「この、人殺し」(ニア)

今さらながら(つかよーやく)ジャンプでデスノの外伝?を読んだ。
あー、セリフ多い(笑)ニアのセリフが延々と続く事にウンザリして2部はほとんど
読んでなかった事を思い出したけど、今回は少し大人になったニアが思った以上に
美しかったのと日高のり子の淡々とした声に変換してみたので耐えられたかなぁ。

Lが「趣味でやってます」ってのはどうだろうなぁ。
むしろ最初の頃はこっちの方こそこいつってば、実はキラという好敵手の
存在と出現に不謹慎にもわくわくしてるんじゃないのかと思ってたのに、
キラを追う動機が意外なほど強い正義感がなきにしもあらずだった気も
するけど…違ったのか。趣味か。ただの趣味だったのか。な~んだ…

キラの死後、世界は65歳以上の死にたがっている貴腐老人高齢者を
殺すのはいい事なんじゃねというあまりにメチャクチャな思想に囚われた時代へ。
やっていたのはどうやらヒキオタだった模様。こういう題材で時々外伝をやる気か?

Lならどう考えるかを考え、自分はLらしかったかと気にし、Lに縛られ続けるニアは
なんとなく哀れな感じ。それをやっている限り、ニアは永遠にLを超えられないだろう。

しかし他のジャンプマンガと比べると、小畑健の老若男女の描き分けぶりは
相変わらず大したものだと思う。私はにわのまことのファンだったので当時彼の
アシだった土方茂時代から長年見守っているけど、残念ながら漫画家としては
大きなヒットを飛ばせなかったが、やはり日本屈指の絵の上手い絵師だと思う。
でも私、「サイボーグじいちゃんG」はすっげー好きだったんだよ。

あ、いい加減デスノ映画の後編見なきゃ…

今回の鬼太郎はかさかさかかさかさかさかさかさかさかさかさかさかさかさかさかさ
動き回る手が怖かった。頭から足が出て体からも足が出てあちこちから足が出て、
口がないのに茶風林の声が出る肌色生物が怖かった。動くミイラが怖かった。
勝手に動く白髪が怖かった。ダンパ(古)のために集うオバケ集団が…
いや、これは別に怖くなかったけど、ハヒフヘホの歌は臭いらしいので怖かった。

最後にその家の持ち主が首吊って終わりって…奥さんアメリカから来て死亡って…
忠告が結構マトモでちゃんと的を射ていたネズミ男に驚いたのは私だけだろうか。
いや~、なんつーか、イヤな感じに怖かったなぁ…

とにかく何が怖いって、なにがなんだかわからないのが一番怖かった…

吸血鬼や人狼とか水神やバベルの塔などは全てOPどおりなのね。
「ベンベン」男もOPで変に浮いてるので気になってたけど、不気味に次回登場。
今回は今までとはガラリと雰囲気が変わってたけど、不条理で不気味でユーモラス。
なんとも不思議で斬新…だけどこれ、半世紀以上歴史のある作品なんだよねぇすげー

次回のノイタミナはラノベらしいが、次々回は「西洋骨董洋菓子店」だとか。
あれってドラマ化もされたよね?椎名桔平とかタッキーとかが出たヤツ。
主題歌があきれるほど長い間ロクな歌を歌ってなかったミスチルが、
ホントに久しぶりにいい曲を出したと思った「Youthful days」だったっけ。
そうそう、タイトルにもなぜか「アンティーク」ってのがついてたっけかな。
これでノイタミナも迷曲「流星のケツ」のアンカフェがOPだったら笑うわ。

4月からは相変わらず萌え系がひしめいてゲーッな中、クリスタルブレイズとか
ブラスレイターとか、ハードを売りにするものがチラホラあるような気がする。
BSアニメ劇場がノイタミナと繋がる時間帯である木曜夜11時に移ってくるとか、
他にもソウルイーターが「夕方放映版」と「深夜放映版」でダブル放映されるとか、
色々と面白い変化がありそうな2008年の春。そして日5を新たなドル箱枠に
できるかが注目の我らが黒の王・ルルーシュR2。アンチに負けず頑張れ谷口!

もうレビューはしないけど、一視聴者としては今年も春を楽しみにしたい。
(つかレビューをしないからこそスケジュールを気にせずに気楽に楽しみにできる)

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
★続いてなんと全員死亡している地球連合です。フレイ…成海璃子、アズ公…谷原章介、ジブリール…京本政樹、クロト…木村了、オルガ…高岡蒼甫、シャニ…宮崎将、ステラ…鈴木杏、オクレ兄さん…市原隼人、アウル…中尾明慶、ナタルは宝塚の男役スターかな?
アズ公=谷原章介!!!うわ、今までの配役の中で一番感性にピッタリきた!
あのキモさ、あのネチっこい喋り、ニヤリ顔、合ってる、合いすぎてる!!
ナタルさんはまとめ髪でもいいから江角マキ子とかどーですか。
若い子は出てる番組や役名を言われれば「ああ、あの子ね」だけど、
鈴木杏以外は名前だけ聞いても個人のイメージがサッパリ浮かびません。
トシは取りたくないもんですなぁ。

地球防衛企業ダイ・ガード
★ダイ・ガード(ドラマCD)…西島前社長の嘆きに笑いながらも涙腺が若干緩んでしまった私は駄目なのだろうか(笑) しかし凄く映像化して欲しい内容だったなぁ……
意外と家族からは大事にされてるのかなと思ったんですが、もしや彼の錯覚?
ホント、60分といわず30分ものでいいからOVA化したら面白そうでしたよね。

ウルトラマンネクサス
★主人公がウルトラマンじゃないことも魅力の一つでした。職場の人間関係とか、怪獣(ビースト)のこととか、朝日新聞に批判が載っちゃうくらいショッキングなこととか(汗)、一つ一つのことを乗り越えて、精神的に強くなってくれました。子供には受けなかったみたいですが
時代を先取りしちゃったんですね。ウルトラセブンXが深夜放映される今ならば
そういう作品もまた楽しんでもらえるかもしれないけど、販促物としては厳しい。

大人だってアニメも見たいし特撮も見たい。そんなオタの願望と、そういうものは
子供の見る幼稚なものという事が当たり前の世間には大きなギャップがあることを
忘れちゃいけません。そして残念ながら「そんなのはおかしいんだ!」と声高に叫ぶ
オタの姿もまた、ノーマルレンジから見ると奇異だという事も忘れちゃいかんのです。
焦ってはいけません。時代はゆっくりと変わります。自分の世代が制作の中枢に
食い込めるようになった頃、ようやく自分が欲していた作品に会えたりするのです。

つかこういう熱心なお薦めがあるとフツーに見たくなってきましたよ(笑)
私は今月のまとめ見がすごかったように「見る時はガンガン見る」タイプなので、
本当に面白いと思える作品をお薦めいただけると突然見終わってたりしますよ!

カマトト
★失敗しました、すみません。それで私「カマトト」って書いた者ですが、キツイと感じる言葉は人によりけりという当り前の事実を再確認いたしました。言い訳ですけど、私にとってはすごく軽い重さしかない言葉だったんです。辞書の説明も中性的から色々ですし。でも人を傷つけることがあるんですよね、ごめんなさい
いやいや、全然気にしなくていいですよ…って、私が言うことじゃないか(笑)

「カマトト」は多分キツい言葉とか人を傷つけるいうよりは(本物のトトカマには
ホントにキツイでしょうけども)「いや、だからなんでそこでその言葉使うのん?」
という疑問符があったんだと思いますよ実は私もちょっとわからなかったりしました…
気にしないでこれからもカキコしにいらしてくださいな。どうせ誰だかわからないし!

桑島ミラクル
★桑島さんの少年ボイスって、初めて聞くと確かにビックリしますよね。自分もヒヲウの声が桑島さんだったと知って驚いた記憶があります。でもよく聞くと確かに桑島ボイスなんだよな~
桑島ボイスは聞き分けられる自信があったんですよ。彼女は恐らく歯並びの関係で
タ行やサ行の発音に特徴があるから。でも壮太はずっとやや裏声をかけ続けるという
離れ技でその特徴が死んでしまい、全く気づけませんでした。うむ、桑島恐るべし!

機動戦士ガンダムOO
★ヴェーダ>ミンチ・・・・・・って表現はちょっと・・・・・・・・グロいなぁ・・・・・。まぁ、大筋はそれで同じかと
肉体なんかむしろ邪魔なので脳を取り出して色々と接続しあって…とか、
一応ちょっと考えはしたんですけど、説明するのが厄介なので「わからない」で
まとめることにしました(笑)いい加減なレスでまことに申し訳なし。

★ニュータイプとか種割れとか、不思議現象は多々あったけど、私の中ではOOがなぜか一番不思議っぽい。ティエリアや、リボンズエンジェルのせいか?というか、そのたとえはおかしい!変な人多い!(ホントに天使だったり?いやいやいや・・)
ガンダムやフラッグにやたら固執する「モビルスーツフェチ」、「初陣に
酒かっくらって現れるアル中予報士」、「都合が悪い時だけ二重人格」、
「冷酷に見えて泣いたり喚いたりする情緒不安定メガネ」とか、普通に
見ても不思議ちゃん満載アニメだからじゃないでしょうか…ホント、変(笑)
21:50 | 日記 | edit | page top↑

I’ll be the one…

傑作の誉れ高いゆえに長いこと見たいと思っていた「花田少年史」視聴終了。
リヴァ、龍騎、ダイ・ガードに比べて一番さくさくスピーディに見られたのは、
物語に難しい謎や伏線がなく、2~3話の1エピソード完結ものだったせいだろう。

見た人なら多分わかると思うけど(いや、毎週見ていた人と一気見では明らかに
温度差があるのはわかっているけれど)とりあえずもう開き直り、これはずる過ぎるとか
あざといとかお涙頂戴とかミエミエの泣かせ演出とか、そういうそれこそ天邪鬼で
意地の悪いひねくれた見方をするのは一切やめて、何も考えずただただ素直に
泣く事に決めて見たので、本当にスッキリ気持ちがよかった。あ~泣いた泣いた。

余命いくばくもないユキと、ホントーにただのチンピラでしっかり女もいる清司の、
恋とさえいえないようなほのか過ぎる温かい関係がまずはうまいなぁと思い、
チロの死そのものも哀しかったけれど一路があんなに泣くとは思わず驚き、
ひまわり少年の母が立ち直れた事にほっとし、モロちんじじぃに呆れて笑い、
厚化粧のマダム・カトリーヌ演じる松本梨香の怪演にも笑わせてもらった。

桂ちゃんと壮太の両親の結婚エピソードもよかったし(ハムカツには参った)
童貞織田のおっぱい論議は実に笑わせてもらった。真殿さんはうまいなぁ。
死がメインにある物語の中で、意外にも最後に生きる気力を取り戻した
春彦と加奈の物語はとても好きだし、横溝を巡る天邪鬼によるタイムリープも
実にらしくて可笑しい。ゴンパチのフンドシからのはみ出しいなりには苦笑。
ラストを締めた倫子の物語もお母さんを見て一路を残していくのはよかったけど、
桂ちゃんがもっとからんでもよかったような気もするなぁ…だって未来の嫁だし。

アニメオリジナル(後に原作でも描き下ろし)のメロンの話と貴人の話はとてもとても
よかったと思うんだけど、でもよくよく考えてみると母親が死んで子供が生まれるのは
チロでやってて、死んだお父さんに会うのは壮太がやってたりするのが気になる…
でも実は一番泣いたのはこの2本かもしれないんだけどさ。はまってるなぁ策略に。

そして全話見終わったあとで原作を読んで、地蔵を背負って崖から落ちたのに
一路がこれまでに助けた霊たちに助けられて無傷だったという事実を知った。
アニメはまた無理難題を吹っかけそうなしょぼくれたバーコードハゲが現れて、
この後も一路のイバラ道が続く…といった感じの終わりだったけれど、原作では
一路が少し大人になって力を失うまでの過程や、失った事ですべての記憶も失って
しまった事、すっかりカッコよくなって大工になった一路が、けしからんことに桂ちゃんと
出来ちゃった結婚をした事などが語られ、現在の花田家の様子を窺うことができる。
そして一路ソックリのワンパク息子の千路もまた、父同様の力を手に入れてしまい、
再びあのマダムカトリーヌと出会い、この後の長い受難の日々を思わせて終わる…

また、実は一路だけでなく父ちゃんもじーちゃんもこの力を持っていた時期が
あったのだということを聞いて初めて、そうか、それでこの物語のタイトルが
花田少年史」なのだ…と納得できたのだった。なるほどねぇ…

原作は一路がワルガキではあるけれどさほどうるさいガキではない。
音声がないせいもあるけれど物語は比較的淡々と進み、超感動的というよりは
むしろ「しみじみ」とか「ほのぼの」とか「えー話やー」という読後感だったのだけど、
アニメの方は花田家も一路もひたすらとことんやかましく、時にはイラつき、時には
一路の乱暴な子供らしい言葉遣いがこちらをかなりムカつかせる事すらあるのだが、
その反面感動させるのもアニメの方が上だったと思う。キャラクターの眼に涙がじわりと
浮かぶ作画とか、BGMとか、フラッシュバックなどのエフェクトがあまりに効果的だし、
何より芸達者な声優ばかりそろえてハイレベルな演技で泣かせるんだからズルい!

本当に面白かった。
原作の再現度は「蟲師」レベルで、作画も素晴らしく、少し昔のノスタルジックな
背景の中で描かれるのに、OPとEDはバックストリートボーイズというギャップ。
いや、もちろんそのメロディラインがまた不思議なほどよく合っているのだけど。
以前から見たいと思いつつも、再放送の情報を手に入れることができなかったので
結局見ることができず心残りだったのだけど、今回やっと見ることができて大満足だ。
私の数少ないネッ友であるともさんもたまたまこの作品の長年のファンだそうなので
彼女のお薦め作品を見ることができたのもちょっとほっとしたりともさんすげー面白かったですよー!

でもホントはこのアニメを見て一番思ったのは、これってすごい

室園丈裕アニメ

だなぁって事。脇役のほとんどはこの声優さんが演じてましたわなぁ。

そして自分でもぞっとしたのは彼が最初に先生役で出てきた時、あれ?私、この声
最近何かの番組で、しかも同じく先生っぽい役で聞いたぞ…なんだ?学園ものは
あまり見ないから数はないんだが、ペルソナ?いや、違う。シゴフミ?違う違う…
いくら考えてもわからないので、観念してWIKIで調べたら「アッー!」

「おお振り」の志賀先生だ!

ってかホントに先生でやんの!
全然意識してなかった声優さんだったのに自分のダメ絶対音感が怖い。
そしてさっぱり縁のないこの室園さん、実のお母さんが「室園丈裕の母」を名乗って
HPを持っていることまで知ってしまってますますカオスな室園ワールドにビックリ(笑)

でも正直今回桑島さんは全く気づきませんでした。
脱帽した!桑島さんとは思えない男の子声と素晴らしい演技力に脱帽した!!
いやホントにこの方はすげーと改めて思いました。今迄で一番ビックリしたかも。
でも基本的に小島監督は声優さんのチョイスが渋くていいッスよね。

ってか銀魂がまたやりやがった!
キャッツ♥アイに続いてキン肉マンのOP流しやがった!!!
キン肉マンって今年で連載開始から29年になるのかよ!
テリーマンが日本に来た回はジャンプで読んだ覚えがあるぜ。
ドベ刑事とかリンかけ、サーキット、コブラなんかもやってた頃じゃないかな。
そういやあの頃のジャンプはまだまだチンピラ雑誌の匂いがプンプンしてたなぁ…

一言投票所

哲学的!?
■サーシェス云々の者ですが哲学的と言われるとは思いませんでした(笑)逆に嫌いなのは自分の行動に言い訳をするキャラです。自分を守るための言い訳をして、加害者でありながら被害者のように振舞う。そういったキャラが嫌い、というか嫌悪します。具体的な例は言わなくてもになになさんならば察してもらえると思います
いや~、大変面白いご意見だと思いました。ぶっちゃけカッコいいな~と。
どうも私は感情的な見方になってしまって、なかなか中立的かつ客観的に
見られないので羨ましいです。ちゃんと贖罪をすべきというのもいいですよ。

あ~、確かに言い訳キャラもウザいですよね。
私は人間は思考力と感情の生き物なので思考に一貫性がなくて揺らぎがあっても
しょうがないと思うし、私自身もあまり筋の通った人間ではない(口ではちょっと
すごそうな事を言うかもだけど実際はかーなーりいー加減な人間)のでそれも
ありじゃーんと思うんですが、どう見ても最大の加害者のくせに一番の被害者が
自分だと言い張ってみたり、それをよ~く考えてみたり自らを省みることもせず、
やっぱり全然自分のせいじゃないもんね~というヤツはホント、最低ですよね!
ええ、もうわかりきってるから誰とは言いませんけど!誰とはね!!(笑)

逆境無頼カイジ
■話も面白いし作画や演出も素晴らしく、文句の付け所がない!と言いたいんだけど、やっぱり利根川役の方の演技が惜しいなあ…。萩原聖人や津嘉山さんが上手だから余計に残念です
そうですか?私は白龍さんのちょっと素人っぽい喋りは全然気になりませんけど。
でも合わないとなんとなくその声に耳がいっちゃって気になるのはわかります。
萩原さんはすごいですね。アカギと同じと聞いて「えー?」と思ったのも遠い日。

銀魂
■ウウムまさかの時の為に、俺も秘蔵DVDをブックオフに…駄目だ俺には出来ない…しかし30枚で多すぎるなんていわれた日にゃ俺は…でも痴漢モノはないはずだ…もっとヤヴァいのは有るけどね!
あれって男は皆思うだろうけど、きっと腐ってる女子の皆さんも同じだよねきっと!
スネに傷がある人は皆黒ハイジに奈落の底へ連れ去られる…

Get ride!アムドライバー
■今更アムドライバーを視聴中……いやあ、いかにも化けそうにないアニメだ(笑 でも頑張って見てればご褒美がありそうなので(になになさんのレビュー的に)、頑張って観てみます
えー、あー、う、うーん、ご褒美…かなぁ、あれ(笑)
とりあえず福山潤のキチガイ演技と遊佐浩二のカッコよ過ぎるヒーロー演技は
よかったですよ。まぁ私は個人的にはアクエリオンよりは面白かったですけど、
何しろクセが強いんであまり期待はしないで下さい。リアルタイムで見ないと
あの妙にハイテンションだった熱気やノリはわからないかもしれませんので…

あー、去年日記に書いた紹介文、レビュー冒頭に載せとくかなぁ。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■本当の意味で場の雰囲気悪くしているだけですから、もうお互いに自重しましょう
■横槍、失礼いたします。「ちょっと、だけよぉ~ん」

管理人が「花田少年史」で一路に負けないくらい涙と鼻水にまみれている間に
なだめていただいてすみませんです。でもここに来てくださる方は皆さん知的で
楽しい方ばかりなので、きっと今頃は「ちょっといい過ぎたな…」と反省してるかも。
ドンマイドンマイ!たまにはこんなこともありますよね。

■「カマトトぶる」という言い方への忌避感がよく分りました。では性別関係なしで、「アンタも好きね」とか?
■まぁ性別を気にするなと仰るなら「カマトトぶる」という表現を用いなさるなということで。
■いえ、私もネタに対してネタで返しただけですが。特に下ネタってほどでもないし。それはともかく、一言投票所で性別を気にされてもね
■カマトトぶるってウブなふりをするという意味ですよね。下ネタかましてそう言われるとは思わなかったです。一般的に男に対しては使わないと思うのですが
■胸なんていくらでも大きく作れますよ。なにカマトトぶったことを…
■仲間由紀恵ムネナイ…

ありゃ、お互いに何やらお気に障ったようですね。
男性か女性かはわからないから選んでは言えないですけど、そーですね、
ここは少し柔らかな言い回しとしてふさわしいのは「カマトト」じゃなくて、たとえば
「そんな目くじらを立てなくても乳形成はいくらでも可能」ですよ~とかかな?(笑)

あ、けど「目くじら」ってのはニュアンス的に「怒ってる」みたいにとられる事が多いから
やめた方がいいかな?本来は「粗探しをする」なんですが…いや、そっちもダメか(笑)
日本語は語彙が豊かな分、知らないと知性や品性が丸出しになるので難しい。

■種キャラのイメージ俳優も考えてみました。まずは何かと問題の三隻同盟から。キラきゅん…藤原竜也、アスラン…松本潤、ラクス…宮崎あおい、カガリ…井上真央、マリュー…仲間由紀恵、ムウ…江口洋介、虎…内野聖陽、ミリィ…本仮屋ユイカ
ああ、なんとなくそれっぽいですかねぇ…漠然と知ってるだけの俳優さんも多いので
なんともいえませんが…仲間さんは胸ないっけ?マリューさんって170cmあって
あの胸なので、実際にいたらふくよかで迫力のある女性のような気がしますね。

■結婚と死亡フラグ>キラさん「ウン、そうだね。結婚なんて約束してる時点で、もう負けているよね。第一サイもアスランも、ボクのおかげで婚約死亡フラグから助かったんだし。」結局ユウナが死亡したことは、ユウナごと忘却の彼方のキラさんであった
ユウナの事は知らないだろうし、聞いたってせいぜい「ふーん」くらいでしょうけど、
そもそもキラきゅんはアスランと違って死んだ人間は思い出さない主義ですから。

「だって何度も何度もなぶり殺すのは可哀想だから…そう思わない、アスラン?」

タヌキとアライグマ
■アライグマに遭遇ですか。全然話は違いますけど、自分地元は結構山が多く、道路標識には「狸」注意の黄色い看板をよく眼にはしても実物にはあったことはありません。なにはともあれ、なかなか貴重な体験だったにのでは?と思います。いや、になにな様がした体験、自分も狸代用でいいのでしてみたいですよ。(笑)
今は害獣化してしまったアライグマの方が見られる確率は高いかもですね。
綺麗な水にしか棲めないゲンジホタルとか、山奥に行かないといないはずの
オオスズメバチとか、綺麗な渓谷にいるはずのカワセミなどが、むしろ農薬を
使わないしゴミが豊富でエサに困らない上に、人間のおかげで天敵がいない
都会に棲み付いているなんて聞くと複雑ですよね。民家の庭にタヌキの親子が
毎晩餌をもらいに来るなんて話が時々ニュースになったりもしますしね。

とはいえ私もさすがにラスカルさんにはビックリしました。
乗りたいバスは1時間に2本だけでしたけど、23区内ですからね一応。

魁!クロマティ高校
■龍騎を見終わったなら実写版【魁!クロマティ高校】の映画を薦めますよ~。城戸役の方がえらい勢いで輝いてます。牙王も違う意味で存在感醸し出してます。漫画のノリそのまんまなんで、ちょっとオーバーアクトなとこもありますが、大丈夫かと思います
そういえばクロ高は前にもお薦めがありましたっけね。ちょっと見たいかも♪
私が龍騎を見たのは最近ですが、あの頃に比べれば5年経ってますから
須賀さんも変わって…と思ったけど、神山ヘアになった城戸くんの顔を見たら
もういきなりぶわーーーーーーーーーーーっと龍騎を思い出しちゃったじゃないか!
せっかくゆっくりクールダウン中なのに、またしても龍騎が!ナイトが!ゾルダが!
王蛇が戦い始める!ミラーワールドの夢が踊りだす!!うわーん城戸くーん!!

機動戦士ガンダムOO
■爆散するコーラの機体! バーロー大佐「あ…あぁ…少尉―!!」 直後、何事も無かったかのごとく無傷で生還するコーラ。ハッピーエンド、ヤツに死亡フラグは効かない! 戦後は何故か赤GN粒子の影響も受けずに長生きして、歴戦のスーパーエースとして都合の良い自伝とか書いてる姿が目に浮かぶぜ…
「都合のよい自伝」ってのが最高にコーラらしいですね!
オレンジに比べるとコーラサワーはモロに狙いすぎててイマイチだったんですけども、
先週の「はい!ないです!」にはぶふっと吹きましたのでやられたかもしれません。

今私の中でのバカキャラベストは

1位 偉そうな事を言ってたくせに結局 「カッコよすぎる…!」の黒
2位 「糸こんにゃくと俺に楯突く男」が大嫌いな音也
2位 「へんしん………!?」しろよそろそろ!!と誰もがツッコんだ名護さん
4位 世界の変革より自分の恋路のコーラサワー
5位 きみあるキャラ(いや、この場合スタッフと言うべきか…)

ですね。これまでは音也と名護さんが僅差で1位を争ってましたが、
前回前々回とゴーオンの黒がぶっ飛びまくりました。最高です(笑)

■ 「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ♪」>それってロボアニメでは死亡フラグですよコーラさん!でも死ぬのはコーラさんではなくカティ大佐だったり…
■戦闘は激化し次々とレギュラーが戦死していく中、コーラ「俺、この戦いが終わったら結婚するんだ♪」
私も思いっきりそう思います(笑)
コーラにはぜひ最後までゴキブリの如く生き残ってもらいたい。
そしてことごとくつきあう女をお互いに殺しあうジェリドとカミーユのように…

■ヴェーダ>「イオリア何とかをはじめとする多数の優秀な科学者の脳が直接接続されたコンピュータ」が正体ではないかな、というのが私の推測。ただ、一番の根拠が今回の最後のシーンの台詞だから、あれがもしミスリードだったら完全に釣られた形に
「連れ去られた科学者があの玉の中で脳味噌ミンチにされてたりして」と書こうとして
「これはあまりにも投げやりなレスだ」と思って消したんですけど、大筋は同じ?(笑)

名作劇場
■「ラスカル」はラストシーン以外、観た覚えがほとんどありませんが歌で全体のイメージは掴めますね。「愛の若草物語」は歌に挿入されている原作シーンが本編でカットされてるんだからJAROを呼ぶべきだ
でもラスカルもひたすらまったりストーリーなので私は途中で厭きました。
なんかねー、ダメなんですよねー、ああいう良質とかいわれるアニメって退屈で。

ジャイアントロボ
■おぉ同志よ、文句言いながらも結局外伝全部観てらっしゃるではないですか!(苦笑)
■まー「青い瞳」はクオリティは外伝の中では一番、高かったしゲストCVも初代正太郎とか星一徹とか豪華でしたね。本編に感じる人に薦めるほどのパワーはさすがにありませんが…
なんだかんだで皆さんジャイロボが心底お好きでいらっしゃる(笑)

■でも全く懲りずに「青い瞳の銀鈴」も買ったのさ。そして初回限定全プレの「生唾ゴックン生写真(鉄牛が銀鈴の水浴びを盗撮した設定)」も速攻で応募したね。そしたら重要な部分は髪の毛や手前の木の枝のトカゲさんで隠れているのさ。鉄牛テメェ盗撮もマトモに出来んのかぁ!(怒)
鉄牛もまさかこんな事で怒られるとは思ってなかったでしょうよ(笑)

■鉄腕LD購入した方へ。本編制作費をガバっと寄付したという事で納得しましょう!
そうですとも!ジャイロボが制作会社の変更など迷走に迷走を重ねながらも
無事に完結できたのはお財布の紐を緩めてくださった皆さんのおかげですとも!

死亡フラグ
■ロボアニメで無くても死亡フラグでしょう…。ハガレン原作のイシュバールで焔の錬金術師もいってます。まー結婚どころかディナーの約束しただけで死んだ人もいますが(「B.B」とか「逆シャア」とか)
逆にそういう約束があるからこそなんとしてもと生還するものもあると思うんですが、
「死亡フラグ」の方が悲惨なせいかそれは「生還フラグ」とはならないんですよねぇ…

キャスティング
■第4弾はこれまでに収まらなかったキャラを挙げました。ララァ…中島美嘉、ミハル…水川あさみ、アイナ…柴咲コウ、ミケル…伊藤淳史、レコア…田中美里、ジェリド…市川海老蔵、シロッコ…野村萬斎、ヤザン…寺島進、プル&プルツー…森迫永依、カテジナ…小沢真珠
中島美嘉のララァて!眉毛が薄くなる一方で怖いよ、顔が(笑)
00:39 | 日記 | edit | page top↑

かみさまありがとう 僕に友達をくれて♪

出張に出てとっぷりと暮れた夜、巨大な団地の中でバスを待っていた。
この団地には本当にたくさんの人が住んでいるのだけれど、高層階に
住む人たちは日が暮れると家に入ってしまい、外を歩く人が意外と少ない。

だだっ広い団地の中は街灯も少なく、暗くて人通りがない。
チカンが出るのは日常茶飯事、高層ビルからの自殺もあるだろうし、
何年かに一度は殺人事件などでもニュースに載ることもあったりする。
飲み会の後など、団地の中を突っ切る方が早く帰れるのだけれど、
真っ暗で人通りの少ない道を行くのはなんともイヤな気分である。

とはいえ今回私がバスを待っていた時間はそこまで遅い時間ではない。
人も歩いていたし、団地を突っ切る道路を車もびゅんびゅん走っていた。
慣れない場所で時刻表を知らなかったがゆえに1時間に2本しかない
「どこの田舎だ」と憤りたくなるような少ないバスを待っていると、
ふと眼の前の道路をこちらに渡ってくる生き物がいる。

幸いその時は車の通りがなかったのだが、それでも一台走ってきたので
あ、危ないと思っていた。しかしソイツは走るでもなく悠々と歩いてくる。

猫にしては背中が丸くずんぐりしている。それに少し大きい。
何より猫だったらもっと早く小走りだろうし、車が来たら慌てて走るはずだ。

だがソイツはノコノコノコノコおっとりのんびり歩いている。
慌てるでも立ち止まるでもなくひたすら道路のこちら側を目指すのだ。
鼻先が尖り、先に行くほど細い足、丸い背中、そして長い尻尾…

犬とは思わなかった。一瞬タヌキか?と思った。
私は正体を確かめるべく渡ってくるソイツの傍へ寄っていった。
人が近づいても歩みを止めようともしないやけにふてぶてしいソイツは、
私の目の前で歩道に上がり、ビビりもせず振り向きもせずに団地の入り口を
上がり、植え込みに入ったはいいが今度は枝にあちこち引っかかりながら
(と、とろい…でも全然気にしない)人気のない暗闇へと消えていった。

ふさふさした尾っぽ、やや大きめの体、ペタペタと歩くその姿は、
タヌキではなくラスカルでお馴染みのアライグマさんであった。
夜になると人気がなくなる高層ビルの森は、住み心地がよいのだろうか。

アテナさん、黒っ!!!!!
あんなにケロリと嘘つける彼女の腹黒さにビックリしたわ!
いくらなんでもあそこまでやらんだろフツー…

昨夜からBSにてカウボーイ・ビバップが2話連続放映開始。
映像も思ったより綺麗だしウザいCMも入らない。あ~マジで嬉しい♪

一言投票所

仮面ライダー電王
♥最近考えた事・・私は、あの青い亀が好きなのか、あのエロい声が好きなのか、演じている人が好きなのか・・・。全部ひっくるめたウラタロスが大好きだ!という結論に達しました。ウラタロスに会えるというだけで、テンションあがってます!すみません、誰かに聞いてほしかったんです
あらあら、ホントにホントにウラが大好きなんですね♥

私、12月に全話見返しをやったんですが(これは本当にラッキーな決断でした)
当時は空気空気といじられていたウラですが、思った以上に出番が多くて
貴重な便利キャラとして使われていた事に驚きました。なんとなく他の3人?の
問題児に比べるとおとなしめだったから「この子は問題ないから少しくらいは
大丈夫」と思っちゃったのかな。実はウラも制作者に愛されてたんですよね。

ウラのおかげでエロい声の遊佐さんを知った方は多いんじゃないですか?
反面エロイ声の遊佐さんも絶対ウラのおかげで仕事増えたはずですよね!
特撮出演という長年の夢がかなって最高だったであろう鈴村さん同様、
2007年はご結婚もされた彼にとってはヴィンテージ・イヤーだったでしょう。

ウラとは別に関係ないけど、次回からキバにレギュラー出演するバッシャーは
ウラが初登場(実はリュウタも…)した電王5-6話に出たサッカー少年ですよ。

♥せっかくの共演だし、映画でガルルさんミルクディッパーに来てくれないかしら? きっと愛理さんブレンドも通な彼の眼鏡にかなうだろうし、値段はなんぼかなぁ(笑) まぁ、間違いなく三浦&尾崎と折り合い悪いだろうけど
あはは、確かに!ガルルさん、いくら払ってくれるんでしょうね。
ってか音也と三浦&尾崎がまず折り合い悪そうな気がする。
物語がある程度進んでから撮影されたならまだ色々な可能性もあったでしょうが、
キバは放映前だったのでまだまだキャラも物語りも手探り状態だったでしょうし、
電王組は最終回撮影直後なので変なテンションが残ってそうだし…
とりあえずあと一ヵ月半、楽しみですね♪

キャスティング
♥久々のガンダム実写第3弾は連邦&エゥーゴ側です。どうでしょうか?ミライ…石原さとみ、フラウ…上野樹里、カイ…瑛太、ハヤト…福士誠治、リュウ…山口智充、エマ…国仲涼子、ヘンケン…豊原功輔、ベルトーチカ…沢尻エリカ、アストナージ…大泉洋、ウォン…斉藤洋介
ベルトーチカがエリカさまッスか!うわ、こえ~(笑)
国仲さんじゃ優しくてアマアマなエマさんになりそうじゃないですか?
ウォンさんも斉藤さんじゃ人がよさそう。でも役者魂を見せてくれるかな。
カイが瑛太は瑛太ファンの方が怒るんじゃないか!?大丈夫か!?

機動戦士ガンダムOO
♥絹江が死んでしまった訳だけど、彼女が何を調べていたのかは沙慈にも伝わるんだろうなぁ……(後輩とかから? 今期中に刹那、物語の本筋と関ることはあるんだろうか(2期では間違い無く関るだろうけど
私も絹江さんは死んだと思ってるんですけど、まだわからないじゃないか派も
結構いるみたいで、なら死んだと断定するのは今週末の話を見てからにしようと
思ってるんですが…死んだんですよね、多分。さほど思い入れがなかったのと
まぁ死ぬだろうな物語上、と思ってたので私としてはダメージは皆無でした。

沙慈はここで退場、2期で意外な形で登場でも面白いかもですね。
とにかく2期は大分毛色が違ってるらしいので、大傑作ダイ・ガードを
見た今となってはむしろそっちの方が楽しみかも…

♥サーシェスのようなキャラは個人的に好きだ。人間の内側にある悪の部分を隠さず、自分の衝動に従うキャラは好きだ。けど好きだからといって全肯定するつもりはない。非道な行いを行ってきた者は逃れられず、いつか裁かれる。それが刹那の手によって行われる事を祈る
おお、これはまた面白いご意見ですね。
悪と衝動を肯定しつつもその行いはあくまでも否定するとはなんと哲学的。
私はいくらそれが人の本質と言われても、猟犬のふりをする狂犬は嫌いです。
おかげでこういう役柄が非常に多い藤原ヴォイスも結構苦手なんですよね…

♥やっぱり荒熊戦死→ソーマが人間性を取り戻すってのはガチですかね。堅物のお父さんと反抗期の娘って感じで好きなコンビなんですが。コーラを見ていると「馬鹿な子ほどかわいい」って気分になりますねぇ
荒熊がベタベタするでもなく、押し付けがましくもなく、何かが欠けている
ソーマをちゃんと人らしい道へと導いてるのがすごく好きなんですよ実は。
反抗期というほどは反発はしてないのがソーマも可愛いじゃないですか。
この2人はいいですよ。でもだからこそ別れは必然なのかなぁと思ったり。

♥ジンクスを拒否するグラハムが格好良かったせいか、セルゲイ達が小物に見えてしまった人が多いみたいで。自分もは増長してるのかと思いましたが、ノロくて空調も効いてなさそうで、装甲も役に立たないティエレンには愛着無いだろうし、命令に従うのは当然だからなぁ。罠とか仕掛けられてないだろうな…
え、そうなんですか?主役機をあっさり乗り換える主役には割と寛大だなぁと
思うのに脇役には厳しいですね。グラハムもどうせそのうちビリーが開発した
擬似太陽炉をフラッグに乗せるんじゃないですか。姿がフラッグならオケ!(笑)

♥「200年前から多数の科学者が行方不明という事実」「これがイオリア何とか(苗字忘れた)これがヴェーダbyリボンズ」「ヴェーダの無駄なまでの巨大さ」これらからヴェーダの正体は分かった気がする。でも、もしこれがミスリードだったらと思うと・・・・・
そうですか、私には何が何やらサッパリわかりません。
それより私のエンジェルとかやっぱりエンジェルだとかほざいてた
アレハンドロさんのステキすぎる変態ぶりに眼も耳もいっちゃってました。

ジャイアントロボ
♥鉄腕GinRei>OVAとは思えない作画とか意味の分からない居酒屋コントとかそもそもGinReiロボが許せないとかホントの事言うな。イワンがピアノ演奏とアカペラ披露しただけで大満足じゃないか!じゃないと当時定価でLD買った俺が馬鹿みたいじゃないか!(泣)
ああ、哀しい遠吠えが聞こえる…(笑)

♥「鉄腕GinRei」はクオリティ低かったですからね…。ドラマCDの方が銀鈴の仲間に対する本音トークとかがあって面白かったかも
あいやー、バッサリですか(笑)
ところでドラマCDって皆さん結構聞かれてるんですねぇ。

♥何っ、主人公より人気のライバル?それはオロシャのイワンですな。エッ?違う?お主、脱力系外伝「鉄腕GinRei」観てはおらぬな
えええええ、なんでまたそんな事態に(笑)

♥敵の方が人気があるなら本作も…、いや主人公以外のキャラが人気があるというべきか
そうそう、主人公も結構画面占有してるんだけど視点ぼかして敢えて見ない。
だってGRは他に見るべきものが多すぎるんですものー

仮面ライダーキバ
♥素朴な疑問・・大好きな名護さんがキバに敵意を持っていると知って、渡くんはどう思ったのでしょうか?ショックで、また引きこもるのか?敵意の理由を追求するのか?気になりませんか?
渡、立ちはだかった憧れの名護さんに思いっきり戸惑って戦えなくなってたように
思うんですが、どうでしょう。次回予告はガルルと音也がメインだったので渡がどう
出るのかは予想が出来ない…まさかキバの事をストレートには聞けないだろうし。

地球防衛企業ダイ・ガード
♥ダイ・ガードはドラマCDも抱腹絶倒で実に面白いですよー。青山の隠された趣味が三木さんノリノリで明かされたり、社長がイメージぶち壊して余りある暴走したり。中でも、ただの小物悪役だった西島の失脚後に涙。駐車係に落とされても、家族の為に働かざるを得ないとは・・・・
西島社長の末路が悲惨でした(笑)あとくじらオバサンがコギャルだったという
衝撃の事実にコーヒー吹きました。そうか、2030年に50歳前後くらいなら、
1995年頃のヤマンバとかガングロとかあのへんのコギャルだったのかー!

♥ダイガード、12話まで見ました。最高です。キャラの動きが面白い。それに城田がすごい良い。整備、組み立て時間を稼ぐためにみんなが動いてかっこいいんだよ。それに熱い。最後の一撃なんてもう最高
城田さんは芯は変わらないながらもどんどん変わっていくのがいいです。
佐伯もすごく変わりましたよね。最終戦でのあの一言はじーんとしました。
ホント、ひとっつも無駄がないんですよ。これほどの名作がさほど知られて
いないなんてホントにビックリしましたよ。なんで?どうして?おかしいよ!

墓場鬼太郎
♥お下劣替え歌、私の所では… 「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ~~。朝は畑で立小便♪誰か来る、誰か来る。畑のオッサンが~鍬持って追いかける♪♪」
うわー、お下劣。でもまだ野糞とかじゃないだけマシでしたおまえもおゲレツだ!

キャラ比較
♥シャアと曹操>フィクションでのキャラクター性は似通っているけど、政治的手腕は、徹底したリアリストだった曹操と、過去に拘泥しパイロットである自身を捨てきれなかったシャアは若干イメージが異なるかなあ
シャアはできれば自分の好きなことだけやってたかったタイプなんですよね。
自分の思うように復讐の牙を研ぎ、自分のやりたいように理想を追い求めたい。

けれど廻りはそれを許さない。実際シャアには高い能力と独特のカリスマ性が
備わってますからね。皆、彼なら何かしてくれそうだと期待しちゃうんですね。
でも担ぎ出されてやってみれば結果的にはまとめきれずに最後はケツをまくって
逃げ出すハメに。にっちもさっちもいかなくなったら責任を取るよりもカッコつけて
命を散らし、伝説になる方が彼の美学にふさわしかったんじゃないでしょうかね。

♥シャアって三国志の曹操に似てませんか?主人公より人気のあるライバル、ゲームの能力がとても高い、策略好き、お坊ちゃんとは一応友人(ガルマ、袁紹)、そして何より派手でトレードカラーが赤というところなど…
突出したカリスマ性や、アムロたちのような天才まではいかないにしろ(これがミソ)
何でもソツなくこなせてしまう能力の高さのせいで買いかぶられたがゆえに
結果的に孤独だったのがシャアだった気がするんですが、曹操はどうでしょう?
勇猛であまりにデキ過ぎるがゆえに孤高の人だったイメージがあるんですが。

名作劇場
♥「カトリ」放映時は、むしろNHKの「子鹿物語」の方が人気があったような…。あの重いラストは名劇では出来ないと思い出したり、「撃ちたくない撃たせないで」と妄言撒き散らすエロ魔人を撃ち殺してやりたくなったり…
「小鹿物語」は第1話しか見てないからサッパリわかりません。
1984年はホントに面白いアニメが多かったので、小鹿とかカトリとか
私の中でモロに「子供向けお説教アニメ」は完全に蚊帳の外でした。
00:30 | 日記 | edit | page top↑

またまた珍しく昼休み更新

午後は長くなるに違いない会議があるので先にブレイク。

一言投票所

項目に「仮面ライダーキバ」を新設。
それに伴い、特撮&仮面ライダーシリーズに寄せられていたキバ関連の
コメントを全て移しましたので、それ以外の項目にコメントされたものが
新規20コメントから落ちてしまいました。もちろん後で全てにレスしますが、
暫定措置としてキバ以外に頂いたコメントをコピペしたものを張っておきます。
レスしました。

機動戦士ガンダムOO
▼そういえば最近のガンダムにはジェネレータ出力とかの設定がありませんな。あとジンクスとかいう新型が、リボンズの意思で操作または自爆させる事が出来たらどうしよう。ハム以外は一気に死亡フラグ?
そうなんですよね、ナドレみたいな切り札を持ってそうだし(ガンダムO?)

一番危ないのは荒熊だと思います。物語上、眼の前で彼が死ぬ事でソーマが
ますます人間味を帯びた戦士へと成長していく布石になるのは間違いない。
グラハムはフラッグにこだわったがゆえに助かり、アリーは何があっても刹那と
決着をつけるまでは逃げおおせるだろうし、コーラは…はっはっは、アイツは
その前にきっとまた撃墜されて地べたを這いずり回ってるに違いないですよ。

▼GNドライブ>9Gで機動できるF-15戦闘機が20万馬力なので、フラッグが2倍として40万馬力。エクシアがフラッグの6倍の出力とか言ってたので240万馬力。200万kw位になるのかな?えー!?
すげー、太陽炉すげー!
…ヘタに爆発させたらあたり一面悲惨な事になりそうですガンダム…

PERSONA - trinity soul
▼毎回何かしらの状況が進んだりキャラの掘り下げがあったりとあきさせないし、上手いよ。主役の学生たちが自然と集まってるのが学園モノで良いな。何より敵がちゃんと動いてるのもね
緑髪のペルソナ使いは化粧が濃すぎて高校生に見えないのが難点ですかね(笑)
あと緑髪と一緒の施設にいた影抜き大好き娘守本のペルソナも気になりますね。
最近すっかり力を使いこなしている三男がますます謎めいてきたのが気になる。
でもこれは今後も安心して見られそうです。今日発売のペルノOPもきっと売れる!

仮面ライダー電王
▼劇場版2、遂にCM始まりましたがあの敵イマジン・・・・緑川さん!?
ブラックモモタロスみたいなヤツでしょ?緑川でしたね!楽しみですね!
あとあのウサギがまた出てるのでどこまでリサイクルする気やねんと
CMにもツッコんでしまうのは電王ですね~、やっぱり(笑)

▼CMの健くんが、楽しそうでしたね!Double-Action CLIMAX form も発売されるそうです。モモ、ウラ、キン、リュウ、デネブ 版があるそうです。ジークの立場はどうなるのでしょう?
へ~、ダブアクのClimax!?一体どんなシロモノなんだ…
ジークは本編には3話しか出てないんだってば!なのになんだあの存在感(笑)
ってかヤツの事だからボーナストラックに無理やり入り込む気では?

▼ついに劇場版CMもOAされましたね。でも、CMのウラの「俺、参上」ポーズはおかしい(笑)あれだけでも爆笑でした。キバからは渡だけかと思ってたんですが音也も出るみたいで、どんなバカ話をやってくれるのか楽しみです♪
なんであんなにクネってるんだウラは!クネるな!腕曲げるな!
キバ組は音也がバカやって引っ掻き回してくれればそれだけで楽しそうですね。
つかぜひ我らが釣り師ウラとナンパ合戦していただきたい。タイプ的にハナさんも
ゆりも全然引っかかりそうにないけど。とりあえず春までワクワクが止まらねぇ!

地球防衛企業ダイ・ガード
▼ダイガード、どんなのかと思って見てしまいましたが、まだ6話だけど面白い。ちゃんとみたい描写をやってくれてるし、キャラの当番回として掘り下げもしてる。何より1話1話気持ち良い、起承転結がハッキリして怪獣と戦って終わりも
いやマジで最高でしょう!私一気に見てここまで楽しくて「おっしゃー!」と
思えたのは「スクライド」以来かもしんない。しかも「スクライド」には君島やビフや
シェリスという泣きどころもあったのでカタルシスばかりというわけではなかったけど、
ダイ・ガードは全てにおいて「前向き・明るい・健やか」に向かおうとしてる。
社会のモヤモヤや悩みも一杯あるんだけど、それを乗り越えていこうという
人間の強さがあるから安心して見ていられるんですよ。すっごくいい作品です!

私なんかリヴァイアス→龍騎→ダイ・ガードと見ちゃったから、
なぜか尻上がりにテンション上がりまくりで、未だにこの三曲の
OP(どれも超名曲だからなぁ。DISなんかリヴァを見てなくても
4年前から聞きまくってたし)が頭ん中廻りまくってますよ(笑)

電磁戦隊デンジマン
▼デンジマンの替え歌ですか、「誰かが何処かでクソしてる、急げ~便器マン、便器スパークだ~」なんて歌ってた記憶がある
きたねぇ~!!!まさに王シュレット!

しかしガキってのはホントこういう替え歌好きですからね。
今も学校や幼稚園ではこんなアホな替え歌とか流行ってんですかね。
13:20 | 日記 | edit | page top↑

ワクワクサンデー

「ご注文は?」 「おまえだ♥」 「出て行け」 麻生ゆり紅音也

恵さんが弱弱しい渡を罵倒するのはやっぱりいい気持ちではないけど、
負けない挫けない自信満々の名護さんを罵倒する分には問題ない。
つーかゆりと音也のどつき漫才と同じくらい楽しい。
女がいくらキツかろうがめげない男っていいわぁ。

そもそも名護さんは顔がやたら綺麗なのでうっとり。
渡くんも綺麗な顔はしているのだが、ついついホクロを数えたくなってしまう…

なぜか1986年には人間界をうろついていたガルルがマスターに
払った代金は一万円。モンスターのくせに金持ちだなおい。
ってかフツーにワイルドでカッコいいよこの狼男。
くんくんコーヒーを嗅ぎまくるのは犬っぽくて可愛いしな。

音也が結構ケンカが強いのはちょっと感動した。
いや、まぁファンガイアともあれだけ渡り合ってたから強いんだろうけども。
コワモテのガルルにも1歩も引かないしね。でもヴァイオリンを弾くくせに
手を怪我したらどーすんだ。プロは引退したと言ってたからもういいのか?

「で、どこにかけるんだ?そうか、俺んちか」(紅音也)
下4桁は0108。覚えやすい。それにこの頃はまだ珍しかった留守番電話だ。
吹き込んでみろよ。わかってる、「愛してる♥」って言うんだろ…さぁ…

「消えて、この世から」(麻生ゆり)

同じ場所で話す母子の対比も面白かったね。
チャッカーズのファーストライブは手書き、解散ライブは上質紙のポスターだったり、
今はそれすらも少なくなった緑の公衆電話がコインしか使えない黄色だったり…
1986年には電電公社は民営化してたから、もうテレカもあったんだからねっ!

「名護さんは…最高…だから…」(紅渡)
「聞こえないな…もっと大きい声で言いなさい」(名護啓介)

なんだこの1歩間違えばやたらエロい言葉攻めは!間違うな
「音也次第」「モンスタートリオの活躍」がキーと昨日も書いたばかりだけど、
さらに名護さんのおかしな愉快人っぷりもツボにハマるとくるねー、これ。

ヤバい、今日のキバは久々に電王を見ていた時のような爆笑ウェーブがきた。
名護さんのライダーシステムは残念ながらおあずけだったけど、次回は緑の
バッシャーフォームがお目見えするらしいし、まだ何一つわからないながらも
勢いで飛ばしてる感じなのでこれはこれでいいかも。結構楽しみじゃないか。

大体直前に「きみある」ではガガガVSガンダムファイターの
「おいおいそれアリかー!?」的な超絶熱血バトルに大爆笑し、
ゴーオンジャーの10秒に一回はツッコミを入れたくなるアホな状況にも
大笑いして笑いのハードルが低くなってたせいもあるかもしれないけど、
ホントに愉快な気持ちにさせてくれたよ。やっぱり楽しいっていいよね。

電王の劇場版のCMも初オンエア!
佐藤くんが嬉しそうに「俺、参上!」ポーズやってるなぁ。
電王は冗談っぽい話をやってももとが何しろ楽しい話なので、ああいう
奇抜なシーンを見ても全然違和感がないのがすごいよ。楽しみだ♪

「もっと正直になりなさい」(名護啓介)

私が見た作品で電王、龍騎、キバのOPを比べた時、
カット割りなどで一番好きなのは実はキバだったりする。
もちろんどれも物語を語ってて好きなんだけど、キバは特に見てて面白い。
ゆりと恵が武器を振るうシーンが2人ともセクシーなのでドキドキするぜ。
OP曲はどれも甲乙つけがたい。燃える龍騎、とびきり明るくてノリのいい電王、
でもイントロがおどろおどろしい割りに結構明るいキバのOPもかなり好きだな。

なんにせよ、色々楽しみが増えるのは嬉しい事だ。

一言投票所

なんだかやけに機動戦士ガンダムOOで盛り上がってるじゃまいか!
ええい私も混ぜてくれたまえ!あんまり真面目に見てないけども(笑)

銀魂
◆被害者A子さん、キン肉バスターを破るには、ロックされていない首から抜けるんだ!(注意:改良アシュラバスターにはこの手は通用しません)
「そーいう問題じゃないから!勝負じゃないからねコレ!」(立木ボイスで)

仮面ライダーキバ
◆次狼さん!ちょっとコミカル、でもかっこいい!!音也さんもいい味出してますね。今のところ、渡&恵より、音也&ゆりのコンビに軍配!(すみません、個人的にです。) 名護さん、早く変身してください! 待ってます!
私も音也&ゆりですよもちろん。でも弱っちい渡じゃなく、自信家の
名護さん&恵なら名護さんが全然負けてないので面白いと思います。

ゆりさんがガルルこと次狼に好意を持ってるというのが気になりますね。
名護さんは今回しゃしゃり出てきて変身しかけたのに引っ張りますな。
今回みたいなギャグ主体(ただし主人公は抜きで)ならなんとなく笑えそう♪

◆キバ、冒頭とかなんか凄くアニメ調なノリだなぁ。ああいうノリは好きじゃないんだけど、音也とゆりのノリ突っ込み気味な夫婦漫才とか、喫茶店の狼とか、妙に人間味ある怪人とかは不覚にもツボった。そういえば挿入歌は瀬戸君がバンド組んで歌うみたいですね(PVもあるとか とても上手いらしいので期待してます
ですね、むしろギャグをやるのは音也&ゆりコンビと恵&名護コンビ、そして
コワモテなのにやけにおちゃめガルルたち支援モンスターズに加え、憎めない
ファンガイア(とはいえ今までのファンガイアはどうも今ひとつですけども)にした方が
無理がなくていいような気がします。アニメというよりは昔から苦手な子供向けを
意識したオーバーアクトを乱発する特撮の悪い点なんだよな、これ。

◆明日のキバ!予告を見ると、音也とガルルの絡みがあるみたいなので、とっても楽しみです。音也さんはいつ変身するのか、名護さんのライダーシステムはいつお目見えなのか、気になってます
面白かったですね~!今日はキバ始まって以来結構心おきなく笑いました。
多分ホントは心機一転名誉挽回しようとしてミニコンサートを開いたものの
渡が失敗して台無しに…という話の方がメインだったはずなのに、親父とゆり、
そして名護とガルルが全部持っていっちゃいました。いやー、楽しかったなぁ。

機動戦士ガンダムOO
◆あー・・・スミマセン。「GNドライブ」「原発」発言をしたものですが、単純にちょっと聞いてみたかっただけです。低レベルでスミマセン
ちょ、何そんなん気にしてるんですか!違う違う、全然OKですよ!
私の言いたかった「低レベル」は、単なる意固地な感情の張り合いになった
言い合いの事ですから!ここでは節度があれば全然何でもアリですから!

ホント、自由に発言していいんですよ^^私こそ言い方が悪くてごめんなさいね。

◆なるほど。要はタイプが違うと言いたかった訳か。でもそれはわかった上の話じゃないのかな・・・売り上げとかの話はともかく。すいません、蒸し返しちゃったかな
タイプは違うとわかった上で、でも「OOらしさがあるといいな」ってことでしょう。
ちょっとノンビリムードだけどこうして今盛り上がってくるとワクワクしてるし
先も気になるので、それで十分かなとも思います。あとは個人的好みとして
欲を言えばもっとハラハラドキドキさせてくれたらいいなぁと思ってますがね。
ダイ・ガードの最終決戦はホントに素晴らしかったよ監督!

◆みんなの優しさに感謝しつつ、もう一回。ギアスは完全に短距離走タイプだと思います。元々2クール前提ですし。ナリタ戦は確かに盛り上がりましたが、それが両者のミリタリーバランスに全然影響なかった点がナリタ戦までを一つのレースとして終え、2クール目から新しいレースが始まったと言えるのではないでしょうか
えっ!?何をおっしゃる、2クール前提じゃないですよギアス(笑)

大人の事情で「2期決定!」みたいな事書いてましたけど(騙されてはいけない)
もとは土6の1年ものとして設定され、放映日やサンライズの看板番組ガンダムの
制作との兼ね合い、そして恐らくは谷口がこれまでも1年ものに携わってない
ことなどから、「ま、深夜枠2クール×2で行きましょう」となったはずですよ。
むしろ2期が日曜夕方枠になったことの方が想定外かもしれないッスね。

第一あんなギリギリで2期に伏線を残した話を持ち越せるはずがないです。
銀魂でも言ってたじゃないですか、2月放映のコンテは12月に描いてんだよと。
コンテ描くにはまず脚本がいるんですから、それが上がったのはもう少し前。
遡っていけばそこまでギリギリのはずがない。種じゃあるまいし(笑)

ああ、そうですそうです。まさに仰るとおりで、OOにはそういうギアスみたいな
物語が締まるメリハリがないよねって言いたいんじゃないかな、多くの方々は。
ガンダム見るからには人間ドラマやMS戦で心ゆくまで燃えたいじゃないですか。

◆え?場の雰囲気悪くなりましたでしょうか?私としてはまったりとした意見ばかりより、今日の様な論戦の方が楽しかったのですが(苦笑)てゆうか過去に、外伝ネタとか遺伝子ネタとか、低レベルの火種をわざと投げ込んだ俺がいる
ですよね~、結構面白かったですよね、色々な意見があって。
こういう意見を言えるようになって来たのもOOの一回目のゴールが
見えてきたので総括できるようになってきたからじゃないですか。
しかもその内容が「もうちょっと面白ければなぁ」というものだったと。

ああ、もしかして遺伝子ネタってこの間盛り上がってたあれですか?(笑)
やけに専門的な話にまで発展してあれはあれで面白かったですよね。
何にせよ短いし投稿制限もあるコメ欄ですが、何より相手に敬意を払い、
潤滑油を忘れずに、意見を簡潔的確に伝える皆さんは偉いなぁと思います。

私はこのブログでは独裁者なので好き勝手なことを好きなだけ、しかも
制限のない字数を使って書けますからズルっ子ですよね。すいません(^-^;

◆そう言えば、GNドライブって、原発みたいだと思うのは私だけでしょうか?
「太陽炉」という名前からしてエコロジーなのかしらと思ってたら再生医療を
不能にするくらい恐ろしいシロモノだったとは!大丈夫かコーラサワー!!

◆なんだか場の雰囲気を悪くしてしまったようなので、最後にします。同じ視点云々とは、種やギアスを短距離走00をマラソン的な見せ方だとしたら、マラソン選手に短距離走並に全力で走れとか選手の扱いが雑だって文句を言っても仕方ないよね?って事です
えー、全然悪くなってないし、低次元な会話にもなってないはずですよ。
ここに来てくださる知的でウィットに富んだ方たちをナメたらあきませんぜ!

種と比べるのは(つか多分比べてないとは思うんですが)ガンダムであること、
ギアスと比べるのが無理ないのはOOと同じく2クール×2期制だからでしょうね。
(ギアスは1期末にもクライマックスを持ってきただけで短距離走ではないですし)

ちなみに私が言いたいのは別の作品と比べるのではなく、通常の2クール
ものとしての骨格や構造に則っては盛り上がってないかな?という事です。
本来は1年の長丁場とはいえ、やっぱり一旦は物語を締めるわけだから、
2クール作品としても盛り上げることは必要かなと思うので。

◆ちょっと整理。今のところ明かされていない謎はロックオフ(仮)、スメラギの過去、リボンズとティエリアの正体(CD眼能力の謎)、アレハンドロの真意、セカンドチームたるトリニティを作った存在(=ラグナ?)とその目的、でしょうか。いったいいくつぐらい二期に持ち越されるのか……
ばら撒くためのGNドライブを作った勢力の事や、今回アレハンドロがヴェーダに
辿り着いたことでソレスタの真の目的も明かされるのか?それとも持ち越し?

◆ま、他のアニメと違う所はガンダムだから見てるという人が結構いる事ですね。面白くなければ見るのヤメれば?と思う人も中にはいるかもしれませんが、それでも見続けるのはガンダムだから…そーゆう人(所謂ガンオタ?)が結構いるんですよ
私はこういう時「いつ面白くなるかわからない」からと警戒して見てます。
(いや、「今のOOはつまらないけど見てる」というわけじゃないですよ?)
だって視聴をやめた作品が終盤化けたり盛り上がってはじけたら悔しいから。

◆なんだかようやく自分が言いたい事が伝わったような気が。別に私も否定意見がいけないんじゃなく、根本が違うものを同じ視点で見てどうこう言うのは無意味じゃないかなと言いたかったわけです。群像劇の見せ方の良し悪しについては個々の感性によるものですから、それぞれの意見が正しいと思います
アイディアがないからって本当にパクってるのは問題外ですけど、あれもパクり
これもパクりという片付け方は、なんでもかんでも「鬱展開」とくくっちゃう事くらい
イージーで情けない処理方法だと思います。OOには他の追随を許さないほど
いいところもありますよ。例えば、ほら………作画?<ウソウソ、ウソですよ~

◆個人的に見てて厳しいと思うのは、ノイスター達はまだいいとして、トレミーの連中は何でこの計画に加担する気になったのか?動機とかはっきりしなくて違和感があります
テロで家族を失ったロックオン、洗脳され神の戦士として戦わされていた刹那、
強化人間として生み出されたアレルヤ、ヴェーダにアクセスできる金の眼を持つ
ティエリアはともかく、トレミーはホントにわかりませんよね…フェルトは両親が
ソレスタだったと判明してますが、他はサッパリ。だから思い入れができない。

◆になにな様へ。「勝手に降格するな、私はカティ・マネキンた・い・さ!」
ありゃ、大変申し訳ございませんでしたマネキン大佐。
まさかそんなにお年を誤魔化しているとは露知らず…(笑)

◆でも、群像劇としてよく出来てるとは言えないよな・・・。何というか、その辺が中途半端。あの人数で陣営が別れてる弊害ですかね。いまいちキャラが動いてないというか。俺も古参なんでキャラの掘り下げが欲しい
うん、そうなんですよ。せっかく魅力的な雰囲気は皆が持ってるのに、
スメラギとビリーと教授の関係も中途半端なまま教授が死んじゃったので、
スメラギに好意を持つビリー以外のニュートラルな立場でスメラギを語る人が
いなくなっちゃったりとかね。たとえば今回は絹江さんだったけど、何よりも
楽しみなのはマリナさんとサーシェス、刹那が一堂に会する時でしょうが、
1期中にはないかもしれないし、いや、それよりサーシェスが刹那にあっさり
討ち取られることもOOならやりかねない。隔靴掻痒とはまさしくこのことか。

◆ええと最初の反論コメントした者です。群像劇でももう少し、個々のエピソードの演出は情感的でも良いと思います。20話終了して主人公のバックボーンが視聴者に伝わり切らないのは少し問題かと。(私は設定の既視感を問題とは思ってません。)
ホント、他の方々はともかく、ここに来てる方々はOOに対して敵意と言うよりは
「もう少し君たちを好きにならせてくれ」「もっとワクワクさせてくれ」という思いで
苦言を呈してるような気がします。結局は皆、ガンダムを楽しみたいんですよね。

だから私はたとえやや厳しいことを仰る方でもアンチとは思ってないです。
むしろうちの自慢である、かなり冷静に意見交換ができる一言投票所だからこそ
こうして短いながらも皆さんいい意見を仰っていただけるんだと思いますね。
皆さんのOOへの眼はとっても温かいと思いますよ。嫌いなら書かないだろうし。

◆ですから意識しているのは否定派の人達で、実際00の否定材料として関連商品の売り上げを出してますよね?どうも00が駄目な意見って話そのものより、話の進め方、焦点の当て方が悪いって感じで、でもそれって仕方ないんですよ。00は最初っから広く浅い見せ方をしてきたのだから。今更変えられてもそれこそ違和感があります
まぁ種が売れたのは戦闘シーンは結構カッコよく描いてたので無理ないかしらと
思うんですけども、OOは売り上げ、そんなに悪いんですか?ちょっと心配だ…

「広く浅い」っていい表現ですね。確かに。
まぁそれでもいいかなと受け入れかけてきたら、最近はいきなりばっさばっさと
斬り捨て始めてビックリしたというか(笑)でも刹那とロックオンの会話みたいに、
やっぱりわかりやすいキャラ立ちをしてもらえると親近感や愛着が沸きますよね。

◆「OOならでは」があまり無い。自分も同じ事を思ってました
◆他を意識するのは「OOならでは」があまり無いからでは?政治劇も最近ないし強化人間やらGNアームズやらで既視感。製作側は種を小馬鹿にしてたらしいけど関連商品で種に大差がついてる現状をどう思うのか・・・
ファーストとΖと0080と0083とGガンと種系(なんつー取り合わせだ)くらいしか
見てない私が言わせてもらえば、精二劇…じゃなかった、政治劇は結構いいと
思います。今回も三陣営のタヌキが手を組んだというのが何とも可笑しくて。

だって種にこれがありましたか!?いやない!ひとかけらもない!!(笑)

◆いえ、別に完全に比較するなというわけではなく、否定する際に他を意識する意見が多いと言いたかっただけです。遅いというのも基準があって成り立ちますし。で、結局群像劇に向かない人には受け入れにくい作品だと思います。話がどうこうよりも舞台設定レベルで合わないんじゃないかな
確かに比べてる人も多いとは思うけど、むしろここのコメントの方々は少なくとも
種とは比べてない気がする…つか種は比べる価値もないと思ってるのでは(笑)

何かと比べてるというよりは、2クールものに基本の骨格があるじゃないですか。
3話までは意外性や怒涛の展開にして見続けてくれる視聴者をつかむ演出、
10話くらいまでにキャラの掘り下げや世界観の説明と、例えばよくある例だと
温泉などにあるようなラブコメやエロいオマケ話を入れて息抜きをし、それから
1クール終了までに大きなうねりを一回作る。重要キャラを殺したり、実は…
という事実が出るのもこのあたり。そして2クール突入でクールダウンした後、
メインキャラの裏切りだの挫折だの大敗北だのという思いもかけない「転」を
16~20話くらいまでに放ちまくり、その後23話くらいまでに決戦への準備をし、
24~26話でノリと勢いで走り抜けて決着をつける、という大まかな流れですよ。

でもOOはむしろそういうセオリーを無視してるのかなとも思ったり。
グレンラガンなんかは2クールものなのに4部構成という面白い試みをやったし、
少し違う構成を考えてるのかもしれませんね。あと、群像劇…というほどは
刹那たちのキャラが前に出てこないのでやきもきしてるってのもありますよね。

◆(続き)あとガンダムにしては視点がマクロ的、俯瞰的過ぎるかなぁ。政治ドラマも良いけど、もう少しキャラの掘り下げもやって貰わないと、今一つ物語に没入出来ない。そこが初代からの古参ガノタの俺の不満
ど、どのコメントからの続きでしょうかこれ(笑)

でもそれもわかるわかる。キャラの掘り下げはもうちょっとやってもいいかな。
トレミーの方なんて「ほとんど人工臓器になってる」なんていう設定ばかりが
一人歩きしてて、私なんか肝心の彼の名前すら覚えてませんよ、マジで。

◆ウーン、過去の作品と比較せずに単体で評価すべきと言われても、ガンダムのタイトル背負ってる訳ですからね。種・種運命・00が他の土6よりも視聴率恵まれているのは、タイトルがガンダムなのも大きい訳で。シリーズのファンが納得するクオリティを要求されるのは当然かと
あー、まぁそれもあるでしょうね。
モロにファーストリアルタイム世代の私は、むしろ逆に90年代の
世紀末ガンダムを見てないのでそんなものはどうでもいいんですけどね。
だって時代は変わるんだし、新しいスタッフには新しいことをしてもらいたいし。
そもそもガンダムというベースがあるんだからオマージュとパクリを分ける壁が
低いのは仕方ないし、むしろオリジナリティを見つけて唸る方がずっと楽しい。

◆別に深い意味はないですよ。00は開始前は設定が房臭いとか、開始してもパクリが酷いとか展開が遅いなんて言われてますけど、そんな意見に影響を受けると中々そういったマイナスイメージは変えられないという事です。ぶっちゃけ種とかギアスと比較したがる人が多すぎる>先入観 →続き。最近になってようやく話が動いたなんて言う人もいますが、『緊張関係にあった三つの国家群』がガンダムという『オーバーテクノロジー相手に』『何度も負け』『最早どうしようもない状況に追い込まれ』譲渡された新型MSを機に『軍事同盟を締結する』って条件を満たすには遅いとは思えないんですよね
ああ、所謂「ガンダムブランド」を冠する事に対する先入観ですね。

確かにそのイメージも問題ですけど、それを突き抜けるだけの面白さがあれば
そんなものは一発で吹っ飛ぶと思うんですけども。私が好きな谷口もアンチが
ものすごくたくさんいて、我々が谷口を信じながらもそれでも始まってしばらくは
様子見をしている時も、物語が固まってもいないのに「また鬱かよ!」「○○が
うぜぇ」「谷口厨涙目~」とひどく揶揄してます。けれど何より作品が面白ければ
それを支持するファンの勢いでそんなものはやがて吹き飛ばされてしまいます。
(だからこそアンチさんはますます苛立って口汚く罵り始めるんですけどね)

う~ん、でも5ヶ月間見てきてやっぱりOOはノンビリしてると思います。
とはいえ話はちゃんと動いてきたので、それ以上にチンタラチンタラして
結果的に何も結論に辿り着けなかった種とは比べ物にならないですよ。

多分ここの皆さんが言いたい事の多くは、

OOの物語は行くべき方向にちゃんと進んでいるのだけれど、
その間のバトルや人間ドラマなどに燃えられるポイントが少ない。


じゃないかなぁと思うんです。
敢えてそういう構成にしてるとしても、やっぱり燃えたいしカタルシスも欲しい。
けれどそれがあまりに少なくて不満…というのは残念ながら事実だと思います。

◆軍人でも姫様でもセレブでもない絹江を女性陣の中では気に入ってただけにショック大きかった。まだ若かったと知って更に。目の前に餌がぶら下がってジャーナリストとして引き下がれなかったんですかね。悲しかった。コーラはだけはこれからも清涼剤でいてくれそうで少しほっとしました。バカだけどな
貪欲になりすぎましたね。
でも確かにちょっと決着つけるのが早すぎた気もします。
むしろあのまま連れまわされて、視聴者にもわかるようにもっと色々なものを
見せられてから「んじゃ、バーイ」と殺されてもよかったかな~と思ったり。

◆絹江の死に方が強引だとは思いましたが、凄く面白い。ジンクス、カッコ良いです。はしゃいでる中佐と少尉に燃え萌え(笑 因みに、新MSジンクスは開発したのではなくGNドライブとセットで貰った物ですよ。 GNアームズは15話でマッチョが「GNアームズさえ使えれば!」とチラっと言ってましたが、どこで誰が作ってるんだろう
あーそうでしたっけか?すいません、めっちゃ流し見で(笑)

ウルトラマンネクサス
◆ネクサス 低予算でしたね~。ジオラマを使わないで済む設定を用い、一体の怪獣を倒すのに4話掛けることで着ぐるみ費削減、と大変そうでした(でもCGは良かった いや、ほんと自分も「え~?ウル(ry」でしたが、仮面ライダーやセブンXを楽しめるお心をお持ちならばっ! 暇を持て余した時にでもどうぞ(笑)
そういえばネクサスの主役の人って芸能活動休止しちゃったんですよね。

確かにウルトラセブンXが他の人のブーイングも全くものともせず楽しめたので
ウルトラマンもこういう大人向けの作品なら悪くないかなと思いましたね。
短縮されたとはいえ3クールもヘヴィなので時間と機会が合えば、ですね。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆フレイさん幽体離脱は「キラの女性関係清算をお涙頂戴演出で誤魔化してるな」と冷めた目で見てましたがインパクトでラクスを圧倒したのも事実なので、まだマシ。昔の女は放置プレイな作品はちょくちょくあるし。初代「バビル二世」とか。「ロミオの青い空」のアニタなんか原作とどちらがマシなんだろう…
プクタン曰くあのフレイさんの姿はキラきゅんには見えてなかったそうですよ。

まぁアニメのバビル二世は「君の名は」をなぞるすれ違いものですから(笑)
ロミオは知らないのですよ、すみません。

地球防衛企業ダイ・ガード
◆ダイ・ガード見ましたか!!! いや、随分古い作品なので見るの苦労するだろうなと思ったのですが、良かった良かった。もうほんとに面白い作品だと思う。短く感想纏められないくらいに
いや~、もう最高でした!!!!!

お薦め頂いた方のお1人ですね、本当にありがとうございました!
古いなんてとんでもない!むしろいくら最近でも、どーしようもない内容や
しょーもない作品ばかり作ってる暇があったら、世紀末に作られたリヴァや
ダイ・ガードのような心に何かを残すような作品を作ってみろよと言いたい。
もうね、本当に面白かった!私の好みに全てがピンポイントでしたね。

14:16 | 日記 | edit | page top↑

なんだかんだで

機動戦士ガンダムOOへのコメントが機動戦士ガンダムSEED&DESTINYを
あっさりと抜き去った上、1期終了後1年近く経つギアスに迫ってきましたよ。
こういう現象を見ていると、つくづく

生者は死者より強い

ということが本当にハッキリしますね。
いくらグッズが出ようとも映画も立ち消えになりかけじゃ人気の維持は無理。

まぁ春からはレビューがない分ルルーシュR2へのコメントが増えると思うので
OOにはここで頑張って引き離しておいてもらいたいですね。この一言投票所の
設置はルルーシュが既に2クール目に入ろうというところだったんですから。

【機動戦士ガンダムOO】

沙慈のねーちゃん、ついに死んじゃいましたね。
キナ臭い男の車に平気で乗るなんて、職業意識が高いとか好奇心が強いとか
そういうレベルではなく、アホなコギャルやズベ公がナンパされてあっさり車に
乗って強姦され、最悪は殺されるのと同じ無防備さですから同情できません。

ってか私はトリニティよりアリーの極悪非道ぶりの方がヘドが出るよ。
誘拐して洗脳して肉親殺させて子供を戦士に仕立て上げる手法って、
世界ではかなり当たり前のように行われてるからこそ最低最悪だ。

とはいえ今回はなんという沙慈のズンドコ突き落としだ。
彼女は左手を再生することができず、ねーちゃんはぬっ殺される…
ってかちょっと前にうちの一言でGN粒子は人体に影響があるのかと話題に
なったけど、やっぱり悪い影響が!そうか、だからタクラマカンから生還した
コーラサワーが大佐に、世界の変革に思うところはないのかと聞かれて

「はい、ないですっ!いいお返事だ!(パトリック・コーラサワー)

と答えたのもきっと………いいや違う。あれはやっぱりただのバカだ。
愛すべき我らがコーラサワー。脳味噌がかわいそうなコーラサワー。
そんな彼もデートに成功。次回はガンダムに乗ってご機嫌コーラサワー。
そういえばコーラサワーって今まで何ひとつ悪いことしてないよなぁ…
最終回でガンダムドランカーみたいになってたらおもしろいどうしよう。

それにしてもGNドライブ搭載のMS開発早いなー誰が作ったんだろう。
ソーマだけじゃなく中佐も乗るのか…でも10機はちょっと多いような
気もするなぁ。各陣営に2機か3機くらいでよかったんじゃないか?
資金力と技術力をつぎ込んですぐに量産し始めそうだし…
GNドライブがすぐ作れるものなのかどうかはよくわからんけど。

「男の誓いに訂正はない!」(グラハム・エーカー)

そしてグラハムは視聴者が望む答えをしてくれてニヤニヤ。
私はフラッグしか乗らないゾと言い張る昔気質は男の心を掴みそう。

それにしてもソーマも中佐も腕なら明らかにガンダムマイスターより
上じゃないかという大方の予想通り、機体性能をガンダムクラスに
上げられたらお話にならない様子…いや、むしろ戦闘フリークっぽい
3人だからあの程度で済んだわけで、どう見ても機体性能に頼りすぎの
我らが主人公、今日もセリフがほとんどなかった「せつない・F・セイイエスだけ」
なら返り討ちどころか腕の1本や2本土産に置いてきたかもと心配になったり。

でもなんかまたいきなりの新兵器も出るみたいなのでそれで対抗するかな。
あと「ガンダムマイスターは、1人じゃない!」真骨頂を見せていただきたい。

黒幕はついにヴェーダに辿り着いたリボンズたちなのか、変わらない
世界など壊れてしまえばいいとトリニティと接触した留美なのか。
これまでのコセコセした動きではなく、なんとなく大きなうねりが起き始め、
1期の収束に向かいつつある感が強い。半年後を楽しみに待てるよう、
ぜひともこれまでにない最高の盛り上がりで終わっていただきたい。

「シュールですね」(守本叶鳴)

今日もペルソナが面白かったー!
ビビりまくるアフロとか25点とかめっちゃ笑ったよ。
人形がバラされてるシーンは最初ただバラバラになった人形のパーツが教室に
転がってるだけかと思ってたら黒板や壁から飛び出しててぎょっとしたわ!
ホント、意外なところでシュールだわペルソナ…

一言投票所

仮面ライダー555
★555見終わって書き込んだせいで、敵意みたいなのが出てしまいましたか。申し訳ございません。一気に見たから、どうにもクールダウンできなかったのかな。フィクションで熱くなるのはいいけど、まだまだ未熟だと痛感しました
いえいえ、長々と見たのにどうにも腑に落ちないとか納得できないモヤモヤ感は
私だってよ~くわかりますから種デスとかエウレカとかBLOOD+とかモロモロ…

その作品が好きな人に気を遣うのも限界があるし、好きじゃないものにはせめて
何が悪かったのか言いたくなる気持ちもよ~くわかるので無理はないと思います。
書き手が王様であるブログ(なのになぜに2CHなどでこれこれのブログは好き勝手
書いてると批判されるのかさっぱりわからぬ…好き勝手書くのがブログだろうに)
ならともかく、こういう誰もが平等な立場であるコメントの場では難しいかなと。
言い回し1つで柔らかくなるのでお互いに気持ちいいかなと思う次第です。

機動戦士ガンダムOO
★コーラには幸せになって欲しいなあ
ガンダムドランカーになって何もわからなくなり、今回ショートヘアじゃなかった事に
かなり驚いた少佐に面倒見てもらう…ってのは真の幸せじゃないよね、うん。

★サーシェスには辛い過去とかそういうのは無しで外道路線を突っ走ってもらいたいないっそ。それにしても誘拐→洗脳→少年兵ってさらっと語られたやり口がキツイ。誘拐されてあんなことになったのか刹那…
ですよね~。どうせならヤザンみたいなサイコパス野郎でもいいかな。

★今日の放送は実に爽快感な回だった。トリニティ三兄弟+妹についに鉄槌下ったり!ピノキオもびっくりな長さがあった鼻がぽっきり折れて笑った。「熊」いい味だしまくりでおやじLoveになりそうです
GNドライブが搭載されただけでプロの軍人とは差が出るというのもこれまでは
ただただ「ガンダム最強」を見せつけられていたので痛快だったかな。

そして主人公はまたしても空気に逆戻りしていたのも笑った。

★沙慈が悲しすぎるな。ルイスとの別れにはまだ希望がある。けど姉との別れには絶望以外の何も無い。絶望の底から這い上がり、宇宙へと行くのか。それとも狂気に走るのか。それでもやっぱり沙慈には力ではなく想いで戦って欲しい。力を持たない者の「力」を堂々と世界に見せ付けて欲しい
力に頼るのか、力を否定するのか、力を認めつつも別の方法を選ぶのか。
ここまで平和な生活を満喫してきた日常からフリーフォール状態だと、2期は
沙慈が何らかのキーパーソンになりそうな気もしますが、どうでしょうね。

★コメント見て、つくづく00って先入観で評価がガラリと変わる作品だと思いました。階段を一歩一歩進んでいくような展開だから作風にブレがないのが原因かな。駄目な人には中々イメージの払拭は出来ないかと
おお、なんとなく面白い意見だなと思ったのでぜひ続きをお願いしたいんですが、
惑わされる「先入観」というのがなんなのか、そしてダメな人は何のイメージの
払拭ができていないのか、ぜひ教えていただけませんか?興味があります。

★ルイスの左手はGN粒子の影響で再生不可能とわざわざ説明したのは、ネットで皆が300年後なら再生可能だろうと叩くからだったりして。個人的には300年後なのに眼鏡で視力矯正(ry
こうなったらオートメイル装着で。

★どうも描写が雑になりがち。GN粒子が危険ならソレスタ連中はもちろん今までの被害現場でも相当の汚染者がいるはず。それで中佐に「勝利の美酒だ」とか言わせてるのは新手のギャグか何かと小一時間(ry。絹江は大してキャラ立ちも見せ場も無いまま死んでしまった…合掌
GN粒子の危険性については何らかの情報が欲しかったし、またおやっさんが
口で言うだけでロールアウトできてしまうらしい「新兵器」 だって、もっと前から
伏線張っといても損はなかったでしょうに…確かにちょっと粗いかもですね。

★もう誰が動くか、勝つか分からなくなってきた。世界が変わる、この状態から誰が飛び出すかわからんのが面白いよ
黒幕が誰なのかも怪しいし、トリニティも早くも切られた感があるし、読めませんね。
しかしラグナってやっぱりリボンズに関係する何かなのかなぁ…

★「少尉、今世界は大きな変革期を迎えようとしている。その事について考えるような事は無いのか?」「はい!無いです!」いっそ清々しいよ我らがコーラさん、来週はいよいよガンダムで出撃、その真の実力が明らかに
それでもまた派手に撃墜されることを期待する。
そして「被撃墜王」記録と「不殺戦士」実績を伸ばして欲しい。

★やばい、面白過ぎるよ。面白さが格段にレベルが違う。事態が動きまくってキャラも好きになったし、戦闘も動きまくりで。特に勝利の美酒には痺れたし。ああいう描写大好きだ。それに記者の姉さんが死んだのもサジが動き出す原因になるみたいで良いよ
相手を殲滅するだけが勝利ではないと「勝利の意味」を教える中佐がステキング。
沙慈はちょっと可哀想なくらい知らず知らずのうちに渦に巻き込まれてますね。
次回予告で覗き込んでるのは絹江の遺体を確認してるのかなぁ…

★ブレードアンテナこそないけど、デュアルカメラアイの形状や頭部バルカンの位置、そしてソーマやスメラギがガンダムと呼ぶ以上ガンダムなんだろうな。正直またガンダムvsガンダムかよって辟易している
大丈夫、そんな声に応えてフラッグに乗り続けると宣言したおバカさんもいます。

特撮&仮面ライダーシリーズ
★バイクには乗れず、携帯も使えない、おやじライダー響鬼!結構好きでした。ボーっと見ていたので、お家騒動の事は知らなかったんですが、バイクに乗るようになったのは、きっと騒動の後なんですね。それはそれで良いと思うのですが、どうでしょう? ごめんなさい、うまい言葉が見つかりませんでした
あの時の響鬼に夢中だった視聴者の血の叫びは忘れません。
特撮の事情なんか何も知らない私でさえ仰天しましたからね。

★タイムレンジャーは私も激しくお勧めします。靖子さんの作風の原点ですし、張り巡らされた伏線の果ての結末は「ありえたかも知れないもう一つの電王」と言えますから。難点があるならOPが難しい事でしょうかね(当時子供たち歌えなかったそうな)
なるほど、これだけだと何がなんだかよくわからないけど(笑)面白そう?です?
でも戦隊物って数が多い分ライダー以上にレンタル店にないような気がする…

★タイムレンジャーは小林 靖子さんの脚本なので、になになさんと相性が良いと思います。…またまた時間ネタですが(笑)。個人的には前半の響鬼は激オススメ。29話でテーマ的にはほぼ完結してるし(笑)。後半も悪くは無いと思うんだけど、雰囲気が別人28号だからなあ…(汗
ああ、相性いいんですかね。確かに話運びなどもうまいなぁと感心しますし。

響鬼の盛り上がりはホント、電王が始まった時に感じたシンパシーに近いものを
感じてたんですよ実は。ただあの年は私は一切他のことには目がいかなかった。
そう、だってあれ2005年だもん。種デスのレビューに70時間から90時間かかる中、
慣れない特撮を見てしかもレビューするなんて無理。絶対に無理。明らかに無理。
見るならレビューする。レビューできないなら見ない。選択はもう決まってました。

そう思ってたらあの騒動ですから。そのお家騒動の時期が「種デスはもう
やっぱりダメだ」と決定的になった頃と重なってたのでよ~く覚えてますよ。

仮面ライダー龍騎
★あのエピローグは浅倉の台詞が「イライラ『させるな』」だったり、心の中に何かが残ってどこか変わっている、という感じが好きです。初見で理解できた人は少ないだろうけれど、噛み締めるほどに味のある最終回だったと思います
彼らは何も知らない、けれど何かが変わっている…何かが残っている…

それはつらい戦いを潜り抜けた彼らを見てきた我々にとっては、哀しいけれど
救いであり、飲み込まれた運命への反抗の小さな勝利でもあったと思えます。
それに気づいた人は実にいい最終回だったと思え、気づけなかった人は後で
ああそうかと気づき、それがわかってもなお、納得できない人もいるでしょう。
その作品を愛した人なればこそ、色々な想いがあって当然です。

私は制作者が決してラストを投げっぱなしになどはせず、きちんとある答えも
出しているのだけど、視聴者が想像できる余地を残してくれている作品こそ
最もいい作品だと思っています。私が好きな作品って大体そうかもしれません。
01:33 | 日記 | edit | page top↑

やってみなけりゃ全てはわからない わからない わからない!

サラリーマンだって平和を守れるんだ!!!(赤木駿介)

以前薦められていた「地球防衛企業ダイ・ガード」視聴完了。
この作品があることすらも全く知らなかったのだが、監督人気投票のおかげで

またしても傑作を1つ手に入れた

事を心から感謝したい。お薦め下さった方には多大なる感謝を!!!

いや~、ホントにホントにホントに面白かった!!!
水島精二監督はハガレンというバケモノ番組のおかげで評価の低い人には
イマイチ低いけれど、私はハガレンは間違いなく原作より面白かったので
高い評価を与えているし、大江戸ロケットもガンダムOOもノンビリズムだけど
要所は抑えて面白いと思っているので反感はないのだが、このダイ・ガードは
彼の作品の中では間違いなく最高だなぁと思う(マンキンは見てないけど)

私は間違ってもエヴァ世代(私の認識では現在23、4~28くらいの、最も多感な
時期にエヴァを見て萌え&燃え狂った世代)ではないし、あのTV版のひど過ぎる
最終展開へのアレルギーもないので、ヘテロダインがエヴァのシトにかなり似てる
設定でも全く問題はない。むしろ1人も共感できない腹が立つほどムカつくような
病みたがりの人格障害者ばかりだったエヴァキャラどもに比べれば、登場人物が
まっすぐで健やかで、人として不安定なところは残しながらも皆大人だったので
本当に心から楽しめた。会社の事情、政府の事情、軍の事情という「大人の事情」
による複雑さも面白く、巨大で強大な「組織」を描くコツを心得ているなという感じ。

最初は本当にハリボテで、モロに「スパロボでござい」な70年代風デザインの
ダイ・ガードが、徐々に機能をアップさせていく姿も感動的だし(いつの間にか
飛べるようになってたり合体できるようになってて吹いたわ!)何より群像劇が
面白い。多すぎるわけではない適度な人数のキャラを要所要所で描いている。

ただの美形のクールガイかと思われがちな青山が実は母親思いの末っ子で、
マイペースながらも人間的で温かい人となりである事、大山さんの街を
守りたいという想いが、かつて一瞬で街を吹き飛ばされた広島の遠い昔に
繋がっていること、掘り下げは全員ではなかったけれど、どれもこれも
本当に素晴らしくて、監督はこの作品がもし一年物だったら、きっと
全員の堀り下げを丁寧にやりこんだんだろうなと思う。間違いないよ。

そして意外なところでは主人公の赤木の成長がないこと。

これはちょっと意外なんだけど、赤木は最初からぶれず、歪まず、迷わない。
だから1から成長する必要は全然なく、彼は既に完成している主人公なのだ。
健やかで元気で明るくて挫けない。屈折してひねくれたものが推奨されたような
時代に実に主人公らしい主人公で、そのくせイヤミがない。心は熱く、青山を
信頼し、年下のいぶきを先輩として立て、城田と反発しながらも理解を深めていく。

そのくせただの熱血漢だけじゃなく、サラリーマンとしてやるべきこと、
守らなければならない節度、柔軟な考え方など、意外にも大人であり、
だからこそ見ていてイライラしない。ボウエイガーのパイロットたちに対しても
「やり方が間違って」いたからこそ怒ったのであって、俺が俺がという青臭い
正義感を振りかざすわけじゃない。これはなかなか好感が持てる男である。

登場人物が皆大人であり、命令や指示系統が大切である事が
よくわかっていて、だからこそそれを破ることの重要性も知っていて、
それでも敢えて決断し、それをしなければならない事がわかるからこそ、
そこには非常なカタルシスがある。そのくせそんなチンタラしたものを
延々と見せる必要はないこともわかっている。悩み続けるシーンも
適度でいい。エンタメとしてのカタルシスこそがアニメには大切だという
ポリシーが伝わってくる。小難しい事も決して排除はせず、けれど必要
最低限には加えて、最も強く印象づけるのはカタルシスという爽快感。

しかしこれがリヴァイアスと全く同クールに放映されてたというのはすげぇ。
どんだけ充実してたんだ1999年。火曜日にダイ・ガード、水曜日にリヴァ。
どっちも傑作なのだけど、サンライズの作画があまりにひどかった事を思うと
XEBECは頑張ったと思う。XEBECもファフナーやエイジを見てると2クールに
入ると必ず息切れが始まって最後にイタチの最後っ屁のように持ち直すけど、
確かにダイ・ガードも20話前後は厳しかったようで動きが危険だったり…
でも1クールの作画の高さはなんでか3話あたりでも既にヘロヘロになってた
サンライズのリヴァの哀しい状態に比べればかなり頑張ってたと思う。

ダイ・ガードの「戦争とは違う」ロボ戦は、バックアップの大切さを描いたり、
この事態をなんとかしようと多くの人が知恵を絞りあう知能戦が多くて面白い。
バトルパターンはオリジナルのフラクタルノットを破壊するというものなので
マンネリすぎるという人もいるかもしれないけど、そういう人はこの作品が
もともと戦いというよりは「自然災害」であるヘテロダインの排除に重点が
置かれている事を理解してないんじゃないのかな?彼らは軍人ではなく、
街を、人を、生活を守るために戦っているという終始一貫したテーマが
実に心地いい。軍がメンツばかりにこだわったり、企業トップが黒い策略を
張り巡らせたりする中で、主人公の行く道がぶれなかったのが何より嬉しい。

しかも私は意外かもしれないけれど戦いのなかった第8話の「奇妙な1日」や、
第23話の「守りたいもの、なんですか?」などの日常話も実に秀逸だったと
思っている。第16話の「いつも心に太陽を」もよかった。大山さんと赤木の
フラグは、安易に赤木といぶきをくっつけるよりリアリティがあるので嬉しい。
逆に青山とちんちくりんの千秋は個人的にいや。こういう猛禽女は嫌いだ。

城田がダイ・ガードに乗る「ファイアー&アイス」もよかったし、評価の高い
第11話「不在証明 二大ヘテロダイン出現」から第12話の「夜の新宿大決戦」
ももちろん面白かったけれど、私が一番好きなバトルは北海道編の第19話
「白の契約」から第20話の「青の約束」。これは燃えバトルで面白かった!

でも各地に飛ばされた仲間が続々と終結する第18話の「明日に向かって走れ」
も地味に好きだ。つか最終決戦の第24話「空を覆うもの」から第25話「重なりゆく
想い」、そして時間との戦いだった燃えバトル、第26話「明日への凱歌」も…

って、マジで全部よかったんだよ!1つも無駄な話なんかなかったんだよ!

第21話の「偽りの記憶」や第22話「私が私であるために」などのいぶきさんの
話なんか、第6話「思い出は教えてくれた」が伏線になってるんだもん。すげーよ。
東京を覆っていたヘテロダインは放っておいてもいいんじゃないかという議論も、
実際に第17話の「夢見るようにねむりたい」で京都の地下に眠るヘテロダインを
破壊する事もどかす事もできないという話があったからこそ「ありなのかも?」と
思わせるし(だからこそ避難推奨や先手攻撃など色々な意見が真実味を増す)
2クールでしっかり綺麗にまとまっている。何より見ていて楽しい。

パーパパパーパパパーパパパラララララ♪が印象的な明るくて元気なOPも
大好きだ。龍騎やリヴァと同じく、どんなに先が見たくても絶対に飛ばせない。
EDは最初はノンビリした曲だと思っていたけれど、物語が進んで、赤木たちが
守っているものの重みが増すにつれて温かく、優しい曲調が心地よくなっていく。
「ああ、21世紀警備保障」の社歌には笑ったけど、最後のシーンは感動したよ。

いや~、本当に面白かった。全26話、夢中で見てしまった。
リヴァも先が知りたくて知りたくてめちゃくちゃなペースで見たけれど、
ダイ・ガードも同じくらいめちゃくちゃペース。だって今回は平日にしか
見てないのにあっという間に見終わっちゃったからね。寂しいなぁ。

お薦めいただいた方にはまたしても心から感謝感激。
何より数々のレビューを見ていただけると、私の嗜好傾向がいやでも
バレバレになっているで、それに合ったものをお薦め頂けるのがありがたい。
本当に面白かった!まさにこれこそ真の「隠れた名作」と呼べますな!

というか水島監督、谷口以上に声優はチームだったのな…
ハガレンでも使った根谷とかうえだゆうじとか伊藤健太郎とか、大江戸で使った
小西克幸とか今使ってるミキシンとか…なるほど、強い個性を持つと言うよりは
スタッフの使い方がうまいと言われている水島監督らしい人事だ。
あっ、地方人にはわからん中央特快理論を述べたコギャル役でくぎゅもいたね!

戦隊物っぽい「赤(赤木)」「青(青山)」「桃(桃井、ホントはいぶ「き」で「黄」かも)」
「白(城田)」そして多分モロに裏方ではあるけどヤツがいなきゃ全て始まらない
整備班班長の「墨田」こと「黒」がマッドサイエンティスト百目鬼の下で働くのも
面白かった。熱くてカッコよくて時にカッコ悪くてハートフルで感動的で最高だった。
おかげで今日からガンダムOOへの眼までも変わりそうだよ。

一言投票所

仮面ライダー龍騎
▼そういえば小学館の全員応募サービスで「仮面ライダー龍騎VSアギト」というのがあったなぁ。内容は夢の中でアギトと仮面ライダーズ(笑)で力を合わせて偽アギトを倒すというやつでした。 しかし、夢の中なので浅倉も北岡も超良い奴です
あー、もしかしてそれ、アギトの声を高岩さんがアテたっていうヤツですか?
それはまさしく「劇場版ジャイアン」ですね!さすが戦隊物ライダー<違

書き順
▼小学校の頃の先生が漢字の書き順を熱心に教えてくれたことに感謝せざるを得ない。特別勉強した記憶はないのに馬も飛も無意識に正しい書き順で書いてたようです。ところで今日はガンダム00の日。最近土曜が楽しみで仕方ないです
私も小学校1、2年では本当に厳しい先生に教わって、今でも「が行」は
歌うときは鼻音にするとか、書き順も厳しかったし、都会のど真ん中では珍しく
木の床だった教室の掃除は水に浸した新聞紙をちぎって撒いてから掃くなどの
昔ながらのやり方を教わったり、言葉遣い、行儀作法、なんとなく尋常小学校は
こんなんだったんじゃないかと思うような古めかしさがあったんですが、どうやら
途中で我流に変えてしまったみたいですね。「世」の右の部分も左から書くと
わかっていても右から書いちゃったり、「上」も縦からとわかってるんだけどついつい
横棒から書いちゃったり。でも「右」だけは今でもちゃんとはらいから書いてますよ。

▼漢字の書き順、昔習った分と違うことがありますよ。子どもの教科書を見て愕然としてしまいましたから(笑)
あ、書き順は時代と共に変わったと思ってる人が多いようですが、何通りかの
書き順がある漢字はあるものの、実は昭和33年頃から変わってないそうです。

勇者エクスカイザー
▼ようやく『勇者エクスカイザー』のレンタル視聴完了。ってな訳でになになさんに薦めてみる。なかなか面白かったし、1巻の収録話数は6話だし
勇者シリーズはなぁ…私キッズ向けはホントダメなんですよ。
もちろん例外はあるけど、まず何より子供が大嫌いなので、子供が主人公の
作品がダメなんですね。Vガンも当時それでダメだった。それでも中学生は
最近はギリギリ許容範囲、できれば中学3年、なんとか目をつぶって2年、
1年は大人っぽい子なら…かな。小学生が主人公だったレジェンズなど
見た事の方がむしろ珍しいです。基本は高校生以上、できれば20代、
もっとも喜ばしいのは25歳前後のキャラですね。やっぱ男は25歳から!

電脳コイルも小学生だったけど、作風が比較的大人っぽかったことと、
小学校最高学年の6年生って、かえって中学校最低学年の中1よりも
大人っぽいところがあったりするので、まぁ耐えられました。

仮面ライダー電王
▼今更なんですが《うたって、おどって、大とっくん》がとどきまして・・。ひざタッチの時のモモの腰の安定感がなんともいえず素敵でした。鍛えてますねぇ、さすが高岩さん!コハナちゃんの笑顔に騙されるな!の意味がわかりました。・・・きつかったです!
ああ、レビューやろうかなと思いつつリヴァや龍騎やダイ・ガードに夢中で
置き去りになってた(笑)そのうちひょっこりやると思います。すいません。

ってか皆さん結構ちゃんとやってるんですね(笑)
私は笑うのに忙しくてまだやってません。でもあれはきついですよ絶対…

仮面ライダー555
▼555は確かに人を選ぶからなぁ。「どうしてここであれをやらないの!?」と突っ込んだり、最終回は人によっては投げっ放しと感じるのかも(酷い作品ではないと思いますが 自分はアギトが好き。井上先生なのに(失礼)登場人物が温かかったし、大事に扱われていた(それだけにEDは最高
やはりなんでも大味で「そんなところまで踏み込まんでいい」と思うほど
人の心をえぐり取りまくる井上大先生風味に左右されるんですね(笑)

▼龍騎を見終わったから、ついでに555も見たけど…これは酷い。友人の注意(井上だもの)を受けたのに。森を見るとダメだけど木を見るだけならマシって感じ
以前銀魂に一言下さった方にも申し上げたように、ご自身のブログならともかく、
こういう詳細が書けない短いコメントの場であまりにもキツい言葉を書くことは、
他の方にあらぬ誤解や不快感を与えがちだと思います。もちろん自分の意見を
曲げる必要はないでしょうが、言葉に潤滑油をさすことも忘れずにお願いします。

仮面ライダー THE FIRST
▼THA FARSTでウエンツとヒロインがうざいと思っていたのがここを見て私だけじゃなかったと知って安心した
わかるわかる(笑)レビューを読んでもそこに触れてなかったりすると、
自分だけがダメだったのかと悩んだりしますよね。ってかレビューって
物語の分析にエネルギーを使っちゃうと単にそこまで思考が廻らなく
なったりして書ききれてないことも多いので、むしろ一言感想の方が
真実を言い当てたりするんですよ。だから一生懸命書いたのに自分以上に
ズバリと言い当ててる2chやニコ動の一言は嫉妬の対象になります(笑)

墓場鬼太郎
▼別に伏線の回収とかまったくないし、変な作品なんだけど、キャラの行動がまったく読めない。あっさり殺すし見捨てるし。これはすごいよ
まさかのニセ鬼太郎退場!!!
水木の復活は(今のところ)ならず!水神あっさり退治!(ガソリン殺法は面白かった)
人狼である必要皆無!電車から飛び降りて死亡!ガマ令嬢なんやねん!?

とにかく展開が全く読めない…

そしてベテラン声優の演技がやはりすごすぎる。
とりあえずネズミ男が差し出してくれる食い物なんか絶対に食いたくない。

機動戦士ガンダムOO
▼刹那がよく「俺に触れるな!」って言っていますけど、「触らぬ神に祟り無し」ってところでしょうか?
きっと刹那は野生動物でいうところの「警戒距離」が広いんですよ。
私もテリトリーが広い方なので人に触れられたり近寄られるのが嫌いです。

声優(本名陽子)
▼今日日テレでやってた「耳をすませば」の雫と、ガンダム00のスメラギさんは中の人が同じなのかぁ。俺には声優さんの声の聞き分けは無理っぽい
マジですか?「耳すま」はまだ全然若い頃だけど、独特の鼻声なので一発ですよ。
とはいえプリキュア開始時、キュアブラックの声を聞いてあれ、この声どっかで…
どこだっけ?何だっけ?と考えてて第1話がおろそかになったのも懐かしい思い出。

仮面ライダークウガ&アギト
▼クウガ、アギトはほんと素晴らしい。クウガのリアルさには感心したもんだ。アクションも良い意味で生々しかった。 アギトは三人の主人公を中心にした群像劇が秀逸。善人ばかりだったクウガに比べて嫌味な人も増えたけど、その人も信念とか正義とかちゃんと持っててほんと良かった
久々に復活したライダーシリーズだったんで力はいってましたよねクウガは。
やはり平成版は原点回帰が一番いいんでしょうかね。

戦隊物
▼実際、基本的に毎年戦隊とライダーの評価は反比例しますからねぇ。なかなか双方ともに高い評価を得る事はなかったり
ガオレンジャーがやたら面白かった年、やってたのはここで絶賛されている
アギトだったじゃないですか。私はガオレン後なので見ようかと思いつつも
最初の3話くらいで挫折しちゃったけど、龍騎と組んでたハリケンジャーも
結構人気ありませんでしたっけか?私には青=女性だったのが斬新だった。

▼になになさんは、戦隊はご覧になりませんか?個人的には、タイムレンジャーとかボウケンジャーがおすすめです
ご覧になりませんかって、「バンバラバンバンバン」の秘密戦隊ゴレンジャー、
トランプマークが笑えるジャッカー電撃隊、バトルコサック死亡におったまげた
バトルフィーバーJ、「頭にきらめく ハゲ頭~♪」の替え歌で盛り上がった
電磁戦隊デンジマン、イエローといえばキレンジャーかゴーグルイエローの
大戦隊ゴーグルV、大串さんの太陽賛歌OPがやたらめったらカッコいいのに
EDは「1たす2たす♪」の太陽戦隊サンバルカンなどは全て「リアルタイム」で
1話から全話見ましたよ。あと死が運命付けられた悲劇の戦隊フラッシュマンに
ハマった友達からはいいから見ろとうるさく薦められたのも懐かしい思い出です。

ま、そんな世界にまだ恐竜がいた頃の話をされてもお若い方は困るでしょうから
お答えしますと、平成戦隊ものである程度見たのはガオレンジャーだけです。
覚えているのは歌が愉快だったカクレンジャーとかオーレンジャーとかで、
まぁここ最近のマジレンとかボウケンとかも話題としてだけなら…ゲキレンも。
何しろ戦隊物はいかんせん内容が幼稚すぎるのでちょっとね~苦手ですね~。
まぁ中にはおいおいというような恋愛ドロドロ戦隊もあったみたいですけども(笑)

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
▼それでもキラとラクスはニート生活送ってた方がまだマシだよなぁ。種運命終了後の独裁者とそれを支える最凶の武力、って状態よりはね
あいつらが本当に一番視聴者に煙たがられずに出られたであろう場所は、
黒海でもベルリンでもなく、41話~43話のオーブ防衛戦だったと思います。
それまでは物語は主役のシンとインパルスに全部任せとけってなもんです。

▼今思えば、種運命でキラとラクスはヤキン戦の後によくのほほんとニート生活できましたね。アムロのように幽閉されてた訳でもないし(ギレン=舘は、「功名が辻」の信長(危なっかしい独裁者)をイメージしました)
あれはオーブ首長の肉親特権ですよね、フリーダムも接収されなかったし。
舘ギレンはなるほど、役からのイメージでしたか。

▼せっかくカナーバの計らいで隠居してたのに誰かさんが暗殺部隊なんぞ仕向けるから…寝た子を起こすなということか。遅かれ早かれテコ入れでオファーかかるんだろうけど(笑)
もしかしたら連中を実際に殺そうとした(とはいえそれも本編では明らかに
されなかったのが今さらながら腹立たしいわ!)デュランダル議長より、クライン派を
支持し続けて一度は失脚しながらも返り咲き、最終的には暫定の評議会とはいえ
事実上最高責任者の座について、キラとラクスを「飼い殺し」にしたアイリーン
カナーバは、まさに「やり手のカガリ」だったのかも…(中の人繋がりで)

仮面ライダーキバ
▼はっきり言って「キバ」って「ゴーオンジャー」に負けてる気が…。ただ、カブト派はアンチ電王で、キバ絶賛してたりして、ちょっと面白い。アギトはクウガからのリアル路線でいくのかと思ったら、終盤でいきなりファンタジーになったのが残念
○○が好きだったからアンチとかめんどくさいですな。
だって作品そのものへの評価じゃないじゃん。同じく電王がよかったから
キバは云々かんぬんというのもね。ちょっとどうかなーと思いますね。

まぁでもニュートラルな立場で冷静かつ客観的に見ると、今のところキバには
さほど燃えるものがないかな。以前音也の使い方次第と書いたものの、まだ
大笑いできるほどではないし。あと今後はモンスタートリオに期待かな。

仮面ライダーカブト
▼テレビシリーズを全部観ろというのはキツいとは思いますが、「カブト」に関しては第45~46話を強く推奨致します。このサイトでもレビューされたサソリ坊ちゃま一番の見せ場ですから。というかこのエピソードを観ずして坊ちゃまを語るべからずです!(笑)
ああ、おととしのクリスマス頃の実は…だったサソードの話ですね。
あの頃はルルーシュがめちゃくちゃ面白かったのとそのレビューに
忙しかったので、他の作品の印象はあまり残ってないなぁ…

そう、一年ものってホントにネックです。だれる部分があるとキツいんですよ。
まぁその分、面白かった時の印象と感動も2クール物とはケタが違うんですけど。

仮面ライダー響鬼
▼>2クールまでの勢いが続けばクウガを超えると期待してました。「鬼の師匠と弟子」を取り巻く世界観がよかったのに(泣)なので1押しはクウガで
そうそう、まさにそれほどの盛り上がりを見せてましたよね、響鬼。
それゆえに後半のファンの熱気のあまりの失速振りは可哀想なくらいでした。

ウルトラマンネクサス
▼ここでこっそりウルトラマンネクサスを勧めてみたり…… 当然「ええ~?ウルトラマン~?」って感じでしょうけど、子供向けな要素をギリギリまで廃したシリアスな作風と燃える展開は一見の価値ありです(序盤は「鬱トラマン」なんて言われてたけど…
ああ、低予算に苦しんだと噂の大人向け?ウルトラマンですね。
根強いファンが多いようなので興味はありますね。でもその一方で
確かに「ええ~?ウルトラマン~?」でもあります。わかってるなぁ(笑)

仮面ライダーシリーズ
▼いや、でも、響鬼やカブトが好きな人も沢山いらっしゃいますよね。申し訳無い。ただ、一番賛否分かれるのはこの二作かな、と。 555の昼ドラは……ああ、見てる人なら「牙-KIBA-」を連想するかもしれません(流石にあそこまでアレじゃないですが
カブトはつい最近なのに正直そんなに評価が分かれたのかと意外でした。
響鬼は大人の事情が作品を台無しにしちゃった感がありますね。
ああ、キバならぬ「牙」ですな。そりゃーもう収拾つかないドロドロだ(笑)

作品推薦
▼推薦するって難しい。なんでもそうですが、自分が面白かったから自信をもっておすすめしても、結局個人の肌に合うか合わないかで決まると思っていて、合わないから遠慮しますといったら、ゼミの担任ぶちきれたことがあります。確かに経験則からくる考えだから説得力あるのはわかるけど、みんながみんな同じようにかん上げる…すいません。途中送信しました…。みんながみんな同じように感じたり考えたりする訳じゃないのになぁ、と。になになさんは、人に何かを薦める時はどういう方法とってますか?
ホント、それは感性ですからね。しょうがないっちゃしょうがない。
言い方もストレート過ぎたのかもしれませんが(そこは潤滑油を忘れずに!)、
先生も先生で学生ごときに怒っちゃダメですよね、大人気なさすぎます(笑)

私が薦める時ですか?
まぁ今日の日記がたまたま「ダイ・ガード」なのでそれを見ていただければ
わかると思いますけど、あんまり薦める事はしないですね。私はこの作品が
面白かった、と感想を「書く」だけで、それを見て面白そうと思ってもらえれば
いいかなぁと。不特定多数の人や、嗜好や思考をよく知らない相手に何かを
薦めるのって難しいですよ。4月からはいよいよ待望の地上波放映が始まる
「精霊の守り人」(毎週土曜朝9:00 教育テレビ)も本当に素晴らしいですが、
内容的には非常に地味なので挫折する人もいるかもですしね。

私に色々な作品を薦めてくださる(今は特になぜか特撮が熱いですが)方々は、
皆Parallel Universeのレビューを読んでくださった方々で、私がどんな作品に
燃えるのか、感動するのかということを、私が書いてきたレビューを通じて
多少なりとも理解してくださってるので、まさかいきなり「クラナドは最高だから
見てくれ!」などとは言わないでしょう(スクイズは薦められてもおかしくないかもだけど)
嗜好を知ってるからこそ「きみある」を見ていることに驚かれたわけですし(笑)

実際ここでも、私が大好きなスクライドを見てもイマイチだったと正直に仰る方は
おられました。もちろんだからといって私に腹を立てる権利はなく、その方と
私は感性が合わないんだなと思うことで納得するしかありませんもんね。

だから私も「燃えたい人は」とか、「社会の仕組みを理解してきた人は」とか、
「この監督の作風を理解している人ならば」と、何らかの枕詞をつけて
注意を促しますし、もちろんユニバーサルに薦めようとは思いませんよ。
むしろちょっとチキンなエクスキューズかもしれません。

だってやっぱり自分が大好きな作品が「面白くなかった」なんていわれて
斬り捨てられちゃうのは、感性や価値観による相違だと頭で理解していても、
感情的にはムカつきますからね。せっかくその作品のおかげで楽しいという
気持ちをもてたんだから、なるべくならいい気持ちでいたいじゃないですか。

でもそれすら恐れずに面白いと思ってもらいたい気持ちの方が強ければ、
私はやっぱりいかにその作品が面白いかを語りたいと思っています。
少なくともJAROに訴えられない程度にね。

17:56 | 日記 | edit | page top↑

べらぼうに眠い

「馬」ショックのあまり、職場の人にも「馬」を書いてもらったら、
縦棒ではなく横棒から始める人も多く、意外と書き順がいい加減であると判明。

しかしそんな皆さんも「でも難しい「飛ぶ」という字は自信がありますよ!」と
言いながら、上のつくり、左払い×2、下のつくり、そして最後にビシッと
縦棒を決めてみせる。書道をやってたので間違いありませんと自信満々。
ああそうさ、私もそれが正しいと思っていたさ、ついさっきまでは…

飛ぶという字がまさか「上のつくりを書いたら次に背骨の如く縦棒を通し、
左払い×2ののち下のつくりを書く」なんて思ってもなかったさ!
何よりこの書き方で書くとただでさえバラバラな「飛」が拡がるんじゃ!

おかげで今、私の机周りのメモ用紙の隅には、書き順の難しい怪しい字や
形を取る事が難しい字が(私にしては)しっかりと綺麗な字で書かれている。
さながらその字の意味も知らず漢字をファッションにする外人の如く。

一言投票所

仮面ライダー響鬼&カブト
●では、あえて響鬼とカブトに挑戦しては・・・?になにな様がどのような感想をもつのか、ちょっと気になります。(龍騎と電王の後だとキツイかもしれませんが・・・すみません)
やです!
私の時間は無限じゃないんですよ!(笑)

仮面ライダー555
●555は確かに面白いと思うのだけど、どうも伏線未回収が目立ったり、昼ドラ過ぎてぶっ続けで見ると力尽きるかなー、と思ってしまったり。 取り敢えずはアギトかクウガが一番見易いかな、と。 まあ、響鬼とカブト以外は多少の好みはあっても、安心して見られると思いますが
龍騎と電王という平成ライダー鬼子作品から制覇している私は一体…
ふむふむ、555には伏線回収未遂多発という欠点があるんですね。
ライダーで昼ドラはむしろ気になるところですが(笑)

響鬼とカブトはダメですかやっぱり。
皆さん敢えてこれには触れないなぁと思ってたんですよね。

銀魂
●アバンパートで遊び過ぎだろ。線撮りなんて声優さんのお仕事紹介でしか見ないシロモノなのに
あー、今日のはまだ見てないや。

機動戦士ガンダムOO
●よく考えたら、ロックオンの家族が死んだのはソラン君がゲリラに参加するより明らかに前。直接の仇ではないってレベルじゃねーぞ!感情に流されかけながら対話をもちかけたロックオンも大人だけど、言い訳しないどころか実のない復讐を丸ごと受け入れて信念を託そうとまでした刹那は実は凄い男かもしれないと今更思った
2人ともそこまでは全然考えてなかったと思いますけど、刹那の本音を探るべく
会話を持ちかけたならロックオンがすごいし、それを覚悟で受け止めきった刹那も
すごい…もう一回言いますが、2人ともそこまでは全然考えてなかったと思います。

あのシーン、アレルヤがハブられていたのは「やめなよ」とか「ロックオン!」
とか余計なセリフを言いそうなキャラなので邪魔だったんでしょうね。

仮面ライダー龍騎
●クリスタルブレイク>ちなみに、例の格闘ゲームだと虎が背後から相手キャラを爪で吹き飛ばし(投げて?)、飛んできた敵をタイガが空中で爪で切り裂く技になっています。でも、あれは、別に斧でもよかったような・・・・・・
これまた派手な技に変わってますね。背後からってのがまたアイツららしい(笑)

●になになさんに感化されたのか、作品を思い返してみたのですが、気になったのは鏡から来たもう一人の優衣の正体。神崎士郎が作り上げた幻想なのか、それとも、また別の何かだったのか・・・
私はあれは鏡の中の優衣の影が意志を持ったものだと解釈しました。
現実の世界では両親からネグレクトという虐待を受けていた優衣が、
理想郷としてのミラーワールドの幻想を膨らませるにつれ、いつしか
その区別がなくなり、現実社会を歪ませるほど力を持ってしまった。

そんな中、自分が死ぬことで独りぼっちになる兄を放ってはおけなかった
優衣の最後の力が鏡の中の自分を実体化させることだったんじゃない
でしょうか。同じく本当はアメリカで死んでしまった神崎士郎も、優衣同様
鏡の中の自分を実体化させたんじゃないかと思うんですよね。最初、神崎は
自らの死を目的のために偽装したのかと思ってたんですが、彼の死が物語に
さほど関係なかったのでどうやら彼も優衣と同じ能力を持っていたのかなと。

能力というよりは酷い扱いを受けていたがゆえに想像と夢想に生きるしかなく、
夢幻と幽玄があやふやになってしまった極限状態だったという事なんでしょう。
いくらなんでもキッズものなので子役の服も綺麗だったし、ビジュアル的には
虐待には見えなかったけど、本当は犬猫以下の扱いだったんじゃないかなぁ…

この2人にはさほど疑問は感じなかったんですが、私はリュウガがわからんちん。

キャスティング
●前回の続きです。ジオンのキャラで考えました。デギン…伊東四朗、ギレン…舘ひろし、キシリア…涼風真世、ミネバ…美山加恋、ランバ・ラル…千葉真一、マ・クベ…今井朋彦(新選組!の慶喜役)、ノリス…大地康雄、ガトー…阿部寛、シーマ…米倉涼子、デラーズ…渡辺謙
ギレンが舘ひろしって(笑)シーマの米倉涼子はちと迫力負けかなぁ。

名作劇場
●「ナンとジョー先生」 90分の完全版観ましたが最初の7~80分はダンが主役です。ナンは「私が男だったらダンと喧嘩している」なんて言う台詞が出る辺りお転婆系ヒロインとしてアンネットの足元にも及びません。ジョー先生とメグの会話はルシエンとアンネットも10年で落ち着いたなー、という感じでしたが
ナンとジョー先生はほとんど見たことないですね。何しろ90年代ですから。

若草物語は1994年のウィノナ・ライダーがジョーを演じた映画が面白かったです。
まだタイタニック前のクレア・デーンズがベス(私はこっちで彼女を知りました)
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアでトムさんとブラピを圧倒する勝気な少女
ヴァンパイアを演じたキルスティン・ダンストがエイミーで、お母さんがスーザン・
サランドン。今思えば豪華だ。原作にもかなり忠実だったと思うのでお薦めです。

ウエルベールの物語 ~Sisters of Wellber~ 第二幕
●今回ガラハドさん空気だな…って思ってたら予告でやられました。あれは女装…?
私もガラハドの袖がパフスリーブなので、「これは…さすがは姫様の国
ウエルベールの最新モードか?」と思ったのですが、やはりそうですか…(笑)

書き順
●馬の書き順は「タテ→ヨコ→ヨコ→ヨコ→タテ…」じゃなかったのかーー!、とPCモニターの前で天を仰ぎました。になにな様の記事を読むと、なんて面白そうなんだ!と観たくなったりやりたくなったり。そろそろ手持ち無沙汰な時には文庫本ではなくDSと、若い世代の仲間入りをすべき時期が来たのかもしれません
そうなんですよ!!!あーくそ、絶対の自信があったのになんたること!
こんな体たらくではゆとり世代を笑う事などできません。さーせん!

いや~、本を読むのはもちろんゲームよりずっとよいことですから。
ただたまには基本の基から見直して脳を活性化させるのもいいいもんです。
23:56 | 日記 | edit | page top↑

モノノケダンスがエンドレス

耳ぶっち!

ってかホントにイカサマだったことに何よりたまげたわ。
ただのカイジの疑心暗鬼だと思ってたのに…

ウエルベールは今までで1,2を争ういい話だった気がする。
ボルジュラックの根っからの人懐っこさがよく生きていた。
(脳味噌だか魂だかの移植についてはファンタジーなので気にしない)

毎日DSで漢検トレーニングを続けているのだが、最近ショックだったのは
「馬」という字の書き順を間違えていた事。縦棒から始まるというのは
字を習った遠い昔、間違えないようにと意識したのは覚えているのだが、
その後「タテ→ヨコ→タテ→ヨコ→ヨコ…」となるべきところを、どうやら
「タテ→ヨコ→ヨコ→ヨコ→タテ…」と覚えてしまったようなので矯正開始。

また「寮」とか「療」の字の、大に払う部分を、左に1つ、右に2つ(!)と
完璧に間違って覚えていた事も判明した。なんという基礎的な間違いだ…
それよりウン十年それで通してきた事が恐ろしい。ヤバい、マジでヤバい。
大体変な字だと思いながら敢えて無理に2個払ってきたのだから世話はない。

準一級へは着々と近づいているのだが、このような長年のミスが
発見できるのもいい。もちろん覚え間違いなどないのが一番だが。

一言投票所

キャスティング
■若井おさむというアムロのモノマネ芸人がいますが、色んなガンダムキャラを芸能人を例えてみました。第一弾は主役格です。シャア…Gackt、ブライト…玉木宏、カミーユ…山田孝之、ジュドー…速水もこみち、ハマーン…天海祐希、シロー…妻夫木聡、次回も続きます
ぬぅ、玉木宏は声ですね!(笑)
ジュドーがもこみち!そうですかね?なんかイメージが違う気が…
ジュドーはキャンキャンうるさいので、あまりイケてないジャニーズメンバー
あたりをあてたらどうでしょう?誰かってのはちょっとわかりませんけども(笑)

ゲーム
■地味にゲームの項目が。最近スマッシュブラザーズXで遊んでますが、音楽陣が恐ろしい。物心つくかつかないかって時に遊んだ曲のアレンジで泣けたりする。年とったなぁとか思いますが、なんか20年越しのタイムカプセルから思いがけないプレゼントをもらった気分に…
我が家には発売と同時にファミコンがやってきたんですが、今でもあの頃
やったゲーム音楽は覚えてますね。しかしまたこれで無駄なメモリを…

機動戦士ガンダムOO
■確かにゆったりだけど、あと6話もあれば十分「第一部完」の状態には出来そうな気がする。ソレスタルビーイングが壊滅して刹那は行方不明、とか軌道エレベーター倒壊……とか、そういうイベントが起こせれば。 しかし、もしエレベーター倒壊したら2期は荒野が舞台?石油とかも絡めば姫様にも出番が……
クライマックスはきっと盛り上がってくれるんでしょうけど、気持ち的にこれまでの
話で盛り上がれたのが少ない…それがフラストレーションになってるんですよね。

■2クール×2も良し悪しだなぁ、19話終了時で展開が遅いって心配されるんだから。種運命ならミーア乳揺れライブ、種ならドネル・ケバブのソース論争、∀ならディアナ様がロランのパンツ洗ってたって話数なのだが
トミノガンダムは知りませんが、種は少なくとも1クールは怒涛の展開で非常に
面白かったです。むしろ2クールでチンタラした上に3クールの総集編まみれで
最後には尺が足りないという最悪の事態。ならば種デスではその教訓を生かし
轍を踏まないようにしているかと思えばちんたらストーリーは種以下。最悪。
いくら同じ土6で一年ものでも、種は比較にならないと思いますよ(笑)

多分先行したルルーシュを見れば2期ものでも盛り上がるところではちゃんと
盛り上がってるので、むしろ必ず中だるんだり間延びする一年ものより、
まずはちゃんと2クールで締めてよと思っちゃうんですよね。
でも水島監督もハガレンでは2クールですごい怒涛の盛り上がりを見せたし、
ダイ・ガードもめちゃめちゃスピード感があってすっげー面白いのにな~

■各陣営にGNドライブが行き渡る・19話ヴァーチェ見る限りGNフィールドはGNビームライフルにも有効・エクシアとツヴァイの斬り合い見る限りGNシールドでGNビームサーベル防げる。?今週からMS同士の戦闘は我慢大会なのかな?
これまでは機体性能がモノを言ってたけど、今後はよりパイロットの技量が
問われる事になるんでしょうかね。3陣営が果たしてどう出るのかな~?

仮面ライダー龍騎
■ジョジョ六部のエンドに似ていて、私は好きですよ。ジャポニカ王子への恨みはありますが(まだ言うか)。運命=引力!!
ああ、ストーンオーシャンもそうでしたね。あれはあれでジョジョワールドが
これで終わってしまったような一抹の寂しさがありましたけど、まぁいいかなと。

私もとてもよかったと思います。でも敢えて言えば!1つだけ言えば!
やっぱりリヴァイヴしたライダー全員の姿を見せて欲しかったですね。

■自分は飛ばし見だったけど、「これって時間巻き戻し?それとも夢オチ?」と首ひねってました
時間が撒き戻ったとも言い難く、夢とも言い難い。
誰もお互いを知らないし、世界も完全に新しい世界なのだけれど、
彼らの中には確かに何か大切なものが残ってるんですよ。
その余韻がとても温かいラストシーンでした。

■>クリスタルブレイク あの技はなんか好きじゃないです< そう思うのも解りますよ。(笑)殺られる側の苦しみが結構長く続く技というのも原因の一つでしょうか。因みにタイガのスーツアクターはジークの永瀬さんです。やはりクセの強いキャラが得意ですね。(爆)
ナニゲにタイガは契約モンスターといい関係を築けてるんかなぁと思ったり
するんですが、引きずって待ち構えてトドメをさす、ってのがどうもなぁ。
ってか確かに苦しみも長そうなので、またさらにイヤな技になりましたよ!

永瀬さんか!あの爪つけるとモタモタした動きになって可愛かったですね(笑)

■ラストシーンは「認められない」って人も結構いるみたいですね。それも「命はリセットできるものではない」という真っ当な理論で。ただ、個人的にはあのラストで凄く安心したし、 (また送信ミスorz)ただ、個人的には辛い一年間見続けてきたからこそ、あの平和的な日常を見て安心したし、信司と蓮が(あの時点では)他人になり、神崎兄妹もいなくなったのも、龍騎らしい寂しいけど最高のラストだと感じました
お、私がお聞きした事にちゃんと答えていただけて嬉しい限りです♪
「命はリセットできない」からやり直しはダメと言う反面、全滅エンドだったら
それはそれで賛否両論だったんでしょうねぇ。舞-HiMEなんかは私は完全に
全滅エンドにすべきだろうがと怒ったものですけど、龍騎はそうじゃないかな。

神崎がオーディンのタイムベントで曲がった未来を何度も戻していた事は容易に
想像できるので、彼らライダーは何度も何度も何度も何度も、戦っては傷ついて
死んでいる。時には龍騎が、王蛇が生き残り、時には誰一人残らない時もあり、
血で血を洗う最終決戦が繰り広げられた事もあったかもしれない。だから、実は
優衣の叛乱はこの戦いに関してだけでなく、その罪そのものを清算しなければと
無意識の中で考えての結果なんじゃないなと思ったりします。

弄んだ生命をあるべき場所へ返していく事で、むしろ彼らの哀しみや苦しみを
昇華させたんじゃないかなと。城戸くんの頑張りがついに新しい運命の扉を
開いたとしたら、もう一度リバイバルされた世界は全く新しいものでありながら、
なくなってしまった過去をどこかに隠し、密かに息づかせているんじゃないかと。

生命は確かに1度失われたら甦らないけれど、それを引き起こした神崎兄妹が
その罪を購う事で、彼らから奪い取ったものを返したと思えば、しかもそこには
全てを完全にリセットされたのではなく、どこかに過去は蓄積し、彼らの関係が
残っているとかすかに匂わせるあのラストは、やっぱり龍騎らしかったのでは
ないかなと思います。まぁぶっちゃけ、あんなに一生懸命戦った彼らを見ると、
全滅エンドではあまりにも寂しいしやりきれないのでほっとしたんですけどね。

靖子にゃん
■私もになにな様同様、靖子さん脚本をホモ臭いと思った事はありません。ただ、必要であれば同性愛にも踏み込める(極めて真面目に)事は龍騎より前にてがけた「あいまいみぃストロベリーエッグ」で立証されてるんですけどね。どっちにせよ真摯な脚本だからたとえホモ臭くても私としては珍しく許容できるでしょうけど(笑)
ですよね、意外にもホモ臭さはないですね。
ただし男女の恋愛そのものも意外とアッサリめかもしれないとは思いますけど。
むしろ私は男性の脚本家の書くものの方があざといと思うことがありますね。

私、実は実際の同性愛者は別にいいんですよ。
そういう嗜好の方もいますし、私も実際に男性からカミングアウトされることが
あるので否定はしませんなぜ私にカミングアウトするのかはわかりませんが(笑)

でもホモだのユリだの、それをただ面白おかしく茶化しながら喜んでいる
男女問わない腐れさんたちや、彼らに媚びる内容がちょっとね…イマイチで。
(とはいえ同性同士の純愛映画を見るかと言われても見ないと思うんですが…)

名作劇場
■以前、小説版アンネットで紹介したHPに面白い考察が載っていました。これを読むと6話のピエール氏の言動に納得…。 http://www115.sakura.ne.jp/~byunbyun/ant1/annette02.html 可愛らしいアンネットフェイスが入り口になってるからカーソルを合わせてクリックしてね♪
カーソルを合わせたらガンつけられた(笑)
お母さんがアンネットみたいだったというのはちょっと笑ってしまいました。
若草物語でもジョーがお母さんに自分の癇癪を嘆くシーンがあるんですけど、
おっとりした慈悲深い奥様と思われたお母さんが、実は昔はジョーのような
ひどい癇癪もちですぐキレてしまうことが悩みだったと告白するんですよね。
でもお父さんがそういうお母さんを見るたびに、口に指を立てていましめ、
それを見たお母さんは黙って席を立って頭を冷やしにいく事を繰り返して
やっと性格が穏やかになったというエピソードがあったので納得…かも?

■全作品キャラ集合的な絵では「トム」のハックは(原作の次期主役ゆえ)わかるんですが「ロミオ」のアルフレドの扱いは本当に破格。ルシエンやダンはまともに扱われた事ないぞ
ダンって誰だと思ったら「ナンとジョー先生」のキャラですか?

仮面ライダー555
■私はやはり555をお奨めしたいですね~。世界観は全然違いますが、ヒカ碁やSEED、コードギアスに通じるような人間関係の複雑さがたまりません(笑)序盤の重さはかなりのものですが・・・
おっ、アギトの対抗馬・555が再登場ですよ!
龍騎の次くらい、大分前からお薦め頂いてますので気持ち的には
傾いてたんですけど、強くアギトをお薦め頂いたので迷っております。
555は全話揃っているので(でもやっぱり劇場版は通常版のようですが)
すぐにでも見られるというのも大きいかな。見るのは多分もうちょっと
先ではありますが、悩むところですね。

精霊の守り人
■「精霊の守り人」視聴終了。(自分的には)近年まれに見る、清々としたいい終わり方だった。実は前半はあまり見る気もなく、いつ切ろうかと思っていたが、後半どんどんよくなって目頭を熱くして最終話を見終わった。になになさんのレヴューも素晴らしかったです
おお、BSでの再放送もついに終わったんですね。
面白かったですか、よかったです。質の高いアジアンハイファンタジーで、
笑ったりハラハラしたりチャグムの成長に胸が熱くなったりで、最後の
清清しい別れも実に効いてますよね。素晴らしい作品だったと思います。

嬉しいお言葉をありがとうございます。精霊のレビューは毎回毎回とても
楽しかったです。これは私もJAROには訴えられない自信がありますよ!
00:28 | 日記 | edit | page top↑

テンションダウン

あーもーなんかやる気ねー

「エンジン全開ごーおんじゃー♪1234ごーおんじゃー♪」
飛び出せヒーロー!怒りのローラー!ムテキングOPを思い出すわ

なんだかところどころ笑ってしまうのは面白いということなんだろうか。
ザコのアットランダムな踊りに笑い、キタネーダスさまというネーミングに笑い、
頭の上のバルブを閉めてもらうおっぱいさんに笑い、作戦終了確認は慎重にと
メモってる青に笑う。この人変身する時正解とか言ってるけど何が正解だって?
料理上手らしい青はツッコミどころが満載。青の車にボタンが一杯あったりね。
あとあんなに低い位置でタイヤつけて走るか(笑)ねーよそれとツッコんでしまう。
赤はやたら声が高ぇよ。でも黄色は普通に可愛い。何より変な髪形の黒い人の
滑舌がやばい。「なんだったあおえが手伝ってやおー」………はい?今なんと?
でもEDで力一杯踊ってる姿はちょっと面白かったな。実にいい笑顔だ!

とりあえずオモチャ売る気マンマンやね。あと浪川がさりげなくうるさいよ。

一言投票所

仮面ライダー龍騎
見終わった上に大好きな作品になったので、こうして造詣の深い皆さんと
存分に龍騎の事を話せるのが楽しいです。いいですね~、こういうのも♪

ところでちょっとお聞きしたいんですが、神崎兄妹の力でリヴァイヴした彼らに
胸をなでおろした人と、実際には彼らが苦しみ、哀しみ、それでも何かを信じて
戦った1年間の重く苦しい過去が全てなくなってしまったのかと、あのラストが
腑に落ちないと言うファンの方も結構いたんじゃないでしょうかね?

かなりのめりこんで1年間どっぷり彼らの想いを噛み締めた人ほど、失われた
過去がリヴァイヴした彼らに降り積もっていない事が納得できない!とかね。

戦いを止めたいと泣きながら悔しがった城戸くんや、命を捨てて龍騎を守った
手塚、王蛇にすり寄ってまで自分を見つめなおそうとした蓮や鏡の中から
元の世界を見ながら消えて行った佐野の恐怖などもなかった事になって
しまったのかと思ったら、もしかしてガッカリした人もいたのかなぁ、と。

もちろん私は大満足なんですけど(彼らがああしてクロッシングしていくことで
全てがなくなったわけではないんですよと言われてるような気もしたしね)、
ふとそんな事を思ったりもしました。よろしければ教えてくださいな。

◆>スペシャル版カニ刑事の設定< 彼にとって最初で最後の戦闘になった際、浅倉と既に知り合いだった点や、真司に「そして頂点を極めたいと思うように『なる』」と言っている点等からそういった設定の面影は見受けられますね
でもカニが協力を申し入れてた時点で見てる人の全てが「あ、カニ裏切るわ」と
思いましたよね(笑)むしろ裏切らず王蛇にでも殺されたら驚きましたよね(笑)

ところでYAHOOで「カニ刑事」を検索すると龍騎の公式がトップに出るのは
どうしたものか。カニ刑事なんて一言も書いてないのになんたることか(笑)

◆>クリスタルブレイク< 使用頻度からして敵を仰向けにして引きずるのが正規の発動方法っぽいですが、教授さんを殺っちゃった時のようにうつ伏せ状態の方が失敗のリスクが低いような。 って、裏切り行為に限って技を改良するとは!?
ですよね~、龍騎もゾルダも仰向けだからこそ逃げられてたし。
ってかあの技はなんか好きじゃないです。仕留める率が高いせいか?

◆警官隊の開始時刻は「早朝」。その前に北岡は他界なさったので、次に吾郎ちゃん、浅倉。同日、お昼ぐらいに城戸くんご臨終。でもあえて順番逆にして正解だとおもう。
◆軽くネタバレ。信司が死んだ時にはもう、北岡・浅倉・吾郎ちゃんは他界してたらしいです。根拠は、神崎士郎のセリフもそうなんですが、ちょっと細かい演出も加わっているそうで・・・・・

確かに48話の時点で最後のライダーはナイトって言ってましたもんね。
それで49話では時間軸が戻って、残っている2人のライダーの最期を
見せたという演出か。最終回に主人公が戦わないバトルものなんて
珍しいんじゃないですか。ってか死んじゃってるってのがすごいか。

真冬の撮影は日が短いので早朝ロケから始まるせいかと思ってましたが、
浅倉のアジトへは早朝突入だったんですね。北岡はあれだけ眩しい朝日が
もう見えておらず、城戸くんはお昼頃、銀座で少女を庇って死亡したと。

◆吾郎ゾルダ>甘いぜ、姉御!!俺は間合を取らずにむしろ格闘戦主体で戦っている時に、すでに違和感を覚えたぜ。まさか、吾郎ちゃんが変身してるとは思わなかったけど
なるほど、それもそうだ。
いやね、私は決着をつけてやらないとと言ってたから、北岡が最後に
敢えて浅倉と組み手をしてやってんのかな~と漠然と思ったんですよ。
でも初心者マークの吾郎ちゃんゾルダなら当然組んで戦いますよね。納得。

仮面ライダー剣
◆剣はですね、序盤はほんと唐突な出来事起こりまくりだったりでポカーンかも…… しかし、それを乗り越えると本当に面白い。最初は馬鹿にしてた自分も、最後は泣くしかなかったです。あと、劇場版も秀逸(龍騎とは別の意味でもう一つの最終回 因みに、15話から急に面白くなってきた気がします(個人的にですが
剣は確かハガレンの會川昇も脚本に参加してて、アニメのハガレンのラストに
否定的だった人が結構叩きましたよね(笑)厳しいなぁ皆と思ってましたっけ。

まだ見るかどうかは決まってませんが、心に留めておきますね。
というか、やっぱりこうして熱心にお薦め頂くと「そうか、なら見るか」
という気になりますね(笑)レビューやってた頃はとても見る時間が捻出
できませんでしたけど、今はある程度時間を作って見られそうですから。
でもさすがにお家騒動で激震のあった響鬼はお薦めがないですね。
あとなぜかカブトもないな(笑)ちなみにクウガもほとんど見てないですよ。

仮面ライダー電王
◆春映画では、大人のハナさんに是非とも復帰して頂きたいところですね。「ちっちゃくなっちゃったのがようやく元に戻った」ということでストーリー上も文句無しでメデタシメデタシになれますし
白鳥さん、ついに事務所辞めちゃったからもう復帰はないでしょうね。
(映画の撮影が最終回のクランクアップ後に続けて行ったというのもあるけど)
別の事務所に所属するとかでやり直すつもりかもしれないけど、芸能界って
何より「繋がり」の世界だから、番組に穴あけて復帰できずに事務所辞めて…
となると残念ながらもうこの世界で生きていくのは難しいんじゃないですかね。

ましてや今が一番綺麗な時期なのに、ほとぼりが冷めた頃に再デビューと
思っても、もう旬を過ぎてババァになってるんじゃ商品価値が落ちまくりです。
可能性はゼロではないとは思うし応援もしたいけど、厳しいでしょうねぇ…

映画2はVシネマですから、まぁお遊びのお気楽ギャグもの、くらいに
思ってた方がいい気がします。思った以上に物語を締めてくれてたら
それはそれでサプライズっぽい感じで嬉しい気もしますしね♪

ところで電王は初の「二度目の映画化」といわれてるけど、どうせまた夏に
劇場版があるであろうキバも2回映画化?と思っていいんでしょうか(笑)

機動戦士ガンダムOO
◆最近、良いな。1ヶ月前までは、ガンダムやめてマクロスやコードギアスやったほうが良いんじゃないかと思っていたけど。でもエンジンかかるのが遅すぎたかな。どこまで追い上げられるか。これで息切れたら終わりだからね
そうなんですよ、かなり面白いんだけど、刹那とロックオンの会話なんかは
1クールでやっておくべき内容で、スローネ登場は2クール開始と同時が
望ましかったのではと思います。結構合間に無駄な話があったしねぇ…
まずは世界観を慎重に描いていたというのもわかるんですけど、エンジンの
かかりがいかんせん遅すぎたのと、やっぱり陣営とキャラが多すぎますよ。

ミスター味っ子
◆80年代に放送していた「ミスター味っ子」はとても笑えていいです。自分も最初「原作モノだろ」とバカにしてましたが、じっさい観たら「味皇のひとり幻魔大戦」が凄かったです
時々見てましたよ。OPED、特にEDは超名曲なので大好きです。
この頃まだ20代前半で、あれだけの原作クラッシュ、そして「リアルロボ」物で
行き詰りつつあったサンライズに風穴を空け、新境地を与えた味皇ワールドの
これでもかという超演出にはぶったまげましたね。原作を読んだら意外にも?
フツーの料理漫画だったので唖然としたほどです。今川泰宏、恐るべき男…

狼と香辛料
◆狼と香辛料、視聴前は「獣耳かよ」と引き気味だったのですが1話だけはと思って見てみたらこれが面白い!商人にスポットを当てている作品ならではの裏の裏まで読む駆け引き、軽妙洒脱な掛け合い、エスプリの効いた会話がたまらないです。さすが経済ファンタジー
ケモノ耳萌え♪という人にとっては、「お、思ったより内容が高度で面白いぞ?」
となったのかも。でも逆に内容がいいのにケモノ耳嫌いの客は逃したのかも。

◆狼と香辛料OPがえらく懐かしい曲想だと思ったらメインスタッフがまんまZABADAKでした。世界観に合っていますね。>ちずる
調べてみてもアーティストの事は全く知りませんでした。

仮面ライダーキバ
◆西洋レトロモンスター>ご存知かも知れませんが、フランケンシュタイン(の造った怪物)やデュラハン(首と胴体が離れた騎士)もいますよ
え?ドッガがフランケンシュタインですよね?ガルルは狼男、バッシャーが
半魚人で、敵であるファンガイアはヴァンパイア(吸血鬼)ってことでしょう。
デュラハンって、さすがにおこちゃまは知らないのでは…出すとしたら、
ミイラ男とか透明人間とか雪男とか子供にお馴染みのものでしょうね。

特撮&仮面ライダーシリーズ
◆「THE FIRST」は尻軽女の緑川嬢にライダーキックいれてやりたくなるのと、コブラ男と蛇女の青春メモリーが話のテンポを著しく悪くしたんですよ
わははは、それは何ともイラついたご様子ですな!
ってかコブラ男とヘビ女という呼び方に吹きました。ヘビロマンス?(笑)

◆NEXT 面白そうですね
面白そうですね~。

PERSONA - trinity soul -
◆作画が綺麗だなといまさらながら、女の子が美しくて可愛くてね。男もカッコイイし。さすが現代学生にRPG設定持ち込んだメガテン、ペルソナシリーズ。仲間が能力ではなく友達としてキャラが立ってるのは見事だし。学生服で異能者バトルなんて良くあるかと思ったけど、人間関係に主軸を置いてるから幅が広くてね
ペルソナは監督やキャラデザなんかも皆、新進気鋭みたいですね。
今までは演出とか作監をやってたけど、ついにトップに上ったって感じ。
今のところ物語やキャラの掘り下げも手堅いし、バトルも徐々に
よくなってるし、作画もいいし何より綺麗ですよね、幻想的で。
今後も楽しみ。あとペルノソングは2期も続いてくれるんだろうか。
23:25 | 日記 | edit | page top↑