FC2ブログ
2007/11/24 (Sat)  13:42

それは主に発酵食品

店や食卓に置いてあればついちょっとつまみたくなるけれど、
食べた瞬間、大概がっかりするものというものがある。

その1つに「塩辛」がある。
多くの食品が「手作り」と「既製品」で味が大きく違う事は
いやというほどわかってはいるけれど、塩辛はその差が
トップクラスだと思う。保存料として仕方がないとはいえ、
甘ったるい甘味料や化学調味料の味がモロダシで、既に塩辛と
呼べる代物ではない。塩辛は手作りのものを食べたら他のものなど
絶対食べられない。食べられない事はわかっているのについつい
つまんでしまう。そして案の定ガッカリする…
なんだかこの繰り返しである。

ちなみに私が一番美味しいと思う塩辛は母が作ったものである。
無駄なものを一切入れないシンプルさが売りの母の塩辛に勝る味に
私は出会ったことがない。でもどんな有名シェフが作る味だろうが
母の味に軍配を上げるだろう。何しろ母が作ったものは美味しい上に
値段や物足りなさを気にせず、思う存分ご飯に乗せてかきこめるのだ。

酸っぱいものや香りの強い野菜が苦手な私は食べないが、漬物も
好きな人は好きなのに食べてガッカリしているのではないだろうか。
やはり変な保存料や着色料がてんこ盛りで、塩がきつい味ばかりで
美味しいと思えるものは少ない気がする。

漬物が大嫌いな私でも、祖母が真冬にザク切りにした白菜を
樽に漬け込んで鷹の爪を散らした白菜漬けは大好物だったし、
台所の床板を外して取り出してはかき回すぬか床から出して
切ってくれたきゅうりは私にとって世界一のものだった。

祖母の家でコタツに入ってすっぱいはっさくを鳥形の皮むきで剥き、
白菜を楊枝でつまんでは濃いお茶を啜りながら祖父母と初場所を
見るのが冬の幸せだった。明治生まれだった2人が鬼籍に入って
20年以上が経ち、明治はとうの昔に「歴史」になってしまった。

いくらのしょうゆ漬けもよく瓶詰めで売っているが、これも母が
漬けるもの方が圧倒的に美味しい。やはり気持ち悪い甘さがなく、
シンプルな味で新鮮なうちに食べるのと、何しろご飯に乗せる
量を気にしなくていいので存分に食べられる(そればっか)

そんな私がある時いくらのしょうゆ漬けを思う存分食べた後で、
まるで生卵を食べた後のような鈍い頭痛に襲われてしまった。

実は私は生卵に弱い。アレルギーなどというものではないが、
食べると「頭が痛くなる」という不思議な弱点があるのである。
従って卵料理は好きなのに卵かけご飯が食べられず、すき焼きにも
生卵を使えない(だから人よりしょっぱくて困る)という変な癖?がある。

そう、考えたらいくらも「魚卵」という「生卵」だったのである。
この時はああなるほどと自分の変な体質?に感心してしまった。
なので美味しくてもホドホドにしか食べないようにしている。

明太子やたらこは手作りができないだけに、真っ赤に着色された
姿や、やはり甘味料で甘くされすぎたその味を食べるたびに
ため息をついてしまう。サラミも昔から大好物なのだが、
最近はめっきり美味しいと思えるものがなくなってしまった。

こうして見ると大体が「保存食」と言われるものばかりだ。
手を加えれば保存できるわけだから、当然昔は家庭で一手間かけて
作っていたということだろう。けれどそれも1年も2年も持つもの
ではなく、せいぜい5日から1週間もたせればよかったのだろう。

サイクルを見れば昔の方が手間も時間もかかっていたようなのに、
保存ができ、時間もできたはずの現代の方が毎日毎日時間に追われ、
自分の時間を切り売りしてわずかな報酬を得ているにすぎない
この生活は本当に豊かになったんだろうか…
とふと疑問に思ったりする。

もちろん自分好みの空間で、全てを自分の支配下に置きながら
こうしてパソコンを打っている時間も至福といえば至福だけどね。

一言投票所

無限のリヴァイアス
★年末年始はリヴァイアスを見るそうですが、できれば「今、そこにいる僕」も続けて見てください。この組み合わせで軽く自殺できます(←私の経験論ですwww
ゆとらーの敵「鬱展開」には十分耐性のある私ですが、もしリヴァを
見て暗くなったら年末年始のバカ番組を見て浮上するのが楽しみです♪

「今そこ」もえらい暗い話らしいですね、見ちゃった人は軽々しく
口に出すのもはばかられるほどに。暗かろうが鬱だろうが私は何より
「物語が面白ければ」見たいと思いますけども…どうなんでしょ?

ユニバーサルデザイン
★スキャナ音声読み上げはパソコンだとありますよね。最初は本当に驚きました、しゃべってる!って。聴力障害者への緊急メールサービスもアメリカでは日常的なサービスとして定着しています。日本は援助金関係で駄目駄目ですが。お元気コールも日本であるところにはありますよ
私たちはパソコンがある時だけ字を読んでいますか。
私たちはアメリカに住んでいますか。
ある地域でやっているからそれでよいのですか。

こんなにもまだ世間ではユニバーサルではないですよね、
という好例を挙げていただいたと思っておきましょう。

★ユニバーサルデザインについて。何気ないものが、ことが、言葉がとても嬉しかったりします。出来ないこともあるけど、それ以外は普通の人間であることを分かって欲しいです。始まったばかりで課題も多いと思われますが、誰もが住みよい環境になれば良いですよね
最初のコメントはもしかして実際に何か障害をお持ちの方か、
ご家族や親しいご友人がそういう境遇の方なのかな、と思うような
実によいお言葉を残してくださいました。
誰もが住みよいというのは難しい事ではないですよね。

どんな人でも怪我はするし、女性なら子供を産むこともあるし、
具合も悪くなる。何より人間は生きていれば必ず年老います。
元気なはずの我々だってうっかり段差でつまずく事もあり、
荷物が多い時に扉が開けられず苦労することもあり、疲れた時は
ちょっと手すりにつかまりたいとかベンチに座りたい時もある。

余裕がなくなり、残念ながら誰もが親切な存在ではなくなった分、
できるのならハードを強化しておくのは悪い事じゃないと思います。
後からつけたら金がかかるけど、オプションだったらいらないよと
いわれるけど、初めから組み込んでおけばどうって事ないのにね。

***更新***

マスターキートン 第37話 面接の日 UP
スポンサーサイト