ショーンさんは10月のチャット、この間のGWでも実際にお話しましたので
印象が強いです。見事、受験生から大学生へと華麗なる変身を遂げられて
お忙しい毎日だと思いますが、若いからと無理をせず、お体はお大事に。
日記はゆるゆると続けていくつもりですのでたまに覗いたってくださいね~♪

最後に一言。

「コメントでになになさんやどなたかに嫌な思いをさせないだろうか」

謙虚な気持ちを持っている方は誰かを不快にさせたりしません。
相手を怒らせたり場を荒らすのはこんな事を考えた事もない人です。
ショーンさんはきっとどんなシチュエーションでも大丈夫ですよ^^

■閉鎖決定なんですね、淋しいです。私がここを知ったのが電王の最終回が近くなった時でした。めちゃくちゃ緊張して、初めての書き込みをさせてもらって、になにな様に暖かいコメントを貰って、あぁ、私でも参加していいんだぁって、凄く嬉しかったです!後半月ですね、またお邪魔します!
もちろん誰でも自由に、楽しく参加していただいていいのです!
初めて来られた方にもそう思っていただけたならきっとこのサイトや
一言投票所があった意義もあろうというもの。本当に嬉しいです。

きっと今回も緊張してドキドキのカキコだった事でしょう。
でもここは全体的にゆるやかで優しくて、私自身も皆さんが
醸し出してくださる雰囲気が大好きです。何度も言ってますが
これは私が作ってるんじゃないですよ。皆さま一人一人が作って
おられるものなんですよ。だからすごいんですよ。今日びこんなに
ギスギスせず、ノビノビと、しかも一握りの方だけの内輪受けではなく
誰もが自由に発言できる場が存在していること自体ちょっと驚きです。

残すところあと少し。ぜひ色々な事を好きなだけカキコしてくださいね。

■アニメレビューに続いて一言相談所もなくなってしまい、だんだんこのサイトも寂しくなってきますね。これからは、映画レビューに期待したいです
レビューはとっくになくなってるのに、未だにここまで賑やかな
一言にはホントにビックリです。本当にありがたいことです。
ここが設置されているのも残すところわずかですが、明るく自由に、
最後のインターネット・コミュニケーションを楽しみましょうね♪

声優&俳優
■あー伝わってませんでしたか。V.V.役の冨澤風斗はジョイ君じゃありません。経歴には書かれてないですし、初代は上村響くん、現在のジョイ君は前田旺志郎くんがやっているみたいです。彼がやっていたという事実は確認できませんでした。(←調べた)
あーそうですか、すいません。
自分で調べるのがめんどくさいので信じます。

■>V.V.はジョイのCMのジョイくん  ちょっと待って。なんですかそのボケはw
「洗剤の」とか「キャラクターの」とか色々書いてみたんですがどうも
しっくりこず、ええいもういいわ!とストレートに書いてみました(笑)


■最後の溜めに突入。面白いな。竜士が、部下を使うだけじゃなくて、強くて、真九朗と同じく、紅香の弟子だったことで、さらに対比が。でも敵は強力すぎて、バッドエンドの匂いが。後1話で、紫を救い出せるのか、真九朗。すごい楽しみだよ
毎度毎度迎え撃つまで、突入するまではすごく頼もしいんだけど、
いざ戦いが始まるとザコはともかくやられっぱなしというのは
ストレスが溜まるんですが、これも溜めと思えばいいんでしょうか。

七五三の写真の真九郎に抱っこされた紫はめちゃめちゃ笑顔なのに、
同じように竜士に抱かれた紫は笑顔がない暗い表情なのが印象的。
次回で真九郎があどけない笑顔を取り戻せるといいな。

COWBOY BEBOP
■ビシャスってイカレヤローだけど、スパイクと決着を着けたい裏返しだったんだろうなと。ラストシーンには、つい「燃え尽きたぜ。真っ白にな・・・」と呟いてしまいました(違)
このドラマをビシャスサイドから見るとどうだったんだろうと思います。
グレンを陥れたり、スパイクとつるんだり、ジュリアを愛したり…
組織やスパイクはビシャスにとって何だったんだろうとか。

映画「僕妹」
■実写映画版「僕は妹に恋をする」を見ました。まつじゅんが頼なので鬼畜じゃないですが、類と郁以外がおまけみたいな存在だったり内容がすんごく薄っぺらくて2時間退屈でした。あと、郁役の榮倉奈々がでかすぎ!
あ、やっぱり鬼畜じゃなくおとなしめだったんですね(笑)
さすがに松潤にどこでもズコバコはさせられなかったんですかね。
しかしソフトすぎると今度は中身が薄っぺらになると…難しいですな。

銀魂
■新聞のテレビ欄には声・杉田智和とあっても、2週続けて銀さんなんていない。んでもヅラ1人でもうお腹いっぱい。なんちゅう破壊力
銀さんの声は「はぁい次はキングコングのお2人~よろしく~」だけ?
やっぱ石田はヅラが一番合ってると思うわ~めちゃくちゃうぜぇし(笑)

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
■>V.V.と天子の声 レス有難うございます&既出ネタ失礼致しました。書き込む際に過去ログは必ず確認しているのですが、見落としがあったようで・・・(汗)
いえいえ。このネタは実はバラバラに出たんですけどね。
V.V.は既に1期で出てたキャラなので1期での話題でしたし、
コハナちゃんは電王が終わってから間もなく「出るらしい」と
情報を下さった方がいらっしゃいましたから。

■9話のエンドカード見て思ったんですけどやっぱりスタッフは絶対オレンジ好きですよね(笑)  ニーナのウザさは少しは直ったかと思いきやもろに悪化してましたね
まさしくオレンジ愛が感じられてニヤニヤしてしまいますね!
エンドカードといえば今週のRDのきちがい帽子屋のお茶会風の
エンドカードも可愛かったなぁ…ホロンさんの三月ウサギがエロい。

■2クールのOPがFLOW、EDがアリプロに決まりましたね!聞いた瞬間テンションが上がりました!楽しみです。一部ではテコ入れ?とも言われてるようですが、これは谷口監督も最初から狙っていたような気がします
おお、そうなんですね。いいじゃないですか、初心回帰ですね。
これは土6では「やってくれ!」と願いながらついに叶えられることは
なかった快挙です。だって種は西川で始め、西川で締めて欲しいと
思いませんでした?FLOWは今のペルソナOPもあれだけハイスピードな
ペルノの後だったのにやっぱりいいし、ハズレがないので楽しみです。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー555」
■555>レス有難うございます。うーん……でもなぁ、やっぱり見て貰いたいんだよなぁ。否定派の方も居ますけど、それは龍騎や他のライダーにも言えることですし(自分は皆纏めて愛してますが 否定派の方によく言われる伏線未回収ですが、(続き)伏線未回収が気になるとありますが、龍騎で言う「タイガの三つのデッキの意味は?」とか、その程度の物で、必ずしも回収されなければならない物でもないですし。龍騎を超えられるかは分かりませんが、絶対楽しめるだろうと思います。 DAIGO……うわ、ほんとだ。髪型同じにしたら分からないかもしれない。
そうですね、せっかく見ようと思ったことだし、いつかは見ます。
これだけ色々な作品があればガンダムと同じで(つかライダーは
ガンダムよりずっと歴史は古いよ!)あれはいいけどこれはダメ、
ってのがあっても無理はないですよ。私は電王が大好きですが、
今のキバも別に嫌いじゃないし、これはこれで十分楽しんでます。
龍騎もめっちゃ面白かったし、クウガもしっかり見たといえるのは
導入部だけだけど、自分とすごく相性がよさそうだと思いましたね。
きっと555も面白いと思うと思います。剣と555はいつか見たいですね。

でも毎週1話1話見るのと違って、まとめてドカンと見るのは
エネルギーも時間もかかるんですよ。最悪、せっかく見ても
面白くなかったらうわ~、時間無駄にした~とめちゃくちゃ
虚しくなるんだよなぁ…正直、今のキバだって毎週見るのは
全然問題ないんだけど、(今のままなら)全話まとめて見ろと言われたら
「いや~、そこまでは…」と思うもん。やっぱり物語の面白さや
疾走感が電王や龍騎レベルじゃないとまとめ見はきつい。

まとめ見は失敗するとリスクが大きいがゆえ、二度とやらなくなる
恐れがあるので慎重にやらないといけないんですよ、いやマジで。

前から思ってたんですけどDAIGOと半田健人、似てますよね?
間延びしたキムタクより今はDAIGOに似てるの方がトレンドかも!

こっちがDAIGO こっちが半田健人どうっすか?似てないっすか?マジっすか?

実際に画像探してきて並べてビックリしたわ。骨格も同じじゃん…
ぜひどっかのバラエティでいいから共演してもらいたい(笑)

■牙でガッカリ(?)したり、否定派の人が居たりで気が進まないかもしれませんが、いずれファイズも見て貰いたいです。3年ぶりぐらいに纏め見したら面白かったもので…… あちこちで絡み合う人間ドラマや、アクションがとても面白いです。主人公も格好良かったですし(顔のことじゃないです(笑)
牙もキバも別にガッカリしてないッスよ(笑)
ああ、井上御大風味ってのはこういう事かぁ…という感じです。

555は龍騎の後に見る気マンマンだったのに、否定派の方々に
スパッと切られてなんとなく「それなら…」と諦めてしまいましたね。
かといってオンドゥルライダーにも素直に行けないまま、一番見たい
クウガもレンタルが揃っておらず、結局何も見られないままという。

半田さんてDAIGOに似てる。たれ眼で痩せてるトコが。

映画「キャリー」
■小学生の時分、昼二時の12chで見たことがあるキャリー。その当時は怖いしかなかった作品でしたが大人になって見ると意味の奥深さを考えるお話だったと思います。ま、いじめに関しては時分「先生」にやられたくちなんで不条理さを感じざる終えない小学生生活だったんでなんとも云えませんが
教師によるいじめですか。
大人になると「大人にも色々あったんだな」ということがわかりますが、
とはいえ実際の力や発言力など全てにおいて子供より圧倒的に強い
大人がそんな事をしちゃいけませんね。まぁ中学生高校生になると
子供の皮をかぶって好き勝手する不届きなガキもいますけども…
でも彼氏だの携帯ピコピコだのダイエットだのと言っているイマドキの
子供の事はアナログ人間の私にはよくわからないので何も申せません。

でも確かに大人になってから見るとまた印象ががらりと
変わりますよね。キャリーがこれまたホントに冴えない子で、
まぁ母親の教育のせいもあるんですけど無知で無防備すぎて
イライラしちゃう。私はそもそも人とつるむのが嫌いだし、表で
いい顔して裏で悪口を言うことも大嫌いなので、実際に
キャリーが眼の前にいたら直接ガミガミ説教してしまいそう。
でもそれを「いじめ」と取られるかもな(笑)

私なんか劇場で見ましたからね。
そりゃもう怖かったのなんのってあんた…(笑)
TVだとシシー・スペイセクの吹き替えが藩恵子なんですよね~

■キャリーをみて、昔からいじめってあったんだな・・と痛感しました。キャリー自身が自分のだめなところを変えようとして、必死にがんばっていたのにそれを他人に踏みつぶされるというのがとてもとても悲しかったです。結果的に救いのない最期になってしまったけれど、彼女には味方になってくれる人がいた。 いじめの怖いのは逃げ道すら奪われる、そしていじめによって本人の思考が停止し、何もかもがどうでもよくなってしまう=その状況に飲まれてしまうことだと思います。今のニートの大半もいじめが原因だそうです。おもっくそキャリーに感情移入してしまった私は・・・
そりゃいじめなんか昔からあるでしょ。
ストレスの高いイライラしてるバカな連中の前で、マヌケで
弱っちいところを無防備に見せればそりゃやられますよ。

あれ?皆さんはお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんと
学校時代の事や友達同士のこと、特にいじめの事を話さないの?
昔の時代背景を聞き、その当時のいじめがどんなもので、現代の
いじめとどう違うのかとか、親子で話し合ったりしないものなのか?

話してみるといいと思いますよ。どんな時代にも必ずいじめはあります。
いじめに関わった・関わらないに関わらず(ややこしいなこの文)、
人生の中で誰もが必ず「いじめ」については目撃しているはずです。

一度もいじめを見た事がないという人は少人数の分校で12年間を
過ごしたなど、特殊、そして本当に幸せな人じゃないでしょうか。
それくらいこの世は「子供が集まればいじめあり」だと思うのです。
でもねぇ、きっとなぜかほとんど全ての人が言うんですよ…

「私はいじめに関わった事なんか一度もない」

ならこの世にいじめなんか起きるわけねーだろ!!!
ほんと、大人はウソツキです(笑)

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■運命では、アスランを筆頭に無印からの続投組は軒並み株を下げましたが、下がってないのはバルトフェルドとディアッカくらいですかね?発言が少なかったのが逆に幸いだったか?
バルトフェルトは最初の頃こそ目立って、マリューとのフラグまで
立てたのにラストはほとんど出番もなくて気の毒にもホドがある。
ディアッカはミリィとの事はなんのために匂わせたのかと思ったけど、
むしろ何もなかったからこそきっとあのまま夢を壊さずに済んだよと、
完敗したアスカガ派は遠い眼をしてエールを送っておきます。

映画
■「映画って本当にいいものですね」我々にとって金曜ロードショーの代名詞だった水野晴男さんが亡くなりました。謹んでお悔み申し上げます。 スイマセン。晴郎さんでした
亡くなられたんですね~、水野さん…寂しくなりました。
私にとっては映画評論といえばやっぱり日曜洋画劇場の淀川さんですが、
水野さんももちろん印象深いです(他には荻昌弘さんも記憶に残る方だ)
水曜ロードショー(私が初めてカリ城を見たのは水曜日だった)から
金曜ロードショーに移っても「いやぁ、映画ってホンットにいいものですね」
は健在。でもとんだ駄作にもそんな事を言うので「こらー!」と思う事も
しばしば…ま、それは商業ベース上、どの解説者も同じだったけどね。

COWBOY BEBOP
■渡辺信一郎の新作見たいなあ。マクロスプラスもチャンプルーもだけど、アクションセンスが素晴らしいから
ほんと、そろそろカッコいい作品をまた見たいです。

漫画&雑誌
■コミック版ナウシカでは風の谷に戻ったのは何十年も後になってからって、浦島太郎ですな。姫姉様覚えてる人いたのかいな
世界との共棲をはかり、ワールドワイドに活躍するのはナウシカの
本懐なのだと思いつつ、抱き合うアスベルとケチャを見つめる彼女の
表情を見た時は、めちゃくちゃ寂しかったのも正直な気持ちでした…

腐海の毒にやられていなければ、チコの実を採ってきてくれた
子供たちの誰かはきっと生きていたことでしょう。

声優&俳優
■大原さやか>ホリックの侑子、ギアスのミレイ、ブラスのベアトリス、アリアのアリシア・・・と、「自分の世界に引き込む」ような独特の説得力を持った語り口がいい声優さん。特に最近は、ベアトリスの執拗でいやらしい(←性的な意味でなく)喋りが凄いですね
私もアヤカシモードの侑子さんやベアトリスみたいな役の時の
大原さんは好きです。いわゆる「ロリ声」や「アニメ声」が主流の
昨今、大人っぽい声質を出せる女性声優さんはいいなぁと思います。

機動戦士ガンダム00
■なにやら、エクシアがつぎはぎだらけの凄い状態で出る……という噂を聞きました。壊れた頭部や左腕をティエレン等旧世代のMSで代用するんだろうか……。 まぁ、あの状態でどうやって生還するのかが謎ですが(ラストの会話聞く限りCBには回収されてないみたいですし
へ~、あんなにぐちゃぐちゃに壊れたはずのエクシアも出るんですね。
ってかせっちゃんどうなってるのかしら。少しはカッコよくなってるかしら♪

00は制作陣が今ひとつ背骨を決めきれずに流され、物語もルルーシュ
以上に収拾がつかずに終わった印象が強いので、むしろ二期でどう
リカバリーしながら盛り上げていくのかが結構楽しみなんですよね。

■いまだに余計だったと思うのが、あの意味不明な「監視者会議」での『プトレマイオスチームのマイスターは極力人殺しを避けている』みたいなコメント。どう見ても手加減してないヴァーチェを筆頭に、全員バンバン殺してますがな!・・と突っ込んでしまいました。そんなに日和って善玉にすること無いのに・・・
ああ、確かにあれは意味不明でしたね~
別に本気で目的を遂げたいのなら人殺しと呼ばれてもかまわない、
という覚悟を決めてくれればいいのに。子供向けにそれはダメだと
言うのなら、最初からこの設定のガンダムは企画を通しちゃダメだろ。
2008/06/13 (Fri)  00:15

ザ・リアル・フォークブルース

今週の月曜日、カウボーイビバップが最終回を迎えた。
いやはやなんとも…最後の「ばーん」とスパイクの満足そうな顔が
印象的で、ラストの清清しい青空が余韻を残してまるで映画のよう。
その後の事なんかむしろ考えたくないほど、まさに刹那が生きた作品。
ビバップは本当に面白かった。NHKには本当に大感謝!CMもなかったし
クリーンナップもされてたし、おかげで全話綺麗にDVDに焼けました♪

サムライチャンプルーの最終回も素晴らしくて大好きだった。
3人が何事もなかったように別々の道を歩き出し、未練もなく、
それでも何かを胸に抱きながらそれぞれの旅を続けていくという
希望がある。つくづく、半年間毎週1話ずつ見て無事にあのラストを
迎えたなら、私がレビューした作品の中でもベストに入ると思う。

ええい、CXは未来永劫呪われよ!

来週からは「巌窟王」です。見てない人も話の内容を忘れた人もぜひ。

今回もケータイ捜査官が面白かった!
セブンの大冒険が可愛かった。ロッカーを使ってカギを開けるとか
トリッキーでよかったよ。それにハッカーが敵だと思わせておいて、
実はウィルスに対する思いもかけない共同戦線になっていた…
というどんでん返し展開も面白かったしね。

あのメガネっ娘の晶ちゃん、明るくて元気で可愛いじゃないか!
整った美人の御堂さんもいいけど、私はそもそも「役に立つキャラ」が
好きなので、晶ちゃんがアンダーアンカーに入るのは大大大賛成だ!
ケイタとのコンビも面白そうだし、御堂との三角関係も面白そうだ♪

一言投票所

ブラスレイター
▼元々優秀で、融合体になっても良識を失わなかった隊長が「同族」の死を何度も見、更に症状の悪化とベアトリスの籠絡を受けて徐々に崩壊していく様子に、うすら寒いような説得力を感じました。定番の「力を得る→すぐ人格崩壊」みたいな安易な流れにしないのも良かった
隊長の崩壊フェイズは面白いですよね。
必死に良識を守ろうとしてる部分と、甘い誘惑に乗ってしまう部分と。
ゲルト、マレク、隊長と、堕ちる人たちがそれぞれにちゃんとプロセスが
あるのは非常に丁寧で面白いです。大人向けだなぁと思いますよ。

仮面ライダーキバ
▼ほんと、名護さんがまるで正義の味方のようでしたね! 井上脚本は内輪揉めが激しい癖に、連携プレーがかなり多い気がする。ジェットマンや555なんかは日常でのいがみ合いの激しさの割に、戦闘中は阿吽の呼吸だったり。一度や二度の共闘じゃ仲良くならないのが井上脚本ですが(笑)
うんうん、いよいよキバが始まったって感じで楽しみ。
でも井上御大だからもちろんのめりこみゃしませんよ~

井上脚本にいちいち腹を立ててる人のレビュー(特に電王ファン)
読むと可笑しいですね。だってさぁ、そもそも井上なんだもん。
あの人の脚本に本気で腹立てたってしょーがないんだもん。

そういえば「牙」では共闘ってあんまなかったですよね。
ひたすら裏切ったり嘘ついたり豹変したりを繰り返してたっけ…
今思ってもけったいな作品なんだけど、困った事に忘れられん(笑)

ゴーオンジャーもコンスタントに楽しいし、キバも毎回とても楽しみ。
去年は電王のおかげで日曜日が楽しかったけど、今年も楽しい♪
そろそろ早くも来年のライダーの企画が出始める頃だと思うけど、
ミニコーナーとはいえモモ単独でのTV復活や、ゴーキバ映画への
参戦なんかを聞くと、まさか「電王2」にはならんだろうなとちと心配…

▼今回は構成が本当に見事。登場人物は皆かっこよかったし、ダブルキックまでの一連のアクションも爽快でした。まるで一時間番組を見てるような気になった
面白かったですね~!つかやっぱり音也がすごいや。
音也がいるのといないのでは物語の面白さが全然違う。
渡くんはモノマネがうま過ぎて逆に存在感がなさ過ぎて気の毒…

特撮&仮面ライダーシリーズ「百獣戦隊ガオレンジャー」
▼http://jp.youtube.com/watch?v=_POLaiuEfcE こんなもの発見。ストーリーは結構ネタだったけど、必殺技演出だけは凄まじくカッコいいんだよね、これ・・・・・。放映時に今の歳だったら、玩具購入してたかもなぁ・・・・
ネタ満載でしたねガオレンジャー。だがそれがいい!
とりあえずバトルはよく動いてました。当時の私はバトルシーンになると
上の空で洗い物したりトイレ行ったりしてた不良視聴者でしたけども(笑)

Parallel Universe(管理人になにな)
▼何事にも終わりがあるものなので一言投票所の閉鎖は仕方ないですね。非常に残念ですが(特に映画のコメントを入れるの楽しみでした)。でも、とても楽しかったです。ありがとうございます。そして本当にお疲れ様でした!
終わりよければ…というわけでいよいよ閉鎖です。
レビュー終了、一言終了。もう二度とこうして皆さんと
楽しい時間を分かち合い、共有する事はできないでしょう。

しかし本当に諸行無常、変わらぬものというものはこの世には
ないんですね。レビューを辞める自分など、去年の今頃はまだ
想像すらできていなかったというのに、今はもう一言すら閉じようと
思っている自分がいますから。これが自然な流れなんでしょうね。

こちらこそいつもコメントをありがとうございました。
映画のレビューは続きます。むしろ増えてます。
今月は4月頃からBSの放映予定を打ち出してまでチェックした
「リトルダンサー」があるので今から楽しみでなりません。
今後ともParallel Universeをよろしくお願いします。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダークウガ」
▼う~ん、ここが閉鎖される前に、ぜひクウガを見てほしい・・・・・。いや、別に閉鎖された後でもいいのだろうけど、なんとなく閉鎖する前に見てほしい・・・・・
ああ、確かにクウガは見たかったかも…だって皆さんとここで
情報をやり取りしながら見た龍騎はめっちゃ楽しかったですもん。
私が今さらながらハマってるのを先輩方が温かく見守ってくれて、
ネタバレは決してせず、必要最低限の情報をくださってそれが
すごくいいスパイスになったり(ヒロインの演技力にご注意とか、
この順番で見るといいとか)、臨場感たっぷりに楽しめたのは
間違いなくここの一言のおかげでした。ホントに楽しかったです。
私が龍騎を大好きなのは、多分あの時の、とっくの昔に龍騎を
通り過ぎてきた皆さんの温かさや優しさも大きな要因ですよ絶対。

クウガもそんな風に皆さんと情報を交換し合えたら、
きっとすごく楽しかったでしょうね。少し残念です。

その他「ひぐらしのなく頃に」
▼ブロッコリーとカリフラワーの見分けが付かない北条兄妹を見て思いだしたのですが、所ジョージも昔のクイズ番組「マジカル頭脳パワー」で、クイズの答え・カリフラワーが思い出せず、「ブロッコリーの白いの」としか言えずに失格になってしまったことがありました
も~、カリフラワーとブロッコリーって一体何の事か
全くわからなかったのでググりまくりましたよ(笑)

ジャイアントロボ
▼この作品も結構MADがありますね。「タイムボカンシリーズ ジャイアントロボ」というのが十傑集(主にレッド)が正義の味方みたいで笑えました
いやいや、いくらMADがあろうと「お祭ロボ」にかなうものはない!
私これ、定期的に見に行っては熱く燃えますもん。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
▼天子様、10歳以下かとお思えば13歳だそうで…う~ん…ロリっぽい
1期の14歳のナナリーを「ロリ」と言う皆さんの感覚が変ッスよ。

▼チェスの知識はあまりないのですがあれはチェックメイトではなくチェックなのでは…??チェックメイトではないですよね?ところで桐原氏が処刑されていた事に微妙に驚きました。もう少し何か働くのかと思っていたので。残念
ああ、私もチェスは全然知らないんですけど、あれはシュナイゼルが
「(自分が)チェックメイト(された)」事かなと思ったんですよ、最初。

でもね、でも変なんですよね…そもそもキングってああいう動き
「=敵に取られるとわかっているところに動くことができる」のか!?
うそ~ん!?それができないのがキングじゃなかったん?

▼V.V.と天子の声がイマイチちょっと・・・検索したところ、どちらも子役が演じているようで。この年だと、仕事は完全に所属事務所が決めているんでしょうね。声優という専門外かつ高度な仕事を任され、そのイマイチ加減がテレビで全国に晒されているのかと思うと可哀想でなりません
V.V.はジョイのCMのジョイくん、天子は電王のコハナちゃんです。
この話題も前に出たなぁ…

COWBOY BEBOP
▼最後のバーンで終わる美しさはなんだ。本当に今見てもクオリティが引けを取らない作品だった
よかったですね。むしろこれに勝るものの方が少ないですよ。
今回の最終回、なんたってよかったのは2話連続で見られた事。
演出も脚本も声優さんたちの演技も素晴らしかったですね。

***更新***

映画視聴感想 最高の人生の見つけ方クイズ・ショウ UP
2008/06/12 (Thu)  00:56

不健康?非健康?

今年もまた検診結果に燦然と輝く「低体重」
「理想的な体重」とやらが絶対にデブり過ぎなんだよ。
今の体重と比べたら13㎏オーバーとかマジで冗談じゃない。

あとはALPがやや低めで、昨年同様中性脂肪がかなり低め。
ちなみにALPが低過ぎると「甲状腺機能低下症」の疑いがあり、
中性脂肪が低すぎると「甲状腺機能亢進症」の疑いがあるとか。
どっちやねん(笑)ま、数値は心配するほどのモンじゃないけど。

そして体質的にどうしても高めな尿酸値が今年も新記録を更新。
経済的問題から大好きな肉をほとんど食えていないというのに、
体質的な問題で結局通風になるなんて哀しすぎるじゃないか~
なると決まったわけじゃないけど気をつけねば。危険値にはまだまだ
程遠いけど、それでも値が低めの女性にしては高めだと思うからな。

眠いので寝ます。すみません、一言投票所へのレスはまた後日…


2008/06/10 (Tue)  00:16

他の職場では「魔女」と呼ばれているらしい…

「時は過ぎていくものじゃない…やってくるものなんだ」

またしても「時をかける少女」をついつい見てしまう。
皆さま大絶賛のアニメ版ではなく、原田知世主演の大林版。
この映画は1983年の夏休み公開だから今から25年も前になる。

電王で、良太郎の不思議な部屋を見た時に思い出したのが
洋風の離れに住んでいる和子の部屋だったんだよなぁ…
当時、何やらやけに時代がかった言葉遣いをしてるなーと
思ったけど、今見るとそれが何とも味のある演出になっている。

旧・尾道三部作の2作目とはいえ、竹原の風景が多い。
桜舞い散るグラウンド、深町邸に続く坂道、タイル小路…
尾道の人は皆優しくて親切で、特に映画のロケ地廻りと
いうわけではなかった一人旅の私に丁寧に尾道廻りの
ルートを教えてくれ、偶然会ったおじさんはご自身が
「転校生」のエキストラに出た時の写真を見せてくだり、
資料館のご老人たちは熱心に説明してくれて、
靖子さん人形との写真まで撮ってくれた。

ゴローちゃんの記憶を盗み取って自分のものにして
和美をたらしこんだ薬学博士深町くんこと高柳良一は、
当時の角川映画には欠かせないヒロインのお相手役で、
「ぴえろの水島裕か角川の高柳良一か」と言われたものだウソ

ゴローちゃん役の尾美としのりも「尾道」の常連で、
一番はやはり男女逆転モノの「転校生」が印象的。
まぁあっちは瑞々しい小林聡美の体当たり演技が
高校生とは思えないほど大胆で素晴らしいんだが。
(フツーにおっぱいポロリとかあるもんなぁ…)

恋愛シーンもベタベタせず、いやらしくもなく、まるで上品な
和菓子のような雰囲気。別れる時の告白もあっさりなのに
あとを引くのは不思議。最初に見た時は実はところどころ
わざとらし過ぎてあまり好きではなかったのだけど、齢を経て
見てみるとなかなか味のある映画だと思えるようになってきた。
(一番見直したのは尾道を旅した直後に見返した時なのだが)

EDで「時をかける少女」を歌う知世ちゃんは可愛かった。
彼女のナチュラルなショートカットはパーマで作る聖子ちゃんカットが
人気だったものの校則の厳しい時代にできようはずもなかったため、
普通の女の子でもできるという理由で人気があったんだよね。
だから少女雑誌には美容院でのカットの注文方法とブローの
仕方が紹介されてたっけなぁ…似るわけないのにな(笑)

そしてもちろん、フルコーラス全てソラで歌いきれる自分もいた。
(ああまた脳が無駄なメモリを食っとる…)

一言投票所

やめないで欲しいとの皆さまのありがたいお声は届きましたが、
やはりケジメをつけるためにもすっぱりやめた方がよいと思います。
9月まで待って欲しいとのご意見もありましたが、一言投票所

本年6月30日をもって閉鎖させていただきます。

皆さま、長らくのご愛顧ありがとうございました!

機動戦士ガンダム00
★NTに00ガンダムの設定画が公開されとりました。大河原さんということでちょっと普通っぽくなるのかと思ったら、意外と00のガンダムっぽい(笑) 設定画だけじゃちょっと微妙な印象ですが、コメントで「動いてこその機体」なんて書かれてるので期待してます
そうなんですか。皆さんの期待を一身に集める00ガンダム、
動くところを見るのが楽しみです。つか、また秋からは
ガンダムが見られると思うとちょっと楽しみですね。
やはりガンダムには不思議な魔力が…

ドラマ
★なんで、森村誠一サスペンスがNANAに差し変わってるのかと思ったら、ひき逃げがNGワードだったのか…
あ、それでか!
チャンネル回したら、森村誠一のドラマとは
知らなかったけど、今日NANAをやるというのも
記憶になく、ちょっと違和感を感じたので…

声優&俳優
★水島裕といえば、連想ゲームという世代です(笑) 今はワイドショーのナレーションをされてるようですが
「壇さん大和田さん、壇さん!」

私も見ましたよ!若手(笑)のダメオって感じでしたね。
連想ゲームは問題も面白かったし毎回静かに燃えるので
すごく好きでした。でも多分この頃がピークで、こぶ平とか
中村あずさが出てた頃はつまらなくてもう見なかったですね。

仮面ライダー龍騎
★になになさんのまとめ見レビューを読んであまりに面白そうなので見てしまいました。今まで見なかった事を後悔しました。もうどっぷりです。おっしゃる通りバトルがすごく良かったです。なんというか、キレが違う
うおぉぉ!

久々に私にとってもっとも心踊る嬉しい一言、
「レビューを読んで見てみました」をいただきました!
龍騎面白かったですか!面白いですよね!サイコーですよね!

あんなまとめ見レビューでも面白さをわかってくださって嬉しいです。
あの頃は毎日毎日龍騎を見るのが楽しみで楽しみでねぇ。
最後が一体どうなるのかとハラハラしながらも、でも見たら終わって
しまうわけですから見たくない、でも知りたい、でも別れたくない…
そこであれですよ。衝撃の…ですよ。えええええ!?ですよ。

城戸くん、蓮、みゆきちゃん、浅倉、北岡、ゴローちゃん…
そしてやんちゃな高岩龍騎、凛とした伊藤ナイト、がっつりした
押川ゾルダ、バタバタキックの次郎王蛇…ああ懐かしい。
バトルも毎回凝っててすごく面白いですよね。
う~ん、もう一回見ようかなぁ…

Parallel Universe(管理人になにな)
★>最近のアニメはあたりまえのこれができない! アニメに限らず、物語の展開はある程度パターンが出尽くしていますしね。視聴者の意表をつくことが目的化するあまり不自然な展開になってしまうという側面もあると思います。この問題を解決するには、それこそ数十年に一人レベルの大天才が出てこないと・・・
え?あ、あれ?
今期はクライマックスを迎えている「ペルソナ」も「紅」も、
そしてなんとGONZOの「ドルアーガ」ですらもできてるよ!
と言いたかったんですが…ブラスもいいし、二十面相もいい。
今期は豊作ですよ。原作付だけどHOLICも面白いよ~♪

映画「風の谷のナウシカ」
★ナウシカのDVD(レンタル含む)には、本作に参加していた庵野秀明と片山一良のオーディオコメンタリーがついています。例のテトを胸の中にしまうシーンで庵野氏はちゃんと「ここはサービスカットですね」と言ってます(笑)
何度目だナウシカと揶揄されるほど20年以上前の作品なのに
これほどTV放映される作品ゆえに、そういえばビデオだの
DVDだのは見た事がないぞ…

ジャイアントロボ
★>庵野秀明と片山一良 ああ二人ともGロボスタッフだ(庵野はエヴァ開始前の6話まで)。キャラや演出に宮崎アニメの影響が若干、見られるかな?もっとも宮崎氏なら銀鈴が(終盤まで伏せておいて)実は村雨と良い仲でした、や眉間を撃ち抜かれて即死!な展開はやらんと思いますが
島本須美を起用していることが既に影響?

★呉学人って中国でも「優秀そうな役立たず」の代名詞なんですね。まあ一話から長官に意見を求められたら、もったいぶって当たり前の事を話すか、「まだ何も断定できません」「分かりません」だったしな。原作クラッシャーの今川監督もこんな面白いネタキャラはそのまま出した方が良いと判断したのだろうか…
「おまえがちゃんと幻夜の事を覚えてて、フォーグラー博士が
本当は何を言いたかったのか真意を理解してさえいれば
何も起きなかったんだ!」と言うことから、反面ジャイロボを
始めるには呉先生はなくてはならない誤用スターターである。

その他「秋葉原通り魔事件」
★昨日、本当は秋葉原に買い物に行きたいな、と思ってたのですが、宿題を早めに終らせたかったために断念。週に1回は秋葉原にいく小学校からずっと付き合っている友人は、ほかの友人と家でずっと遊んでいたとのこと・・・・・とにかく自分と自分の周囲に不幸がないことに安堵。本当にこの事件は洒落にならないです
本当にこういう事件を見ると巻き込まれた人と難を逃れた
人の間にどんな差があったというのかとしみじみ思いますね。
また、もしこれが銃の乱射だったらと思うとゾッとしますね。

2chでは逃げてねーで取り押さえろとか、できるわけねーだろ
ボケがと相変わらず2ch的な応酬をしてましたけども、ナイフは
ベルトで叩き落とすのだとか。へ~、なるほど~…って、多分
絶対ムリだと思う。普通ならまともに向かい合う事もできないよ…
犯人に勇敢に立ち向かった警察官はやっぱりすごいッスよ。

「こういう事件があると、もう外には出ないで家にいるというのが
一番ですね」なんて神妙に言ってるコメンテイターがいたけど、
セキュリティ万全のマンションで、自室に入ろうとした瞬間に
拉致られて殺され、骨まで砕かれてトイレに流される時代…
どこにいたって安全な場所なんかないってことか。とほほ。

DEATH NOTE
★月の幼稚さの演出として下手な字で書くよう指示されたそうですが、そんな事しなくてもアイツ、アホだって。しかし後半はメイク&演技力で月役に馴染んでましたな。ミサが連れてこられる最終決戦の場面のL&月はカメラワークが素晴らしかった
医者のカルテには時々どうにもこうにも判読不能の
ミミズ字があるけど、あれは幼稚だからだったのか!

あ、そうそう、私もあのシーンはすっごくいいと思いましたよ!

★映画版を見て思ったこと…藤原さん、字は得意じゃないようで
言っちゃなんだけど汚い字でしたね~(笑)

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
★そういえばニーナが生徒会を思い出すシーンにロロが写ってましたね。ニーナの記憶も改変されてるのかなぁ
そこまでしてナナリーの存在を消す必要があるとは…
でもブリタニアに帰国した生徒たちはお目こぼし?

★我らがオレンジの登場は最高でしたが、オレンジがゼロの正体を知っていることにも驚きました
書き換えられた!?

★スマン、ルルーシュ。昨日に限っては、君の素敵な悪党笑いにも嫌悪感を抱いてしまったよ。気分次第であの場所に居合わせたかと思うとね。今の俺はオカシイ。常在戦場の気構えなど俺には無い
気分次第で責めないで(涙が出ちゃう)

★神楽耶の「言の葉だけで人が殺せたらよろしいのに」は、ギアスのことを知っているという意味なのか?
そんな力があるものなら…という仮定かと。

★ニーナ・ミレイ・カレンの対比が面白い。あと、あの年齢の天子と結婚だなんて、どんな変態だと思ってたら、人畜無害そうなおじさんで安心した。でもって最後のゼロが何故か変態のきわみに見えたのは私だけではないはず
オデュッセウスは今までの描写も凡庸なフツーの
おじさんっぽいですからね。シュナイゼルが悪そうな分、
いい人だといいんだけど、あっさり殺されちゃうかしら。

ルルーシュの策の1つだろうとは思いますけどね。
つかあそこでゼロが潜んでないはずがないですもんね。
私はむしろあそこにゼロがいなかった方が絶対たまげた。

★黒の騎士団の会話から推測するに、ガウェインは再登場ありそうですよね。そしてオレンジ丸も再登場ありそうです。あのクルクルがまた見られると思うと心が躍ります!
ガウェインがなぜ再登場するのかによっては、深海に沈んだ
C.C.がどうやって助かったのかの理由にもなるのかな?
出てくるとなるとオレンジ丸もパワーアップするんですかね?
2008/06/08 (Sun)  16:45

久々のんびり週末満喫♪

なにやら昼過ぎからアキバが騒然としてるみたいですなぁ…

終盤に向けて哀しい中にも演出の美しさ、何より脚本の見事さが
浮き彫りになっているペルソナ、GONZOのくせに物語もキャラも
破綻がなく、雪中バトルも非常に面白い演出だったドルアーガ、
マクロスゼロの力を借りてキャラ見せに相乗効果を出したマクロスF、
二十面相が関わった闇の部分を絡めつつ、新キャラがむしろ前の
仲間よりも魅力的に描かれている二十面相の娘、そして謎が謎を
呼びつつストレスを感じさせないブラスレイターとどれも面白かった。

ゴーオンウィングスがギリギリのところで単なる「意地悪キャラ」に
なっていないゴーオンジャーも面白かった。ヒラメキメデスのおかげで
仲良し3大臣にやや亀裂が入ってきてたりしてナニゲに楽しいんだよ。
とりあえず地獄アニキは手癖悪っ。次番組の音也といい勝負かも。

そしてキバ!
恵がゆりの娘であり、キバットがキバットバット2世の息子である事を
知ってる音也が、渡が作りかけたヴァイオリンに手を加え、恵を救う。

でも音也が真夜の美しさに眼を奪われて何も言えないなんてね…

今回、もしかしたらゆりの心がずっと気遣ってくれていた音也に
向いたような向かないようなでもやっぱり向いたようなビミョーな
雰囲気だったのに、音也の気持ちはクィーンに向かいそうだなんて!
しかも次回は次狼さんからゆりへプロポーズ!?

あのルークをも静かに下がらせるクイーンは、ルークが狙った花嫁が
人ではなくファンガイアであると見抜き、人間を愛した事を断罪する。
でももしその彼女が人と恋におち、愛する人の子を産むのだとしたら…
うひひ、これまたこの先楽しそう♪井上節がますますバクハツだな!

のんびりと土の中から出てきたドランに怒るキバットと後ろで呆れる
キバがかわゆすぎた。恵さんと名護さんの見事なコンビネーションも
見ていて気持ちよかった。名護さんがまるで正義の味方に見えたよ!オドロキ

一言投票所

声優&俳優「ひぐらしのなく頃に」
●圭一に藤原は年齢が無理ということで他のひぐらしの配役を考えてみました。圭一:松田翔太or柳楽優弥、悟史:三浦春馬、大石:西田敏行、入江:堺雅人、茜:若村麻由美、葛西:松重豊、鉄平:六平直政、小此木:中村獅童あたりでしょうか?
松田翔太って妹と食い物の事でケンカして警察が
来たとかいう…あんたらどういうケンカしたん(笑)

エラい細かいところまで…私のようなひぐらしに関しては
ライトレビュアーは名前見ただけじゃ「誰?」ですよ(^^;

その他「秋葉原通り魔」
●今日のギアス放映中にニュースのテロップが流れてまた地震でも起こったんか?と思ったらそれよりある意味もっと最悪の事態が起こっていた・・・
ルルーシュの頃はもう死者が増えていく頃でしたね。

13時半頃には速報が流れ始め、私もすぐ2chに
行ってみたんですけど結構現場の生々しい画像も
アップされてました(今はもう削除されてるかもしれない)
一応弟に電話すると(もちろん家にいた)、友達連中と今
アキバにいるヤツがいないか連絡を取ってると言ってました。

DEATH NOTE
●映画の配役が藤原ライトと知った時には、先日の古畑SPで殺人ノートを使って犯行を行うのを先に観ていたので狙ったものを感じました。もっとも「人の意見を聞くのも良いですが自分の意見も持ちましょう」と評される辺りはキラというよりアスランでしたが
藤原?全然合わねぇじゃんと思ったのも懐かしい。
ライトってガリに近い痩せっぽっちノッポというイメージがあるので
背が低くぽちゃっとした藤原はどうかなと思ったので…前編はやや
違和感があったものの、後編では全然気にならなくなってましたね。

いやぁ、確かにアスランは自分の意見も持ってないけど、
人の話を聞くフリはするだけで実際全然聞いてませんよね(笑)
むしろ人の話を初めから聞かないキラきゅんよりタチが悪いかも。

その他
●ガンダムのあの「通り名」 > 「白いの」ガンダムって自分には赤青に見える、「木馬」宇宙世紀に木馬ってあるの?、「赤いザク」あれはピンクだろ、と小学生の頃につっこんでた記憶がありますw
ああ、どこにでもいますもんねそういうガキ(笑)

仮面ライダーキバ
●クイーンが凄く美人でびっくり――って、この人セブンXのエレアだったんですね。あの時は凄まじく棒読みだった気がするけど、今回は違和感なくて安心。夜とバックの紅い月の召喚、キバットといい、渡の母でほぼ確定ですかね。 掟を破る者を裁く立場なのに、渡の証言によれば随分音也に惚れ込むようなので楽しみです!
加賀美さんって名前に見覚えがあるなぁ…と思ってたら
そうか、エレアか!彼女も意思的な強さを持つ、南国風
美女なんですよね。美しい人は本当に見ていて楽しい♪

棒読みは確かに…でも出番の多かったエスこと伴杏里さんの方が
私には耳障りだったのでまだマシかな…まぁ、愛理さんレベル?

私今回不覚にも、思わず真夜に見とれる音也がめちゃくちゃ
カッコよく見えてしまいました。男らしいというかなんというか…
美しい女を眼にした男というのはああいうものなのかも!
やべぇ、これから音也を巡ってドロドロしそうで超楽しみ。
ってかますます蚊帳の外に置かれそうな渡くんがんがれ。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
●録画分のCM消去をしていたら誤ってオレンジのエンドカードまでも…(涙)ところでオレンジの知能は今どういう状態なんでしょうね。文法的に正しい言葉遣いをしてましたが、果たしてあれは「元通りの知能」のためか「新しく与えられた知能」か…
あちゃー、それは残念…
あれは可愛いわ可笑しいわで爆笑でしたね。

う~ん、どうなんでしょうね?マスクも腕も衣装までも新調し、
ワインだかシャンパンだかを傾けちゃってたしさ…

●天子様が紅の紫とちょっとダブりました。外の世界へ…って感じが
私はお国柄からかどうしてもチャグムとかぶりますなぁ。

●なんとも韓流のかほりが漂う星刻と天子様、結末も韓流チックになるのか?ニーナは皆それぞれに思っていても口に出さないでいることを露わにするために登場したんだろうけど、正直鬱陶しい。そして、来たかオレンジ!まるでラスボスのような登場の仕方にやられた。来週が待ち遠しい!
星刻の忠誠心と天子様の星刻への信頼はよかった。
でも星刻はきっと、スザクとはまた別の意味での死に場所を
探してる人なんですよね…病に冒され、クーデターを起こして
天子様を救おうとした彼は天子様を守って死ぬ気でしょうから。

つか緑川はやっぱああいう悲壮な役やるとカッコいいな!
なんかもう…悔しいくらいカッコいいな!!(笑)

ニーナはウザかったですね!
もうウザ過ぎてウザ過ぎてめっちゃ楽しかった!
でも私的にはただでさえ「紅蓮のパイロット」として
注目を集めていたカレンの、キッパリとした日本人宣言や
ニーナを思いやる優しさで株が上がったから大満足だぜ~♪

今回は物語も面白かったけど大好きなカレンがナイスで
愛すべきオレンジがベリグだったので蝶サイコーでしたよ!

●私はミレイ会長のお見合い相手がロイドさんである意味安心した覚えがあります。だってあの人は実家に頼らず自分の力で身を立ててる人だから。そこら辺のボンクラ貴族とは違います。まぁ変り者ゆえに結婚したら苦労しそうだけど。でも誰が相手でも結婚とは苦労しそうだし
1期1話の不遜な貴族とか、死んじゃった前総督とか、イレブンを
叩きのめしてた紳士とか、リフレインを売りさばいてた不届き者など
カスみたいな連中も多いわけですから、ロイドっちはマトモっすよね、
ある意味。いや、まぁある意味一番危ないっちゃ危ないけどさ…
もしかしてホントに一番危ないかも…だって中の人がシラトリンだしね。

ミレイさんはその点、お嬢さんだけどマリアンヌ派だったゆえに
没落した貴族という苦労も背負ってるので意外と研究一辺倒の
ロイドさんとはうまくやっていけそうな気もしなくはないかな~

●星刻と天子がかわいらしくっていいなぁ。そしてもはや完璧に悪役の笑い方してるゼロに爆笑しました。 複雑に絡み合った色んな関係が集った今回、おもしろかったです!
今回、ゼロが出てくるまでのAパートは黒の騎士団のひと時の休息、
カレンの前で少し和らぐルルーシュ、星刻のまるでチャグムとジンだと
思うような思い出話や、スザクとミレイ、ミレイとロイド(やべ、すげーお似合い)
なんともノンビリした雰囲気でよかったのに、あのシーンでピリッと
きましたな~。そこからはミレイとニーナ、スザクと神楽耶、ゼロと
シュナイゼルなど、新たな関係になった人間関係にシフトする見事さ。
うまい切り返しだと思いました。勝てる時は勝っとけよバカめ。

そしてついに!ついに待ちに待ったこの日が!

オレンジ復活!

エンドカードは盛大に吹きました。愛されてるねオレンジ!

声優&俳優「水島裕」
●水島裕さんの写真を初めて見たのは、20年以上前の事ですよ!でも7~8年ほど前、競馬中継の番組の司会でも見ましたけど。私もそんなに外見にはこだわらないのですが、つい驚くのはしょうがないかと(笑)
マーズでお姉さま方への知名度を上げ、その後はぴえろで魔法少女を
たぶらかしまくった水島ボイスですが、そこまで驚くほどビジュアルが
ヒドい?とは思いませんでしたが…まぁ気持ちはわかります(笑)

誰だって外見はいいに越したことはないでしょう。
だってまず初対面での好感のもたれ方が違うもん。
というか、私がそういうポリシーなのは「外見は努力次第で
かなりのリカバリーができる」と思ってるからなんですけどね。

感性や情報感度がモノを言う経験や知性の方がリカバリーは
ずっと難しい。同じ本でも、初読みが10代時と20代・30代では
大違いって事ですよ。怠けた者に知性は追いつかないのです。
ああ、自分でキビシイ事言ってて耳が痛い…

映画「風の谷のナウシカ」
●「ナウシカ」すげー面白いけど「文明と自然の折り合い」というテーマは未消化だった。原作改変でシャーマニズム一辺倒のナウシカと対局のクシャナは迷いがなく中間のアスベルが一人葛藤している。彼視点にシフトしたのが「もののけ姫」だが、説教臭すぎて一回観れば充分だった。やはりエンタ性とテーマ性の両立は難しい
ナウシカは「折り合いがつかなかった結果」の未来であり、
もののけは希望を持つものの「折り合いはつかない」過去。
人類が生まれて以来、悠久の時を経てなお出ていない答えを
たかだか2時間かそこらの映画で出されてたまりますかって。

私が宮崎駿が真の天才であり恐ろしいと思ったのは、原作での

「汚れた環境に順応したヒトには、清浄なる空気を吸う事はできない」

という容赦のない未来でしたね。腐海と共棲する事ができるもの、
即ち体が丈夫なナウシカや森の人ほど実は「穢れきり、汚れている」
という事実にはおったまげました。だってそれは「進化」なんですよ?
その世界に順応した者ほど、清浄な世界では生きられないんですよ?

その中にあってなお、希望は小さな灯火であり、それが哀れなヒトを
未来へと繋ぐのだという、本当にわずかでかすかな救いにはう~むと
うなりましたよ。原作は読めば読むほど味がありますね。むしろそれを
自らの手であそこまで解釈を変え、エンタメにできる彼はやはり天才…

ジャイアントロボ
●単にキャラが濃すぎるだけでロボバトルも高水準だ!と、マーズの超能力バトルとマーグのBLっぽさが全てな「ゴットマーズ」を思いだしながら叫んだ。ホント合体シーン以外にカッコ良い動きが全くなかった。前番組の鉄人との落差が凄まじかった
ああ、そういやこの頃やってたなぁ、鉄人…
私はマーズはソッチ方面が話題になっちゃったので敬遠して
見なかったんですよね。その派生がゴーショーグンに向かい、
やがてガンダムの映画化でシャア人気にも繋がったりして…

ホント、昔から私、ホモとショタには全く興味ないんスよ。

●まあ確かに クロトワ「スゲエ、世界が燃えちまうわけだぜ」 のシーンは、いやアンタなら素手で渡り合えるとツッコミそうになった。「我ら九大天王が集まれば巨神兵の一つや二つ」
実力があまり明かされなかった九大天王も、バケモノばっかの
十傑集もパワーバランス崩しすぎなんですからからめないように。

映画「THE 有頂天ホテル」
●有頂天ホテルが、やっぱ楽に面白く見れて楽しい
あれだけのキャラクターがクロッシングして物語をつむいでいくって
すごいですよね。皆それぞれ隠したいものがあったり見栄を張りたい
ものがあったりして、それゆえに滑稽で楽しい。出ている人たちが
芸達者ばかりなので演技でのしのぎあいも見ものですよね。

その他「ジブリガンダム」
●その昔、ジブリが「ガンダム」を手がければ最高のアニメが出来ると願ったオタクが多かったなぁ。ナウシカを見て面白いよりも、懐かしさを感じてしまったよ
ガンダムが四つん這いになったり羽を広げてぶーんと飛んでったり
女の子を助けたりお墓参りしたり…………………ガンダム?(笑)

PERSONA - trinity soul -
●演出が丁寧だな。カナルの家が、ただ何もない部屋に変わって、記憶もなにもかも嘘だと確信していくのに、旅館に行ったときの集合写真を見つけて、これだけは嘘ではないと示して。というか最後の言えなかった言葉が前回の予告で言われて上手いなと思う。予告自体凄く良いし
全てを失ったと思いながらも、写真を見て、御守りを握り締めて、
大好きな人の傍で旅立つ事ができたのは救いかもしれません。

なるほど、今回の話を保存する人は、前回の予告から
取っておくとモアベター(古)ということですね。

●カナルメイン回だったのに、慎は、洵が諒の元に行ったとわかっていたし。なによりも真田に殴ったことを謝ったことが、良かったな。慎らしくて。次回、どうやら過去が明らかになりそうだし。でも、アヤネが後ろでなんかやってるのが凄い怖かったな
うん、私もあそこでちゃんと謝れる慎は偉いと思います。
殴った手前、電話を入れるのだって勇気がいっただろうに、
伊藤ではなくちゃんと真田に電話したのもいいですよね。
あ、けどもしかして真田は単に「鳴った電話に出た」だけ?ぶち壊しや

慎って本当に我々にストレスを与えない、好感の持てる
動きをしますよね~。これって意外と難しいと思うんですが。
アヤネは幽霊みたいな動きがめっさ怖かったですね(笑)

次回は諒視点で語られる10年前ということかな。楽しみ。

●最後のシーンの美しさは本当に凄い。思い出の公園のベンチでお守りを握り締めて。慎が涙を流さないのに、携帯を持つ手に積もった雪が融けて流れたときには、鳥肌でした。抱きしめてEDなのも良いし
哀しい最期になるんだろうとひしひしと感じさせながらも、
慎の傍で逝けたことは人形の彼女には幸せだったんでしょう。
それまで無言だったのに、行ってやれと言う拓郎が美味しいし、
泣いてあげられるメグミが優しい。雪が降り、ああ、また冬が来たと
第1話のあの寒そうな富山湾を思い出させるのもすごくよかったです。

●マレビト達が九条に従う主な理由が「恩」「選民思想」「仲間の遺志を継ぐ」だった、というのを聞いて、ちょっと日本赤軍を思い出しました(古) 死んだ仲間のペルソナを引き継いでたら、そりゃあ簡単には抜けられないですよね・・・
確かにそれは縛りがきついかな。
最近はありがちな理由、「ただ単に強くなりたいから」ということには
ならなかったのがむしろ新鮮だったかも。虐げられた子供だからこそ、
甘い砂糖水がカラカラのスポンジに素早く浸透しちゃったんでしょうね。
憎たらしいマレビトたちにも最後は哀愁が漂ってすごくよかったです。

●雪の舞い散る静かに美しいシーンに、感動。泣くとかじゃなく、美しさに深く感動して興奮。素晴らしい。溜め息が出ます。素晴らしい作品
カナルはさほど好きなキャラじゃなかったのに、今回はやられました。
1人1人にお別れを告げていくのに、慎にだけは何も言えないところも、
死にたくても電池がある限り死ねないのも、そしてやっと安らかに
眠れた顔と、もう融けない雪が永遠に失われた彼女の時を象徴して
本当に沁みました。あまりにも美しくて、声を殺して泣く慎が哀しくて、
そのまま静かなエンディングへ入っていく構成は反則過ぎてズルいよ!

ブラスレイター
●今見ましたが……隊長、「融合」を見事にマスターしましたな! てっきり後半で大人な魅力を見せて散っていく人かと思いましたが、予告の小物スマイルによってその思いは微塵も残さず消え去りました。 そういや、外伝漫画があるのですが、ぶっ飛んだ内容だそうで。帯に大きく「美少女~」とか書いてありましたが…一体……
な、おま、ソッチの融合じゃねぇよ!!
と思わず見てる人にツッコミを入れさせる隊長。
なんかベアトリスの「神の御使い」って言葉に
すっかり騙されちゃってるみたいですよ~

ああ、チャンピオンREDでしたっけか?ぶっ飛んでるんですか…
まぁ原作も今回といいかなりキテますけども、主に隊長が(笑)

●周りに誰も見ている人がいない者です。 なんで見ないのか、数人にメールで問い質してみた所、こぞって「暗いアニメを見ると、感化されて自分まで暗くなってくる」みたいな回答が返ってきました。 うーん、嫌な思いをしてまで見ろなんて事は言えないんですが、上辺だけをなぞって「暗いストーリー」とか「鬱展開」とか、早計な判断をして見ないと決めつける人が多すぎるよ…。 いつかになになさんがグレンラガンのレビューで言っていた、「フィクションを楽しむ才能が無い」という言葉の意味を、身をもって体感したような気がしました。 字数制限があったのか…気づかなかった…。ごめんなさい、二回に分けて投票しちゃいました
ああ、確かにねぇ…現実がフィクションを凌駕して暗い今、
フィクションくらいは楽しい気分になりたいという気持ちも
もちろんわからなくはないですから責められません。

だって私もわざわざリアルなDVだの性的悪戯によるPTSDだの
GIDだのレイプだのを描くドラマがいくら面白いと言われようとも
見ようとは思わないですから(なんで知ってると言わないように)
「鬱展開」はイヤという気持ちも尊重しないといけないですよね。

見ない作品はそれだけじゃないのでもったいないと思うけど、
好みの問題なのでやはり強要できるものじゃないですよね。
本当は「これはフィクションだ」と思いつつ、その出来レースぶりを
楽しめる心のゆとりがあればいいんですが、最近はそのゆとりが
あるべきところではないメタボになってしまってるような…(笑)

ここには私をはじめブラスを楽しみながら見てる同志がいるので
遊びに来てください…って、一言投票所にはこういう役目もあるんだな…

●まだ10話見てませんが、2chで隊長がネタキャラにされてて吹きました。 自分も個人的に好きなスタッフが製作している上に、やぱり面白かったので期待は大きいです。10話からちょっとの間、原作者の虚淵氏が担当するようだけど、大きな変化はあったのかな。実力のある人なんですが、本業はゲームや小説の執筆ですし、少し不安
隊長は「今夜はベッドで融合体」になってました。
何をしとるんだおまえは!ヘコヘコ前後運動せんでよろしい!(笑)
いや~、こうなると彼は一体どんな末路を迎えるのか楽しみですよ。

今回はジョセフはうなされてただけの「静」の回だったのに、
エレアと局長、ベアトリスとジョセフ、レーナとブラッドなど、
急に人間関係が複雑化してきましたね。物語も次回あたりから
いよいよ中盤の盛り上がりに入りそうなので楽しみです。

●今期一番楽しみにしている作品なんだけど、周りに誰も見ている人がいない… 作画は綺麗だし、脚本は堅実で面白いんだけどなぁ。 毎回何らかのサプライズがあるギアスなんかと比べると、どうしてもインパクトに劣ってしまうのか…。 EDの曲は私的に今期ナンバー1
えええええ、なんでこれを見ない人がいるんだろう…
大人っぽくて綺麗な絵柄も世界観も物語運びもキャラ立ちも
すごくいいのに。アニメ飽和状態の弊害か萌えアニメがようやく
抑え目になってきた上、今期は特に良作が多い気がしてるのに、
一体何を見とるのかと問いたい。ギアスもブラスレイターも見るべし!

美郷さんは舞-HiMEのノスタルジックなEDもめっちゃ好きでした。
基本的に私はアップテンポの歌が好きなんですけど、美郷さんや
タイナカさんのような歌唱力のある人の歌だとバラードもいい。

映画「ザ・マジックアワー」
●ザ・マジックアワーを見てきました。今回も理屈抜きで楽しいですし、佐藤浩市があんなに笑えるキャラを演じるとは思いませんでした。三谷作品はお客の笑う臨場感があってこそ魅力を発揮するので、テレビやDVDより生の映画や舞台の方がいいですね
私は実は三谷作品って劇場で見た事がないんですよね。
有頂天はかなり見たかったんだけど時間が取れなかった…
だからマジックアワーはぜひ劇場で皆さんと大笑いしたいです。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーSPIRITS」
●否アニメ化の件ですが、コメントしてたのはSPIRITS描いてる本人ではなくて、著作権を所有している石ノ森プロの人だったんですけどね。私としては、確かにアマゾンの斑模様から各ライダーの靴の裏まで正確にこだわっている漫画なのでアニメ化は困難という点は頷けたり
私は初めから村枝センセではなく「事務所だな」と思ってましたよ。
デフォルメとか省略せざるを得ない部分に納得が出来ないなら
しょうがないですね。事務所はあくまでも石ノ森本人ではないし、
下記に書いたとおり彼なら持たないであろう思いで可能性に
挑戦するエンタメ化を否定するなら、あくまでも一部に向けた
作品にしておいた方が無難です。トラブルなくやれますもん。

●アニメ化の話は少なからず提案されてるそうですよ。しかし、敢えてアニメ化はしないそうです(開始の際に確約したそうで)。「既に脳内で描かれているファンの理想的な映像を凌駕するのは極めて困難」・「売れるからといって安易に出せばファンにも石ノ森先生にも失礼」という信念だそうな
ははは、少なくとも常に漫画の新しい可能性を模索してた石ノ森なら
アニメ化が失礼なんてケツの穴の小さい事は言わないと思うけどな。
ホント、伝説ってのは勝手に作られるものですね。

声優&俳優「かないみか」
●かないみかが、自分とほぼ同世代だったとは・・・知らなかった!マクロス以降アニメから離れた時期があったので、彼女を知ったのは子供と一緒に見ていたポケモンのプリン役。なので、若い声優さんだとばかり思っていました。恐るべし、ロリ声の魔力
だって山ちゃんの元妻だもん、それくらいの年齢ですよ。

マクロスFrontier
●あれって見たことないけどマクロスゼロですよね?シンって名前に聞き覚えあるし。マクロスの「私の彼はパイロット」、マクロス7を彷彿させるよなシェリル「私の歌を聴け」の台詞(あと、突撃ラブハート)・・・となれば、後は「ハイスクールランチのおごり」が出れば完璧だ!!
はい、マクロスゼロです。アイキャッチまでゼロとは凝ってます。
TBSではOPと本編の間にマクロスゼロのブルーレイ発売のCMが流れ、
今回の劇中劇の出会いやキスシーンが網羅されてました。宣伝か!

舞台は2008年(OVAで見た時は1999年頃なのかと思ってた)のマヤン島、
サラ・マオのノーム姉妹と工藤シンの三角関係を描いた「プロトマクロス」
CVはシンが鈴村さん、マオが南里さん、サラはマクロスFにも出ている
小林沙苗さんでした…あっ、そうか、だから彼女がFの予告ナレなのか!
やはりシェリルの姓でもあり、マオをランカが演じた事にもなにやら
繋がりがあるらしいので、「ノーム」の血筋は生きてくるのかも…

確かにまだプラス系は出てきてないですね。最後にはマクロス25周年らしく
何らかの形で歴代主人公(一番年寄りのシンが70歳前後)が勢ぞろい…
なんて事になったらすごいですよね。

前回ニヤリングと笑ってたジャーマネ、そして今回はなぜか男…
個人的には喜久子お姉さま演じるキャラが気になります。

●娘フロってのがOSTですよ。一応補足として、今の所マクロス関係で出てるCDはシェリルのシングルとOPのトライアングラーとOSTの娘フロかな。今度はランカのシングルが出るらしい
ああ、そりゃ知ってましたけど、歌ばっかで全然OSTらしくないよね~
という意味で敢えて「娘フロって何?」と質問調にしたのですよ。

Parallel Universe(管理人になにな)
●久々にレビューを色々と読ませて頂いている最中に思ったのですが、一言投票所に時々暴言が見られるようになったのはやはりレビューを読まないで投票する方が増えたからではないでしょうか?レビューには賛否両論あれど、になにな様のニュートラルを基本とする姿勢に対して読者の方の節度は守られていたと思いますし…
何しろいつまで待っても最新レビューはないんだから、
何も読まない方が多いのも当たり前なんですけどね。
「なんかアニメの事をぐだぐだ語ってる変なオバハン」
にちょっと一言言ったろという感覚の人が多いのかな。

ここの存在意義はレビューを読んだ方と私のコミュニケーションの
場であるということなので、もうレビューを書かない私と、レビューを
読まない方とが繋がる理由はさしてなくなったわけで、ならやっぱり
そろそろ閉鎖かな…というのが妥当なプロセスかなと思うんですよね。

とはいえかつては毎日更新されたレビューを読んでくださり、共感し、
時には反感を持ち、討論し、受け入れ、考え、互いに納得しあったり
理解しなおしたりすることを楽しみあった皆さんとのお別れは正直
寂しいですけどね。でも終わりがあるから美しいってのもあるしね。

●私は一言投票所閉鎖自体には異論は無いのですが、せめて9月末まで待って欲しいです。ちょうど番組総入れ替えの時期だし私もギアスの投票したいので
9月ですか…う~ん、確かにそれが一番区切りはいいんですけど、
夏がね…夏嫌いなんですよ…暑いし汗かくし紫外線一杯だし…
さきおととしの夏は種デス、おととしの夏が資格試験、去年の夏が
「レビューをやめる!」という意気込み。今年の夏は気楽にいきたい。

●一言投票所閉鎖は、になにな様のお心の中で決まった事なんだなあ、とこの件に関するレスを読み、ミシミシ感じました。署名運動で強く思うのですが「○○してほしい」と叫ぶだけで、じゃあ、そのために署名した人は何をする覚悟があるのか、と問いたくなってしまうことから、(→※) (※)残してほしいという人は私を含めて何ができるだろうかと考えます。これはちょっとと思ったレスに各自が突っ込む、といれても、になにな様の意見を聞きたいコメント主は納まらず、事態が混乱しそうですし。ただ希望として、一時閉鎖、にしてほしいです。(→※※) (※※)その一時は無期になってもいいです。レス内の「サムライハート」に某トルーパーの歌を思わず口ずさみました(笑)。これからも世界の平和とまでは行かなくても、周囲の人達をその人たちが知らない間に幸せの方に向けるご活躍を(ハッタリは大切です!)更新日記で読ませてください
そうですねぇ、今回は問いかけをさせていただきましたが、
惜しんでいただくご意見も多く、本当にありがたいと思います。
その一方で全く我関せずのコメントを残す方も多いのがこれまた
ドライで面白いのですが。いえ、もちろんこの件について全員に
意見を言え!というわけではありませんよ。なんとなくです。
(それにきっと私も意見を残さず飄々としてるタイプですから)

今は春シーズン終了の6月末で閉じる方向で考えています。
正直、年々暑くなる夏真っ盛りを、今のような状況のまま
盲滅法のレスをしながら乗り切る自信がないんですよね…

かといってせっかく長く続いてきた自由で楽しい一言投票所
あれこれ注文をつけてテラフォーミングしてしまうのもイヤだし。

第一、やめる気もないのに「やめる」と宣言し、「やめないで!」という
コメントをもらうことで自分に人気があるのかどうかを測ってる幼稚な
人間みたいで潔くないじゃないですか。やっぱ心はサムライ♪で(笑)

●「パラレル ユニヴァース」で検索したら求人会社が出てきて、そうと知らずにそこのHP開いちゃったもんだから、焦りました(笑。一瞬、また変なサイト開いたのかと・・・
ああ、そうそう、長年「パラレルユニヴァース」で検索すると
うちがトップだったのに、最近求人会社になりましたね。
レビューを辞めた後でこういうサイトができるのも運命か?


●キャラが丁寧に描いてあるっていいですね。フラグだのを一々考察しなくても「この人ならこうしなきゃ嘘」という事が自然と「分かって」くる・・というのは気持ちが良い。ペルソナや、意外ですがブラスレイターなんかでもそう感じます
確かにキャラがしっかりと立ち、自由に動き回ってるというのは
こういうことだと思います。物語の流れにキャラがちゃんと
乗っている。だから視聴者は、たとえ物語が謎だらけでも
キャラに共感して一緒に探っていけるからストレスがないんですよ。

うんうん、まさに仰るとおり、ペルソナやブラスレイターもそうです。
ってかブラスレイターは意外じゃないですよ!いい作品ですよ!
私的にはドルアーガも今期は優れた作品に入るだと思います。
こういう作品が増えてくるのは本当に嬉しいことですよね。
作品数は減ってもいいから、代わりに良作が増えて欲しい。

●紫との思い出を思い出して、戦う決意をする展開はすごく良かったですからね。丁寧な日常の積み重ねがあってこそ、説得力が生まれて気持ち良く真九朗に同調できる。紫の守ると誓えるかと言ったのが、ちゃんと伏線だし
ホント、今回はよかったですね~。
私は本来、「崩れていく穏やかな日常」というのはいいにしても、
その日常をムダにダラダラと見せられるのは本当に苦手なんです。
でも紅は紫が異常な環境で育った子供なので、本当に些細な日常が
クローズアップされたせいもあってその描写が鼻につくものではなく、
かつキャラ同士の洒脱な台詞回しがとても楽しかったので好きでした。
紫が「ありえないロリキャラ」ではなく、子供らしく可愛かったのも○。

機動戦士ガンダム00
●RDのOP合ってますね。どこか渇いた感じの歌詞がとても。 二期のOP、EDはなんだろう。OPはラルクになりそうな気がしますが……個人的にはまたバックホーンに来て欲しかったり。荒廃した世界勧には合うと思う。まぁ、一期に比べてアップテンポな選曲になるかもしれませんが
合いますよね~、今まで見た00のMADの中でもかなり好きかも。
つかごついモビルスーツが重量感溢れる動きをしてたり、脚部を
撃たれてどうと倒れたり、あれ~?00ってあんなに細やかな表現
してたんだと今さら感動。刹那とロックオンという、私の好きキャラ
中心なのもにやにや。いや、アレ&ハレとかティエリアもいいけどさ。

こういう自分が書いたことに反応してくれる方がおられるだけで、
今はもう「本当にありがたいことなのだ」としみじみ思いますね。

***更新***

映画視聴感想 酔いどれ天使 UP

2008年はアニメレビューがなくなった分旧作映画もレビューする予定なので、独立ページを新設
2008/06/07 (Sat)  17:51

三人寄れば文殊の知恵

ここのところ、厄介な仕事がいくつも舞い込んできた。
そのうちいくつかはこれはマズい、かなり難しい問題に発展するかも
しれないと思い、まずは現場に直行することにした。「もめそうな時は
まず現場」というのが私がこれまでの経験上たたき出した答えの1つ。

そしてもう1つが「なるべく多くの目と耳を揃える」ことだ。
何かもめ事が起きた時、笑ってしまうほど必ず起きるのが
言った言わないの水掛け論だ。それを防ぐにはできる限り
多くの目と耳を揃えて、多くの人の共通認識を作っておく事。

物事を大きくするのが嫌だからと、なんとか内々で解決しようと
する人もいるけど、解決するなら確かにそれもいいかもしれない。
けれど解決しなかった時は内々ゆえに真実を見定める冷静な人が
いないから大変だ。くだらない事にエネルギーを使ってしまうより、
こんがらがってしまった問題の解決に力を注いだ方がよほどよい。

現場に向かった問題については、業者とクライアント、私ともう1人の
キーパーソンが集まったのだが、一番力を持っているのが私であり、
しかし一番力を使うことができないのも私である、という難しい状況。
当然自分ができないことを誰かしらに割り振らなければならないが、
即ちそれは「押し付け」になってしまうことにもなる。拒否られたら
大きな問題に発展してしまうため、慎重に事を運ぶ必要がある。

けれど実際には私は何もせず、他の3者が知恵を絞って見事に
最善の解決策をはじき出してくれた。いわば堅結びになっていた
たすきを持っているだけでするするとそれがほどけ、しかもそのまま
バトンタッチしてくれたので私の役目はすべて終了になったのだ。

私はただ、問題点を整理し、簡単な資料を作り、全員の日程を合わせ、
当事者を全て呼び集めただけ。それで難問は面白いほど見事に解決。
結果的にすみませんでしたと力になれない事を謝りに言っただけなのに、
クライアントからはよい策が見つかってよかったとお礼を言われてしまった。

問題が起きた時は、まずは事態の整理を行い、現場直行を決める。
それからあらゆる可能性を考えて対策を練り、綿密な下準備にかかる。
なるべく多くの目と耳、そして今回実感したが「頭脳」をそろえる事も大切。

あとはきちんと謝罪できる謙虚さ、モタモタしてクライアントをイラつかせたり
おどおどして不安にさせたりせず、自分は今、眼の前の問題を解決しようと
努めているという真摯で真面目な態度、そして…ハッタリだ!ぅおい!

一言投票所

漫画&雑誌「仮面ライダーSPIRITS」
◆「仮面ライダーSPIRITS」に成長した(アマゾンの)マサヒコ少年が出てきたけどアニメ化されたりしたら、(ナウシカの)アスベルヴォイスになったりするのだろうか
ああ、ホント、今はアニメ化できる原作を探すのに必死で
内容的にイマイチのラノベにまで侵食してるくらいなんだから、
仮面ライダーSPIRITSをアニメ化しちゃいなよって感じですね。
フツーに迫力のある映像で見たいもん。

ジャイアントロボ
◆昨晩の「ナウシカ」、一番好きなのは飄々と中間管理職をやっていたクロトワなんだけど、これが後に「銀鈴君!」とかいう熱いオヤジになるわけだ。つか銀鈴の後で、ナウシカがテトを胸にしまい込むシーンに目がいくようになった自分は穢れきっている
家弓さんはレプカの印象が一番強いんですけどね私は。

クロトワは原作でもホントに最後までイカしたキャラでしたから
私も大好きです。王ならざる王クシャナの右腕はヤツしかいない。

そこはかとない健康的な色気がいいんですよナウシカは。

その他「ゴルゴ13」
◆1話完結で、かなり良作だよ。毎回容赦のない射殺ぶりが気持ち良い。原作読んだこともないのに、面白い作品
えええええ!?ゴルゴ読んだ事がない!?マジで!?
さては…床屋ではなく美容院派か!

映画「風の谷のナウシカ」
◆この前見たカリ城もだけど、この頃の宮崎駿は凄まじい。もうナウシカ、アクションから音楽まで最高。メーヴェのスピード感やら、ユパが来た時の村人の様子まで凄いよ。最後の自己犠牲から復活は、何度見ても鳥肌の感動だよ。名作は色あせないな
まぁここにはナウシカが公開された頃はこの世にひとかけらも
存在してなかった人も多いんですよね…彼らが手描きアニメの
ナウシカを見て、すげーよ!面白ぇよ!と言っているのを聞くと、
マスクを取るナウシカが使われた劇場版CMを見て、ベストテンの
「スポットライト」での安田成美の歌にズッコけ、「3巻はまだかよ!」
と悲痛な叫びを上げたリアルタイム世代としては感無量ですなぁ…

ドラマ「古畑任三郎」
◆今回の古畑おもしろかったです。藤原君の笑みとか、ラストの古畑の話とかシリーズの中で結構怖い所も多かったですが(そういやお魎ばっちゃみたいなのも出てきた)。今回は祟りを利用したトリックでしたが、もし古畑の前に羽入が出てきたら、彼はどんな対応をするんでしょうね?
あー、途中でナウシカに切り替えてしまいました。
セリフを覚えこんでいようが何度目であろうが面白いんだもん。

マクロスFrontier
◆シェリルの曲とOPがランキングに入って売れたみたいけど、最近発売になったサントラも売れそうだな。そーいえば、今日の放送はバレーで時間ずれるかもしれないですね
シェリルの曲のランキング入りはこのブログにもネタで書きましたな。
「娘フロ」ってのはなんなんですか?あれはOSTとは違うのか?

声優&俳優
◆銀魂で久しぶりに水島裕さんの声を聞きましたね~!彼の写真を初めて見たときの衝撃は忘れられません(笑)
えっ、私最近の水島裕はとんと見てないんですけど、いつ頃の
写真ですか?つか声優は顔出しなんかしなくていいんだけどなぁ…
声で夢を売る職業なんだから顔なんかどうでもいいじゃんか。
…いや、そりゃ…いいに越した事はないけどさ…

映画「グロリア」
◆「ブスいオバハン女優~」確かに(笑)。お母様、素敵だ♪ジーナ・グロリアはブスい分、容赦なく迫力があって良かったです。機会があったら是非。攻殻2ndのグロリアのオマージュは映画好きにはたまりませんでした
もちろん決してバカにして言ったわけではなく、すごく面白かったよ、
というニュアンスで言っていました。母は何に対してもかなり公平で
客観的な眼を持っているので、私にとって一番信用できる批評家です。
観ている作品数も圧倒的に多いし、俳優にも詳しいですし。
ただここ10年は「ロバート・レッドフォード」に辿り着くまでに何本もの
映画名を言わなければならない…本人も若い頃は記憶力を誇って
いたのでショックだ~と嘆いています。う~ん、私も他人事じゃないなぁ…

機動戦士ガンダム00
◆第2期のCBは王留美・ネーナ・スメラギの3頭体制で世界の変革を目指します。スローガンは「巨乳に有らずんばヒロインに非ず」で、当面の駆逐目標はマリナとソーマです(大嘘)
マリナ姫は別に貧乳ではない気が…
でも私が好きな女子キャラがマリナとソーマとフェルトなので
爆乳系でないことは確かかも?でもフェルトは4年で育ちそう…

RDのOP歌詞の世界観と00は合ってる気がします。



これ観ると急に「00って面白そう!」と思ってしまうのがすごい。

◆ドラマCD、トラックリストを見たのですが……「ごきげんよティエリア」「不良番長」「さよなら、ハム先生」と色々カオスな臭いのするタイトルが……変態教師って、やっぱハムですか(笑) 黒田氏の暴走を期待してます(スクライドやリヴァのドラマCDがどんな評価かは知りませんが
しかしホントに昔からこの手の商品だけはなくなりませんなぁ…

その他「ソロモン」
◆「…再びジオンの理想を掲げる為に!星の屑成就の為に!コンペイトウよ、私は帰ってきた!」…アレのジオン側の呼び名がソロモンで、本当に良かった
でも私、ガンダムのあの「通り名」のつけ方は子供心に
ものすご~くワクワクしたものですよ。あんなのそれまでの
スパロボアニメにはなかったことですから。敵が主役メカの
名前を知ってるのは当たり前、必殺技はデカい声で怒鳴る、
ヘタすると敵の名前を主役側が知ってたりして、お互いの情報
バレバレだもん。攻殻もビックリの情報漏洩社会でしたよ70年代。

その他「スクイズ」
◆>スクールデイズ 原作等の情報を全く知らない状態でいきなりテレビアニメ版から観始めたので、「いとうまこと」と聞いた瞬間「数多の準主役ライダーを演じてきたスーツアクターさんかっ!?」と思ってしまいました。(遠い目)
今頃は夢のカースタントに精を出されている頃でしょうか。
ケガにはくれぐれも気をつけて頑張っていただきたいですね。

特撮&仮面ライダーシリーズ「獣拳戦隊ゲキレンジャー」
◆ゲキレンジャーが面白かったのは、ちょうど電王終了後だったりしますから。そこにきてのゴーオンジャー(主にブラック)ですからね。ちなみに、激走戦隊カーレンジャーはもっと凄かったです。同じ脚本家さんでした
そりゃリオ様とメレとの決着話は確かに面白かったですがね。

「(主にブラック)」の書き方に愛がこもっていて笑いました。
走輔だけはウナギが平気だったというのが実にアイツらしくて
面白かったゴーオンブログによると、サキとハントの「16歳コンビ」が
ウナギにキャーキャー言って俺の背中に隠れるのが可愛いとあって、
いや、おまえが可愛いよ♥と和みました。地獄アニキとのからみも楽しみ。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
◆そういえば、カレンは特区での虐殺についてはどう捉えているのでしょう。ギアスの力を知っていて、あの時ルルとスザクの会話を聞いていたなら真相に気がついてもおかしくはないのですが。7、8話でスルーでしたからもう触れられないんでしょうかね
私、カレンは大好きなキャラなので敢えて目をつむって
いたいところなんですけど、あるんですよね…矛盾。

まぁあのスザクとの会話だけでは動転してたのもあるので
全てを掴むことは難しいでしょうし、ルルーシュはカレンに
ギアスを使ったこととギアスの制御が利かなくなっている事は
今明かすわけにはいかないでしょうから隠すでしょうがね。

◆↓クロヴィスとコーネリアが「知ってた」けど「その記憶をなくした」というのは思いつきませんでした!すごいなぁ、確かにその可能性もありそうですよね。皇帝のギアスも脳いじってるんでしょうし…って人様のコメントに反応してしまってすみません…
ねー、確かにそれもありえますよね。
ルルーシュが記憶を取り戻したのはC.C.の力なのか、それとも
誰でも取り戻す可能性があるのかはわかりませんが(マオやロロ、
ルルーシュのギアスも抵抗はされたけど拒絶されたことはないので)
今後の展開が楽しみです。

なお、他の方のコメントへの反応コメントは私が一番望む形ですよ。
双方向のみではなくマルチにリンクしていってもらいたいです。

◆ふと気づいた。クロヴィスとコーネリアがギアスをかけてもマリアンヌの死の真相を答えられなかったのは、「知ってた」けど「その記憶をなくした」んじゃないかなーと・・・・・・そうなると、やっぱり鍵はシュナイゼルか・・・・・
あ、そうか、なるほど!
記憶を操作できるギアス能力者がいるんだからそれもありか!
でもコーネリアは「知らない」とハッキリ答えたので記憶操作の
可能性もあるけど、クロヴィスが口を閉ざしたのはユフィが
ギアスに抵抗を示したことと似ているので気になるところ。

声優&俳優
◆ひぐらしトリビア:沙都子役のかないみか(1964年生)は、お魎役の尾小平志津香(1968年生)より年上である
えー!?そ、そうだったのか…まぁどっちも似たか寄ったかの
お年頃ババァじゃんと言われればそうなんですけどもね。

Parallel Universe(管理人になにな)
◆私もそのサイトの管理人さんとの感性がある程度似ていると思わないとコメントを残さないので、レビューや記事は読んでからコメントしますね。投票所がトップにない=コメントを残すのに一手間かかる、となると少しは考えてコメントするんじゃないかな?と思ったので(笑)
ああ、やっぱりそうですよね~
何でも言ってと言われても言えるもんじゃないですよね。

なるほど、ワンクッション置けば確かにそうかもしれませんが、
トップから降ろしてまでコメントしてもらうくらいなら閉じますよ~
そこまでしてコメントを頂くのは私もイヤだし、私自身がコメントを
入れる立場だったとしても、「そんなに拒否したいコメントがあるなら
いっそのことやめろよ」と思いますもん。ま、やっぱり潮時なんですよ。

◆パラユニ更新停止前は、になになさまのレビューという「お題」があったゆえ、閲覧者の大暴投は少なかったのでしょうが、今は一種フリートーク状態?(続く)- (続き)になにな様非公認ファンクラブ会員としては、多岐に渡る様々なコメントに鮮やかな切り返しや深い考察で答えられているお姿が、その題材は自分の知らないものでも嬉しく、楽しく読ませていただいております。出来れば続けていただきたいです
ありがとうございます。
ファンなどと言っていただくとおもはゆいのですが、確かに以前は
レビューを読んでくださった方が「私はこう思います」「○○なのでは?」
「○○というのもあります」と発言してくださることが多かったんですが、
今は少し違いますね。レビューがなくなったので無理はないんですが。

私もブログ主さまやレビュー主さまとコメントや一言を残す方との会話って
好きですね。そこには多分、コメントを残す方の主へのリスペクトがあり、
温かい信頼関係が見えるからでしょう(不愉快なコメントもあるだろうとは
経験上わかっている上で言っております)、和気藹々と楽しそうですから。

実際私も楽しいんですけどね…でもやっぱりそろそろ潮時でしょう。
私の信条はサムライハートなのでやはりハンパはいかんかなと。


◆もう、最高。前回あんだけ落とされたら、上がるしかないだろうって感じの燃え展開が
後半、真九郎がもう一度立ち上がるまで、ちゃんとテンションが
あがっていくのがすごくよかったです。え?そんなの当たり前?

そう、本来当たり前なんですよね。各キャラと会話したり、戻ってきた
日常に溶け込もうとして違和感を見つけるという様々なプロセスを経て、
結局は自分の行うべき事=答えを出すというのは王道展開なんです。

しかし!最近のアニメはあたりまえのこれができない!

いきなり決心!突然ラブラブ!浅すぎる真実!脈絡なくバトル開始!
唐突なクライマックス!置き忘れられた伏線!意味不明のエンディング!

こんな風に視聴者置いてきぼり展開、いくらでもありますよね。
今期、私が面白いと思うのは、これができている作品が多いからです。

ケータイ捜査官7
◆巨大化セブンには、思わず違うだろうと突っ込んでしまいましたw少しずつ仲良くなっていくケイタとセブンがいいです。周りに見ている人がいないので、になになさんの感想が聞けるのが嬉しいです
レビューサイトさんでもあまりレビューを見かけないし、
実際ゴールデンなのに視聴率は2%を低迷してるようなので
リンク商品の売り上げ如何ではこの先どう転ぶか微妙ですね。
面白いんだけどな…でも深夜ドラマならもっと面白いだろうな…

銀魂
◆今回はエンディングまで大笑いしました。ジャッキー=鼻って
おまえにとってジャッキーはどこまで鼻なんだと!
2008/06/06 (Fri)  00:31

やればできる子、できればやる子

ジャッキー!!!!!サモハンー!!!!!

もうね、今日の銀魂は「あれ、Bパートはオリジナルで行くん?」と
思った瞬間に吹き出した。ちょうどこの間偶然「プロジェクトA」を
見ちゃったので余計に転げまわった。声優まんまじゃねぇか!

原作でもヅラのアホっぷりと山崎の不運ぶりが楽しい回だったけど、
Bパートが全部持ってった。つか私の世代モロ直撃ネタなんだよな。

EDまでプロA仕立てかよ!しかも字幕までもが!
いや~、こういう遊び心はさすが銀魂だよねぇ。最高のバカっぷりだった。
変なモビルスーツとか、「シティハンターは忘れてやれ」ってのも、原作では
なんて事ない懐ギャグだけどCHのアニメ制作がサンライズと思うと笑える。

今月はヅラ強化月間らしいけど、次回が獄門島で…他になんかまだ
やってないヅラ話ってあったっけ?あと、アスランスキーにはあるまじき
発言かもしれんが実はさして好きではない石田ボイスは、めそめそした
少年役よりむしろこういうヅラみたいなウザいおっさん役こそ合うと思う。

ケータイ捜査官も面白かったなぁ。
記憶を消去されちゃったセブンのきょとんとした表情が可愛くて、
まぁいいやと笑い、コイツに余計なこと言うなとみゆきちゃんに
怒るケイタがよかった。ってかみゆきちゃん凄み顔こえぇよ~

「お試しかっ」での杉浦太陽の女装はかなりヤバいと思った。
いや、あれ、明らかに嫁より可愛いだろ(笑)

一言投票所

映画「黒い雨」
♥>6/4のレスありがとうございます。になにな様の仰りたいことからズレたことを書き込んでしまいましたが、今回レビューを読んで思うところがあったので投票させて頂きました。いつも深い考察には読み応えがあると思って訪問させてもらっています。レスにも言葉を尽して下さってありがとうございました
いえいえ、言いたい事が人それぞれ違うのは当たり前です。
でもやはりご自身の目で見て、聞いて、そして何より考える事が
一番大切だということは戦争の是非でも現在のこの世界情勢でも
経済でも政治でもなんにでもいえる事ですよね。アンテナを張って
情報を受け取る力を磨き、さらにミソとクソを取捨選択する能力を保つ。

発言するだけで勇気もいりますし、今回はたまたま私にはボールと
思える球だったとしても、お互いに受け止めて投げ返せましたよね。
投手の暴投&捕手の失踪が多くなってきたこの一言では貴重です。
ありがとうございました。

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~
♥絶対死人出るなと思ってたらやっぱ出ましたね……。 9話でメインの登場人物ほとんどの掘り下げがされましたが、ほんと上手いなと思いました。全員良いキャラしてるよなぁ……。この分なら心配だった尺不足も無さそうで何より
キャラクター・シャッフルでうまい具合にそれぞれを見せましたね~
ドルアーガはこのままいけばスパッと決めてくれそうですよ。
昨年の今頃、そしてこれからの季節でグッダグダになっていった
「ぼくらの」だの「ロミオ×ジュリエット」だのが嘘みたいですよ。
どうしたんだGONZO!(笑)

その他「古畑任三郎」
♥(以前のひぐらし配役コメントをいただいて)さすがに圭一に藤原竜也は無理がありましたか…明日放送される古畑任三郎で藤原が演じた犯人が圭一っぽかったので、思いつきました(舞台も雛見沢村みたいな寒村)。明日の古畑は結構面白い展開なので、見てはどうでしょうか?
おかげさまで古畑任三郎は好きなんですが…

仮面ライダーキバ
♥いやいや、戦隊のが好調なことなんて結構ありますよ(売り上げ等で 剣や響鬼の前半は結構やばかった気がします(両方とも後期は新玩具で立て直しましたが キバ、ベルトは前年より若干売れたそうですが、ドランシリーズがかなり悲惨らしいですね……
ドランシリーズは売れてないのか…ってか高いしな、あれ(笑)

銀魂
♥原作通りはAパートまでで、Bパートはオリジナルか。そして何処までもジャッキーを引っ張るか。あと何だあのちょんまげ付きのザクは
Aパートが終わったので、ああ、今日は二本立てかぁと
思ったら引っ張ってたのでビックリ。しかも原作にはない
さらなる破壊力をもってぶっこわし!面白かったですね。

その他「舞-HiME」
♥舞HIMEシリーズ最新作決定しましたが、新主人公・舞央の服装からするとガルデローベとかとは違う初代のような現実的な世界っぽいですね。世界観一新するなら丁度いいし、そろそろTVシリーズに復帰してくれないかしら
舞-乙HiMEは先へ行けば行くほどトーンダウンしちゃって
物語がつまらなかったから、1期のダークハードな雰囲気に
戻ってくれればいいけど、あれはあれで評判悪かったし…

舞乙を見る限り、もうどれだけやっても舞-HiMEが面白くなると
思えないので、打ち止めでいいんじゃないかと思ってしまう。
やっぱ根本的に学園物が好きじゃないんですね~

その他
♥美少女1人と美男子2人の三角関係。よくある物語に審判を下すヒロインの選択は……「私、お二人と結婚します」。………さ、最悪じゃそのヒロインー!! そんな驚天動地の結末を迎えた漫画が最近話題になってるようで(汗)
さっぱりわかりませんが…一夫多妻ならぬ一婦多夫!?
第一夫と第二夫、どっちの子供を先に生むかで揉めそう(笑)

ところでこの投票の項目は「漫画&雑誌」では?

特撮&仮面ライダーシリーズ「戦隊優位」
♥当初は、電王色を排除しようとしてたキバでしたけど…。時期的には、微妙なスタートに加え、ゴーオンジャーの思わぬ好調さによるテコ入れですかね?おそらく、平成ライダーシリーズがスタートしてから、初めて戦隊優位のスーパーヒーロータイムでしょうし
あ、そうなんですか?まぁ確かに去年のゲキレンは問題外でしたけど、
マジレンとかボウケンなんかはかなり盛り上がってませんでしたっけ?
いや、それでもその時組んでたライダーの方が人気あったのかな?

私が好きで見ていたガオレンは組んでたのがアギトだったから
やっぱアギトの方が上だった…んだろうな、多分。よくわからん。

映画「グロリア」
♥「グロリア」残念でしたね。ところで、になになさんはカサヴェテス監督、ジーナ・ローランズ主演のオリジナルはご覧になったんですか?オリジナルの“乾いた感じ”が凄く好きだったので、私はシャロン・ストーンのほうを見ていないんです
いやいや、実は私もオリジナルを見てなくて見たいのでずーっと
放映のチャンスを待ってるんですが、なかなか…リメイク版の方が
先に着たので見るかと思ったらこれですよ。天災罵っちゃダメだろ。

オリジナルを劇場で見たという母曰く「ジーナ・ローランズってブスい
おばはん女優が子供を守って戦う映画。でも途中で逃げようとしたり
最初から最後までいい人全開正義は我にありじゃないのがいいよ」
との事でした。だからなんとか見たんですよね。

その他「ネットスイーツの罠」
♥ネットのスイーツ、地方に住んでいたら利用してしまうかも。転勤で田舎町を転々としていた時期があったので(ローカルな百貨店に行くのですら車で1時間以上、公共交通機関を使ったら一日仕事状態)こじゃれた甘味に飢えていましたよ。東京の実家に帰省すると、デパ地下巡りばっかりしていましたね~
さ、そこですよ!!!!!
だからこそぼったくりじゃないのかと。我々は電車に乗って2駅3駅行けば
すぐに有名デパートが立ち並ぶターミナル駅であれこれ品定めできるけど、
仰るとおり地方の方々はそうではないでしょう。そこでおいしそうな写真が
載っていればついついクリックしてしまうでしょう。だからこそ言いたい。

「ネットのスイーツって、絶対高くね?」

機動戦士ガンダム00
♥食玩フィギュア、ロックオンとアレルヤをネットで買ったんですが、どーしても後の二人が揃えたくてスーパーで見つけて12個中2個購入したんですが、2つともロックオンでした。本棚の上で二人が、右やら左やら相談してますが、多数決で右です。(涙)
なんというロックオン祭(笑)
でもわかるわかる。2人そろうとあと2人揃えたいですよね~

♥リジェネに水を掛けるかクシャミをさせるとティエリアに戻るって事は…ある訳ないか
あ、あ~、くしゃみってなんだっけ?おネニーサマだっけ?

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
♥両澤千晶の弟は「ナースのお仕事」「黒革の手帖」の脚本家の両沢和幸氏なので、劇場版の脚本は弟にこっそり代わってもらえば良いのに
へ~、そうなんですか!それは知らなかった…
代わるも代わらないも、もう種はやらなくていいですって(笑)

Parallel Universe(管理人になにな)
♥一週間ほど遊びに来られなかった間の流れにびっくりしています!個人的には存続希望ですが、やはりご負担になることを考えると強く主張できないですね・・・いっそ、トップではなくお品書きのページに設置するとか(笑)それならレビューの存在も気がついてもらえますし!
負担は大した事はないですけど、ここの存在意義自体が
よくわからなくなってきたんですよね。レスはしなくていいですと
言われてもねぇ…そうですか?私はもし自分が書き込んだら
やっぱりレスを待ってしまいます。だってコミュニケーションを
楽しみたいですもん。言いっぱなしは2chにお任せしたい。

あとレビューを読んで欲しい、ってんじゃないですよ(笑)
こういうところにコメントするなら、私ならその管理人がどんな
コンセプトでこのサイトを開いているのか、どんな作品を展示したり
レビューしたりしているのか一通り目を通すので、一切そういう事を
せずにコメントする方がいるんだと驚いたんです。でも、毎日レビューを
更新してた頃ならともかく、レビューしてない今はそれも無理もないか…

あれ?そんならもう、ここ開いてる意味がなくね?ってなモンです。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
♥来週か再来週に「結婚ってのは、幸せの幸せの絶頂の時にするものだ!!」・・・・って言いながら、かぐや(漢字がわからない)がヨロ・・・・・・じゃなかったナイトメアに乗って大暴れするんですよ、きっと(笑
なんで神楽耶(笑)ルルーシュでいいじゃないですか(笑)
その際はぜひ「俺は童貞だ!」って切り込んでいただきたい。

♥特番みたら神刻が裏切りそうでルルピンチ!?まあ、ここで終わるとは思ってませんけど。それより、オレンジを早く!
あの人いきなり命短いみたいな設定になってて笑いましたが、
ゼロを匿うということはブリタニアを敵に回すことに他ならないので
やっぱり揺れるんじゃないですか。安全策を取って天子を花嫁に
するのか、中華思想で天子の尊厳を守ろうとするのか…注目ッス。

♥この作品では原爆が出てくるけど、これが日本人に作中最も嫌悪を抱く生粋のブリタニア人の手でそれが発明され、起爆させられたという点は腹が立つ。しかも、この脚本がおそらく日本人自身の手で描かれてしまったというのに僕は危惧しました。になになさんはこの原爆描写に対してどう思われますか
サクラダイトが燃料源であるギアスワールドには核が存在せず、
従って核の被害を蒙った経験のある者がいないという設定ですよね。
ロイドとラクシャータによる「科学の泥仕合」を描いている作品のこと、
純粋な探究心が憎しみと直結するという構図こそを描きたかったんじゃ
ないですかね。大体フィクションで正否を説くのは野暮ってもんですよ。

その他「スクールデイズ」
♥伊藤誠といえば、当のスクイズのプロデューサーも「伊藤誠」だったのは数奇な運命だったのか。はたまた志願したのか。ま、氏の手がけた作品(スクイズとマイユアしか知らないけど)は色んな意味で凄まじいから万事OKなんですけど(笑)
そういや中1の時の同級生がまさにこの字でこの名前だったな。

♥スクイズ最大の被害者は言葉様ではなく、ましてや世界でもない。全国あまたのリアル伊藤誠の皆さんでしょう(今回でスクイズネタはラストです)
あー、そういうのが「オタク世界の狭い尺度」ってヤツですよ。

その他「機動武闘伝Gガンダム」
♥Gガンは、牛の形なのに「マタドール」とかやってたからデザインのレベルじゃないと思うw マンモスとかもあった記憶が…この作品からガンダム入ったら、他のデザインは地味に思うんだろうか。1st直撃世代の独り言
いや~、やっぱGガン楽しいッス。
あのめちゃくちゃハチャメチャっぷりはむしろ清清しい。
今回「どこがドラゴン?」と思ってたら腕がドラゴンで吹いた。

モロに1st世代だけどこれからますます楽しくなると思うと楽しいッス♪

***更新***

映画視聴感想 天国の青い蝶 UP