FC2ブログ
2007/11/23 (Fri)  13:39

アニメの当たり年

レビューをしていたこの4年間のうち、優れたアニメが多かった
「当たり年」は、プラネテスやガングレイヴ、ハガレンなどが
放映された03年末から04年春にかけてというのは何度か書いた。

それと同じように「当たり年」だったのが、最近一言の方での
おっさんおばはんの盛り上がりに若い人がついていけなかったかも
しれない「エルガイム」が放映された「1983年~1984年」である。
奇しくもこの二期がちょうど20年の時を経ているとは私も驚いた。

この時期私がもっともハマった、というかアニメに「ハマる」という
経験をした一番最初の作品が「銀河漂流バイファム」だった。
ドラえもんの裏になど当てるから視聴率がふるわず、打ち切られる
ところを紙一重で助かって枠移動となり、OPが短くなったりアバンの
放映が変わったりしつつも、続いただけマシと思った。ロス五輪で
二週間も休止になった時は怒りに震え、おかげで2話少なくなったが、
最終回は紙ヒコーキをうまく使ってバイファムらしい終わり方だった。

そしてもちろん話題の「重戦機エルガイム」、84年3月に終了を迎えた
「装甲騎兵ボトムズ」は3クールから見ていたが、4月からはテレ東が
毎日再放送をしてくれたので無事コンプする事が出来て嬉しかった。
半年放映が伸びたおかげで見逃すことなく見られたのは「巨神ゴーグ」
「魔法の天使クリィミーマミ」は嫌いだ嫌いだと言いながらついつい
見てしまい、フィナーレではなかなかの見事さに唸ってしまったり。

この頃といえば男は「うる星」、女は「キャプ翼」、ガキは
「キン肉マンやビックリマン」、ジャンプではこれらプラス
「北斗の拳」という時代である。DBすらなかった時代である。
そして春には「何度目だ」ではなく劇場でナウシカが公開された。
いい年をしてアニメにハマる「オタク」が世を席巻し始めた頃で、
「相手をオタクと呼ぶから」オタクと言うとせせら笑われ始めた。

私も「イイ年してマンガを見てるなどなんて恥ずかしいんだろう」と
思いながらも、昔に比べて複雑な内容はやはりこのトシにならねば
きちんと理解できなかったろうなどと言い訳しつつ見ていたものだ。

そしてこの当たり年が終わると私はアニメから卒業し、翌年からは
鳴り物入りで始まったΖガンダムも一般人も巻き込んだタッチも
見なかった。見たものといえば「小公女セーラ」くらいである。
(小公女は苛め抜かれた末の大逆転が楽しいのだが、アニメはかなりぬるめであった)

ボトムズ後の高橋監督の作品が「ガリアン」で、バイファム後の
スタジオライブの作品が「ガラット」だったのも私をガッカリさせ、
アニメから離れさせた。しかもちょうど再放送中だったルパン三世も
未来少年コナンもまるで申し合わせたかのように1984年中に相次いで
終わったのである。ゴーグの最終回後は、85年2月のエルガイムの
最終回を待つだけという、まるで今の「電王」最終回でレビュー
完全終了を待つだけとなっている私と同じような状況だったのだ。

まぁこの後アニメ視聴は再び星矢で大復活を遂げ(トルーパーも見た)
その後は長い長い本当に長~いブランクを経て種に繋がるわけだが…

見る時はのめりこんで見るが、やめるとなればスパッとやめる。
やる事が極端なのは昔からなのだなぁとつくづく思う。

一言投票所

電脳コイル
▼放送開始前の番宣をみたときは、「探偵団も大活躍!」みたいな話かと思ってた(笑) 最近のストーリー展開にこどもは付いて来てるのかどうか…
わははは!
私は番宣は見たことないですけど、HP見る限りではヤサコが
仲間たちを率いて電脳事件を解決していくというドタバタ系かと
思ってましたよ。今となっては全然違ってて、内容が難しい上に
わからず、でも先が気になって困るという中毒性に正直、困ります。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
▼OOの世界にキラが乱入して大暴れしてくれたら・・・とか想像してしまいます。爽快感が欲しいー
ええええええええ!?キラきゅん乱入で爽快感!?!?!?
だって種デスは爽快感とは無縁のムカムカイライラ作品でしたよ?

保志総一朗
▼98年製作の「バイファム13」(本編のインサイドストーリー)で15年前のキャストが再集結する中、ロディだけ保志キュンにチェンジしました。ひょっとしてこれが初の(奪った)主役?そして、また茶髪の優男。まあ翌年にはジェイナス→リヴァイアスで相葉弟ですが
難波さんは声優辞めてアメリカに行ってらしたと聞きました。
私はバイファムの再放送を延々待ち続けてついにTBSはその願いを聞き届けてくれなかったわけですが、制作した大阪では逆でいつまでも再放送をしていたそうで…じゃりン子チエ並に(笑)

バイファム13が作られるという噂を聞き、放映されるのかと思ったらまたこれもなくてガッカリ。まぁ内容はアレだったようなのでいいんですけど、今となっては。その時、ロディ役が別人に変わったという噂は聞いたんですよね。まさかそれが保志きゅんだったとは因果ですねぇ…

種にハマって一番困ったのは何しろ声優がほとんど知らない人ばかり
だった事ですよ。保志総一朗も石田彰も全く知らなかったですからね。
(知ってたのは関俊彦、子安武人、三石琴乃だけでしたからマジで)
まずは何より主役の保志きゅんをググってみれば、バイファム13の
「ロディ・シャッフル」があり、えええええ?!でしたよ(笑)

捨てまくる女
▼私は漫画、なかなか捨てれないんですよ~(汗)最近は心を鬼にして、オークションで処分するようにはしてるんですが・・・物を減らせば掃除、楽になるはずですよね(苦笑)
捨てますよ、私は(笑)つか自分で買った物は基本的に邪魔なら
バンバン捨てますね。邪魔なものを置いておきたくないので
そもそも何かを欲しいと思うこともあまりないですからね。
あ、これ書いてて思い出した。カレンダーまだ買ってないや(笑)

でも人からもらったものは捨てられないかな。特に手紙はダメ。
私が持っている一番古い手紙は幼稚園の年少の時、担任の先生に
もらった暑中見舞いハガキなんですよね。今どこにいるのかすら
わからない先生に会えるのなら、ぜひ見せてあげたいなぁ。

古い手紙をとってあるので、たまに会う友人に彼女や彼から
もらった手紙や年賀状を見せてあげると盛り上がります。
自分が送った手紙って二度と見ないことが多いですからね。
もし手紙を大切に持っている人がいたら、懐かしい人と会う時などに
それらを持って行くと結構盛り上げアイテムになると思いますよ。

私はアナログな人間なのでメールより手紙ですね、やっぱり。

怪奇大作戦
▼時はまさに携帯時代。年末の怪奇大作戦の初日、「ゼウスの鈎爪」「恐怖の電話」が立て続け放映は狙ってると思う。録画で観賞する場合は旧作の後者を先に観るのがお薦めでしょうか。フジ隊員の拷問シーン有り
どちらも電話モチーフということですか?
電話って、リングによって「ビデオ」が恐怖アイテムになる前は
「人形」に次ぐ(並ぶ?)アイテムだったんじゃないでしょうか。

仮面ライダー龍騎(未視聴)
▼龍騎のデザイン、最初見た時は「ぇー…」って感じでした。が、初視聴時、OP見た瞬間に「か…カッコエエ!!!」となったのは良い思いでです(笑) 思えば、ライダーのデザインが「王道」から外れていったのは龍騎からですね。電王も最初見た時は心配していました(笑
へ~、そうなんですか。確かに私もアギトの後の新番組宣伝で龍騎を
見た瞬間「うわ、なんか斬新…」と思った覚えがかすかにありますね。

私は電王は「なんだこの眼?」とは思いつつもほっとしましたけどね。
(あれが桃モチーフというのを知ってちょっと笑いましたし)
やっぱねぇ、カブトがねぇ…笑えたんですよ、どうしても(笑)

関西
▼関西は歴史背景的に、京都、奈良、大阪と首都だったので、いまでも副首都ぐらいの気持ちでいますからね。信長も秀吉も名古屋から関西に来て出世したってね
いや~、実際にそうでしょう。西の文化の深さにはかないませんよ。

なおゲストブックにレスしました。
遅くなりまして申し訳ありませんでした。

あと今週の「銀魂」のハム子話は、なんとなく雰囲気まで1クールや
2クール目を思い出させたのは古い話だからというだけなのかなぁ…
なんかすっげー「pray」が聞こえてきた気がしたよ(笑)

ってか次回はもうアレかよっ!マジでどーすんのアレ!!!(笑)
東城の(近藤やマダオとはちと違う)最強バカ伝説が今、始まる…
スポンサーサイト