FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

夜は寒いんだよな 昼は暑いくせに

すいません、ホントに時間がなくてコメントレスができないッス…
でももちろん全部読んでます。心の中でレスもしてます(笑)

ガンダムOOの情報がさらに公開されましたね。
私あのティエリアって女の子かと思ってました。
いや、謎だらけみたいなので男装した女というのも…ねーよ(笑)

とりあえずキャラは平井の絵よりはマシなので大変嬉しいです。
いや、平井さんもスクライドの絵なら好きっスよ。
あれくらい大人っぽくてシャープならいいんだけどなぁ。
種デスのキラよりカズマの方が年下とは思えんもんなー
(たとえばガン×ソのミハエルはキラと同い年に見えるのに)

ガンダムは結構もっさりしたデザインですなー
エクシアは背中ばっかり話題になってますけど、私的には
あのシールドの中に隠されてる?暗器みたいなメッサーソードが
気になるなぁ(笑)あと射撃系のデュナメスのパイロットが
ロックオンってギャグなのかなそれは(笑)ヴァーチェの
ゴツさは0083のガンダム二号機を見た時の衝撃を思い出した。

あと皆さん、明日のGYAOで更新されるガン×ソード 第23話
最高ッスよ。もうね、シンが好きな人、アンチキラきゅんの人は
必見。どつきあい漫才で、もうバカがバカやってバカ最高です。

そしてプラネテスファンはこれまた必見!
全く音のない宇宙での慣性の法則をきちんと描いた素晴らしい
宇宙戦闘です。プラネテスでデブリと重力について勉強してから
見ると、地球の重力圏で戦闘するなんてことは、人にとっても
惑星にとっても自殺行為という事がわかりますね。

ガン×ソは結構GYAOでも人気コンテンツになってるみたいで
嬉しいです。放送地域が異常に少なかったせいで、DVDを借りたり
買ったりする人以外なかなか見られなかったからでしょうかね。
これで監督の認知度が上がり、かつ評価も上がってくれると
嬉しゅうございます。谷口のモチベーションがあがれば
作品にとっていい影響を及ぼすのは当然必然ですからね。
ルルーシュのコピーが「CLAMPとサンライズのコラボ」だったので、
いつの日か「新作は○○と『谷口監督』とのコラボ」と言わせて
やりたいですね!頑張れ谷口!

残すところあと3話。初めて見てる方は期待して大丈夫ですよ。

***更新***

DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
第11話 壁の中、なくしたものを取り戻すとき…(前編) UP
ロミオ×ジュリエット 第10章 泪~貴方と逢えて~ UP

精霊の守り人 第11話 花酒をタンダに UP
地球へ… 第11話 ナスカの子 UP
電脳コイル 第6話 赤いオートマトン UP

英國戀物語エマ 第二幕 第7章-第9章 UP
マスターキートン 第12話-第13話 UP

【モノノ怪放映前夜祭】
2006/3/9から3週に渡ってノイタミナで放映された妖怪物。
共に「真冬の怪談シリーズ」として放映された四谷怪談、天守物語の
評判がさほどでもなかったのに、なぜか3作目だけがブレイクした。

6%を出したオバケ番組のだめカンタービレに塗り替えられるまで
視聴率4%という歴代類を見ない高視聴率をマークした作品。

眼が回るようなテクスチャ、不可思議でわかりづらいのに面白いセリフ、盛り上がるストーリー、謎めいた薬売りの男が魅力的なことも相俟って続編を望む声がかなり多く、期待にこたえる形でこの夏戻ってくる。

ガン×ソードが終わって次は何を見ますかと聞かれ、
私は1月からは「怪」が楽しみですとメールにレスをした。
ところが四谷、天守とどうにも困った状況になり、しまった、あんな事書くんじゃなかったなーと結構後悔してたんだが、最後の最後に「やっぱ書いてよかった!」とガッツポーズをした覚えがある。まさに最後まで視聴を諦めなかったツワモノたちへのご褒美だった。

こわぁ!!化猫 序の幕-大詰め
スポンサーサイト
12:01 | 日記 | edit | page top↑

もしもぉ~空をぉ飛べたらぁ~ぁぁぁ♪

「すごいぞ!ラピュタは本当にあったんだ!」と叫んだのは鳥海勝美。
ちなみにタイアップ飲料の「ラピュタ」は飲んだことがなかった。

86年の夏はそんなに暑くなかったし、前の年に凄まじい事件
(日航機墜落)があったせいか平穏だった記憶がある。
そもそもこの年自体、そんなに大きな事件はなかった気がする…
私もあんまりツキのない忘れたいような年だったのでかなり
記憶が曖昧。

春に飛び降りた岡田有希子の脳味噌が飛び散ってる姿を見た。
死体はそのまんま何もかけられてさえおらず、「いいのか」と
思ったよ。確かピンクのカーディガンだかを着てて、ツッカケか
サンダルみたいなものを履いてたらしくてそばに落ちてた。
髪の毛で顔は見えなかったけど、頭からは灰色というか
白っぽいものが出ちゃってて、血はあまり流れてなかった。
遠巻きに野次馬が見てて現場の確保もやってんだかやってないんだか…
当然もう二度とそんなものは見られないと思うのでしっかり記憶に
残しておこう(昔は結構凄まじかったな。豊田商事の血まみれの犯人とか)

秋には三原山が爆発して夜目にも赤い溶岩が流れるのを
見たりしたな。全島一斉避難。三宅島の時も「またか」と
思ったものだ。ってか三宅島もその前に噴火してたし。
アメリカ人が大島の素直で混乱のない全島避難の様子を見て
「考えられない。ああいう時でも必ずゴネて我が家に残ると
言い出す人がいるのがアメリカ人だ」と言ってたのがなんだか
可笑しくてやけに記憶に残っている。

ああ、あとこの年って日本シリーズがおもろかったんじゃないかな。
最強軍団だった西武と赤ヘルがもつれにもつれて8戦まで
戦ったんだった。森監督の下、渡辺久信、郭泰源、鹿取、工藤の
投手陣と清原もいたし秋山とか石毛とか今の監督伊東も
まだキャッチャーやってたな。

広島は鉄人衣笠、山本浩二もまだいたはず。
江川を引退に追い込んだ小早川もいたなぁ。翌年の江川の
引退インタほど胡散臭さに笑ったものはないね。貴乃花に負けて
退いたウルフ千代の富士の涙の引退とは大違いだったよ。

説明書も何も読まずにドラクエをやって、戦い方がわからないので
バトルで全滅しまくり、松明を持たずに入った洞窟で迷って死んで
呆然としたのもこの年。最近のゲームは難しいなぁと頭を抱えたよ。
そもそも「コマンド?」なんて聞かれても何をすればいいんだって
感じだったもんなぁ。
でもあのテーマと寂しげなフィールド音楽には魅了されたなぁ。

というわけで86年を思い出しながらついついラピュタを
見てしまった。21年前ってなぁ…今年21歳になる立派な
大人が生まれた年なのかよ。全部きみらがヘソの緒
くっつけてた頃の話だ。もうやんなっちゃうな(笑)

***更新***

のだめカンタービレ Lesson21 UP
おおきく振りかぶって 第10話 ちゃくちゃくと UP

そういえば去年もこれくらいの時期に一言を閉めたんだったなぁ…
またそろそろその去年の自分の気持ちがよーくわかるような状況に
なってきたようなので色々と感慨深い。全くなんなんだろうね。
こういうところには本音なんか一切書けないもんなんだがね。
11:54 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。