FC2ブログ
2007/11/29 (Thu)  01:53

なぜかまだまだ忙しい…

昔から大嫌いなのは「ら」抜き言葉。
見れる食べれる…書き言葉ではさすがにないけど、喋り言葉で
「行けれる」と言ってしまう人も時々いて、聞くとイラッとする。

でも実はそれ以上に嫌いなのが、わざとではなく本気で

「そ う ゆ う 事」 とか 「ゆ っ て た」

などと書く事。
喋り言葉ではかまわないが、書き言葉ではきちんと
「そういう」「こういう」「言う」と書けと言いたい。

書き言葉よりゆるく、さらに時代の変化に敏感で移り変わりやすい
喋り言葉の中でも虫唾が走るのが「多い」を「オオイ」ではなく
「オオイ」という「い」が多すぎるんじゃ言い方をする事。

正式には認められてるとか、それも正しいなど意見はあろうが、
とにかくこれが「見て・聞いて」イラッとするワースト3である。

一言投票所

ラクダの背中はもっこもっこ
♥ラクダの話で思い出したのはマジンガーZ。操縦席が頭にあるので移動中の乗り心地は最低なのだろうと考えてました。ガンダムは腹部だから少しはマシだろうけど走るのはノーサンキュー。ボトムズでようやくローラーダッシュが可能になったけど悪路は危険?>ちずる
マジンガーZは「なんだかよくわからんがすごいパワー」で動いてる
スーパーロボットなのでコクピットはきっとドラえもんの足のように
わずかに設置面から浮いてるんですよ(笑)そうに違いない。

ガンダムは足関節部にサスペンションもあるし、スタビライザーも
ついてるとは思うんですけど、それでも北米のあたりだったか
ザクと追いかけっこするガンダムの人間みたいな動きには、
あれじゃ中のアムロはミンチだろと思ったりもしました。

ボトムズのローラーは大好きですが、悪路はコケますよね(笑)
一番危ないのはやっぱ異星人パワーで動いててスタビライザーだの
サスペンションなどなさそうなゴーグの頭の上じゃないですか(笑)

電脳コイル
♥イサコが黒客の親分になったあたりまでは、ドタバタ電脳バトルものだったのに(笑) 夏休みに入ってから、作品の雰囲気というか方向性が変わりましたね
もちろんこうなる予定だったんでしょうけど…もう少し黒客や
フミエやアキラや京子を話にからめてもいいんじゃないかと、
学園ものが嫌いな私が思うくらい脇役がかなり魅力的だったので、
なんだかもったいないな~と思ったりします。

アラレちゃん
♥80's:ドラゴンボールはありませんでしたが、「アラレちゃん」がありました。当時は社会現象になったものですが、家の近所の盆踊りでは今でも「アラレちゃん音頭」が流れます(笑)
アラレちゃんはギャグゆえかコンスタントには人気があったけど、
爆発的なブームは80-81年くらいなので、ロボアニメブームだった
83年-84年という感じがしないんですが、確かにすごい人気でした。

ポートピア'81に行った事を話ししてくれた友達が、「童夢」の
チョーさんが欲しがってたアラレちゃんの帽子を持ってた事を
覚えてますよ。水曜日はアラレちゃん(とうる星やつら)の日。
これはDBZにも引き継がれ、るろ剣もワンピもこの枠でしたね。
(当時裏番では我が青春のアルカディアが苦戦してましたっけ)

今、そこにいる僕
♥今僕:放映当時、「今そこにいるだけの僕」と揶揄されてましたなぁ(笑)
空気ってヤツですか(笑)

機動戦士ガンダムOO
♥お馬鹿な私は、どうして国際テロ組織がSBの活動停止を要求してテロを起したのかが分りません。テロルというものは、本来体制に反抗して行われるものですよね?SBはそれ自体が無差別に体制に刃向かうテロ組織な上に、誰にも支持されてないわけです。その活動停止を要求して無差別テロ?
あのテロ組織自体が、既に崇高な使命感を持った反体制武力行使
集団などではなく、大国とのあやしげな取引に乗っては自らの利益を
追求するようなビジネスライクな連中であるという示唆とか…
持ちつ持たれつの関係なんじゃないでしょうかね。
(資金と武器がなきゃテロなんて人でも金も莫大にかかる事やってられないし)
かなり遠回りな「北京のちょうちょ」ですけど、ある意味自作自演?

♥始まってから結構たつのに、一向に盛り上がらないわ物語に引きつけられないわセルゲイおじさん以外に好感抱けないわで、私的にどうも意気込みが感じられず。黒田洋介の手腕が衰えたのか…それか、やけっぱちになってるとしか(汗)
いやぁ、4人のマイスターもそれぞれにおバカなのでそれはそれで
楽しいですけどね(笑)むしろおっぱいが露骨過ぎる感じかな。
あと沙慈たちをうまくからめられてないなぁとはちょっと思います。
沙慈のねーちゃんよりコーラを何とかする方が面白くなると思います。

名作劇場
♥名劇評価サイトに行ってきました。トップはドンファン「ロミオ」、ケツは話数40前半切り出し「セディ」。声は同じなのにね(笑)。「フランダース」は今観返してみるとあざといという意見が確かに多いですね。まあ「セーラ」も同じ意見はありましたが…。「コゼット」は最終的にどういう評価になるやら
私はまぁ「見た」と言えるのはロッキーチャックから「ポリアンナ」
くらいまでですけど、当時は見なかったアンネットを除けば、
面白くないと思ったのはフローネ・ルーシー・カトリかなぁ…

逆にペリーヌ物語みたいな逆境からのしあがる話は好きでした。
あれは絵が可愛くないのが致命的だったけど(笑)、空き缶で
鍋を作るなどホームレスに身を落とした彼女が仕事を見つけ、
素性を偽ってじいさんの秘書となり、やがて孫として認められる
あたりのドラマティックな物語はなかなか見ごたえありました。
ちなみにガンソで出たロバのパリカールがいたのはこの作品。
三千里はとにかく歌が素晴らしかったですね。
でも何しろすれ違いばかりで短気な私はイライラしっぱなし(笑)

名劇は声優もちょっと癖があるので辛かったですね。
ラスカルはラスカルは可愛いんだけどスターリングがねぇ…
まだ少女の頃の富永みーななんかも出てましたけど。
アンは山田栄子の特徴的な声が苦手で辛かった。
逆に声優が皆よかったのはトム・ソーヤーかな。

アニメのOP
♥せめて夕方アニメのOPEDは、字幕付けてくれるとありがたいですよね。英語にもカタカナふって(笑)そういえばバイファムのOP、英語だったせいか深夜ラジオで聞くと眠ってしまってました。あの曲が私の眠りソングです
ふっふっふ、バイファムのOPは未だにソラで歌えますよ!
「ECCM ON」からのオペレーティングまで丸暗記しましたとも。
なんたってちゃんと「歌えるような」訳詞までしましたからね。

♥↓×2 同感です。やたら英語を歌詞に使う曲はとっつきにくいです。「デビルマン」なんてOPもEDも解り易過ぎて
物語を歌ってるといえばボトムズのOPもカッコよくて好きですね。
串田アキラの熱い歌も好きなのでザブングルなども好きですけど、
実は彼の歌で好きなものの1つに「サンバルカン」があったり(笑)

♥昔のアニメの曲は覚えやすかったというのもありますね。最近娘達がDグレにはまって、字幕のないOPEDを必死に覚えようとしているのを見てるとちょっと気の毒に思ってしまいました(笑)
アニソンはちゃんとその内容を示唆したり、歌にしたらどうなるか、
を歌っているものが一番好きです。タイアップも歌手がそのへんを
理解して物語を噛み砕いて作詞してくれたものはいいけど、勝手に
歌うのはカンニンして欲しい。ジンとかジンとかジンとかジンとか。

あと些細な事ですが、NHKのアニメは歌に字幕が出ていいですね。
プラネや精霊、十二国記やサムライ7、サヴァイヴにコイル、
彩雲国やマ王もおかげでOPバージョンは全部覚えられました。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
♥金髪(カガリ)から赤毛ツインテールに乗り換えた人は・・・ヤベェ地雷踏んだ
地雷というか既に爆発してます。
その割に皆意外とスルーしてます(笑)

♥ミーア改造前素顔写真にドン引きのキラさまとソバカス地味顔巨乳がツボだったので号泣したアスラン、ラクス様は影武者の死に落涙する優しいワタクシに自己陶酔中で、メイリンは(ここで泣かないと、アスランさんに冷たい女って思われちゃう)
ミーアの素顔を見た時の気まずい空気はなんともいえなかったですね…
とりあえずあの場面で一番おもろかったのはミーアにも優しく手を
差し伸べたのにシカトされてムカつき、死んだミーアに哀れみすら
見せなかったキラきゅんでした。カメラ廻ってるってばキラきゅん!

♥赤毛、黒髪、金髪と纏めて演じきった桑島さんは凄いです。カテゴリーにこだわらないなら川村さんも赤毛の典型レッシィやブルネットの典型アンジェレッタを演じてますが。でも男と上手くいったのはベルトーチカしか知りません。またしても立ち塞がるパツキンの法則…
桑島さんはそれ以上にSEEDの「死にキャラ声優」と
化してますよね(笑)まぁセキトシさんもですけどもね。

♥になにな様の小説(後藤リウ)版種死のレビューが読みたい…けど、原作の批判ばかりになりそう(笑。本当に、なんであんなに作品の出来が違うんだろ?
でも高山版でもちまき版でも後藤版でも、どんなフォローが入っても
どんな描写が追加されても、どんな解釈が加えられても、
結局のところ結果は絶対的に変わらないんですよね?
シンがアスランを圧倒し、キラをぶん殴って
答えを出させるわけじゃないですよね?

やっぱダメですよ…あのラストを考えるだけでもうゲンナリ。

♥ポセイダル(ミアン)は自分の形の建造物を立てたりして思い返せば趣味が悪い気がする…。が、この作品には同じ事をしそうな奴が何人かいるんだよなー
あー、私はあれはなんとなく、自分がその野望の身代わりとなった
ポセイダル(アマンダラ)の気を惹きたいがゆえのミアンの
精一杯のアピールのような気がしてましたね。

フル・フラットは恋愛ではミアンのやや上を行きながらも
彼女ほどの自己犠牲は払えず、かといって断ち切れず、
ミアンは劣った分を献身という名の犠牲で男を繋ぎとめ…

そういう意味ではアムもレッシィも「盲目的な恋愛」という呪縛から
解き放たれたあのラストは正しいと言えたのかもしれんですね…
ダバはそもそも1話から「義妹を探している」と言ってたしね。

とりあえずラクスさまの像には妄信盲信者には「静かな夜に」や
「水の証」、「FIELD OF HOPE」が流れ、反抗的な者が近づくと
「ダースベイダーのテーマ」が流れる仕様にすればいいと思います。

DEATH NOTE
♥海外を題材にするなら慎重な下調べは必要でしょうね。この作品でも活動が米国内限定のFBIが日本の犯罪者を調べるという米国人が観たら?な展開がずっと是正されんずくできてしまいました。ハリウッド化した日には内調が米国に潜入してるかもしれん
デスノってなんかノリで話作ってるみたいなトコがあったので
そのへんは気にしない人にはご愛嬌ってトコですかね(笑)

【私信】
ともさんへ

「ハゲタカ」再放送するみたいですよ~
12/22~24の三連休に2話ずつだそう。BSでやる25~28の
「怪奇大作戦」ともども私も見てみようかと思ってます。

スポンサーサイト